Ike Cole

Ike ColeTribute To His Brother NAT ★★★
Label: Dee Gee Records ST 4001 LP
Date: 1963
Personel: Ike Cole(vo,p), string
Music: My Blue Heaven, Did I Remember?, Once In A While, Don't Blame Me, Where Are you?, There Goes My Heart, Try A Little Tenderness, At Last, I'm In The Mood For Love, Where The Action Is, Hi-Lili, Hi-Lo, Blue Moon
Tag: vocal_male


Nat 'King'、Freddy、Natalieなどと比べ知名度は少し劣るが、「マンダム : 男の世界」を歌ったIke Coleを知っている人は多いのではなかろうか。

あの大スターだったナット・キング・コールの実弟、ピアノの弾き語りはナットに似てはいるがやっぱり適わない。 ナットの甘い声とは少し違った太目の声、それはそれで魅力的だが男性ボーカルは全く聴かないので、この盤もリリース予定。 何で買ったんだ?...自分でも分かりません、 



【今日のぶつぶつ】
≪ヒョードル大佐とサンラと俣さんと≫ 第3話:
話を進める前に次のことを理解して頂く必要がある。

動物の栄養摂取方法は3つに大別される。

1.地球上の動物のほとんどはこのタイプに該当する。
口から栄養素を含む食物を摂取し、一部だけの栄養素を吸収し残りを排泄するタイプ。 排泄物には消化前の20%程度の栄養素が残っているので循環(リサイクル)が可能だ。 ダイエット食として再加工し売出した話を聴いたことがある。

2.下記参考資料にあるヘリカメムシ科のように体外で分解し、栄養素だけを吸収するタイプ。 排泄は不要だ。

3.タイプ1同様、口から栄養素のある食物を丸ごと摂取する点では同じだが、消化器系に入って全てを完全消化して吸収するタイプだ。 従ってマルカメムシ同様に消化器系は途中で閉塞しており、排泄物は出さず殆どは皮膚の新陳代謝で体外に放出される。

北島二郎はタイプ1ではないということだ。

第四話へ進む)(第二話へ戻る

【参考文献:ウィキペディア、カメムシ亜目より】
カスミカメムシ科は植食性、肉食性の両方の性質を示す種が多いが、植物から栄養摂取するときにはしばしば成長点近辺の幼弱組織に口針を刺し、ペクチナーゼという酵素を含んだ唾液によって細胞同士を接着しているペクチンを加水分解する。そして、ばらばらに解離された細胞を吸い込む。そのため、摂食を受けた組織が成長して葉を展開すると、毛虫などに食べられたように穴だらけになってしまっている。

ヘリカメムシ科には先述の種子食のものも多いが、茎から栄養摂取するものは非常に特徴的な摂食法をとることが知られている。茎に突き刺した口針からスクラーゼという酵素を含んだ唾液を注入し、細胞間に存在するスクロース(ショ糖)分子をグルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)に加水分解してしまう。すると、細胞外の液の浸透圧が分子数の増加によって非常に高くなり、細胞内から細胞外にアミノ酸やビタミンなどの栄養素が抽出されてくる。ヘリカメムシ類はこれを吸収するのである。そのため、茎から栄養摂取するヘリカメムシ類が激しく吸汁した植物は、しばしば組織が砂糖漬けになったように脱水され、しおれてしまう。

他にも、例えばマメ科の植物の茎から吸汁するマルカメムシでは消化管が途中で閉塞していることからかなり特殊な食物を摂取している可能性があるが、詳細はまだよくわかっていない。また、ヨコバイ亜目の多くの昆虫のように維管束の道管や師管から栄養摂取しているものもあると考えられている。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_male

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン