Gene Bertoniciti

Gene BertonicitiAcoustic Romance ★★
Label: Suns Of Sound SSPCD017 CD
Date: Dec. 18-19 1992
Personel: Gene Bertoncini(gu), Rufus Reid(b), Akira Tana(dr)
Music: Edelweiss; The Shadow of Your Smile; Girl Talk; Two for the Road; Gone With the Wind; 'Round Midnight; Theme From the Summer of '42; Stella by Starlight; Emily; Invitation; Cavatina.
Tag: string_guitar


このギタリストを称して「ラウンジ・ジャズ随一のギタリスト」とのコメントをウェブで見付けた。 ラウンジ・ジャズって何だ? 勝手に解釈すると、「空間が寂しい時にそこを埋める音楽」、要するにBGMというやつだ。 これはこれで良いと思うが、耳に残ることはない。

ジーン・バートンシーニというギタリストは全く知らない人かとウェブ検索するとそうでも無かった。
Macanudo(Argo)-Ahmad Jamal、Odyssey of Iska(Blue Note)-Wayne Shorter、Skylark(CTI)-Paul Desmondなどで録音を残しているのだ。 これらの録音からジャズ一辺倒ではない人であることが伺われる。

このCD、ルーファス・リードとアキラ・タナの二人が付き合っており、PADDLE WHEELレーベルが原盤だそうだ。 内容的にはBGM、一曲推薦するならば、7曲目Theme From the Summer of '42 = Waht are you doing the rest of your life? 、良い曲だ。



【今日のぶつぶつ】
≪ヒョードル大佐とサンラと俣さんと≫ 第4話:
北島二郎デビュー3周年コンサートの当日、鳶の俣さんはサンラの練習具合が気になった。 というのも、「ファンと供に」というコーナーでデュエットできる抽選に当っており、俣さんはサンラに友情の証としてステージに上がってもらうことを考えていたからだ。

二人連れ添って新宿ゴマに着くと何やらファンと思われる人々が騒いでいる。 その人々を押しやり入り口へと進むと『北島二郎は病気の為に今日の公演は中止となりました』との張り紙があるではないか。 一人の納得できないファンが”函館の女”大声で歌い始めるとそれに同調した人々も合唱、遂には500人ほどの大合唱となったのだ。 当然サンラも合唱の和に加わった、...ところがである。 

サンラの群を抜いた上手さに次第に皆が聴き入り、いつの間にかサンラの独唱となっていたのだ。 気を良くしたサンラが3回ほど”函館の女”を歌った後、”与作”を歌えとのシュプレヒコール。 「ぼく、どうすれば良いの」、戸惑ったサンラは呟いた。 その時だ、ヒョードル大佐が金髪のオバサンを抱きかかえ上空から突如パラシュートが舞い降りたのだ。

ワタシ、ムカシ、ニホンニ、スンデイタノ。
ニホンゴ、デキル。
タスケテアゲルョ。
イイデショ。

後日談となるが、北島二郎の病気の原因、
栄養摂取タイプ3だった北島二郎、完全消化できなくなる病気に罹り、行き場を失った排泄物が途中で閉塞した消化器管の先端に溜まり膨れ上がりついに爆発、二度とステージに戻ることなく亡くなってしまったそうだ。

第5話へ続く)(第3話へ戻る
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_guitar

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン