Barbara Carroll

Barbara CarrollFresh From Broadway! ★★
Label: Warner Bros. 1543 LP
Date: 1964
Personel: Barbara Carroll & Orch.
Music: ("What Makes Sammy Run?") ("Hello, Dolly!")
Tag: kb_piano


1910年~1920年代に生れた女性ジャズ・ピアニストを抜粋してみた。

1910年、Mary Lou Williams(米国、良く知らない)
1918年、Marian McPartland(英国、Argoなどに素晴しい作品がある)
1924年、Dorothy Donegan(米国、一度は生で見たかった)
1925年、Barbara Carroll(米国、美しいお姉さま)
1925年、Jutta Hipp(ドイツ、BlueNoteに作品を残さなければ無名だった)
1928年、Lorraine Geller(米国、早死が残念、Herb Gellerの落込みは大きかったようだ)
1929年、穐吉敏子(日本、日本の星)

こう並べてみると、ピアノでは古くから女性が活躍していたことが窺える。 この中でBarbara Carrollのピアノは一番ふくよかでお嬢様タッチの音がする。(対極に位置するのは豪傑Dorothy Doneganだ) この時代、当然バップの影響は受けているが、一方で優雅で優しく、癒しを与えてくれる演奏も得意としている。

Warner Brothersや20th Century Foxなどの映画会社、少ないがジャズ・レコードもリリースしている。 これは、W.B.よりミュージカル”Hello Dolly!”と”What Makes Sammy Run?”の楽曲をカヴァーした作品で、Glenn Osser指揮のオーケストラをバックに、Barbaraのダイナミックにして繊細なピアノを聴くことが出来る。 本作品は映画会社のレーベルのためか、あるいは選曲によるものか、コマーシャルっぽい感じも受ける。 

オーケストラをバックにしたアルバムでは他に”Satin Doll”(Kapp)があリ、そちらの方がジャジーな演奏を聴くことができる。

2005年に日本のVenusから復活リリースした”Sentimental Mood”では、健在なところを見せている。



【今日のぶつぶつ】
町内会の盆踊りが近くの公園で行われている。 この数年、拡声器から流れる音が小さくなっている。 どうも近所の住人からのクレームが原因だと聞いたが、年1回が耐えられないのか? 世知辛い世の中になったものだ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン