Don Falzone

Don FalzoneStand Clear of the Closing Doors ★★★★
Label: Private CD
Date: Feb. 2008
Personnel: Don Falzone(b), Donny McCaslin(ts,ss), Bruce Saunders(e-gu), Eric Halvorson(dr), Maúcha Adnét(vo), Adam Rogers(a-gu), Mark Lambert(a-gu), Werner Gierig(fender)
Music: The Phoenix, Cocoon, Wish It Were True, Mastadon, Refugees, Cubarab, Another Fall, Goodbye Lullabye
Tag: string_base


30年以上ニューヨークで活動を続けているとのことで遅すぎたデビュー作。 まったく知らないベーシストのアルバムだったが、ご贔屓のDonny McCaslin目当てで買いと決めた。

ところがだ、ドン・ファルゾーンにはびっくりした。
このベース・ワークは一音一音の存在感が大きくチャーリー・ヘイデン同様の独自性を感じる。(方向性は違うが) これまでずっとサイドマン、その活動はジャズに限らずフォーク、R&B、ブルース、ポップス、ダンス音楽、そしてサウンドトラックと幅広い。 2011年には2枚目のCD、”August Quartet”をリリースしている。(John Hart、Jed Levy、Eric Halvorsonを伴ったカルテット) 

ところで本アルバム、何と言っても最初の2曲、”The Phoenix”と”Cocoon”が抜群に素晴しい。 クールなブラジル音楽を思わせる趣はドンの作曲能力の底力を見せつけている。 マウーシャ・アドネット(リオ・デ・ジャネイロの生れ)のボーカルはメロディーを軽くハミングするだけだが色彩を与えている。 そしてデュエットするマッカスリンが最高に気持ちよくスウィングしており、思わず上手いと唸ってしまう。 これまでと違ったマッカスリンの姿が見えた。 そしてベース・ソロは強力で独特のリズム感が気持ちよく響く。

この2曲だけで、星4つ。



【今日のぶつぶつ】
『苦労ばかりの人生だったよ』
施設に入っている70歳ほどの老人がぽつりと呟いた。

tam.raの人生のこれまで...
苦労らしい苦労はしてきていない。

あの老人のあの言葉、残念だが理解できていないのだろうな!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_base

Sarah Vaughan

Sarah VaughanCrazy and Mixed Up ★★★★
Label: Pablo Today 2312-137 LP
Date: Mar. 1&2 1982
Personnel: Sarah Vaughan(vo), Roland Hanna(p), Joe Pass(gu), Andy Simpkins(b), Harold Jones(dr)
Music: I Didn't Know What Time It Was, That's All, Autumn Leaves, Love Dance, The Island, In Love In Vain, Seasons, You Are Too Beautiful
Tag: vocal_female


サラボーン、後期傑作の1枚と称されるアルバム、このとき彼女58歳、まったく衰えを感じさせないばかりか円熟期を見事に捕らえている。 サラだけでなくメンバー全員がつぼに嵌ってバッチリ、スタジオ・セッションだがワクワク感が音となって聴こえて来る。

どの曲も良いが、まずはアップテンポのスキャットが圧巻な”枯葉”、この曲が取り上げない訳にいかない。 シャバダバダで一曲丸々通しており、原曲はまったく分からない。 高音の伸び、音域、そしてリズム感、歌手を目指す者は聴いてはいけない。 歌えなくなっやうから!
ここでのもう一人の主役はジョー・パス、サラに引張られている。 指がいつも以上に滑らかに動いていると感じるのは気のせいだろうか。

そしてくぐもったような声で始まる”Love Dance”、一転してしっとりしたバラードは切々と語りかけ、そして力強く歌い上げている。 これもサラの真骨頂。 ここではローランド・ハナの叙情的なピアノが素晴しい。 改めてできるんだと認識した次第。

この人のボーカルは永遠だ。

この盤はドイツ盤、Pabloは何故かアメリカ盤より人気が高い。 コーティングの光が心をクスグル、ちょろちょろっと。 成熟したワインと同じような深みがなんとも言えない。



【今日のぶつぶつ】
アルトサックス、やっと2章に入った。
これまでは「ソラシド」の4音階、これからは下の「ドレミファ」、そして8部音符と3/4拍子が入ってくる。

今日は4時間ほど自宅練習。
頑張るぞ!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

稀にみる大雪

RIMG1229-001.jpg

昨日滑ったプラスチックパネルは放置したまま!
5メートルほど先にある脚立を取りに行けず。


RIMG1226-001.jpg

どこが道か分からない!
明日の朝、駅までの道が...


テーマ : 雪景色
ジャンル : 写真

Bob Ferrel

Bob FerrelBon Voyage ★★★
Label: BFM Productions BFM002 CD
Date: Mar. 2 1996
Personnel: Bob Ferrel(tb), Michael Cochrane(p), Calvin Hill(b), Yoron Israel(dr), Vinnie Cutro(tp), Frank Elmo(ts,bcl), Ben Williams(tb), Brian Ferrel(tb), Augie Rivera(tb), Phil Jones(b-tb), Ms Jann Parker(narr)
Music: 124th & Ruiz, Blue Wild Flower, Bon Voyage, Brazilia, Eulipian's Lament, Hurricane Bop, Lament, Stolen Moments, Edison Narration, Blues for the Century, Mood Indigo
Tag: brass_trombone


「このCD持っていたかも?」と悩みながらの購入。
CDは買った順に積み重ねている状態で管理、
管理とはいえない! その通りの状態です。
一応探したが見付からないので持っていなかったことにしよう。

”124th & Ruiz”、”Blue Wild Flower”、”Hurricane Bop”の3曲はAugie Riveraの作曲、寝た子も起きないボブのトロンボーンが心地よく、この曲調にYoron Israelの乾いたドラミングが似合う。
3曲目の”Bon Voyage”はボブのソロ、息遣いが生々しく捉えられ、また様々なテクニックが駆使されたトロンボーンは勉強に打って付けだ。 続くコルトレーンの”Brazilia”は14分を超える長尺、弱マッコイ風のコクランのピアノが微笑ましい。 このアルバムのベストは、”Lament”と”Stolen Moments”の2曲、ゲストが加わったビック・コンボ編成となり5トロンボーンの厚みと響きが美しい。

アルバム”Time Tunnel”にも3曲が収録されていたが、ここでも蝋管蓄音機への録音が解説付きで最後に2曲、蓄音機コレクターとしてはやりたかったのでしょう。


この人のBiographyはほとんど分からないが、Time Tunnelの記事で可能な限り調べ紹介してあるので興味ある方はそちらを。

今回は可能な限り参加アルバムを調べてみました。
リーダアルバムは次の3枚:
1. Time Tunnel (1996) BFM-001  これ名盤
2. Bon Voyage (1997) BFM-002 本作
3. Face To Face (2002) JAZZBANK MTCJ-1044  Ted Curson相手に

Vinnie Cutro & New York City Soundscapeのメンバーとして2枚:
4. Aberration (1999) Twinz Records CD394
5. SAKURA (2008) Royal Music Ensembles Records RME72307

その他に3枚見付かった:
6. Pop-Culture Blues (2013) The Michael Treni Big Band
7. Another Blue (1999) T.K. Blue(AKA Talib Kibwe)
8. Rhythm Master (2003) Vince Ector

以上8枚がすべて、寡黙です。



【今日のぶつぶつ】
昨日から今朝にかけて今年2度目の大雪、積雪は60センチほど。
「ドカッ」という音と共に駐車場の庇が崩れた。(隣家の)

慌てて我が家の...

脚立を取りに庭に出たが腰まで埋まりズボー、
ポリカ波板(樹脂製のトタン板のこと)を敷いたのがまた失敗、
滑ってストーン

大変な一日でした。
雪国の方に同情。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trombone

Jeff "Tain" Watts

Jeff 'Tain' WattFolk's Songs ★★★★
Label: Dark Key Music CD
Date: Dec. 22&23 2006
Personnel: Jeff "Tain" Watts(dr), Marcus Strickland(ts,ss), Christian McBride(b), David Kikoski(p), Henry Key(kb), David Gilmore(gu), Samuel Torres(perc), Juan Tainish(vo)
Music: Samo, Rotation, Ling's Lope, Seed of Blackzilla, Laura Elizabeth, Galilee, Blues 4 Curtis, Rotation II, Same Page..., Blasphemy
Tag: perc_drums


誰が何と言おうと現代最高のジャズ・ドラマーは、Jeff "Tain" Wattsだ。
1960年生まれとは思えない可愛らしい童顔、そしてこの童顔からは想像できない太鼓の皮が破けそうなパワー・ドラミング。 どこかの英文レビュー記事にトニー・ウィリアムス後継者と書かれていたが、どんでもない誤り、ジェフのグルーブ感は間違いなくエルビン・ジョーンズの後継者だ。 ジェフは最初ティンパニーをやっていたそうだが、クラシックの演奏にグルーブ感なぞ持ち込んだら周囲の目は批判の嵐が吹き荒れたに違いない。

1980年代のマルサリス兄弟との演奏も素晴しかったが、自主レーベルDark Key MusicからのCDもそれに負けない。

本アルバムはメンバーが強力、バークリー仲間のキコスキーのピアノはいつ聴いても心を打つ。
そして息子のように可愛がっているマーカスのテナーはジェフに煽られ火花がバシバシ飛んでくる。 開始からの3曲”Samo”、”Rotation”、”Ling's Lope”でジェフの挑発に反撃するマーカスの姿が捉えられている。

気合いの入った骨太ジェフの実力を聴くには”Seed of Blackzilla”が良いだろう。 テンポ♪=200を超える超スピード、この速さにも関わらずジェフが叩きだす一音一音がはっきりしているのは驚嘆だ。(この曲はブランフォード・マルサリスのアルバム”Braggtown”でも”Blackzilla”のタイトルで演奏されており、ゴジラ対メカゴジラに触発されジェフが作曲したものだ)

残念なのは最後の2曲、曲調が違いこれは不要。



【今日のぶつぶつ】
朝40センチほどの積雪、
9時頃に投票所へ、まだ投票率は1%以下、
その後は道の雪かき
明日は筋肉痛になる。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : perc_drums

Criss Conner

Chris ConnorChris Craft ★★★★
Label: Atlantic 1290 LP
Date: March 13,April 8 1958
Personnel: Chris Connor(vo), Bobby Jasper(fl), Al Epstein Lowe(Eng.horn), Mandell Lowe(gu), Stan Free(p), Percy Heath(b), George Duvivier(b), Ed Thaughnessy(dr)
Music: Moonlight In Vermont, Blow, Gabriel, Blow, Here Lies Love, Be A Clown, Good For Nothin' (But Love),
On The First Warm Day, Chinatown My Chinatown (Live At The Village Vanguard), One Love Affair, The Night We Called It A Day, Johnny One Note, Lover Man, Be My All
Tag: vocal_female


二流ジャズに登場してもらっては困る一人、でも買ってしまったので登場をお願いしました。
ジャズ・ヴォーカル御三家と言えばエラ、サラ、カーメンの3人、白人女性ボーカリストから選ぶと、アニタ・オデイ、ドリス・デイ、そしてクリスの3人だ。(tam.raの適当な選択、浮気性なので他にもバーバラ・リー、ジュリー・ロンドン、アイリン・クラール、キャロル・スローとか沢山好きな人がいます)

このレコード、レーベルはオリジナル黒ラベルだがジャケットにはその後ロゴに使われたファンが神々しく張付いている。 これが始まりか。

1曲目はジョニー・スミスとスタン・ゲッツの名演で知られる「バーモントの月」(この演奏は本当に美しい)、沢山の歌手が歌っていますがクリスの教科書に載せたいような安定感のあるボーカルも美しい。 楽しいのは”Be A Clown”、超アップテンポで始まるのだが、途中で渋滞に巻き込まれ一気にスローダウン、その後徐々にテンポを上げ再び快調に飛ばす。 アレンジを担当しているスタン・フリーのアイデアか。

バックではマンデル・ローのギターとスタン・フリーのピアノが目立つが、僅かではあるがボビー・ジャスパーのフルートを聴けるのは嬉しい。

クリス・コナーはBethlehem、そしてAtlanticの2レーベルへの録音でほぼカバーできるのだが、1961年以降たびたび来日し日本ビクターにも”SOFTLY AND SWINGIN'”という素晴しいアルバムを残しています。 発見されたら是非購入されたし。



【今日のぶつぶつ】
朝からずっと雪が降り続いている。
現在に積雪は30センチほど、
明日は都知事選、長靴を履いて行こう。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

Charles Greenlee

charlesgreenlee_convert_20140202182235.jpg I Know About The Life ★★★★
Label: Baystate RVJ-6003 LP
Date: Sep. 1975
Personnel: Charles Greenlee(tb), Charles Sullivan(tp), Alden Griggs(tp), Sulaiman Hakim(as,fl), Archie Shepp(ts,ss), James Ware(bs), Hubert Eaves(p), Art Mathews(p), Buster Williams(b), Charlie Persip(dr), Beaver Harris(dr), Neil Clark(perc), Jean Carn(vo), Joe Lee Wilson(vo)
Music: I Know About The Life, He's Gone, Steam, Someday, Crusificado, Miss Barbara
Tag: brass_trombone


チャールス・グリーンリー、唯一のリーダ・アルバムが本作。

ジーン・カーンとジョー・リー・ウィルソンのボーカルをフィーチャーしたスピリチュアル・ジャズ、シェップが強力にバックアップした内容となっている。 チャールス・グリーンリーのトロンボーンは聴こえて来ない。 でも名義はチャールス、何で?

チャールス・グリーンリーはローランド・カークの”Reeds & Deeds”(Mercury)やコルトレーンの”Africa/Brass”(Impulse)にも名を連ねているが、何と言ってもシェップのグルークで名が知れた。 参加アルバムは以下の通り。

・Attica Blues
・There's a Trumpet in My Soul
・Montreux One & Two
・A Sea of Faces
・Body and Soul
・Jazz a Confronto 27
・Mariamar
・U-Jaama (Unite)


本作を語る上で”Baystate”レーベルに触れない訳にいかない。 RVCがマックス・ローチと組んで発足させたレーベルで活動期は1970年代後半から1980年代前半、スピリチュアル色が強いRVJ-6000シリーズとハードバップ色の強いRJL-8000シリーズがある。 

人気は断然前者のシリーズで、1枚目はローチ、ロイ・ブロックス等打楽器奏者6人による”M'Boom”で、人気作はレアな以下の3枚。
RVJ-6003: Charles Greenlee - I Know About The Life (1977)
RVJ-6006: Woody Shaw, Azar Lawrence, David Schnitter - Black Renaissance (1976)
RVJ-6028: Roy Brooks & The Artistic Truth - Live At Town Hall (1978)

そして忘れてならないのがマリオン・ブラウン、Impulseの2枚と以下の3枚を代表作と断言して良いでしょう。
RVJ-6009: Zenzile Featuring Marion Brown - Zenzile Featuring Marion Brown (1977)
RVJ-6024: Marion Brown - Passion Flower (1978)
RVJ-6066: Marion Brown - November Cotton Flower (1979)


ところで、ソロはシェップが殆んど、グリーンリーのソロがほんの僅かなのに何でグリーンリー名義か?
この時代にシェップはDENONに沢山の録音を残しており、契約の関係でBaystateでのリーダー作は出せなかったというのが、tam.raの推測だ。



【今日のぶつぶつ】
歯科に行った。
最近の麻酔は様変わりしていた。
歯茎に打つ注射、思い出すだけで...
あれが好きな人は超マゾ、

今回は痛みを感じることが無かったのだ。
目を閉じていたので分からないが、
極細針の成せる技か!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trombone

Johnny Griffin

Johnny GriffinBush Dance ★★★★
Label: Galaxy GXY 5126 LP
Date: Oct. 18-19 1978
Personnel: Johnny Griffin(ts), Cedar Walton(p), George Freeman(gu), Sam Jones(b), Albert Heath(dr), Kenneth Nash(perc)
Music: A Night In Tunisia, Bush Dance, The Jamfs Are Coming, Since I Fell For You, Knucklebean
Tag: brass_tenor


1978年に一時帰国した折にGalaxyに吹き込まれた"Return of the Griffin”とペアとなる一枚。 このレコード、予想以上の好演にやったという感じ。

一環してハード・バッパーを貫いたグリフィン、tam.raはラッキーなことに1976年の来日公演「ジョニー・グリフィン + ホレス・パーラン トリオ」で生グリフィンを聴いている。(凄いでしょう!) この時の印象は ”リトル・ジャイアント”と呼ばれた通り小柄だったが、パワフル・テナーは影を潜めがっかりした記憶がある。

その2年後に録音されたこのアルバムのグリフィンはパワフル、5曲で構成されているがベストは頭の”A Night In Tunisia”、アート・ブレイキーのそれとは趣が大きく違う。 17分に及ぶ長尺で、チュニジアの大草原が想起されるゆったりとした流れから暫らくしてやっとあのメロディーが出てくる。 共演メンバーの中では、サム・ジョーンズの太く安定感のあるベースが本アルバムの纏まりに大きく貢献している。 派手さはないがこの堅実さが多くのミュージシャンを引き付けたのだろう。

ジョニー・グリフィンは60枚を超えるリーダー・アルバムを残しており、”The Little Giant”や”Studio Jazz Party”のRiverside盤が代表作として紹介されているが、tam.ra推薦として新し目の3盤を紹介しておこう。

* Blues For Harvey(Steeple Chase) 誰も評価していないグリフィン盤
* And The Great Danes(STUNT) Jesper Thiloとの2テナー
* Three Generations of Tenorsaxophone(JMH) Sal Nistico、Roman Schwallertの3テナー




【今日のぶつぶつ】
歯科に行った。

歯石除去のお姉さん、
10分ほどの間ずっと耳元で歯の磨き方について囁いてくれた。

優しい声だけが頭に残っている。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン