Stan Getz

getz_convert_20170226200908.jpgMy Foolish Heart "Live" at the Left Bank ★★★★
Label: HYENA TMF9321 CD
Date: May 20 1975
Personnel: Stan Getz (ts); Richie Beirach (p); Dave Holland (b); Jack DeJohnette (ds)
Music: Invitation, Untitled, Spring Is Here, Litha, Lucifer's Fall, My Foolish Heart, Fiesta
Tag: brass_tenor


スタン・ゲッツが聴きたくなり棚から1枚、何でも良かった。
ボッサやっても崩れなかったゲッツに当たり外れはないからだ。
このアルバム、バックはバイラーク、ホランド、デジョネットの3人、ちょっとゲッツとは立ち位置が違うかなと、でも心配無用、ゲッツ色に染めてしまうゲッツには痺れる。

Jazz Discography Projectによると1975年のアルバムは以下の4枚のみ。
Getz&Gilberto - The Best Of Two Worlds Featuring Joao Gilberto(Columbia) 再会セッション
Kimiko Kasai - This Is My Love (CBS) 笠井紀美子、知ってますか?自由ケ丘「5Spot」で観た
Stan Getz - The Master (Columbia) 何故か82年になってリリース
Stan Getz - Presents Jimmie Rowles The Peacocks (Columbia) これ隠れ名作

本作が載っていない Why?

やっぱり凄いゲッツ、
自分で楽器を始めて聴き方が違ってきた。どうやって音出してるんだ?
楽しめてはいるが、奏法が気になって気になって、何故かドキドキする。
ゲッツからサックスを取り上げたらタダのGetz、tam.raからサックスを取り上げてもタダのtam.ra、気楽に行こう。



【今日のぶつぶつ】
暖かさを感じる。
ミミズや芋虫はどんなかな?
来週あたり土作りを始めよう!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

John Coltrane

coltrane_convert_20170219214430.jpgBahia ★★★
Label: Prestige PR 7353 LP
Date, Personnel, and Music: see below
Tag: brass_tenor


「二流ジャズ」で取り上げてはならないミュージシャンの登場です。
何故取り上げたかって? ブログに書く気になる物に出会わない昨今、そしてコルトレーンを久しぶりに聴きたくなったから。最近では年に1度聴くか聴かないか、そんな感じ。

Prestige時代をまだ二流だとおっしゃる方もいるが、一番ジャズっぽいしコルトレーンは気に入っている。 この時代のレコーディングについては、プレスティッジのジョン・コルトレーンを整理するに纏められているので参考になります。

Prestigeからのまともなリリースは以下の3枚のみ、
PRLP 7105 Coltrane
PRLP 7123  With The Red Garland Trio
PRLP 7142  Soultrane

以降のアルバムはコルトレーンが契約を満了してからリリースされた寄せ集め盤
この1枚も、2つのセッションの合作
PR 7353   John Coltrane - Bahia

1958年12月26日
Bahia, Goldsboro Express, Something I Dreamed Last Night
John Coltrane (ts), Freddie Hubbard (tp), Red Garland (p), Paul Chambers (b), Art Taylor (dr)

1958年7月11日
My Ideal, I'm a Dreamer (Aren't We All)
John Coltrane (ts), Wilber Harden (tp, fl-h), Red Garland (p), Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (dr)

バラードのコルトレーンはこの時代から聴ける。
そして、ポール・チェンバースのソロが2度。
聴き所はそんな所か。



【今日のぶつぶつ】
今日は楽しかった!
最近そんな日がいつあった...

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

Interface

This Time ★★★★
Label: ReEntry RE002 LP
Date: Jul. 1978
Personnel: Mark Whitecage (as,cl) John Fischer (p) Rick Kilburn (b) Phillip Wilson (dr)
Music: Free Blues #2, State of the A, 110th Street, Stops and Starts #1, 476, Foggy, Patates Frites
Tag: kb_piano


ジャズに親近感を持ち聴いている人は少ない。 その少ない人の中でLP媒体に録音されたジャズを聴く人は更に少ない。 そんな中でフリー・ジャズを聴く人はほんの一握り... ジョン・フィッシャーはフリー・ジャズの中でもマイナーな存在だから日本で数人かしか知らない存在。 ここで紹介しなければ埋もれてしまう。(INTERface ここでも紹介していますが)

John Fischerは本当に素晴らしいフリー・ジャズ・ピアニスト、1930年ベルギーで生まれ、惜しくも去年8月に86歳で亡くなった。自ら主宰するReEntry RecordにArthur Blythe、Lester Bowie、Marion Brown等の共演録音を残している。コンピュータを使った芸術の開拓者として知られているようだ。

少ない録音の中から、フィッシャーがリードしたグループ”INTERface”のDiscographyを以下に紹介する。John Fischer、Perry Robinson、Mark Whitecageの3人がコア・メンバーで発足し、ロビンソンが抜けた後、Charles TylerやMarion Brown がゲストで加わっている。

* Poum! : John Fischer/Interface. (Composers Collective CC721) 1974
Perry Robinson (cl), Mark Whitecage (fl,as,ts,vo), John Fischer (p,vo), Mario Pavone (b), Laurence Cook (dr)

* Interface. (Composers Collective CC722) 1975
Perry Robinson (cl), Mark Whitecage (as), John Fischer (p,vo), Rick Kilburn, John Shea (b), Armen Halburian, Laurence Cook (perc), Jay Clayton (vc)

* Interface Live At Environ. (ReEntry RE001) 1977
Perry Robinson (cl), Mark Whitecage (as), Charles Tyler (bs), John Fischer (p), Rick Kilburn (b), Phillip Wilson (dr)

* This Time.(ReEntry RE002) 1978
Mark Whitecage (as,cl), John Fischer (p), Rick Kilburn (b), Phillip Wilson (dr)

* Glimpses.(ReEntry RE003) 1978-79
Mark Whitecage, Marion Brown (as), John Fischer (p-vc), Rick Kilburn (b), Bobby Meyer, Tom Whaley, Phillip Wilson (dr)

* Another Interface.(ReEntry CD 017) 1996
Arthur Blythe (sa), John Fischer (p), Wilbur Morris (b)




【今日のぶつぶつ】
先週土曜日には母がインフルエンザで入院、日曜日はSaxの発表会、そして水曜日には我がインフルエンザに罹患し発熱、今日になりやっと元気を取り戻した。

ドタドタの一週間でした。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン