Shorty Rogers

syort rogersGospel Mission ★★
Label: Capitol ST 1960 LP
Date: 1963
Personel: unknown
Music: Gospel Mission, Gonna Shout - All The Way To Heaven, Wake Up And Shout, Sit Down Shorty, Freedom's Coming, Swinging Gold Chariots, Preachrman Gonna Stop By Here, Great Days Ahead, Climbing To Heaven, Joshua's Saxes, We're On Our Way Shout, Talk About Rain
Tag: brass_trumpet


ショーティー・ロジャーズの音が思い出せない。 このアルバムではほとんどっソロを執っていないので、”Martians Come Back!”(Atlantic)を聴いてみた。(話が逸れるが、このアルバムは”Shorty In Stereo”というタイトルの赤ジャケのやつが出ているが、私の緑ジャケのやつとの関係は? 後日分かりましたがモノとステレオでした。) ソロを聴くとマイルドなトランペット、そしてハッピーな音がした。 癒し系で受入れ易いのだが、個性が薄く名を残せた理由が分らない。 そうだ、ショーティは有能な監督なのだ。 冴えないイメージが強いトランペッター(良く聴くと冴えているのだが)というよりコンポーザー、アレンジャーとして地位を確立したのだ。

アルバム・タイトル名、”Gospel Mission”がショーティーのイメージとは結び付かず、どんなアレンジを楽しめるのか興味本位で購入したのだが、想定とは相当に違った。 ゴスペルの祈りより、マーチング・バンドのようなドラムが2拍子のズンチャン、ズンチャンというリズムを刻み全体を支配しており、明るく黒っぽさは皆無。 エレキ・ギター、ハーモニカ、オルガン、タンバリン、ブラス、どうも纏まりがない。 それに曲が短く物足りなさを感じる。

唯一の救い、何回かのテナー・ソロはかっこいい! 奏者は分らない。



【今日のぶつぶつ】
3ヶ月に1回の血液検査、いつもの看護婦さんは「ちくっとしますよ~」、今日の看護婦さん「刺しま~す」...注射のテクニックは上手で痛くは無かったが!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trumpet

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン