Eddie Heywood

Eddie HeywoodFeaturing Eddie Heywood ★★★★
Label: CORAL CRL 57095 LP
Tag: kb_piano


エディ・ヘイウッドに辿り着くのに、ジャズを聴き始め30年を越える月日を要した。
コルトレーン、アイラー、シェップらの音に晒され育った者にとって1940年代のジャズにはなかなか辿り着かないものなのだ。

エディ・ヘイウッドについては、本ブログでもう一枚紹介していますので、そちらを参照下さい。

このレコード、ライナーによると1943年から1947年の録音で、Signatureレーベルから出された幾つかのセッションをLPに纏めて再発したものだそうだ。(この5年間がエディのピークだった)

A1: How High the Moon
A5: Penthouse Serenade
B6: Them There Eyes
Eddie Heywood(p), Ray Nonce(vl,tp), Aaron Sachs(cl), Don Byas(ts), John Simmons(b), Shelly Mann(dr)
シェリー・マンはこの録音当時はまだアメリカ沿岸警備隊の隊員だったそうで、この後にケントン、ハーマン、ショーティらに見出され有名になっていった。 また”How High the Moon”はこの時期やっとスタンダート・ジャズとして演奏されるようになったそうだ。
もう一人、レイ・ナンスは聴いて欲しい。 バイオリンとトランペット、この両刀使いは信じられないのだが、両楽器とも一流の演奏ができ、本アルバムでもトランペットの切れ味はドナルド・バード並みだ。

A2: Moonglow
A4: Tea for Two
B4: Steps Steps Down
B5: Steps Steps Up
Eddie Heywood(p), Barney Bigard(cl), Shelly Mann(dr)

当時クラリネットは花形楽器、バーニーはデューク・エリントン、ルイ・アームストロングのバンドに加わって活躍していたとのことだ。

A3: Night and Day
A6: On the Sunny Side Side of Street
B1: Time on My Hands
Johnny Hodges(as), Eddie Heywood(p), Shelly Mann(dr)

シェリー・マンが、ズンチャン・ズンチャンとリズムを刻んでおり、優雅な気分になれる。
ホッジスのアルトは優しく耳に入る。

B2: The Man I Love
B3: Get happy
Coleman Hawkins(ts), Eddie Heywood(p), Oscar Pettiford(b), Shelly Mann(dr)

オスカー・ぺティフォードのベース・ソロが息遣いが入り混じって凄い力演だ。
ホーキンスも太い音を出している。 このバンドはSwing Fourと名付けられ活躍していた。

それにしてもホーキンス、ホッジス、バイアス、凄いサックス奏者が並んだものだ。
シェリー・マンのスタート地点がこんな所にあったとは、知りませんでした。



【今日のぶつぶつ】
大震災、原発放射能、この先を考えても不景気、失業者増加、政治の無策、暗くなる。
被災された方々には申し訳ないのですが、「人生思い切りに愉しまないといけない」、
何故かそんな気持になる。 やけっぱちかな?
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Laco Deczi

Laco DecziJAZZ AT PRAGUE CASTLE 2008 ★★★
Label: Multisonic 31 0727-2 CD
Date: 2003
Personel: Laco Deczi(tp), Eric Meridiano(p), Noboru Kinukawa(bg), Vaico Deczi(dr)
Music: Uvod - Prezident Vaclav Klaus, Mozambique, Malak, Babk, Jungle, Memory, Hill, Fire, Banany
tag: brass_trumpet


初めて聴くトランペットだが、チェコのベテランとのこと、東欧とは掛け離れた明さだ。(東欧イコール翳りのある暗さ、日本人イコール勤勉、間違った認識だ)

ハードバップのような、ラテンのような、いやいやウェザーレポートのような、不思議なCDだ。

リーダのLaco Decziはラテン+ハードバップで行きたいようなのだが、日本人ベーシストNoboru Kinukawaがジャコのようなベースで揺さぶっている。 間に入ったピアノとドラムがあっちへ行ったりこっちへ行ったり。 前半は若者にやりたい放題やらせ、後半はLacoのペースに持ってくる作戦のようだ。

このCDは6曲目から聴けば良い。 
6曲目”Memory”は静かな曲調でLacoペース、美しいトランペットで出来も良いのだが息子のドラマーVaico Decziが今一歩といった所だ。 この曲ではNoboruのベースは消えている。
7曲目”Hill”はラテンっぽい曲、Noboruはボブ・クランショーのようなベースで従順に従っている。 Lacoのトランペットも冴え渡って楽しい。
8曲目”Fire”、9曲目”Banany”はCellula New Yorkと一体となってラテン・リズム全開だ。 最後にNoboruもラテンに乗って爆発だ。
ラテン・ジャズは楽しい。

きぬかわ のぼる って何者だ?
このグループにはマッチしないが力のあるベーシストだ。



【今日のぶつぶつ】
渋谷から外人が消えた。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trumpet

Shanna Carlson

Shanna CarlsonSwing High - Swing Low ★★★★
Label: 'Bout Time Records SJC 100 LP
Date: 1989
Personel: Shanna Carlson(vo,p), Bill Bell(p), Seward McCain(b), Scott Steed(b), Vince Lateano(dr), Jim Nichols(gu), Buddy Montgomery(vib), Pee Wee Claybrook(ts), Jeff Sanford8ss)
Music: How Deep Is The Ocean, I'm Just A Lucky So And So, Beautiful Friendship, (I've Got The) World On A String, Close Enough For Love, Day In, Day Out, The Very Thought Of You, Love You Madly, Where Can I Go Without You, Looking At You, The Swing Song (Swwing High, Swing Low)
Tag: vocal_female


このレコードはかなり前に購入したのだが、大地震やバカ買いでブログに載せるタイミングが大幅に遅れてしまった。 この間、内容の素晴しさから早く書きたくてウズウズしていた。

'Bout Time(そろそろいいんじゃない?)
シャンナ・カールソンの口癖、「そろそろ創ってもいいんじゃない?」、シャンナ自らが納得してリリースした、そんな感じがする力の入ったアルバムだ。 録り溜めていた幾つかのセッションから選択したようだが、だからと言って纏まりに欠けるということは全くない。

第一にシャンナは歌が上手い。 歌手なら当然かも知れないが、頭1つ抜けた上手さだ。 特にスロー・バラッドは私の知る限りベスト1(の一人)、”Close Enough For Love”や”Where Can I Go Without You”での語るような説得力は心に入り込む。

第二にシャンナの声質は魅力的だ。 ライナーではアーネスティン・アンダーソン、アイリーン・クラール、ローズマリー・クルーニーに通じる暖かいコントアルト・ボイスとある。 その包み込むような声に癒される。

第三にシャンナは晩生だ。 アメリカ広し、これだけの実力者がベイ・エリアに留まって日本では全く知られていない。 逆の見方として、日本でのジャズの紹介のされ方の狭さを感じさせる。

'Bout Time(そろそろいいんじゃない?)
日本に来て歌ってみたら!

彼女のホームページを見るとこのレコードはCD化され今も購入可能なようなので、皆さん買って聴きましょう。
サンノゼ、サニベール辺りで今も歌っているそうです。



【今日のぶつぶつ】
石破 茂氏が良い事を言っていた。
「各都道府県あるいは市それぞれが被災した特定の市町村の復興に責任を持つ」という案だ。
この人、目付きは良くないが発言には説得力がある。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

Dallas Jazz Orchestra

Dallas Jazz OrchestraMorning Glory ★★★
Label: Private LP
Date: Unknown
Personel: abbrev.
Music: Morning Glory, Sho Nuff, Dance Of The Dryads, Appendectomy, Maxwell D.Cat, Quiet Time, Fraulein Schell
Tag: other_orchestra


       ↑クリックで拡大可能↑

傑作ジャケット発見、村上隆は認めないが、これは最高。
(価値観が違う人はパスして下さい)

中身は真面目なビッグ・バンド・ジャズ、ジャケット同様分厚い音だ。



【今日のぶつぶつ】
福島原発の沈静化がなかなか進まない。
不安は消えないが、良い方向に進んでいることを信じたい。

日本でのエネルギー政策の方向転換は免れないだろう。
全世帯ソーラー・パネル化するとどれほど役立つのだろうか?
それに風力、地熱、潮力、波力なんかも加えて。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_orchestra

Mundell Lowe

Mundell LoweMundell Lowe Quintet ★★★
Label: Rivrside RLP 12-204 LP
Date: 27.Aug, 4.Oct. 1955
Personel: Mundell Lowe(gu), Dick Hyman(p,org,celeste), Trigger Alpert(b), Ed Shaughnessy(dr)
Music: Will You Still Be Mine?, I Guess I'll Have to Change My Plans, I'll Never Be the Same, All of You, Yes Sir, That's My Baby, Night We Called It a Day, Bach Revisited, Cheek to Cheek, Far from Vanilla
Tag: string_guitar


マンデル・ロウのイメージは去年6月に購入したRiverside盤”Guitar Mood”で固定化されていたのだが、このジャケットの美しさと値段の安さに負けて手を出した。

前作が室内楽的なアプローチだったが、こちらにはディック・ハイマンが入っている。 ディックはイージー・リスニング中心のオルガニストと思われているが、これを聴くと当時からサラッとしてオルガン特有の泥臭さやネチッコさは全く見られない。 この人のファンはいるのかな?

このアルバムでもロウの評価は前作と変わらないので、そちらを読んで下さい。
このアルバム、”Bach Revisited”ではバロック調、”Far From Vanilla”では前衛調を取り入れており、他が良くてもこの様な曲が入ると全体のバランスが崩れ全体の価値を落とす。 前作”Guitar Mood”よりはお勧めだが、購入は30年ほどジャズを聴いてからで良い。



【今日のぶつぶつ】
東京の節電は相当に徹底しているように感じる。
街々の至る所が暗い。 朝の電車も間引き運転で暖房、照明もないが不便はほとんど感じない。
昔海外に行ったとき、暗いなと感じることが度々あったが、現在の東京はそのレベルになっただけだ。
我慢の限界はまだまだ先にある。

だが、去年の夏の暑さ、冷房なしで我慢できるか?

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_guitar

Drew Gress

Drew GressHeyday ★★★
Label: Soul Note 121314-2 CD
Date: Aug. 4-5 1997
Personel: Drew Gress(b), Dave Binney(as), Ben Monder(gu), Kenny Wollesen(ds,per)
Music: Mikrokosmos #125, One-Man Mexico City, Becoming Unraveled, Andrew John, Beeline-Back In The Cage, Mikrokosmos #132, Dolomite, Away, 29, Clear Through, Devil In The Details
Tag: string_base


手抜きジャケットのためか、このCDをレビューしているブログは見当たらない。
ドリュー・グレスが率いるカルテット”Jagged Sky”の1stアルバムがこれだ。
10年以上も前の録音だが、2000年代のフリー・ジャズの中心を先行している。

この記事では、バイオグラフィ中心で紹介しよう。

まずはリーダのドリュー・グレス、ジョニー・リチャーズやビリー・メイのような楽団に興味を持って音楽を始め、1980年代にはスティット、ズート、クリフォード・ジョーダン、モース・アリソン等々と演奏したそうで、現在フリー中心的のベース・プレーヤーとして活躍している姿から想像し難い経歴だ。 しかしウェブを検索すると辛島文雄(p)のリーダ・アルバム”グレイト・タイム”でジャック・ディジョネット(dr)、ドリュー・グレス(b)で 2005年に録音していたり、幅の広いところも見せている。

ギターのベン・モンダーは評価の高いプレイヤーだが、個人的には理解できないでいた。 だがこのCDでのベンは実力発揮、幅の広いギタリストだ。 フリーに中心を置いているのだが、ギターの美しい音色とスウィング感も同時に持ち合せているのだ。 サイドマンとして100枚以上のCDに顔を出し、ジャック・マクダフ、マーク・ジョンソン、ポール・モチアン、リー・コニッツ、トゥース・ シールマン、マリア・シュナイダー・オーケストラ等々との共演が目に付く。 この幅広さは驚異的だ。

デビッド・ビニーは親がジャズ・ファンでこの世界に引きずり込まれたようだで、フィル・ウッズ、デイブ・リーブマン、ジョージ・コールマンといった人に習ったそうだが、何でフリーへ? この人、小型ティム・バーンのようなイメージもあり、脱皮して欲しい。

ドラムのケニーさんはスキップ、ごめんなさい。

このように並べてみると、最初からフリー・ジャズをやっていた分けではなく、メイン・ストリーム・ジャズをしっかり勉強しているし、幅広いジャズを受け入れることの出来る人達が集まっていることが分かった。



【今日のぶつぶつ】
風評をチェーン・メールで流したり、偽名を使っての寄付泥棒を働いたり、人の心の痛みを理解できない奴らがいる。
こいつら、主体的に物を考えられない、言い換えると何をやっても面白いと感じられない可愛そうな奴らだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_base

Dusko Gojkovic

Dusko GojkovicBelgrade Blues ★★★★
Label: Radio-Televizija Beograd RTB PLV4201 LP
Date: May. 19 1966
Personel: Dusko Gojkovic(tp,flh), Sal Nistico(ts), Carl Fontana(tb), Nat Pierce(p), Mike Moore(b), Ronnie Zito(ds)
Music: Belgrade Blues, Wee, It's The Talk Of The Town, Be My Love
Tag: brass_trumpet


これ名盤。 なにせカール・フォンタナとサル・ニスティコがダスコ・ゴイコヴィッチとフロントに並んでいるなんて想像するだけゾクゾクする。
どうしてこんなメンバーでの録音が可能となったのか?
≪世紀のジャズ・コンサート≫という催しに参加したウディ・ハーマンの精鋭メンバー>Swing Hard<が直前の数時間で録音したそうだ。(ダスコ以外は全員オーケストラのメンバーだ) 
カールもサルも期待通りの好演、ウディの支配下から抜け出し清々としたのかピッタリ合った演奏、しかも盛り上がり方が普通でない、技量の高いメンバが集まると刺激し合ってこうなるのがジャズなのだろう。 ミュージシャンは羨ましい。 

A面”Wee”でのサルの乗りの良いテナー、それに続くダスコ・ゴイコヴィッチのトランペットは他の録音では聴けない明るいスウィング、そしてカールのトロンボーン・テクニックはJ.J.を越え(と並んだ?)ジャズ界随一、ワクワクする。
B面”It's The Talk Of The Town”のダスコのトランペットは美しく響いている。

それにしてもウディ・ハーマン・オーケストラのメンバ人達はドキドキものだ。 ウディ恐るべし!

この盤は元々10インチ盤で出たものをLP仕様で出したものだが、オリジナルは幾らするのだろうか?



【今日のぶつぶつ】
自衛隊、消防、警察、有事には大変だ。
原発での活動をみると頭が下がる。
感謝、

アシモ君の登場はいつのことか?

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trumpet

George Garzone

George GarzoneAmong Friends ★★★
Label: Stunt STUCD 09022 CD
Date: Sep. 24 2008
Personel: George Garzone(ts, ss), Steve Kuhn(p), Anders Christensen(b), Paul Motian(ds)
Music: Theme For Ernie; Alone; To My Papa; Between Two Cities; My One And Only Love; Milestones; Farewell; Free
Tag: brass_tenor


コルトレーンとエバンスが組んだバラード集をイメージしてもらえるとピッタリかも知れない。 だが単にそれだけで片付けるには勿体ない美しさがそこには在る。

ジョーン・ガゾーンがメンバーを選び、全ての曲をミドルあるいはスロー・テンポに纏めたそうだが、これは自信がなければ出来ないことだ。 録音当時(2008年9月)の年齢がガゾーン58歳、スティーブ・キューン70歳、ポール・モチアンに至っては77歳、衰えるどころか無駄がすべて削り取られており、テクニックとかパワーを超越した人生の厚みが音となって出ているような感じを受けた。 特にキューンには脱帽、70歳と言えばジジイの域だ、それが未だに進歩している、見習いたが不可能だ。

ところでガゾーンのテナーはコルトレーンの強い影響下にあるのだが、4曲目”Between Two Cities”と8曲目”Free”で演奏するソプラノはスティーブ・レイシーに近いのはどうしてだろう?

ベスト・チューンは初曲”Theme For Earnie”(Fred Lacey)、この曲はコルトレーンの”SOULTRANE”で聴くことができるし、トレーン派の武田和命、ジョー・ロバーノも取上げている。 いい曲だ!



【今日のぶつぶつ】
バカバカしくて残簿でお粗末な国会議論が消えた。
内閣、被災地地元の議員はそれこそクタクタになって働いているだろう。
他の議員は?
マスコミが取上げないだけか?
そうであれば嬉しいのだが。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

Joe Morello

RIMG0081_convert_20101211131631.jpgit's about time★★★★
Label: RCA LPM-2486 LP
Date: 1962
Personel: Joe Morello(dr), Phil Woods(as), Gary Burton(vib), John Bunch(p), Gene Cherico(b), etc.
Music: I Didn’t Know What Time It Was, Time After Time, Every Time, Ev’ry Time We Say Goodbye, Just in Time, Summertime, Time on My Hands, Mother Time, Fatha Time, It’s About Time
Tag: perc_drums


大地震の翌日ジョー・モレロは亡くなった。 普通であれば一般紙の隅に記事が載ってもよいドラマーだったが誰にも気付かれずに。 かくいう私もchevy sumidaさんから頂いたコメントで知りました。 寄寓にもアップしていないレコードを買っており、地震でアップが今日になりました。

このレコード、昔からずっと買わずに眺めていましたがやっと購入、ブルーベック・トリオのジョー・モレロのイメージしか持っていませんでしたが、このレコードは全く違っていました。 スウィング・ドラマー、ビッグバンド・ドラマーのイメージです。 ブルーベックと出会わなかったジョーも成功していたに違いないと思わせる内容です。

全曲にフィル・ウッズが飛び回っており、全開モードのウッズ、そして欧州に渡る以前のストレートな演奏、これは気持良い。 そしてまだ十代のゲイリー・バートン、さらにジョン・バンチ(こんな所にいた)のピアノ、それぞれの乗った演奏も聴き所。 最近ではあまり聴けなくなってなってしまったジャズ本流を聴くことができる良いアルバムです。

マリアン・マックパーランド(ジョーはブルーベックの前には彼女のトリオに加わっていた)がライナーを担当しているが、ジョーは勉強熱心で物静かな男だと書いている。 そしてピアノの腕も相当な物だと。

ご冥福をお祈りします。




【今日のぶつぶつ】
亡くなった方と行方不明の方を合わせると2万人近くになると報道されている。 直接被害に合った人達、その親類知人を合わせると数十倍の人達が直接の悲しみを感じている。 その外にいる者はどうか。 勿論悲しみを感じていない人などいる筈がないのだが、個々人の悲しみ以前に自然の猛威の凄さに目が行き、個々人の悲しみは大きな抽象的な悲しみとなってしまっている。

買占めなどしないこと、出来る範囲で寄付すること、全くの無神論者だが祈ること、無力だ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : perc_drums

Joe Sgro

Joe SgroA Guitar And You ★★
Label: Somerset P-3500 LP
Date: Unknown
Personel: Joe Sgro(gu), Vince Montana (vib), Joseph Kuhn(b), Jack Cassidy(dr)
Music: Alone Together, Embraceable You, Rachmaninoff And You, Claire De Lune, Tchaikovsky After Hours, Deep Purple, This Is Always, You Go To My Head, Ravel After Hours, Tchaikovsky Sits In, The Lady Likes Chopin, Harlem Noctourne
Tag: string_guitar


ジャケ買い以外の何者でもない。
ジャズっぽい雰囲気もあるし中身も真面目だ。
それにタイトルが気に入った。 ギターとあんた、良い響きだ!

売り文句は、「アフター・アワーのムード演出にシリアスなジャズを」、この宣伝に嘘はない。

ジャズの面からコメントすると、ジョニー・スミスを更に柔かく揉み解してサラッと演奏した感じで、イージー・リスニングとして聴くには悪くないだろう。 確か780円で購入したのだが、ジャケットに700円、中身に80円、色仕掛けに弱いハードコアなジャズ・ファンの採点です。
Joe Venuti(vl)の従兄弟らしい。

最後の”Harlem Noctourne”はバイブのVince Montanaのソロで始まる飛び抜けてムーディな演奏だ。
昔ウィリー・スミスというアルト吹きが恥ずかしくなるほどムーディな演奏をしているのを聴いたが、子供にジャズは悪い音楽だと教えていたのはこの辺りから来ていると想定される。 ”Harlem Noctourne”はこれ以外のスタイルで演奏出来ないのだ。



【今日のぶつぶつ】
頭を上げよう。
そして遠くを見よう。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_guitar

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン