Marty Ehrlich

Marty EhrlichThe Welcome ★★★
Label: sound aspects sas 002 LP
Date: 1984 Mar. 21
Member: Marty Ehrlich(as,fl,cl,b-cl), Anthony Cox(b), Pheeroan Aklaff(dr)
Music: Hybrid, Lament(in passing), The Welcome, Generosity, Dark Woods Bright Sparks, Stride
Tag: brass_alto

Marty Ehrlich(マーティ・アーリック)は、フリー・ジャズを切り拓いたOrnette Coleman、Albert Ayler、Eric Dolphyなどの影響下で育ったそうですが、Ehrlichは1955年生まれ、ぎりぎり第一期フリー・ジャズ黄金期(第二期があったのかと言われても困るのですが)の影響が及んだ世代です。 アルト、フルート、クラリネット、バスクラなどの演奏楽器はDolphyやBlaxtonと重なるところがありますが、二人の中間地点に位置するような感じです。 どの楽器も説得力のある素晴しい演奏ですが、中でもバスクラの演奏はDolphyと違った面白さがあります。 ドラムのAklaffが効いています。

このレコードはEhrlichの1stリーダ・アルバムですが、1984年はフュージョンというパンデミックが過ぎ去り、どこへ向かうかと思っていたら伝承派なる奇妙な一群が発生し、フリー・ジャズは相変わらず不遇の時代にありましたが、今振り返ると第一期の子供世代が結構力強く頑張っていたことが分ります。

このレコード、またもやダブリ!%$@+*



【今日のぶつぶつ】
サッカー・ワールドカップ2010年大会が近付いてきた。 明日10日には代表発表されるとのことで、私も好みのメンバーを選んでみました。 当然岡ちゃんとは異なると思うのですが、その差がどこから来たか推察することを楽しみに。
GK(3) 楢崎 川島 都築 
DF(8) 中沢 闘莉王 岩政 槙野 内田 長友 加治 駒野
MF(7) 長谷部 本田 稲本 遠藤 松井 中村俊 石川
FW(5) 森本 前田 興梠 岡崎 玉田
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン