Freddie Redd

Freddie ReddLonely City ★★★
Label: Uptown UP 27.30 LP
Date: Jan. 18&19 1985
Personel: Freddie Redd(p), Clifford Jordan(ts), Clarence 'C' Sharpe(as), Gerry Cappuccio(bs), Don Sickler(tp), George Duvivier(b), Ben Riley(dr)
Music: After The Show, Bleeker St. Blues, Emily Reno, Thespian, Lonely City, Had Tadd In mind
Tag: kb_piano


どこに焦点を絞って聴けばよいか、難しいアルバムだ。 Freddie Reddのピアノ、作曲、Don Sicklerのアレンジメント、サイドマンの誰か、あるいは...そういう意味で中途半端な感じがする。
Freddie Reddはリーダ・アルバムが20枚弱(?)しかない寡黙なミュージシャン、個人的好みは”Under Paris Skies”(Furura)と”Extemporaneous”(Interplay)(HP参照)の2枚だ。

このアルバムでのFreddie Reddは、好きなミュージシャンを集め全て自作曲を並べる張り切り様だが、指がもたついておりFreddie Reddで聴くアルバムではない。(18歳からピアノを始めたとかで、元々技巧派ではなく心意気で聴くピアノだが)

そこでベースのGeorge Duvivierについて調べてみることにしたのだが...
ジャズを聴き始めて暫くの間はこの名前からフランス人かと思い込んでいたが、1920年ニューヨーク生まれのアメリカ人。(先祖は分りませんが) 大正9年生まれの長谷川町子、芥川龍之介、川上哲治などと同級生だ。

さてGeorge Duvivierのリーダ・アルバムは? こんなこと考えたことも無かったし、全く浮ばない。 ウェブ検索してもないので多分ないのだろう。(ロブスター企画のリーダなしピアノ・トリオはあったが) これだけ有名なベーシストでリーダ・アルバムがないことはジャズ界の七不思議に入れても良いかも!

更に、特定のグループに属さないフリーランサー、Bud PowellからEric Dolphyまでの全方位カバー、40年近い演奏暦、無限に録音があるためかディスコグラフィーが見付らない。 このレコードの録音の半年後に亡くなっているので、これがラスト・アルバムか? 結局なにも分らなかったが、ウェブ検索中に自分のHPを発見、Benny Carter All Starsの一員として来日した生のGeorge Duvivierを観ていたのだ。 これが唯一の収穫となった。



【今日のぶつぶつ】
隣町の盆踊りの太鼓の響きがかすかに聞えて来る。 小銭を握り締め友達と誘い合わせて出掛けた子供の頃の思い出。 薄暗くなってから家を出るワクワク感、すらりと並んだ屋台、出店が一番の楽しみ、昔は町内会などではなく的屋によって仕切られ、普段とは違った世界がそこにはあった。 
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

No title

記事から飛んで、【昔聴いたコンサートのチケット】を眺めました。
あっと、驚くタメゴロウ状態。時代がダブってる(笑)
かなりの所で、tam.raさんと同じ空気を吸っていたみたいです(再笑)

【ビル・エバンス トリオ-1978年9月26日-郵便貯金ホール】
マーク・ジョンソンでした。後に、アバクロンビー・トリオで、アースキンとのツアーを福岡で聴きました。楽屋に押し掛けて、少し話もしましたが。ブログにも少し書きましたが・その後は、ベース・デザイアー・・・。

【シルバー セッション-1976年4月1日-郵便貯金ホール】
当方ブログで、毎月Front page music というのをやっていて、8月はJimmy raney の【Influence】からと思っていました。Y-Tにはいいのが無いので、動画を作成してしまった(再再笑)

自由が丘の駅前ロータリー、懐かしいです。

いやぁ、いい人と知り合いになれました、ネットの神様に感謝です。
ちなみに、私は、ウサギです。(苦笑)


Re: No title

ew1さんへ、

> 記事から飛んで、【昔聴いたコンサートのチケット】を眺めました。
> あっと、驚くタメゴロウ状態。時代がダブってる(笑)
> かなりの所で、tam.raさんと同じ空気を吸っていたみたいです(再笑)

そうですか。 独身時代の良き想い出です。 自由にお金が使えた時代です。

> 【シルバー セッション-1976年4月1日-郵便貯金ホール】
> 当方ブログで、毎月Front page music というのをやっていて、8月はJimmy raney の【Influence】からと思っていました。Y-Tにはいいのが無いので、動画を作成してしまった(再再笑)

Jimmy Raneyは子供のDougをよく育てました。 二世ミュージシャンは二世議員と同じで看板を引継いだような所があって親を超えられないのが普通ですが、Dougは良い線まで行ってると思います。

> 自由が丘の駅前ロータリー、懐かしいです。

そうですね、自由が丘にはアルフィーというジャズ喫茶があって時々いってました。 JBLの小型スピーカで大音量でフリー系を中心にやっていたと記憶しています。

> いやぁ、いい人と知り合いになれました、ネットの神様に感謝です。
> ちなみに、私は、ウサギです。(苦笑)

一回り違わなければ、ほぼ同じです。
ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン