Pete Jolly

pete jorryLittle Bird ★★★★
Label: AVA A-22 LP
Date: Nov. 1962, Jan. 1963
Personnel: Pete Jolly(p), Chuck Berghfer(b), Larry Bunker(dr), Haward Roberts(g), Kenny Hume(per)
Music: Little Bird, Three-Four-Five, Never Never Land. Alone Together, To Kill A Mockingbird, Spring Can Really Hang You Up The Most, My Fevorite Things, Too Toot Tootsie, Falling In Love With love
Tag: kb_piano


ジャズ・ピアノはこうでなくっちゃ!

そういうtam.raがピート・ジョリーに気を止めたのはCD時代となり、VSOPからリリースされた次の2枚のアルバムを手にしてからのこと。
'YEAH!'(VSOP #98) これは1995年のスタジオ録音
'TIMELESS'(VSOP #105) 1969年のDonteでのライブ演奏
(VSOPからは他にも数枚がリリースされています)

そんなわけでこのAVA盤も知ってはいたが手に取ることはありませんでした。

ピート・ジョリーのDiscographyにはこんな紹介文が載っています。
Pete Jolly lived a double life as studio ace by day and jazz cat by night for over 40 years.

昼はスタジオ・ミュージシャンとして生活を支える一方で、夜はクラブでの演奏を40年間にも渡って、それも亡くなる直前迄続けていたそうです。 ベースChuck Berghofer、ドラムNick Ceroliによるトリオは20年間もDonteに出演し続け、ここでのライブ演奏が90年代にVSOPレコードからリリースされジャズ・ファンに再認識される切っ掛けとなったとのことで、tam.raもその一人だったのです。

ところでピート・ジョリーってどんなピアニストかって? 本アルバムの”My Favorite Things”を聴くとツーハンドのフルスケールを使ったピアノ演奏を聴くことができます。 スタジオ・ミュージシャンとしてやって行けた理由がよく分かります。 一方で、軽やかでスウィンギーな面もありこちらが夜のジョリーなのでしょう。



【今日のぶつぶつ】
今日、自転車の空気入れを買った。
毎回自転車屋で唯で入れてもらうのは虫が良すぎるし、口で吹込むには鍛練が必要だし。
空気入れは自転車の必需品だと分かった。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Karen Souza

karen souzaESSENTIALS ★★★★
Label: MUSIC BROKERS RECORD MBB9997 CD
Date: 2011
Personnel: Karen Souza(vo),Cooltrane Quartet, strings, etc.
Music: Do You Really Want To Hurt Me ?, Creep, Strawberry Fields Forever, Tainted Love, Corcovado, Every Breath You Take, Personal Jesus, New Year's Day, Billie Jean, Wake Up And Make Love With Me, Have You Ever Seen The Rain, Bette Davis Eyes
Tag: vocal_female


二作目の”Hotel Souza”は、「驚異の売上げを見せた当店(Desk Uniyon)大推薦作品です!」とか。
一作目の本盤を聴いたtam.raは、「これに手を出さない男は男でない、当ブログ大推薦盤です!」とか。

カレン・ソウザ、ジャズ・ボーカル界のニュー・スター出現となりそうです。
色気よりもハスキーでクールな気だるい歌い方が何とも言えない魅力を放っています。
ビートルズ、カルロス・ジョビン、スティング、マイケル・ジャクソンとジャズとは違うジャンルの大物達の曲を取り上げていますが、どれを聴いても素晴しいジャズに仕上がっているのです。 これには感心。
そしてカレンを支えるバックはストリング・オーケストラを中心に取っ替え引っ替えの豪華さ、だがピアノ・トリオをバックにじっくり聴きたいと思うのはtam.raだけでしょうか。

カレンさん、4月に来日するって?
ブルーノート東京への出演、しかもピアノ・トリオを従えて!
行くか行かないか、世に言う”おやじ”ばかり(自分も含めて)が押し掛けるのではと迷っています。
でもやっぱり聴きたい。
ノックアウトされたい。

まだ空席はあるようだ。
もう暫らく熟考しよう。



【今日のぶつぶつ】
ワールドカップ出場決定は次回に持ち越された。
決まった後は何人かの入れ替えがあると思う。
そこで推薦の3人。
1.豊田 陽平(サガン鳥栖)
2.柿谷 曜一朗(セレッソ大阪)
3.中村俊輔(横浜マリノス)

次点は、田中 マルクス闘莉王(名古屋グランパス)、大迫 勇也(鹿島アントラーズ)、こんなところでどうですか。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

ninety miles project

ninety miles projectNINETYMILES ★★★
Label: concord picante CD
Date: 2010
Personnel: Stefon Harris(vib), David Sáncez(ts), Christian Scott(tp), Rember Duharte(p), Herold López-Nussa(dr), etc
Music: Ñengueleru, E'cha, City Sunrise, The Forgotten Ones, Black Action Figure, Congo, And This Too Shall Pass, Brown Belle Blues, La Fiesta Va
Tag: other_group


ボサノバ・ジャズ、ソウル・ジャズ、ラテン・ジャズ、ジャズ・ロック、ポップ・ジャズ、アフロ・ジャズ、キューバン・ジャズ、ファンク・ジャズ、アシッド・ジャズ、スムース・ジャズ、ジプシー・ジャズ、シンフォニックジャズなどなど、ジャズはあらゆる分野の音楽とフュージョンする。 ジャズに限ったことではないのでしょう。

取り上げたCDは、ジャズ・ミュージシャンの3人(Stefon Harris、David Sanchez、Christian Scott)がキューバ ハバナで録音したものだ。 3人はこのCDのタイトルともなっているninety miles projectというグループで今も活動を続けている。 

アフロキューバン・ジャズと言えばコンガ、コンガと言えばCandido、SABU、Terry Doc Handyあたりを思い浮かべる。 コンガがリーダではない"ninety miles project"、ラテン作りにする必要はないと言うのが結論だ。

このCDは、まん丸クミさんのライブ・レポート"Poncho Sanchez and his Latin Jazz Band featuring Christian Scott"に刺激されChristian Scottを聴きたくての購入です。 ジャケットの雰囲気とはまったく違ったストレート・アヘッドな演奏に戸惑った。 クリスチャン君、マイルスっぽさも感じないわけではないが、ジョン・ファディスやウディ・ショウに近いとみた。 スタンダードを混ぜたハード・バップでストレート勝負したCDをじっくり聴きたいと思わせる。

2007年に富士通コンコード・ジャズ・フェスティバル、2008年にマッコイ・タイナーのグループ、2009年に自分のクインテット、2011年にこのグループ、既に4度も来日している。



【今日のぶつぶつ】
今日は会社を休んで一日寝ていた。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_group

Jack Montrose

Jack MotroseBetter Late Than Never ★★★★
Label: Slingshot SSR 1001 LP
Date: 1986
Personnel: Jack Montrose(ts), Pete Jolly(p), Chuck Berghofer(b), Nick Martinis(dr)
Music: Better Late Than Never, Claudette, Forever, Lady of the Evening, Samba Days, Acapulco Butterfly, Dawn at Dana Point, Sunshine Face, Timeless, and Here Comes the Lonelies Again
Tag: brass_tenor


街のCD屋さん、仕方なく引き取った200枚ほどのレコードが可哀相に埃を被っていました。
クラブ系のレコードにクラシックや落語のレコードが混じっている中から見つけ出したのがこのモントローズのLP、しかもですよ、なんと定価700円の半額セールでの購入ですよ。
ジャズ・ファンで未だにLPを購入しており、しかも二流盤に興味を持っている変人しか買わない、市場的には正当な値段なのでしょうがtam.raにはお宝発見です。

ここからが本題、
J. R. Monteroseがダイナミックで野太い音を出すのに対してJack Montroseは優しい音の癒し系、1950年代にはウェスト・コーストの人気者に混じって演奏しリーダ・アルバムも何枚か残しましたが、いつの間にか消えてしまったモントローズ、1980年代になり録音された名盤がこれです。 ディスコグラフィによるとこのレーベルのオーナでありブロデューサでもあるDavid Holtとは1958年に出会い意気投合、「いつか一緒にアルバム作ろうよ」と約束していたのがようやく叶って録音したのが本アルバム”遅れてもやらないよりはまし”です。

内容はバラッドで通し気持ちをリラックスさせてくれる、A面B面一気に聴き通せる素晴しいアルバムです。 「一気に聴き通せる」とは「これ以上の説明を必要としない」という意味です。 それだけ素晴しいということです。 分かりましたか?


Jack MotroseSpread A Little Joy ★★★★
Label: Slingshot SSR 1002 LP
Date: 1986
Personnel: Jack Montrose(ts), Pete Jolly(p), Chuck Berghofer(b), Nick Martinis(dr)
Music: Spread A Little Joy, A Thing Of Beauty, Flowers In The Snow, That's The Way That You Make Me Feel, The Sunset Hour, Oasis Number Five, Hello, Theme For A Russian Winter
Tag: brass_tenor


こちらは10年以上前に手に入れた盤ですが、この機会を逃したら紹介せずに埋もれてしまいそうなので紹介しておきます。 それだけの価値(素晴しさ)を持ったアルバムです。

この2枚はレーベル、メンバーとも全く同じ、同時に録音されたのでしょう。
哀愁漂うモントローズのテナーが何ともいえません。 これに付き合っているピート・ジョリーのピアノもなんとも言えない良さを出しています。


この人、リーダ・アルバムを調べましたが、以下が全てのようです。 纏まったディスコグラフィも存在しておらず寂しい限り、再評価が望まれる人です。

Jack Montrose Sextet(Pacific) 1954,1955
Arranged/Played/Composed by Jack Montrose(Atlantic) 1955
Blues and Vanilla(RCA) 1956
The Horn's Full(RCA) 1956
Better Late Than Never(Slingshot) 1986
Spread A Little Joy(Slingshot) 1986
Let's Do It!(Holt) 1990
Quintet Plays Holt(Holt) 1995

これを見ると1956年の録音から30年も飛んでこの2枚が録音されたこと、そしてHoltとの付き合いは90年代に入っても続いていたことがわかります。

実を言うとtam.ra所有のモントローズは掲載の2枚だけ、これではイカンと思いつつ初見の盤に手が先に伸びてしまうのです。



【今日のぶつぶつ】
今年は花粉の量が多いようで我慢できずに通院したのですが、この医者、薬を一週間分しか出さないのです。
花粉症って花粉の量が減るまで続くのに何で?
毎回診察料金を取られムッとしているtam.raです。
来年は医者を替えます。 分かりましたか?

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

カット盤特集

レコード制作会社が小売店から戻されたレコード・ジャケットの一部をカットし、値段を安くして再販したという。 欧州盤や日本盤では見られないので米国だけで取られていた手法のようだ。 日本でも昔カット盤だけを大量に輸入して安売りしていた。

今日はカット盤の研究成果を発表します。

コーナー・カット盤:ジャケットの角一箇所が切り落とされている。

cut3 これはタイプ1型、直線ではなくカーブしている。 この中にも2種類あり、掲載盤は小刀のようなもので切られたと推定される。 もう一つは丸ノミのようなもので切られたもので切断部分は少ない。

cut2 こちらがタイプ2型、コーナ・カットが直線だ。 掲載盤は錆びたハサミで切られたようだ。 このタイプではカット人により大きく切られているケースと、新人の外科医のように申し訳なさそうに僅かに切られているケースがある。


ソー・カット盤:ジャケットの一辺にノコギリによる切れ込みが入っている。

cut4 このタイプも切れ込みの深さはまちまちだ。掲載盤は1センチほどの深さだが、ものによっては1ミリ程度のものもある。


ドリル・ホール盤:ジャケットに穴が開いている。

cut6 これは1型。 パンチマシン、昔あった電車の切符切りみたいなものでパチンと穴が開けられているタイプだ。 穴開き盤の中では最も穴が大きい。 Verveがこのタイプを採用していた。

cut1 これが2型。 ドリルによるものだ。 掲載盤は径の小さなものだ。 このタイプで最悪なのは、ジャケットの中心あたり、つまりレコード・レーベルに穴が開いているやつだ。

cut5 これが3型。 アイス・ピックのようなものが使用されている。 このタイプが最もダメージは少ない。 Atlanticで採用された。


カット以外の手法として、会社名にシールを貼って隠すタイプがある。
CBSはジャケットの背表紙に黒いテープ状のシールを貼っていた。
そしてRCAは徹底してレーベルの犬の部分がシールで完全に隠されていた。

おおよそ以上で全てのタイプがカバーされていると思います。
他にあったらご連絡を!

最後に、掲載された6つのジャケットから、タイトルを全て当てられますか?
分かったらご連絡を!

どうでもいい話でした。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

James Carney

james_carneyWAYS&MEANS ★★★
Label: Songlines SGL SA1580-2 CD
Date: Sep. 11,12 2008
Personnel: Peter Epstein(ss,as), Ralph Alessi(tp), Tony Malaby(ts), Josh Roseman(tb), James Carney(p,e-p,synth,glockenspiel), Chris Lightcap(b), Mark Ferber(dr)
Music: Nefarious Notions, Squatters, Champion of Honesty, Onondaga, The Business End, Legal Action, Fallout, Pow Wow, Gargoyles
Tag: kb_piano


澄んだトランペットの響きにピアノの雫がぽろりと落ちる、そんなロマンチックな雰囲気は最初の48秒。
トニー・マラビー、ピーター・エプステイン、ラルフ・アレッシ、ジョシュ・ローズマンという4管編成でそんなこと期待する方が馬鹿です。 全員によるアンサンブルに続きお目当てのトニー・マラビーの登場だ。
一曲目は「こんな感じ」、と言っても「どんな感じ」って切り返えされそうです。
纏めましょう。 「マラビーを除くと小粒感は否めません」、この1枚の印象です。

ですが6曲目の”Legal Action”は最高、これぞトニー、これぞマラビー、震えが来ます。 寒さによる震えではありません、感動したときの...
この1曲のために買っても良いのではという出来。

めっけもんはMark Ferber、コッンゴツンとインパクトの強い叩きは気分すっきりドラマーです。

ところでリーダのジェームス・カーネイさん、グロッケンシュピールとかいう鉄琴まで引張り出し、どうも一貫性に欠けるところがあるようです。 完全に裏目に出たのが次の作品。

james_carney2.jpg2007年に同一メンバーで”Green-Wood”というタイトルのCDをリリースしています。
tam.raの評価は★0.5、これは全く食べられるものではありませんでした。
Uniyonの売り文句は「最近のジャズが好きならチェックしておきたい1枚です!」、「ダメ」と言えない苦しさが滲み出た締め言葉です。





【今日のぶつぶつ】
2020年にはヒューマノイドが工場だけでなく、多くの分野に進出することは間違いないようだ。
単純作業だけではなく熟練工の作業や危険な場所での作業、それだけではない、人間の感情に対応した作業までこなす勢いだ。

人間にとって幸せな世界となっていくのでしょうか。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Howlett Smith

With These Hands ★★★
Label: No Number LP
Date: Unknown
Personnel: Howlett Smith(p, vo), Wilfred Middlebrooks(b), Bob Regan(dr), Joe Roccisano(as,fl)
Music: Green Dolphin Street, A warm summer day, On a clear day, Congratulations, West side story medley, Juarez, Spring can really hang you up the most, With these hands, Hey Mrs. Jones, Is he still on your mind, When the time is right, Scarlet ribbons, Malaquena
Tag: vocal_male


よく分からないレコードには手を出せ。 そんな家訓に従って購入した1枚。
’Howlett Smith’を調べるとアリゾナ州Phoenix生まれの盲目のピアニスト、8歳でピアノを習い始め14歳の時にはプロとして活動を開始、時間をみつけアリゾナ州立大学で音楽の学位を取得したという努力家だ。

ウェスト・サイド・ストーリーから"Maria"、口笛入りのメキシコ民謡”Juarez"などを取り上げていることでも分かるが、ジャズに拘りはなくエンターテイナーとして活躍したようだ。
このレコードは唄物、インスト物が半々、ピアノだけで勝負したアルバムを出していればジャズ通の間では名が知れたかも。 かといって下手な歌ではない、ナット・キング・コールっぽい歌声でベストは”Congratulation”、”おめでとう”は結婚式で歌いたい雰囲気が充満、カバーすればヒット間違いなしの良い唄だ。

Howlettさんゴメン、話題はこのアルバムに入っているJoe Roccisanoに。
あまり知られていませんが、この人ビッグバンドでこんな素晴しいアルバムをリリースしているのです。

JoeRoccisano.jpgtitle: Leave Your Mind Behind
label; Landmark LCD-1541-2

目がくるくる回るようなドライブ感は最高、メンバーを見るとマリア・シュナイダー・オーケストラで来日した
Tony Kadleck(tp)、Tim Ries(ts)の他、Bill Charlap(p)が入っています。





【今日のぶつぶつ】
6月の『柳家小三冶 一門会』のチケットが取れた。
この人の和芸は天下一品。
今からワクワク!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_male

Susie Ibarra

001214_convert_20130307200145.jpgHome Cookin' ★★★
Label: HOPSCOTCH Hop1 CD
Date: Feb. 28 & Sep. 15 1998
Personnel: Susie Ibarra(perc), Assif Tsahar(ts,b-cl)
Music: Arrival/Salutations, Dream Song #1, Ambrosia, Dream Song #2, Liquid Time, Dream Song #3, At Dawn, Dream Song #4, Happy Disillusion, Dream Song #5, What Is Not, Dream Song #6, Prayer For the Unseen, Dream Song #7, Wordless Song, Dream Song #8, Muchacho Loco
Tag: perc_drums


スージー・イバラのアルバムが手に入りました。
フリー系ミュージシャンとの競演が多いためか認知度は高くないようです。
このブログで取り上げるのは初めて、知らないと損するほどの人です。

共演者をリストすると次のような人達が挙がります。
John Zorn、Dave Douglas、Derek Bailey、David S. Ware、Matthew Shipp、Billy Bang、George Lewis、Leo Smith・Mark Dresser、Craig Tabornなどなど

この人達が好きでスージー未体験の方には是非知って欲しいミュージシャンです。

スージーはフィリピン系アメリカ人、ドラマーというよりパーカッショニストと紹介した方が良いでしょう。 ミルフォード・グレーブスに習ったとかで、その血を引くドラミングはリズムを刻むことはありません。 現役ドラマーではテクニックとセンスを兼ね備えた最上位に位置する一人と言ってよいでしょう。

このCDはアシーフ・ツァハーとのDUO(二人は夫婦?)、アシーフのテナーはアイラーの二番煎じで面白みに欠けますが、バスクラ(一曲のみ演奏)はいけてます。 曲の組み立ては9曲の間に短い曲Dream Song #1~#8が繫ぎとして埋め込まれた構成、これはすっきりさせた方が良かったかも。 ですが、スージーのパーカッションは切れがあり聴き応え十分。

スージー入門はDavid S. Wareのリーダ・アルバムから入って下さい。
(スージーのリーダ・アルバムはアンサンブルを重視する傾向にあり期待外れとなる可能性大)



【今日のぶつぶつ】
この数日、スギ花粉、黄砂、PM2.5 の三種混合で参っています。
くしゃみ、目がちかちか、その上頭痛、ひどいです。
明日、耳鼻咽喉科に行ってきます。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : perc_drums

Lorez Alexandria

lorez alexandriadeep roots ★★★★
Label: LP
Date: Feb. 13,14 1962
Personnel: Lorez Alexandria(vo), Howard McGhee(tp), John Young(p), George Eskridge(g), Israel Crosby(b), Vernell Fournier(ds)
Music: Nature Boy, I Was A Fool, No Moon At All, Spring Will Be A Little Late, Softly As In A Morning Sunrise, Detour Ahead, It Could Happen To You, Travelin' Light, Almost Like Being In Love, I Want To Talk About You
Tag: vocal_female


ボーカル入門が晩かったtam.ra、ロレツ・アレキサンドリアの魅力にノックアウトされた盤が”FROM BROADWAY TO HOLLYWOOD”(Trio)、再発で騒がれたあの盤だった。 King、Argo、Impulse、Discovery、Museと20枚ほどのロレツを追いかけているが人気があるようでまだ数枚しがゲットできていない。

そしてこれ、ロレツの人気盤との噂で即購入した。
Trio盤とは雰囲気が全く違いしっとりした歌と演奏が魅力の一枚、これも凄い名盤だ。
ロレツの魅力は抜群の歌唱力、あっさり歌っているのだが深みがある。 甘ったるいところがあるわけでもないし、ネッチコいところがあるわけでもない。 ’Lorez Is Lorez’、ストレートで暖かい。

このアルバム、バックの演奏がまた素晴しい。
ジョン・ヤングのピアノが優しく包み込むようにコロコロと鍵盤を転がる、ウィントン・ケリーっぽさを持った素晴しいピアニストだ。 そしてもう一人、ギターのGeorge Eskridge、リーダ・アルバムが無いのか不思議なくらい切れのある演奏を聴かせてくれています。

ロレツは買いです。



【今日のぶつぶつ】
朝日工業 じゃがいもの肥料 1,880円
種ジャガイモ 男爵薯 658円

園芸店での購入、畑の耕し、植え付け、半日仕事だった。
去年はニジュウヤホシテントウにやられた。

6月の収穫が楽しみだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

Lambert, Hendricks & Bavan

lambert_hendricks_Bavanat newport '63 ★★★
Label: RCA LPM-2747 LP
Date: Jul. 5 1963
Personnel: Dave Lambert(vo), Jon Hendricks(vo), Yolande Bavan(vo), Gildon Mahones(p), George Tucker(b), Jimmie Smith(dr), Coleman Hawkins(ts), Clark Terry(tp)
Music: One O'Clock Jump, Watermelon Man, Sack O' Woe, Deedle-Lee Deedle- Lum, Gimme That Wine, Yeh-Yeh!, Walkin', Cloudburst
Tag: vocal_group


このグループはいつ聴いても楽しい。 3人が三者三様で歌っているようで綿密に絡み合って進行する。
Lambert, Hendricks & Rossとして1957年に結成され1962年にArnie Rossが健康と個人的問題で退団するまで続いた。 この後、Annie Moss(録音は残されているのだろうか)が短期間加わり直ぐにYolande Bavanに替わりグループはLambert, Hendricks & Bavanとして存続したが、 HendricksとBavanの馬が合わず1964年には解散している。 その後1966年にはLambertが交通事故で亡くなってしまった。

このアルバムは、Bavanとなって”Live At Basin Street East”に続く2枚目、バックにはギルド・マホーネスのピアノ・トリオに加えてコールマン・ホーキンスとクラーク・テリーという大物が加わり豪華な編成となっているのだが、L-H-Bに集中できず少し散漫となっている点が悔やまれる。
RossとBavan、個人的にはどちらも甲乙付け難い良さがあると思う。
BavanにはRossのような切れはないが、その分ほんわかした親しみがあって捨て難い。

マンハッタン・トランスファーやポインター・シスターズへの影響が指摘されているが、斬新さという点でこのグループを超える存在は永遠になさそうだ。



【今日のぶつぶつ】
確定申告の書類作りに半日も取られてしまった。
その上、追加の支払いが...(とほほほ)

税務署、払うから取りに来い...(そんなこと言いません)
国民の一人としてしっかり納税させていただきます。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_group

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン