Ray Brown

ray_brownSUMMERWIND ★★★★
Label: Bell Recording BLR84017 CD
Date: Apr. 1980
Personel: Ray Brown(b), Monty Alexander(p), Johnny Griffin(ts), Martin Drew(ds)
Music: Blues For Groundhog, Medley: Sophisticated Lady/Rocks In My Bed, Put Your Little Foot Right Out, Consider, Swamp Fire, Summerwind, Griff And Me, Delaunay's Dilemma, Thanks For The Memory, Hard Times, Woogie Boogie, Street Life
tag: string_base


このCDはレイ・ブラウン、モンティ・アレキサンダー、マーチン・ドリューのトリオにジョニー・グリフィンが加わったカルテット演奏、トリオだったら買わなかった。

4人のハイ・テンションは尋常でない。 普段のモンティはもっと明るく軽い筈だが、ここでは目一杯のタッチで鍵盤を強打しジョニー・グリフィンを迎え撃っているようだ。 当然ジョニーも負けていない。 4人が真剣勝負している。 超ハイスピードの5曲目”Swamp Fire”、これは電流金網フェンスでの死闘だ、小柄のグリフィンはこんな戦い方もできる。 最初から最後までこの調子なので、聴く方も疲れるが演奏する方はクタクタになったに違いない。

ここでちょっと話題を変えます。

summerwindBell Audiophile Recordingとあるので、オーディオ機器メーカーが作ったCDなのか? 音のバランスと音質が抜群。 ベースの低音がビンビン響く。 ジョニー・グリフィンの本物の音がこれなのかも知れない。 オンボロ・オーティオで聴いてもそう感じた。 元を辿ると、1980年にディジタル録音され2枚組LPとして”Jeton”というレーベルから出されたものだと分った。

1980年であればレコードの収集も始めていたし、社会人となっていたので金銭的にも買えた筈だ。 このジャケット、見た記憶がない。 買えなかった理由はここにあった。 欲しいな~~~



【今日のぶつぶつ】
マイルス - スマイル (名盤)
コルトレーン - レーンコン (意味不明)
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_base

コメントの投稿

非公開コメント

コルトレーン

> コルトレーン - レーンコン (意味不明)
アハハ、座布団3枚です!素晴らしいセンスですね。

Re: コルトレーン

屁イジさん、こんばんは

毎度くだらない「今日のぶつぶつ」、コメント頂き恐縮しております。
この欄、何を書こうかと毎回苦しんでおり、思いつかないと駄洒落で誤魔化しています。

引続き、お付合い宜しくお願いします。
ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン