Chelsea Krombach

Chelsea KrombachProfile ★★★
Label: PKO Records 028 CD
Date: Nov. 15 2003
Personel: Chelsea Krombach(vo), Larry Fuller(p), Pete Siers(dr), Paul Keller(b)
Music: Bye Bye Blackbird, Falling In Love With Love, If I Were A Bell, Stormy Weather, It's Alright With Me, Someone To Watch Over Me, On The Street Where You Live, But Not For Me, L.O.V.E.,Baby,Baby,All The Time, Lullabye Of Broadway
tag: vocal_female

”Killer Joe”のようなメロディで始まる”Bye Bye Blackbird”、そこにチェルシーの歌声が、、、あ!また失敗だと直感した。 チェルシーは私好みの【さらり型】ではなく少し【ねっこり型】だったのだ。 しかし、【ねっこり型】は弱めだったことと、崩れず一生懸命さが伝わる歌声にOKを出すことにした。

ジャケットに”Thank you to all my teachers:”という一文があり、ムムムと思いWikiを調べて分った。 18歳の高校卒業前に1枚目の<Look for the Silver Lining>をリリースし、本アルバムはその2年後ミシガン大学在籍中の二十歳でのリリース。 この若さでは驚異的だ!

特徴的な2曲だけ簡単にコメントしよう。
まず5曲目の”It's Alright With Me”、ベースとのDOUでベースが段々と飛ばす挑発に緊張感を保って崩れずついていくチェルシー、やるな!と思わせる。
そして9曲目の”L-O-V-E”、ナット・キング・コールのようなソフトな歌声ではなく、アップテンポで若さがはち切れそうな爽快な歌、期待が持てる!と思わせる。

まだ若いので10年後が楽しみだと思ったが、どうもミュージカルに向かった様子。
20年後、忘れた頃に戻って来て! その頃私は?



【今日のぶつぶつ】
B級グルメで地方活性化、”B級”って何だ?
*安っぽいチープ感がポイント。映画ならばセットやCGなどがセコいか、高予算とは思えない雰囲気が大事。二流の店であっても、フランス料理などはB級グルメとは言わない。(はてなキーワード)
*B級と評されるものの多くは、そのいずれにも熱狂的な愛好者が見られ、見方を変えれば「マニアック過ぎて普遍的な支持が得難いモノ」と見ることができる。(Wiki)

このブログ『二流ジャズの愉しみ』、B級ブログと呼ばれたい!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン