Daniel Humair

daniel humairLiberte Surveillee ★★★
Label: SKETCH SKE333018/19 CD
Date: Jun. 25-27 2001
Personel: Daniel Humair(dr), Marc Ducret(gu), Bruno Chevillon(b), Ellery Eskelin(ts)
Music: Give Me The Eleven, Urgence, Ira Song, Missing A Page, Triple Hip Trip, Salinas, Mutinerie, Amalgame
Tag: perc_drums


ダニエル・ユメールが私の前に登場したのはPhil Woods & His European Rhythm Machineのドラマーとしてだ。 ジャズを聴き始めた40年も前のことだ。 George Gruntz(p)、Henri Texier(b)、そしてDaniel Humair(dr)の3人はフィル・ウッズを煽り素晴しくスウィングさせていた記憶が生々しい。 この3人はその後も独自路線でずっと活躍しているが、中でもダニエル・ユメールが一番だろう。 当時の演奏からは本アルバムのような激しいフリーっぽい演奏を想像することは難しい。 一方でJoahim Kuhnの”Live”(CMP)、”Easy to Read”(OWL)、Marc Hemmelerの”Easy Does It”(Musica)等々の素晴しいピアノ・トリオでの演奏も残している受け口の広いドラマーなのだ。

このCDの購入理由は、ユメールと組んだマーク・デュクレがどんな演奏をみせているか聴きたかったからだ。 マークは普段より静かに入るが2曲目から暴れだす。 マークが暴れることは想定内だったがユメールも理性を失わずに暴れている。 60歳を越えてのこの切れとパワーには恐れ入る。 このアルバムの価値を更に高めているのは、テナーのEllery EskelinとベースのBruno Chevillonの二人だ。 ベースはブットイし、テナーは鋭い。 4人のバランスが取れた演奏はユメールのリーダシップに因る所が大きい。

10年近くの前のリリース、フリー・ジャズ、そして中古ではあるが、これだけのハイ・レベルな内容、しかも2枚組で780円とは安過ぎる。 870円のも買います。 UNIYONさん、間違っていませんか? UNIYONさん曰く ; だって売れないんだもん!  



【今日のぶつぶつ】
今日は法事が二件、疲れました。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : perc_drums

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン