天野 昇子

shoko amanoShoko Celebrates In New York City ★★★
Label: Milljac MJP 1004-H LP
Date: Dec. 1987, Mar.&Apr. 1988
Personel: Shoko Amano(vo), Norman Simmons(p), Frank Wess(fl), Al Harewood(ds), Howard Alden(g), Rufas Reid(b), Jay Leonhart(b), Keith Copeland(ds), Ralf Dorsey(perc), Lile Atkinson(b), Toru Yamashita(syn)
Music: Where Or When, Summer Me Winter Me, No More Blues, You'd Be So Nice To Come Home To, I'm A Fool To Want You, Savoy, Just Say I Love Him, Bye Bye Blackbird, The Island, Mr. Magic, You Belong To Me
tag: vocal_female

天野 昇子のHPより--------------------------------------------------
東京生まれ、1968年、日本テレビの人気番組"あなた出番です"で優勝。 堀プロから、"矢野晶子"としてデビュー。 フレダペインやスリーディグリース等のアメリカン・アーティストとステージを共にするうちに、ジャズに魅せられ、1974年、イギリスに留学後、アメリカに渡り、 LA、シカゴ、ニューヨークと26 年にわたり、世界を舞台に歌い続ける。
------------------------------------------------------------------

自己紹介の通り、本人はポップスやR&Bに興味を持っていたが、父親は米陸軍基地の近くで料理人として働きジャズを聴いていたとのことで、ジャズの道に進む下地はあったようだ。 26歳のときにLAに移りエラ・フィッツジェラルドやベティ・カーターを聴き勉強し、いつの日かノーマン・シモンズのピアノで歌いたいと夢見ていた。 シカゴに移り住んだ時にノーマンに出会い、その後NYに移り一緒にステージに立つようになった。 2010年現在も2人の交流は続いているようで、ノーマンも昇子を気に入っているようだ。

ノーマン・シモンズはカーメン・マックレー、アニタ・オデイ、ベティ・カーター、ダコタ・ステイトン等の歌伴で有名で、サポート側に回ることを好んでおり、リーダ・アルバムは少ないが自己レーベルMILLJACからの3枚はどれも秀作だ。 控えめでエレガント、だが主張もあるピアノは美しく、Richard Wyandsのピアノに似た何かを感じさせる。

主人公のShokoはハスキー・ボイスで力まない歌い方に好ましいものを感じさせます。
このレコードは、バック・ボーカルやシンセが入ったゴージャスな曲からシンプルなトリオをバックに歌った曲まであり、どの曲も良い出来だと思います。



【今日のぶつぶつ】
市川海老蔵がボカボカに殴られたニュースで思い出した。

電車の座席の端に座って本を読んでいた。(20年ほど前の出来事)
がたいの良い男が近づいて来て、血走った目で何か大声で言い掛かりを付けてきた。
「俺のことを知っているだろう」と言うので、「全く知らない、他人の空似では」と答えた。
その瞬間、突然蹴り(ストレート気味に)を入れてきたが、足は座席の横にある手すり棒を直撃。
危機一髪で難を逃れた。
その後も冷静に対応していたら、納得したのか分らないが何事も無かったように去って行った。

あの一撃が顔を直撃していたら、下顎骨、上顎骨、頬骨、鼻骨、涙骨、蝶形骨、前頭骨、どこか2箇所は折れていたに違いない。

今思い出すと、何故あのように冷静に対応できたのか、不思議だ。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

コメントの投稿

非公開コメント

ShokoCelebrates In N.Y.City

私もCD盤ですがこれ結構好きです。ハスキーな歌唱が堪らないですね。日本人で売れていなくても好い唄い手さんが結構いますよね。今度特集してください!

Re: ShokoCelebrates In N.Y.City

山帽子さん、今晩は

Shokoさんのアルバムは2枚目の筈なのですが、1枚目が見つかりません。 ボーカル物はジャケ買いがほとんどで失敗の確率が相当に高いのですが、最近は歳のせいかボーカル購入の割合が増しています。

ですが、ボーカルと日本人ジャズは入門が遅く、特集できるほどの知識も枚数もありません。
ボーカルはMy Favorite Musicians : Vocal -LP- Vol.1で10枚ほど纏めて紹介しましたが、あと3~4回は紹介できると思います。(日本人ボーカルはほとんど入らないと思いますが)

引続き、コメントなどありましたら宜しくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 天野昇子さんのアルバム

吉成様へ

コメント、ありがとうございます。

>  昇子さんの日本窓口をしている吉成とです。

こういう方がいるとは知りませんでした。

>  このLP以外にもアルバムがありますが、もうお持ちでしょうか?

CDで一枚、Fly Me To The Moon を持っています。

>  時々、日本でライブをやっていますが、是非お越し下さい。次回は2月11日(金)から東京の数か所であります。

情報、ありがとうございます。

母が作ったレコード

このレコードは、今から28年まえニューヨーク、ジャズクラブ、BRADLEY,SIで、ノーマンシモンズさんと作ったレコードと聞いてます、このレコードが、ヒットしてほしいとまだ健在の母76歳が話してます。

Re: 母が作ったレコード

石橋智佳子様

コメントありがとうございます。

> このレコードは、今から28年まえニューヨーク、ジャズクラブ、BRADLEY,SIで、ノーマンシモンズさんと作ったレコードと聞いてます、このレコードが、ヒットしてほしいとまだ健在の母76歳が話してます。

そうでしたか。
失礼なコメントを書いていないか、ドキドキでしたが、まともな記事でまずは一安心。
(過去に何回か怒られたことがあったので)

ノーマンシモンズって有名なピアニストだし、お母様がこのようなレコードを録音されたのは、素晴しい。
私も2年前にアルトサックスをはじめ、いつかCDを作りたいと夢見ています。(遅すぎたかもしれませんが)

ご健在のお母様は今も唄っているのかな?
宜しくお伝え下さい。
ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン