Bernd Reiter

Bernd ReiterLIVE AT THE JAZZLAND-VIENNA ★★★
Label: TCB 27902 CD
Date: Nov. 15616 2006
Personel: Bernd Reiter(ds), Roman Schwaller(ts), Sascha Mutic(p), Robert Jukic(b)
Music: Strike Up The Band, Theme For Ernie, Ruby,My Dear, Bitter Suite, Cheese Cake, Body And Soul, Dear John
Tag: brass_tenor


去年からの持ち越しのアルバムから新年最初に相応しい一枚を選んだ。 思った通りの軽やかさ、”Strike Up The Band”心浮き浮きとさせる出だし、これで今年も安泰だ。

ロマンを取上げるのは2作品目。 前回アルバム”50th Anniversary Album ”のトリオ(Oliver Kent(p), Thomas Stabenow(b), Mario Gonzi(dr))と比べると、ロマンのテナーにはこちらに軍配を上げる。 全体が柔らかで控えめ、特にピアノのSascha Muticのバラッドは秀逸だ。 ”Ruby, My Dear”、Thelonious Monk有難う、こんなに美しいバラッド残して! そして”Body And Soul”、John Green(1908-1989)有難う、皆に愛されるバラッドを残して!(こんな曲を残せたらどんなに幸せな人生だろう)
 
ロマンは直球のハード・バッパー。 ジョニー・グリフィンに比較されたコメントを見掛けるか遥かに上品なテナーだ。 前回も書いたがスロー・バラッドとなるとImpulse時代にコルトレーンが出てくる。 この人、ジョニー・グリフィンよりPrestige時代のコルトレーン似と言った方が的確かもしれない。

この記事を書くにあたり<Jazz Song>なる凄いHPを発見しましたので、興味あるかたは訪問してみて下さい。



【今日のぶつぶつ】
明けましておめでとう御座います。
今年も宜しくお願いします。

新年にあたっての決意、なし!
普段から決意しても出来ないのに、新年に決意しても出来る訳ないのです。

『ケセラセラ』、この自己中な生き方、今年もこれだ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tam.raさん、明けましておめでとうございます。

去年は、楽しくコミニケーションを取らせて頂きました。
今年もまた宜しくお願い致します。

「今日のぶつぶつ」も楽しみの一つですね。

Re: No title

まん丸クミさん

明けましておめでとうございます。

去年ブログ・デビューし、クミさん始め多くの方との交流を楽みにしております。
今年も引続き宜しくお願いします。
ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン