Cannonball Adderley

cannonballIn Person ★★★★
Label: Capitol ST-162 LP
Date: Oct. 7 1968
Personnel: Cannonball Adderley(as,ss), Nat Adderley(cor), Joe Zawinul(p,e-p), Vic Gsdkin(b), Roy McCurdy(dr), Nancy Wilson(vo), Lou Rawis(vo)
Music: Rumpelstiltskin, I'd Rather Drink Muddy Water, Save Your Love For Me, The Scene, Somewhere, The Scavenger, Sweet Emma, Zorba
Tag: brass_alto


キャノンボールの手持ちアルバムは少ない。
想像するにこの明るさが邪魔をしたようだ。 1970年当時のジャズ喫茶は紫煙がモクモクと上がりユリイカなどの雑誌も持った左翼気取りの学生が屯していた場所、そんな場所に明るいアルトサックスは馴染まずターンテーブルに乗る機会は少なかった。

本アルバムでもレナード・フェザーは、”Eloquent”という単語を使ってキャノンボールを紹介している。 人を動かす力のあるアルト演奏であり弁舌家でもあるということ、曲間のおしゃべりで笑いを取っている。(1957年にマイルス・デイヴィス・セクステットに参加しているが気が合ったとは思えない)

キャノンボールはキャノン砲のようにドッカンドッカンやっているが、聴き所はザヴィヌルとナットの二人だ。(Cannonballは、大食いだったことから付けられたあだ名cannibal(人喰い族)からきているそうだ)

ジョー・ザヴィヌルは1959年に渡米し、直後の1961年から9年間もの間キャノンボールのグループに在籍ていたのですが、その後に移ったエレクトリック・マイルス、そして”Wheather Report”、この間の落差には凄いものがあります。 本アルバムのザヴィヌルはモダールでファンキーに乗りまくっているのですが、取り上げられているザヴィヌルの3曲を聴くとその後スタイルの変化を読み取ることができます。

そして、弟のナット・アダレイのコルネットを忘れてはいけない。 ”The Scavenger”はマイルスのようなラッパだ。 キャノンボールの影に隠れてしまった感は否めませんが、1975年にキャノンボールが亡くなった後に残されたナットのリーダ・アルバムはどれも聴くに値するものです。 1977年にリリースされた”On the Move” (Theresa)を聴くとその素晴しさを分かってもらえると思います。



【今日のぶつぶつ】
キャノンボールは、音はデカイし遠くまで響くアルトのお手本、Tam 'Cannonball' Raと名乗ろうかな!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Carl Grubbs

Carl GrubbsLive at The New Haven Lounge ★★★
Label: Private CD
Date: 1993
Personnel: Carl Grubbs(as,ss), Elmer Gibson(p), Edward Crockett(b), Rasid Rahman(dr)
Music: Speak Low, Naima, In My Youth, I Want To Talk About You, My Favorite Things
Tag: Brass_Alto


70年代にB級隠れ名盤を連発した(?)グラブス兄弟の弟Carl Grubbsの手作り感満載のアルバムだ。
ちょっと古い録音だが。

1969年に2歳年上の兄アールと”The Visitors”を結成、次のアルバムをリリースした。
・ Neptune ('71/Cobblestone)
・ In My Youth ('72/MUSE)
・ Rebirth ('74/MUSE)
・ Motherland ('75/MUSE)
カールがアルト、アールがテナー(アールがカール、アルトがテナー、アルトがアール、おやつにカール、&$%’#”分からなくなってきた)を吹く兄弟バンド、1989年にアールが亡くなるまで続いたそうだ。
他にJulius Hemphill Sextetによる”Fat Man and The Hard Blues”(Black Saint, 1992)でも聴くことができる。

このアルバムでもコルトレーンの十八番であった、”Naima”、”My Favotite Things”、”I Want To Talk About You”を演奏、なかなかの熱演だ。 特に”My Favotite Things”、ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』からの1曲をジャズ仕立てにしたのがコルトレーン、この曲をコルトレーンっぽさ無くジャズ風に演奏することは難しい。

カールの吹くアルトは当然コルトレーン風(時代的にはImpulseの中期)、コルトレーンの最初の奥さんNaimaが従姉弟だったことから、コルトレーンから習ったそうで仕方ないかも。 20年ほど前にはコルトレーン・ライクなサックス奏者が沢山いたが、最近はめっきりいなくなった。 どこへ消えてしまったか!



【今日のぶつぶつ】
今日買ったもの。
・耐水サンドペーパー#800
・ノギス
・サンマルクの野菜パン
・種(大根、四角豆)

それで?

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Red Holloway

Red HollowayHittin' the Road Again ★★★
Label: Jam 014 LP
Date: 1980
Personnel: Red Holloway(ts,as,bs,vo), Richard Reid(b), Dwight Dickerson(p,Fender), Jimmy Smith(dr), Gerryck King(dr), Johnnie Shuggie Otis(gu)
Music: No Tears (Over You), Sylvia Is Her Name, Russel Square, Swifty (aka Stacos), Music For Making Love, Hittin' The Road Again
Tag: brass_tenor


レッド・フォロウェイにはぼやっとしたイメージしか持っていなかった。 何故だろう、フォロウェイのディスコグラフィを調べるとこんな感じだ。

1963年から1965年にかけて4枚のリーダー・アルバムをPrestigeに吹き込んでいるがどれも地味な作品、次のリーダ作品は1980年代となってからだ。 この間、ロスにあったParisian Roomで音楽監督、出演者の調整役を本業としており、演奏活動からは遠ざかっていた。 リーダ作以外ではJack McDuff、Gene Ammonsのアルバムに数多く参加している。

そんなわけで、このレコードには期待を持っていなかったが、外れた。
なかなか良いのだ。 そしてこのレコードを聴いてフォロウェイがはっきり見えた。

全6曲中5曲がフォロウェイの作、コンポーザーとしての能力も傑出している。

オープニング”No Tears (Over You)”は1963年の作品。 Jack McDuff、Gene Ammonsとの相性が分かるフォロウェイのテナー、そこに絡むDwight Dickersonのクニャクニャ フェンダーが面白い。
続く”Sylvia Is Her Name”はギターのOtisがフィーチャーされた曲で、フォロウェイは歌とバリトン(オーバーダブ)で参加、渋いブルースでギターが完全にブルースだ。
3曲目”Russel Square”ではアルトで飛ばす。 Sonny Stittとやっていた時には、フォロウェイがアルトに回っていたそうだ。 Stittのアルト(Stittはアルトでスタートしたがパーカーソックリさんを嫌ってパーカー存命中はテナーに専念したとか)を聴いているような感じだ。

B面1曲目”Swifty”(Stacosの曲名でも知られている)は唯一Redの作品ではなく、長らくParisian Roomでピアニストを務めていたArt Hilleryの作品、ここでは再びテナー、この曲ではDwight DickersonのピアノとRichard Reidのぶっ叩きベースが素晴しい。
そして”Music For Making Love”は一転ムーディーなテナー、フォロウェイによるとポルノ絡みの音楽とか、こんな仕事でも自分を貫く意識を忘れなかったと言っており、感じが出た良い曲に仕上がっている。 エロチックなテナーとエレピの雰囲気と書かれているが、エレピの爽やかな感じが面白い。
最後6曲目”Hittin' The Road Again”は再びブルース調の曲でテナーを演奏。 1948年に初めてのRoosevert Sykes(知らない)との巡業ではブルースにどっぷり浸かっていたそうで、出自が現れた曲。

フォロウェイは、素晴しいミュージシャンだ。

残念だが評価されることなく2012年に亡くなっている。



【今日のぶつぶつ】
お彼岸、送別会、偲ぶ会、学友の集まり、年度の変り目は何かと忙しい。
そんな中、今日も4時間ほど練習に励んだ。
入れ込んでいる。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

Marvin "Hannibal" Peterson

Marvin Peterson The universe is not for sale ★★★
Label: Smackdab Records SD1001 LP
Date: 1980
Personnel: Calvin Hayes(as), Sam Tillman(b), Nathan Battles(dr), Lucas Mason(fl), Buddy Collins(gu), Whitney Booth(perc), Grover Page(p), Leonard Lonergan(ss), Wesley Butler(synth), Hannibal Peterson(tp), Willis Carter(tp), Bill Barber(tuba)
Music: The Universe Is Not For Sale, Saint Mingus, Saint Mingus (Part Two), Nightriffer, Sundowning, Hello, Thelonious, Me, The People, Dreams Parting The Blue Air, Pushing Ink
Tag: brass_trumpet


このアルバム、二人の名前が記載されていますがLeonard Lonerganのリーダ・アルバムといった方が正しそうです。 ですが、マービン・ピーターソンを前面に出した方が通りが良いのでそうしておきます。(Lonerganさん、ゴメン!)

Leonard Lonerganという人はまったく知られた存在ではありません。 簡単に紹介しておくと、Tony Frusella(一部に熱烈なファンがいるトランペッタ)やBob Crumb(知りません、ピアニスト)などとやっていたが、その後画家に転向してしまい音楽界からは消えてしまった。 映画音楽で返り咲き”The Children of One”、”Windfall”といったアルバムを録音、そしてこのアルバムとなったそうですが、ハンニバルとの接点は不明。

このアルバム、ハイノート・ヒッターとしてのハンニバルを期待すると外れる。
ゆっくりとした奇妙な楽曲(悪くはない)に、上手とは言えないLeonardのソプラノ・サックス、ハンニバルが淡々とアクセントを付けるといった具合だ。

トランペッターがハンニバルでなければ唯のジャズっぽいアルバムとして埋もれていた筈、ハンニバルの参加で貴重な1枚となってここにある。

高水準にあるハンニバルのリーダ作品から1枚を推薦するのは難しいのですが、75年のデビュー作 "Hannibal"(MPS)を挙げておこう。



【今日のぶつぶつ】
ミュージック・スクールの管楽器発表会を観に行った。
下は5歳ほどの女の子から上は60歳代のオジサンまで、
Mack The Knife
My Favorite Things
C Jam Blues
On The Sunny Side Of The Street

どれも知ったジャズのスタンダード、来年の演奏会には
参加できるレベルに達しているだろうか。

達していることを願うが、参加は恥ずかしい。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trumpet

Miguel Zenon

miguel zenonAlma Adentro ★★★★
Label: Marsalis Music MARS0016 CD
Date: Feb. 27-28, 2011
Personnel: Miguel Zenon(as), Luis Perdomo(p), Hans Glawischnig(b), Henry Cole(dr), Guillermo Klein(cond), Nathalie Joachim(fl), Domenica Fossati(fl), Julietta Curenton(fl), Romie de Guise-Langlois(cl), Carol McGonnell(b-cl,cl), James Austin Smith(oboe), Brad Balliett(bassoon), Keve Wilson(english horn), Jennifer Kessler(french horn), David Byrd-Marrow(french horn)
Music: Juguete, Incomprendido, Silencio, Temes, Perdon, Alma Adentro, Olas Y Arenas, Amor, Perfume de Gardenias, Tiemblas
Tag: brass_alto


習い始めて以降、聴く上で重きを置いていなかったテクニックが気になって仕方ない。
ミゲル・ゼノンのアルト、めちゃくちゃ上手いと思う。 優等生的な演奏で、時には羽目を外しても良いのではと思うところもあるが。

ジャケットがまた良い、街中から聴こえるサルサのリズムの合わせて踊りだす二人、見ず知らずの二人が手を取り合って。 ジャマイカ、ハイチ、ドミニカ、その東に位置するプエルトリコはそんな国なのだろう。
音楽的にはルンバ、ソン、マンボ、サルサ等々、本作はプエルトリコの音楽集ということでカリブ系の香りジャズだ。 ラテン系の華やいだ明るく陽気な感じとも違った、乾いた影を感じる音楽だ。 何回か前に取り上げたDon Falzoneで感じたのと同じ風だ。

2002年に”Looking Forward”(Fresh Sound New Talent)でデビュー、リーダ・アルバムは8枚、サイトマンとして50枚近いアルバムに参加、注目して行きたいアルト・サックス奏者だ。

近年、アルト・サックス奏者は小粒になってしまった。(ジャズ全体かもしれない)
パーカーに始まり、コールマン、ドルフィー、ウッズ、ペッパー、マクリーン、コニッツ、...あの輝きは、



【今日のぶつぶつ】
今年も花粉症の季節が来た。
時が過ぎれば去って行く花粉症、そのときの爽快感がたまらない。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Gerald Wiggins

Gerald WiggisThe Gerald Wiggins Trio ★★★★
Label: TAMPA TP-33 LP
Date: Oct. 1956
Personnel: Gerald Wiggins(p), Joe Comfort(b), Bill Douglas(dr)
Music: Love for Sale, I Don't Know What Kind of Blues I Got, De Silva Wig, Laura, Surrey with the Fringe on Top, Dinah, All That's Good, The Man That Got away, Three Little Words
Tag: kb_piano


以下の文章、頭が錯覚して”WIG”を”DIG”と間違って書いてしまいました。
(コメント欄にあるご指摘を頂きました)
恥ずかしいですが、訂正せずに残しておきます。
------------------------------
ジェラルド・ウィギンス、”DIG”と呼ばれたピアニストだ。
ジャズにおいて”Dig”は「ワクワクする」とか「示唆に富んだ」との意味で使われ、ジェラルド・ウィギンスこそ”The DIG”だとライナーに書かれている。

”DIG”はジャズの世界で「好き、気に入る」という意味で使われたスラング(元々は掘るとか探求するといった意味)で、他にも多く使われている。 マイルスのアルバムには”Dig"(Prestige)があるし、エバンスのアルバムには”Everybody Digs Bill Evans”(Riverside)がある。 昔、新宿には中平穂積氏の「DIG」というジャズ喫茶があった。 そしてそして、「レコード漁り」をDIGという。

DIGはここまで。

このアルバムはジェラルド・ウィギンスの2枚目のリーダ・アルバムとなる。 1枚目は同年にパリで録音されたVogue盤だが、本盤のライナーには面白いことにパリ録音盤は音質が悪く真のジェラルドを捉えた盤は「こちらだ」と書かれている。 確かに良い音だ。 ジェラルドはタッチを軽くしスウィングを大事にするピアニストで、「小気味良い」、「趣味の良い」という言葉がピタリと当て嵌まる。

選曲も良いしピアノ・トリオ・アルバムとして推薦に値する1枚だ。

予断だが、TAMPAといえばアート・ペッパーの”The Art Pepper Quartet”と”Marty Paich Quartet featuring - Art Pepper”の2枚、両盤ともオリジナルはお宝盤、本盤はDUで700円、ちょっとちょっとダ!



【今日のぶつぶつ】
ウクライナ情勢をめぐる某国首相、自分の事しか考えない対応。
良いとか悪いとかと言っているのではない。
ヒドイ態度に呆れる。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Montreux '79

Monterux79In Concert/Montreux '79 ★★★
Label: Griffon G-913 LP
Date: July 11 1979


Personnel & Music:
Joe Beck "Alcazar" Composed By, Orchestrated By – Don Sebesky
Bob Brookmeyer "The First Love Song" Composed By, Orchestrated By – Bob Brookmeyer
Jon Faddis "Zylvia" Composed By – Jon Faddis Orchestrated By – Rob Mounsey
Richard Davis " Pitter Pat" Composed By – Richard Davis Orchestrated By – Bill Lee
Inner Galaxy Orchestra "Cyclone From The East" Composed By, Orchestrated By – Bingo Miki
Tag: other_orchestra

1979年のモントルーから5組のビックバンドを特集したアルバム。

A面スタートはDon SebeskyのオーケストラにJoe Beckのギター、スパニッシュ風の味付けで渋いギター・プレイを聴かせる。 と思いきや、途中からロックの乗りへ。
この人、ギル・エバンス・オーケストラで始まり1960年代後半から70年代初めにはロックに手を出したとか、tam.raの耳はすり抜けてしまっており殆んど知らない。 観客の拍手は5組の中で一番。

二組目はBob Brookmeyerのオーケストラ、しっとりと聴かせる楽曲で、ボブのトロンボーンもマイルドだ。

そして、本アルバムのハイライトと言ってよいJon Faddis、得意のハイノートが炸裂。

B面に移りBill LeeのオーケストラをバックにベースのRichard Davisを徹底的にフィーチャした。
1曲丸々ベースを全面に出したアレンジ、頑張ってます。

ラストが三木敏悟率いる我がInner Galaxy Orchestra、アレンジはちょっと古めかな。 分厚いサウンドに松本英彦のテナーが入り、曲の後半はフルートに持ち替えている。 この人はテナー一本のイメージが強いが、フルート相当に行けてます。 声でのサウンドを交えての力演だが、ちょっと気張り過ぎの感あり。

こういうアルバム、消えてっちゃうのかな



【今日のぶつぶつ】
3月、春も近そうだ。
そろそろ庭農のことも考え始めないといけない季節だ。
今月まずはダイコンとジャガイモから。

6月にはワールドカップがあるし、
アルトサックスの練習もあるし、
ブログも続けたいし、
最近 自転車乗ってないな.....
ちょっと忙しい

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_orchestra

Wadada Leo Smith

Leo SmithSpiritual Dimensions ★★★
Label: Cuneiform Records Rune 290/291 CD
DISC 1 (Wadada Leo Smith's Golden Quartet)
Date: Jun. 13 2008
Personnel: Wadada Leo Smith(tp), Vijay Iyer(p,synth), John Lindberg(b), Pheeroan Aklaff(dr), Don Moye(dr)
Music: Al-Shadhili's Litany of the Sea: Sunrise, Pacifica, Umar at the Dome of the Rock, Parts 1 & 2, Crossing Sirat, South Central L.A. Kulture

DISC 2 (Wadada Leo Smith's Organic)
Date: Apr. 4 2009
Personnel: Wadada Leo Smith(tp), Michael Gregory(e-gu), Brandon Ross(e-gu), Nels Cline(string e-gu), Lamar Smith(e-gu), Okkyung Lee(cello), Skuli Sverrisson(e-b), John Lindberg(b), Pheeroan Aklaff(dr)
Music: South Central L.A. Kulture, Angela Davis, Organic, Joy: Spiritual Fire: Joy
Tag: brass_trumpet


ベースにJohn Lindberg、ドラムにPheeroan AkLaffというフリー界を代表する二人を見付け嬉しくなっての購入。
リーダはWadada Leo Smith、知らんな~、&%)(#+*

知ってた、未だに現役で活躍していたとは。 1970年代にフリーで活躍していたあのレオ・スミス、Kabellという自主レーベルから3枚ほどリーダアルバムを出した後ECMやBlack Saintからあまり面白くないアルバムを出していたあのレオ・スミスだ。 ペットの勢いは当時より元気になっており、音だけ聴けば70歳に成らんとしている”じいさま”トランペッターとは誰も気付かないだろう。

このアルバムは2枚組。
1枚目は”Golden Quintet”と名乗ったグループで、John LindbergとPheeroan AkLaffの他にAEOCにいたDon Moye、そして唯一若者代表でVijay Iyerが加わっている。 20秒ほど無音部があり壊れたかな...のあとにベースとドラム、それに続いてピアノとペット、懐かしい70年代のロフト・ジャズだ。 ピアノのVijayを聴くとセシル・テイラーの影響が見え隠れする。 

2枚目はエレキ・ギター4本、セロ1本、それにベース2本を並べた風変わりな編成、聴くとマイルス・バンドのような、そう言えばあのマイルスも死ぬまで新たな音楽に挑戦していたっけ。



【今日のぶつぶつ】
まど・みちお

ぼくが ここに
                   

         ぼくが ここに いるとき
         ほかの どんなものも
         ぼくに かさなって
         ここに いることは できない

         もしも ゾウが ここに いるならば
         そのゾウだけ

         マメが いるならば
         その一つぶの マメだけ
         しか ここに いることは できない

         ああ このちきゅうの うえでは
         こんなに だいじに
         まもられているのだ
         どんなものが どんなところに
         いるときにも

         その「いること」こそが
         なににも まして
         すばらしいこと として

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trumpet

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン