Ben Besiakov

Ben BesiakovAVIATION ★★★
Label: STUNT Records STUCD 00192 CD
Date: Oct. 16 1999
Personel: Ben Besiakov(p), George Garzone(ts), Ray Drummond(b), Billy Hart(dr), Jean Winther(tp)
Music: That's The Way, Aviation, The Night Has A Thousand Eyes, Body&Soul, Voze E Eu, Square Time, Blues On The square
tag: kb_piano


中古買い中心なので自分の中では新しいのだが、10年も前の発売だ。

Ben Besiakovは、”Choo Choo”に続いて2枚目の購入。 結論からいうと、こういうハード・バップは安心して聴けるし、内容も充実している。 良く知らないピアニストだったので調べたが情報が少ない。 本人のHPはデンマーク語?のようだし、文字化けもあり分ったのは数字の部分だけ。1956年生れのデンマーク人、1971年にプロデビュー(15歳で?)、寡黙で4枚しかリーダ・アルバムを出していないようだ。 それ以上のことは分らず。

スタイルはオールマイティなハード・バップ・ピアニストで欧州的な感じは全くしない。 聴き上手な人で、相手の演奏に柔軟に合わせられる。 決して日和っている訳ではない。

何曲かリビューしてみよう。

タイトル曲”AVIATION”、トランペットのJens Wintherをフィーチャーし、しっとりした良い曲だ。 このトランペッターは新発見、なかなかやる。 <Kill Me Softly>といった感じで、一見柔かいが芯がある。 見込みありのペットだ。 調べると10枚以上のリーダ・アルバムがあり、やっぱりだ。 今度買うぞ!

”The Night Has A Thousand Eyes”、流れるようなスウィング感をもつテナー奏者ジョージ・ガゾーンの出番だ。 好きな現在テナーのベスト3に入る人で、この人が入っていれば何でも購入レベルにある贔屓テナー、ここでも悪いはずがない。 粋がらず自然体のテナーは固まった心を解す力を持つ。

4曲目”Body And Soul”は美しい。 Jens Wintherのトランペット、素晴しさを確信した。

ベースRay Drummond、ドラムBilly Hart、ベテランの二人ありがとう。
特にドラムのBillyが変化を付け、これが微妙で全体をダレさせることなくドライブしている。 見直しました。 最高にかっこ良い。



【今日のぶつぶつ】
あなたは今回の検診でメタボリック・シンドロームと判定されました。(メタボ3)

レベルは0から6の7段階判定。 0は健康、6は後遺症が残った段階で、半身麻痺・日常生活における支障・認知症。 困った、

引っ掛ったのは、腹囲、GPT、ヘモグロビンA1cの3つ。 そうだ、腹囲を3.6cm減らせばメタボ2に戻る。
腹にスピーカーからの音を大音量で当て、ぶるぶる振動させて減らそう。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回のレビュー読んで、このCD聞きたくなりました。
探します!

>腹にスピーカーからの音を大音量で当て、ぶるぶる振動させて減らそう。
遠い昔、確か中野のブロードウエイにあったジャズ喫茶(オーディオ喫茶?)に入ったら、それは凄まじい音量で驚いた事が有りました。パラゴンをベースにしたスピーカーの組み合わせで、後で気づいたんですが、有名な岩崎千明さんの店でした(笑)2時間程いて通りに出た時、何かフワフワした気分だったのを思い出します。
あれはきっと、大音量で体重が減ったせいだと、今、気付きました。

追伸。
座布団がたまったみたいなので、こたつ布団と交換いたします、です。、

No title

tam.raさん おはようございます。

度々おじゃましてすいません。
たまたま、よく知ってるピアニストでした。
この "AVIATION" は未聴ですが前作 "Choo Choo" は購入しました。
しかし、購入動機は至って不純(ある意味超純粋)で、この中に1曲だけBesiakovがorganを
やってるのがあったので、当時、レアなorganを捜し求めていた私は、飛びついてしまいました。
が、見事、肩すかしをくらいズッコケてしまいました。
しかし、ピアノの方は、"My Romance" におけるバラードなど、二流の味わいがしみじみ出た
一流のプレイで、こういうのって一流ばかり追いかけている人には、わからない味ですよね。

それにしても、Besiakovに手を出す、我々は。かなりの少数派のようで。

メタボは、困りましたねぇ。畑シゴトなど、結構、健康的な日々を過ごされているようなので、
メタボなどとは、縁がないと思ってたのですが、くれぐれもご自愛を!

Re: No title

ewさん、こんばんわ!

> 今回のレビュー読んで、このCD聞きたくなりました。  探します!

このCD、★3.5ですが聴き応えがありました。
ガゾーン目当てでしたが、他のメンバーも良かったです。 TpとDrが特に。

> 遠い昔、確か中野のブロードウエイにあったジャズ喫茶(オーディオ喫茶?)に入ったら、それは凄まじい音量で驚いた事が有りました。パラゴンをベースにしたスピーカーの組み合わせで、後で気づいたんですが、有名な岩崎千明さんの店でした(笑)2時間程いて通りに出た時、何かフワフワした気分だったのを思い出します。

昔は、どこも聴覚障害になりそうな大音量でしたね。
自由が丘にアルフィーっていう店があって、JBLの小型機でフリー中心でガンガン鳴らしていたのを覚えています。 ゆとりが無い分うるさかった。

> 座布団がたまったみたいなので、こたつ布団と交換いたします、です。

ありがとうございます。
そろそろ寒くなりそうなので、

Re: No title

J Worksさん、こんばんわ!

このアルバム、ガゾーン目当てで購入し、ガゾーンは想定通り素晴しかった。

ピアノのBesiakov、最近特にヨーロッパ系の名前は覚えきれず、"Choo Choo"のピアニストであることは
家に戻ってから気付きました。 ピアノ・トリオだったら多分買ってないと思います。



ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン