Dave Burrell

Dave BurrellAfter Love ★★★
Label: Amrica 30 AM 6115 LP
Date: 1970
Personel: Dave Burrell(p), Roscoe Mitchell(reeds), Alan Silva(cello,vl), Ron Miller(b), Michel Gladieux(b), Bertrand Gauthier(dr), Don Moye(dr), Billy Martin(dr,perc)
Music: After Love, Question and Answer, Random, My March
Tag: kb_piano


ジャズが熱い時代だった。 鍵谷 幸信、間章のジャズ論や、埴谷雄高や吉本隆明の思想書がもて囃されていた時代、今より遙かに心が豊かだった時代だ。 あの時代を知っている者には理解できるが、平成のこの時代には似合わないジャズだ。

カラフルな色付の音がドシャドシャと溢れ出すようなリズムの洪水、その合間を縫ってロスコー・ミッチェルのアルトがうねり、突如アラン・シルバのバイオリンが、違うロン・ミラーのベースが、違うシルバのセロがギーギーと喚き出す。 途中からヴァイオリンをピッチカートで鳴らすメロディは明らかに日本のメロディーだ。 だがそれも2ドラムとピアノに掻き消され混沌とした世界に引きずり戻される。 A面はそんな21分39秒の大作だ。 

B面は打って変ってデイブ・バレルのソロで始まり、ロスコー・ミッチェルのソロに、更にアラン・シルバのギーギー・バイオリンのソロへと引継がれる。 これは今聴くと少々キツイ。 昔は大音力のスピーカーのど真前に陣取って聴いていたのだが。 

あの時代にジャズと云う音楽に出会い、この演奏を理解できる私は幸せだ。

ジャケットの右下に貼ってある?マークのシール、昔新宿にあったジャズ喫茶DIGのものです。



【今日のぶつぶつ】
電車に乗るといろいろなやつがいて楽しい。
満員の社内にやっとの思いで乗り込んだ男。
「入り口にぶっ立ってる奴がいるから乗れないんだよ」と二度三度、
入り口のぶっ立ったままの自分をどう理解してたのだろう。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

本当に羨ましいです。
ジャズの聴いてみたいと思う演奏が
昔の演奏家さんだった場合
私には生で聴けるチャンスはもう無くて・・・
そういう意味で色々な時代を生きる(歳を重ねる)のは
素晴らしいし、羨ましいところでもあります。

多分tam.raさんと私は10年くらいの差?かなと思いますが
10年の違いと言うのはある部分大きいなと感じます

Re: こんばんは

iriさん、こんばんは

19歳差でも切り捨てれば10歳差、そんなところでしょう。

20歳で聴けば感動がもたらされる音楽でも50歳では耳に入らない場合もある、
人間の感性って、そんなものでしょう。

歳をとって感じるのですが、絶対的趣味(おかしな表現ですが)を持っていることは
凄く大事だと思います。

iriさんは、まだ若い(はず)、まだまだ時間はありそうですね。
と思っているとアット言う間に...

70年代

『三太郎の日記』を読みながら、『共同幻想論』を小脇に抱え(これは読んでも理解不能)喫茶店(勿論ジャズ喫茶!)をはしごして、その暗がりで『闇の中の黒い馬』となり、最後には『無常という事』を知る?良き70年代でした。
この時代を共有できたお仲間には、妙に親近感を感じます。
まぁ、今の若者たちには彼らなりのそんな時代が、この先在るのでしょうがね。

とりあえずの、戯言でした。

Re: 70年代

> 『三太郎の日記』を読みながら、『共同幻想論』を小脇に抱え(これは読んでも理解不能)喫茶店(勿論ジャズ喫茶!)をはしごして、その暗がりで『闇の中の黒い馬』となり、最後には『無常という事』を知る?良き70年代でした。

そういう時代でした。
ジャズ喫茶は、今では考えられないほど紫煙がモクモク、壁がヤニでべとついていた。

当時の本は理解できなかったものが多かったが、知ったかぶりして議論が盛り上がったりして、
でも「考えるということを知ることが出来た」と思います。

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン