David Torn

david tornPrezens ★★
Label: ECM 1877 CD
Date: Mar. 2005
Personel: David Torn(gu),Tim berne(as), Craig Taborn(fender), Tom Taborn(dr)
Music: AK, Rest & Unrest, Structural Functions Of Prezens, Bulbs, Them Buried Standing, Sink, Neck-Deep In The Harrow..., Ever More Other, Ring For Endless Travel, Miss Place, The Mist..., Transmit Regardless
tag: string_guitar


Tim Berneの名前を見つけて購入。 完全な大失敗だった。 リーダのDavid Torn(ギター)とフェンダーなどの電子楽器のCraig Tabornを中心としたエレキ音楽で、ちょっとジャズからは遠い。 音が右から左に飛んだり。 ダメだ、一曲目で断念。 全曲聴けなかったので、コメントもなしです。

昔買ったSergay Kuryokhin(ロシアのフリー系ピアニスト)の”Subway Culture”(LEO)というレコードの中袋にシールが張ってあり、そこには次の様に書かれていた。

Sometimes B.G. play his guiter with razor-blade. Occasionally it produces a "distorted" sound. In fact, it is a deliberate part of B.G.'s performance, and not a faulty recording or pressing.

このレコードは今でも持っていますが、このCDは売り払います。



【今日のぶつぶつ】
床屋へ出掛けた。 昔は3,800円の料金は高いと感じたが、冷静に計算すると安いかもしれない。 近くに1,500円の床屋が数年前に開店し、そちらは結構混んでいるが3,800円の店はがら空きだ。 不景気となって安い店に流れるより、来店間隔が長くなっていることが問題だそうだ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_guitar

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン