Billy Taylor

introducing Ira Sullivan ★★★★
Label: ABC-Paramount ABC-162 LP
Date: Nov. 1956
Personnel: Billy Taylor (p), Ira Sullivan (tp,ts,as), Earl May (b), Ed Thigpen (dr)
Music: So in Love, Imagination, Strolling, They Can't Take That Away From Me, Leslie's Gauge, In a Mellow Tone, You Don't Know What Love Is
Tag: kb_piano


ビリー・テイラーのリーダ・アルバムだが、アイラ・サリバンに焦点を当てよう。
トランペット奏者として紹介されているが、A面、B面それぞれ1曲づつサックスを披露している。
個人的にはトランペットが最高かな、すごくブリリアントだし、影もある。
いずれの楽器とも甲乙付け難いほど見事、でもそこに落とし穴が! 器用過ぎることが玉に傷!
聴く側の焦点がボケて損をしている。 ペット一本でやっていれば大成したに違いない。

正確なディスコグラフィが見つからなかったので誤っている可能性もあるが、裏面のライナー(アイラが書いている)は次のように書いている。
『1955年6月のレッド・ロドニーのアルバム(Fantasy LP 3208”Red Rodny Quintet"ペットとテナーで参加)が最初で、次に1956年6月のジャズ・メッセンジャーズへの参加(1982年になってColumbia FC 38036”Originally”というタイトルでリリ-ス、テナーで2曲に参加)』
このアルバムはIntroducingとなっているが初ではないらしい。

ビリー・テイラーは控えめですが、まとまりのある良いアルバムです。
ABCは人気が無いようで、安かった。



【今日のぶつぶつ】
カチッカツカチ、カチカチッ、カチ...毎秒3回ほどのテンポの金属音が、
人込みの中から次第に近付く、

何とバアさんが、金属製の杖をプラットフォームに刺し刺し歩いて来る、危うく刺されるとことでした。

あれは、武器だ
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン