Bud Powell

ジャズの巨匠シリーズ第3回、パウエル(Earl Rudolph Powell), 1924年9月27日 - 1966年7月31日)です。 
ジャズを聴き始めて最初に好きなったピアニスト。
パウエルの好調期は1953年くらいまでとの意見もありますが、出来不出来は常にあったように思います。 後期の方がパウエルの人間味を感じさせる作品があり、捨てたもんではありません。

それでは早速、好みの作品を紹介しましょう。

powell7_convert_20170517212841.jpgThe Bud Powell Trio(Roulette(JPN)
Bud Powell (p) Curly Russell (b) Max Roach (ds)
1947/01/10
Bud Powell (p) George Duvivier (b) Art Taylor (ds)
1953/08/14

邦名「バド・パウエルの芸術」、2つのセッションのカップリング盤です。 栗村氏らの努力で、Roostに残した8曲のコンプリート盤ということらしいです。 A面は22歳当時の演奏、若者パウエルの最高傑作と言ってよいでしょう。 B面はそれから6年後の録音、通常の人の10倍の時間が圧縮されたような人生を送ったに違いないパウエル、音に丸みと厚みが出ています。 こちらもパウエルの最高傑作と言ってようでしょう。最高がいくつもあるんです、天才には!




powell1_convert_20170517212626.jpgJazz Giant (Verve)
Bud Powell(p) Ray Brown (b) Max Roach (ds)
1949/05
Bud Powell(p) Curly Russell (b) Max Roach (ds)
1950/01..02

パウエルはVerveにも多くの録音を残していますが、そんな中からの1枚。 Verve盤はどれも水準が高いのですが、この1枚の選択理由はジャケット、レンガ色の赤も際立っていますが、ずっと向こうに描かれた1台のピアノに向かった男はパウエルでしょうか。
作者はDavid Stone Martin、天才の孤独を描ききっています。




powell0_convert_20170517213332.jpgJazz At Massey Hall Vol. 2  (Debut)
Bud Powell(p), Charles Mingus(b), Max Roach(ds)
May 15, 1953

これ10インチで去年入手。出来はあまり良くない(と思う)が汗だらだらのパウエル、持っているだけで幸せ。




powell_convert_20160327195555_20170517213521552.jpgThe Scene Changes'  (Blue Note)
Bud Powell (p), Paul Chambers (b), Art Taylor (ds)
December 29, 1958

The Amazing Bud Powell (Vol. 5)、これパウエル入門盤、『クレオパトラの夢(Cleopatra's Dream)』です。
バド・パウエルを知らない方はまずこの1曲から入って下さい。
呻き声には耳をつぶって!このアルバムの詳細は、こちらの記事にあります。




powell5_convert_20170517212750.jpgA Portrait Of Thelonious (Columbia)
Bud Powell (p), Pierre Michelot (b), Kenny Clarke (ds)
Dec. 1961

1960年代にはジャズの本場アメリカから多くのジャズミュージシャンがヨーロッパに活動の場を移しているが、パウエルlは1959年に渡仏。 ヨーロッパのミュージシャンを従えた1枚、これは後期パウエルの最高傑作でしょう。



powell6_convert_20170517212813.jpgLive in Lausanne 1962 (After Hours)
Bud Powell (pi), Jacque Nevard (b), Michel Thevenoz (ds)
January 31, 1962

50年代中期以降は麻薬やアルコールなどの中毒に苦しみ、精神障害を負う。しかしながら、不調期の録音においても、呻き声を発しながらの鬼気迫る演奏を聴くことができ、これを含めてパウエルの個性として評価する声が多い。(日本語Wikipediaより)
この1枚がまさに鬼気迫るパウエルを聴くことのできる1枚。




このシリーズ、次は誰にしようかな!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Charlie Rouse

rouse_convert_20170515222046.jpgPlayin' In The yard ★★★
Label: STEAM SJ 116 LP
Date: 16 Oct 1987
Personnel: Charlie Rouse(ts), Art Themen(ts,ss), Roy Babbington(b), Clark Terry(dr), Stan Tracey(p), Dave Green(b)
Music: Playin' In The Yard, In A Sentimental Mood, I've Found A New Baby, Li'l Of Pottsville, Li'l Sherrie, Wee
Tag: brass_tenor


チャーリー・ラウズに似合う言葉は「中堅」、中堅とは、軍勢においてその中心となる大将に直属する守備の堅い精鋭部隊をいう。(Wikipediaより) 亡くなって30年も経ち、どれだけの人に知られているのだろうか。 Monkのグループへの在籍で少しは認知されているかもしれないが。 渋い名盤を沢山残しているが、この人の凄さは、YEAH!(Epic)を聴けば誰もが納得せざると得ないはずだ。

ところで本盤はというと、チャーリーのテナーに耳を集中すれば、名盤となる。

最後にWikipediaに載っていた素敵な話を。
『小惑星10426番は、発見者であるアメリカ合衆国の科学者・天文学者ジョー・モンターニによって、チャーリーラウズ(Charlierouse)と命名された。モンクとラウズの愛好家であったモンターニは、ちなみに以前にも小惑星11091番にセロニアスと名付けている。』



【今日のぶつぶつ】
ルーチンワークのような毎日、ぶつぶつ言う話題がない。
今日は、本盤を含め4枚購入、帰宅途中70歳近いジジ・ババの口喧嘩を目撃、
それだけだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

Keiko Higuchi & Morishige Yasumune

awai_convert_20170507202518.jpgAWAI ★★★
Label: Improvising Beings ib19 CD
Date: 2011 to 2012
Personnel: Keiko Higuchi (voice) Morishige Yasumune (cello)
Music: nearby, inside, glimpse, void, sigh, calls, rhizome, moan
Tag: vocal_female


ジャケを見れば内容は語るまでもないでしょう。
ボーカルとチェロによるフリーインプロビゼーション、これをジャズというジャンルに括り付けることには無理があるかも知れない。
8曲からなる構成となっているが、曲の説明は無理なので二人の略歴を紹介しよう。

ヒグチケイコ
ボイス・パフォーマー、声と身体を媒体に表現活動をしている。音楽家・パフォーマー以外にも、写真、ダンス、執筆(cleo k.として)、発声講師など、活動範囲は多岐に渡る。現在は様々な音楽家やダンサーたちと演奏活動を多数行っている。
Read more on  ヒグチケイコ

森重靖宗1963年大阪生まれ、音楽家。チェロによる即興演奏を主に、国内外の数多くの音楽家や舞踏家等と共演する。アコースティック楽器の可能性を広げて奏でられるその様々な音響は、繊細かつ豊かで独特の雰囲気を醸し出す。
時に、ピアノによる演奏や、自作曲の弾き語りも行う。
灰野敬二率いるバンド「不失者」ではエレキベースを演奏。
音楽活動以外にも、写真作品集を発表。
Read more on  森重靖宗

このような音楽、tam.raは受け入れ可能だが大多数の人は拒否反応を引き起こすでしょう。その差はどこにあるのだろうか。

ピカソの絵を見て感動する人もいれば、子供の絵と同じにしか見えない人がいる。 芸術って何だ?



【今日のぶつぶつ】
今日で9連休も終わり、唯一の成果は課題曲”Shufflin' In F”に合格し、”Bossa At Night”に入れたこと。ボサノバのリズムは思った以上に難しい。
明日からは仕事に合わせ、8月の発表会に向けて努力。
このところ、すっとSAXにどっぷり。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

Donald Smith

dsmith_convert_20170501215356.jpg Luv ★★★★
Label: Whynot PA 7154 LP
Date: 21 Aug. 1976
Personnel: Donald Smith(p), Cecil McBee(b), Jack DeJohnette(dr)
Music: Mystic Man, Stillness, Nameless, Call Of Liberation, The Magnetic "A", To Yaisa And Wanda With Luv
Tag: kb_piano


記憶の隅に僅かに引っ掛かっていた本盤、最近はほとんど見掛けることのなかった盤に出会い即購入を決めた。
ドナルド・スミス、誰だっけ? Lonnie Liston Smithの弟、インターネット上の情報はこれだけと言ってよいほどない。
そこでライナーからの情報を要約すると以下の通り。

兄の率いたコズミック・エコーズでフルート兼ボーカルを担当し有名となったが、ピアニストとしての評価は皆無だったそうだ。悠正彦氏がアンドリュー・シリルのグループで聴いたドナルドのピアノに感動し、この録音に繋がったとのこと。セシル・マクビーに相談して、このトリオによる録音をまとめたそうだ。

一番の影響にセシル・テイラーを上げている通り、セシル似のところはあるが、よりメロディックな感じのピアノだ。1曲ソロが入っているが、これはロマンチックで美しい、かといって軟な演奏ではない。
これだけの実力者でありながらリーダ作は本盤だけ、聴く耳を持たないのか儲からないためか残念だ。

話は変わるが、悠正彦氏プロデュースの「WhyNot」レーベル、これからの若者や日の目を見ない実力者に焦点を当てた素晴らしいレーベルだ。



【今日のぶつぶつ】
9連休だあ。
毎日練習、親指の腹を捻挫した。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン