Dave Brubeck

Dave BrubeckJazz Goes To College ★★★
Label: Columbia CS-8631 LP
Date: Early 1954
Personel: Dave Brubeck(p), Paul Desmond(as), Bob Bates(b), Joe Dodge(dr)
Music: Balcony Rock, Out Of Nowhere, Le Souk, Take The "A" Train, The Song Is You, Don't Worry 'Bout Me, I Want To Be Happy
Tag: kb_piano


デスモンドなしのブルーベックは一枚も持っていない、と思ったら1枚だけあった。 ”Live At The Berlin Philharmonic”だ。 ジェリー・マリガンを迎えたカルテットで、これがなかなかいける。 デスモンド依存のブルーベックと断定しようと思ったがそうではなかった。 ブルーベックのピアノは、ゴトゴト機関車のようで認め難いのだが、理解できない何かがあるようだ。

ブルーベックは横に置いてデスモンドに話を移そう。
レスター・ヤングの影響?、それとも同世代のリー・コニッツ?、ソニー・クリス?...違う。 ウエスト・コースト派とも一線を画す。  そうだチェット・ベーカーはどうだろう。 違う。
やっぱり唯一無二のトーンだ、しかも最初から最後まで!

ブルーベックからは音楽面よりミュージシャン人生において大きな影響を受けた。 DBQは1951年から1967年までの長きに渡って続き、解散後も幾度か一緒に活動している。 デスモンドは生涯独身だったが、ブルーベック・ファミリーとは家族の一員のような付き合いがあったからなのだろう。

このレコードですが、ブルーベックの妻アイオラ(ローラ?)が若い聴衆を開拓するために思い付いた大学・短大ツアー(Cincinnati、Michigan、Ohioなど)からの寄せ集めだ。 この時期の大学ツアー物では、”Jazz At Oberlin”(オーバリンはオハイオにある町の名前で、オーバリン大学(ライシャワー駐日大使の母校)でのライブ)がピカイチの名盤だと思うが、本アルバムも聴く価値十分だ。

個人的には晩年に近いアルバム(CTI、A&M、Horizon、Artists House)が一番好きだ。 



【今日のぶつぶつ】
尖閣諸島沖での衝突事件、中国漁船船長の釈放には国内で非難轟々だ。
政治的判断ではなく司法による判断だとか矛盾だらけの政府見解、オオボケだ!
だが、このオオボケより良い方法はあっただろうか。
同様の事件が起こったらこのオオボケを繰り返すしか方法はないようだが、どうでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tam.raさん、おはようございます。

Desmond はアルト・サックスでは一番好きなプレーヤーです。
彼のサウンドは彼だけにしか表現できない、とても繊細で上品な音色だと思います。

初めて彼のLP盤 「スカイラーク」を1974-5年頃に買ったのが初めてで、その頃はジャズとか意識しないで買っていたように思います。

Desmond の去った後のDBQは、なんだか気がぬけたビールのような気がします。

No title

tam.raさん、こんばんは!
昨日は、ブログへのコメント、それも過分なお言葉ありがとうございました。

Paul Desmondは残念ながら、求めて聴いてはいなかったのですが、
わが師 Jim Hallとやってるアルバがいくつかあって、聴いていました(笑)
探したら、『BOSSA ANTIGUA】が出てきました。まだ他にもあった筈ですが、なんせ整理してないもので、お恥ずかしいです。

>やっぱり唯一無二のトーンだ、しかも最初から最後まで

そうですね、やってる事は、単なるハーフ・タンギングなんでしょうが、使い方が絶妙?というか、そんな感じの唯一無二かもです。

Re: No title

まん丸クミさんへ、

> Desmond はアルト・サックスでは一番好きなプレーヤーです。
> 彼のサウンドは彼だけにしか表現できない、とても繊細で上品な音色だと思います。

私もアルト・ベスト3に入るお気に入りミュージシャンです。

> 初めて彼のLP盤 「スカイラーク」を1974-5年頃に買ったのが初めてで、その頃はジャズとか意識しないで買っていたように思います。

Skilark、私も大好きなアルバムです。
この時期は(も)全て良いのですが、Summertime(A&M)もGOOOOODです。

Re: No title

ewさん、こんばんは!
> 昨日は、ブログへのコメント、それも過分なお言葉ありがとうございました。

本心です。
文章の上手い人は尊敬です。

> >やっぱり唯一無二のトーンだ、しかも最初から最後まで
> そうですね、やってる事は、単なるハーフ・タンギングなんでしょうが、使い方が絶妙?というか、そんな感じの唯一無二かもです。

技術的なことは分りませんが、昔は嫌いに属してデスモンド、ある時グサリと刺さってしまいました。
この人の路線を引継ぐ人が出てこないのは何でだろう?
ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン