Roland Kirk

ジャズの巨匠シリーズ第4回、ローランド・カークです。 前回のアート・ペッパーに続き、カークを前期・後期に分けて語るとすると1975年に脳梗塞で倒れた時を境目に。 

沢山ある名盤の中から好みで紹介しましょう。



kirk9_convert_20170622211601.jpg Slightly Latin (Limelight/ LS-86033)
Roland Kirk(reeds), Virgil Jones(tp), Martin Banks(flh), Garnett Brown(tb), Horace Parlan(p), Edward Mathias(b), Sonny Brown(ds),
Montego Joe(conga), Manuel Ramos(perc)
November 16 & 17, 1965
1965年の録音でありカーク絶好調の時期といってよいでしょう。
”Limelight”盤の豪華なジャケットとカークの魅力が相まって所有欲をそそる1枚。





聴いているだけでも楽しいのですが、見て楽しいのがカーク、YouTubeから動画を拝借。
その1;
カークは多楽器奏者。
サクソフォン、トランペット、クラリネット、フルート、ピッコロ、オーボエ、イングリッシュホルン、パグパイプ、リコーダー、リリコン、ハーモニカ、ホイッスル、カズー、チェレスタ、アフリカン・タンブ・ピアノ、オルガン、パーカッション、カスタネット、エレクトリック・カリンバ、サイレン、ゴング(wikiより)
しかも同時に複数楽器を操る一人オーケストラ。
サックス3本銜えは、なんだこれ



その2;
カークは、循環呼吸奏法の第一人者、以下の動画では5分過ぎからの4分間聴くことができる。 聴いている方が息苦しくなってくる。”Prepare Thyself to Deal With a Miracle”のB面、20分間にわたっる息継ぎなし演奏、...





kirk5_convert_20170619220420.jpgNow please don’t you cry, beautiful Edith  (Verve)
Roland Kirk (ts, mzo, str, fl) Lonnie Liston Smith (p) R. Boykins (b) Grady Tate (dr)
May 2, 1967
カークは異端者、ゲテモノ扱いを受けることもありますが、演奏技術は超一流。
Verveに吹き込まれたこの1枚、ピアノ・トリオをバックにスタンダードなカークを聴くことができます。



kirk4_convert_20170619220347.jpgLive in Paris, 1970, Vol. 1  (France's Concert)
Roland Kirk(eeds), Ron Burton(p), Vernon Martin(b), Jerome Cooper(ds), Joe Texidor(perc)
22 Feb 1970
France's Concertレーベルからの1枚。
このレーベル、90年代だったか一気に20枚ほどリリースして消えてしまったが、魅力ある盤が沢山ある。
ビル・エバンスの3枚が有名だが、カークの2枚も負けていない。 録音もよい。



ここから後期に入ります。
半身不随を感じさせないアルバムが沢山あってびっくり。
ここでは1枚だけ紹介します。

kirk7_convert_20170619220535.jpgLive In Dortmund (Jazz Traffic)
Rorand Kirk(reeds), Gil Evans Orch.
October 30, 1976
これはCDでリリースされたもの。
カークは他人名義のアルバムに参加すると、借りて来た猫になることが多い。
ギルとカークの共演と聞き期待を持って買ったのだが外れた。
両人の体調の悪さも手伝って盛り上がりに欠ける演奏となっている。
だが今となってはもう聞けない二人、貴重な1枚となった。



大大大好きなカークでした。

このシリーズ、次は誰にしようかな!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

渡辺 貞夫

sadao_convert_20170611204322.jpgSADAO PLAYS BACHARACH&BEATLES
★★★

Label: tact XMS-10010-CT LP
Date: Nov. 8 1968
Personnel: 渡辺貞夫 (as,ss) , 伏見哲夫 (tp) , 日野皓正 (tp) , 増尾好秋 (gu), 渡辺文男 (ds) ,池田芳雄 (b) , 鈴木弘 (tb) , 今井尚 (tb) , 市原靖 (btb) , 鈴木良雄 (org) , 今村祐司 (perc) , 橋爪智明 (tb) , 江藤勲 (el-b) , 八城一夫 (org)
Music: ルック・オブ・ラブ, マジカル・ミステリー・ツアー, 汽車と船と飛行機と, 涙の乗車券, ウォーク・オン・バイ, アイ・アム・ザ・ウォルラス, ヒア・ゼア・アンド・エヴリウェア, ブルー・ジェイ・ウェイ, リーチ・アウト・フォー・ミー
Tag: brass_alto


サンケイ・ホールでのライブ録音、慶應義塾大学軽音楽鑑賞会主催コンサートとある。
1968年といえば学生運動が盛り上がり、ジャズ界ではフリーが席捲、ジャズ喫茶は紫煙で先が見えない時代だった。 その時代によくもこのようなコンサートを主催したものだと。

「貞夫、バカラックとビートルスを吹く...」、 ポップスっぽいジャズは嫌いで見向きもしなかった青春時代、それから数十年経った今はこんなジャズも受け入れ可能となった。
 
中村とうようさんはライナーに、「渡辺貞夫がボサノバ、ビートルズ、バカラックといったポピュラー音楽を取り上げるのは、この分野に魅力的な素材があるからであって、決して金儲けや人気を煽ろうとか、そんな不純な動機でないことは、このレコードの演奏を聴いてもらえば分かって頂けるに違いない」と書いている。
B面のカルテットを聴くと賛成できますね。
ロリンズのグループで聴いたギターの増尾好秋がギンギン、見直しました。
渡辺貞夫もアルト、ソプラノでつっぱた演奏をしています。見直しました。



【今日のぶつぶつ】
寺社巡り、一泊二日で日光へ。
宿泊は「鬼怒川金谷ホテル」、良かったです。
泊まった旅館・ホテルでベスト3に入るかな!
お勧めです。

注意:日光金谷ホテルなど、他の金谷ホテルとは系列が違います。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Shorty Rogers

shorty_convert_20170603220104.jpgPortrait Of Shorty
★★★

Label: RCA Victor ‎– LPM-1561 LP
Date: 1958
Personnel:
Saxophone – Bill Holman, Jack Montrose, Richie Kamuca, Herb Geller, Pepper Adams
Trombone – Bob Enevoldsen, Frank Rosolino, George Roberts, Harry Betts
Trumpet – Al Porcino, Conrad Gozzo, Conte Candoli, Don Fagerquist, Pete Candoli
Piano – Lou Levy, Bass – Monty Budwig, Drums – Stan Levey
Music: Saturnian Sleigh Ride, Martians' Lullaby, The Line Backer, Grand Slam, Play! Boy, A Geophysical Ear, Red Dog Play, Bluezies
Tag: brass_trumpet


ショーティ・ロジャーズ、今となっては「知る人ぞ知る」といったミュージシャンではなかろうか。
tam.raは、勝手ながら評価しております。

トランペッターとしてより、アレンジャー、バンドリーダとして才能を発揮した人だ。
このアルバムは西海岸の一流を集めたビックバンド。
サキソフォーン5本、トロンボーン4本、トランペット6本、それにリズムセクションの3人、錚々たるメンバーが集められている。
ショーティが尊敬と信頼を集めていたことが伺われる。

素晴らしいしアレンジに重なる音の響きが美しい。 ダレたところがなく引き込まれる。

残念なのはジャケット、ショーティのアルバムにはターザンに抱えられたやつとか、相当に酷いジャケが多くあって損をしている。

皆さん、ショーティを聴こう、見直そう。



【今日のぶつぶつ】
「ムカデ」に足を噛まれた。
寝ている部屋は一階、庭から這い上がってきたに違いない。
チクリとした後は痺れと痛みが続く。
何が起こったかまったく分からない。

痛さを我慢して寝ようとすると頭の辺りでゴソッと物音が。
電気を付け見回すが...
布団をひっくり返すと、10センチ程のムカデ発見。
棒で引っ叩くも効果なし、格闘に末にコップに捕獲して外に。

43℃以上での温熱シップを20分ほど、虫刺され軟膏を塗って事なきを得た。
人生60数年で初めて、良い経験をしたものだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trumpet

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン