Chico Hamilton

Chico HamiltonGongs East! ★★★
Label: Warner Bros. WS 1271 LP
Date: Dec. 29&30 1958
Personel: Chico Hamilton(ds), Dennis Budimir(gu), Eric Dolphy(as,fl,b-cl), Nathan Gershman(Cello), Wyatt Ruther(b)
Music: Beyond the Blue Horizon, Where I Live, Gongs East, I Gave My Love a Cherry, Good Grief, Dennis, Long Ago and Far Away, Tuesday at Two, Nature, by Emarson, Far East, Passion Flower
Tag: perc_drums


モダン・ジャズの起点をチャーリー・パーカーに置くとすれば、その歴史は70年近くに及びます。 そして当時の録音が未だにCDとなって発売されている事実、これは今後も長く聴き継がれると判断して良さそうです。 このレコードも1958年の録音なので50年を越す時代を乗り越え、今聴いても全く色褪せた感はありません。 モダン・ジャズはそんな普遍的な何かを持った音楽ジャンルの1つなのです。 前置きが長くなりましたが、エリック・ドルフィーも時代を超越したミュージシャンの一人で、これからもずっと聴き継がれる、と言いたかったのです。

このレコードはチコ・ハミルトン名義ですが、エリック・ドルフィーの参加があって忘れられない一枚となっています。 これは事実ですが、ドルフィーを聴くのに一枚選べと言われこれを選ぶ人はまずいないでしょう。 ドルフィーも悪くはありませんが、ここではデニス・バディマーで聴きましょう。 A面最後の”Good Grief, Dennis”を聴けばNoと云う人はいないでしょう。

デニス、知ってますか? 一時の高柳と並んでクール・ジャズ・ギターの大家の一人に名前を連ねて良い人なのです。 このレコードからは伺い知れませんが、Reverationレーベルからリリースされた”A Second Coming”を聴いて下さい。 これはデニスの代表作であると同時に、クール・ジャズの名盤でもあります。

もう一人、このアルバムを落ち着かせている最大の功労者はネイザン・ガーシュマンというセロ奏者かも知れません。 B面4曲目”Far East”は、ピアソラのバンドネオンを聴いているような雰囲気をセロで出しています。 そして最後の曲”Passion Flower”ではドルフィーのアルトと相俟ってムード満点の演奏、良いです! 



【今日のぶつぶつ】
勤め先の食堂、前に並んだ30歳過ぎの男、トレーに天ぷら蕎麦を乗せ薬味を入れる。
ここでだ! 見たのは!
ボールにあった薬味の刻みネギ、何と蕎麦が完全に見えなくなり、山積りに積んだのです。
天ぷら蕎麦の味は完全に消され、食べた後はネギ臭プンプンだ。
あの男、カレーを食べるときはフクジン漬けとラッキョの花を咲かせ、
”散らしカレー”にして食っていると判断、間違いなし。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : perc_drums

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tam.raさん、こんにちは。

寒い日が続いていますが、体調の方は元に戻りましたか。

このギター、どこかで聴いた事があると思いましたがなかなか思い出せませんでした。それで ”Cast Your Fate to The Winds” を聴いてやっと記憶の奥にかくれていたモノを掘り出せた感じです。この曲は流行っていましたものね。何故かジャズ・ミュージシャンというイメージがありませんでしたけど、スタジオ・ミュージシャンというカテゴリーに振り分けられていたのでなんでもこいのすご腕なのかもしれませんね。

照の当たらない盤を虫干しするって事は実に楽しい事ですね。
何時も古くて新しい発見にワクワクします。

Re: No title

まん丸クミさん、こんばんは

> 寒い日が続いていますが、体調の方は元に戻りましたか。

東京もやっと寒さが過ぎたようです。
体調の疲れやすさは歳によるものかも知れません。

> ”Cast Your Fate to The Winds” を聴いてやっと記憶の奥にかくれていたモノを掘り出せた感じです。この曲は流行っていましたものね。何故かジャズ・ミュージシャンというイメージがありませんでしたけど、スタジオ・ミュージシャンというカテゴリーに振り分けられていたのでなんでもこいのすご腕なのかもしれませんね。

Mainstreamレーベルから出ている”The Creeper”というレコードからですね。 初めて知りました。 これを聴くと何でもこなせる人だったようですね。

カナダはまだ寒そうですが、風邪を引かないように気をつけて下さい。

非公開コメントをくれた方へ

管理人tam.raです。

ジャケットにデカデカと書かれているのに間違う、超恥ずかしい。

ご指摘、ありがとうございます。

コメント、大歓迎、よろしくお願いします。

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン