Tim Berne

Tim BernBig Station ★★★
Label: Winter&Winter 910 005-2 CD
Date: May. 10, 11 1996
Member: Tim Berne(as)、Merc Ducret(gu)、Tom Rainey(dr)
Music: Bobby Raconte Une Histoire, Dialectes, The 12 1/2 % Solution, Scrap metal, Yes, Dear, Description Du Tunnel
Tag: brass_alto

Tim Berne(as)、Merc Ducret(gu)、Tom Rainey(dr)の3人による演奏。 初曲は静かな三位一体の滑り出し、が1分、2分、3分と時間の進みに連れて熱く燃えていくが、酸素不足で途中鎮火。 2曲目に入り相当に怪しい出だしに期待、その予感が的中し途中からDucretのギターが唸り捲くるドキドキの演奏。 3曲目はTimがバリトンを持ち出して吼え捲くり。 そんな調子での6曲。 この手のジャズが好きな私には堪らないアルバムだ。


【今日のぶつぶつ】
晴れ、昨日の朝、庭の雨受け樽に薄氷がはっていた。
早いもので今年も四分の一が過ぎてしまった。 何をやりましたか?と聞かれても...困った。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Alex Real

Alex Realcelebration ★★★
Label: Stunt Records STUCD 99232 CD
Date: Sep. 13 2000
Member: Alex Real(dr), Kenny Werner(p), Jesper Lundgaard(b)
Music: In Your Own Sweet Way, Bye Bye Blackbird, Autumn Leaves, Peace, A Child Is Born, On Green Dolphin Street, You And The Night And The Music
tag: perc_drums


Alex Realは1950年代から活躍するベテラン・ドラマーだ。 最近になって多くのリーダ・アルバムをリリースするようになり、注目を浴びているドラマーの一人だ。 このCDはKenny Werner(p)、Jesper Lundgaard(dr)とのリラックスしたライブ演奏で、切れのあるドラムは素晴しく、50年以上現役を続ける実力者の一端を垣間見せている。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : perc_drums

Ronny Lang

Ronny LangBasie Street ★★★
Label: Fresh Sound FSR-CD 501 CD
Date: Jun. 23 1955, 1957
Member: Ronny Lang(as), Bob Drasnin(as), DavePell(ts), Abe Aaron(ts), Butch Stone(bs), Donn Trenner(p), Buddy Clark(b), Bill Richmond(dr)// Ronny Lang(ts), Dave Pell(ts,bs), Bob Enevoldsen(tb), Marty Paich(p), Ray Leathewood(b), Johnny Lais(dr)
Music: Thow Swell, Sorta Moonlight, Love Me Or Leave Me, The Devil And The Deep Blue Sea, How About You, They Can't Take That Away From Me, I'll Be Around, Basie Street, Take A Chance On Love, Skylark, Midnight Sun, How High The Moon, A Foggy Day, Cantara, Lullaby In Rhythm, S'Wonderful
tag: brass_alto

このCDに収められた2つのグループでの演奏がRonny Langの全リーダ作だそうだ。 最初のグループはLes Brownのサックス・セクションとリズム・セクションを借りたセクステット、アルトを吹いておりバド・シャンク風だ。 二番目はウエスト・コーストのミュージシャンを集めたセクステットとカルテットでテナーを演奏、アルトっぽい音を出しここでもバド・シャンク風。 この二人、生れもプロ活動開始もほぼ同時なので、シャンクがロニー・ラング風だと云っても良いのかも! 内容的には、素晴しいウエスト・コースト・ジャズが楽しめます。


【今日のぶつぶつ】
雨続きで気も滅入る日が続いたが、ようやく晴れ間が覗いた。 今日は義理兄夫妻の昼食招待で葉山まで出掛けた。 <Alice Villa Resort>という洒落たレストランで、大島までくっきり見渡せるオーシャン・ビューと美味しい食事。 気分、腹とも120%の満足、ご馳走様でした。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

藤井 郷子

藤井 聡子Looking Out Of The Window ★★★
Label: Ninety-One CRCJ-9139 CD
Date: Apr. 17 1997
Member: Satoko Fujii(p), Mark Dresser(b), Jim Black(dr)
Music: City Life, This Is The Thing That I Have Forgotton, The Sun Was Yellow, 210, Yad Nus, Looking Out The Window, Let's Get Out Of Here
Tag: kb_piano

Mark Dresser(b)、Jim Black(dr)とのトリオ・アルバム。 アップテンポな曲はハイテンションで挑戦的な演奏、一方スローな曲ではリリカルで思索的な面を見せる。 同系統に加納美佐子が位置しているが、甲乙付け難い強力なフリー系日本人女性ピアニストだ。 日本男子は皆草食系化してしまったのか、この手のピアニストは見当たらない。 <買って損なし>評価にしたいが、最近のリスナーも草食系化しているのでブラックとしておく。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン