Lee Junk Sik (李延植)

Lee Jung SikMy Life ★★★
Label: Samsung Music SCO-155CSS CD
Date: Nov. 1997
Personel: イジョンシク(ts,ss), 板橋文夫(p), 井野信義(b), つの犬(dr)
Music: Oleo, ハングル曲名不明 , L'ament, There Is No Greater Love, New Cinema Paradise, Rejoice, Our Wish Is For Reunification
Tag: brass_tenor


コリアン・ジャズ、韓国はジャズ不毛の地と思っていたが、90年代頃から徐々にミュージシャンも育ってきているようだ。 イジョンシクという人も初めて知った名前だが、バックを勤める日本人トリオで購入を決めた。

イジョンシクの印象は、バラッドではロリンズ、アップテンポではコルトレーンにガトー・バルビエリを混ぜた(この2人は混ざらないはずだが)ような、何とも掴み所のないミュージシャンだ。 経歴は全く分らなかったが日本での活動も多く、日野皓正の”ドラゴン~龍~”というアルバムにも録音を残している。(未聴)

板橋、井野に期待して購入したのだが期待通り。 6曲目”Rejoice”での板橋と井野が特に凄い。 トリオでのアルバムであれば★★★★★の内容だ。 この二人は世界的ジャズ・ミュージシャンと呼んで差し支えない。



【今日のぶつぶつ】
今日はドライブの予定が手違いで無しとなってしまった。
どっちが悪いわけでもないが、一日ふて寝していた。

ジャガイモの葉に天道虫が何匹も集っていた。
昔は可愛い昆虫だと思っていたが、害虫だ。
今日は10匹以上退治した。
美味いジャガイモのためには仕方ないのだ。
ゴメン!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン