Michel Petrucciani

mp_convert_20180212193219.jpgEstate ★★★★
Label: Rivera RVR 1 LP
Date: Mar. 29, 30, Apr. 16, May 5 1982
Personnel: Michel Petrucciani(p), Furio Di Castri(b), Aldo Romano(dr)
Music: Pasolini, Very Early, Estate, Maybe Yes, I Just Say Hello, Tone Poen, Samba Des Prophetes
Tag: kb_piano


入手済みの1枚ではあったが、窓開き盤ではなかったので買い直した。 真ん中の図柄の部分がくり抜かれているか否かの違い、オリジナルは窓のようになっている。 それだけの違いのために買い直す。理解できないかも知れないが!

1999年36歳という若さで亡くなったミシェル・ペトルチアーニ、20年に満たない活動期間にも関わらず素晴らしいアルバムを沢山残してくれた。 重いハンディキャップを全く感じさせない強靭な演奏を聴いたときの衝撃が今も残っている。

本作は二十歳前の1982年の録音、繊細と力強さの両面を持ったテクニックは若者とは思えない充実した内容となっている。

ペトルチアーニは大好きなピアニストの一人だが、個人的には本作を含む初期のトリオ作品、そしてSteve Gadd、Anthony Jackson と組んだ後期の作品を推す。亡くなって20年近くの歳月が経つが、この人はジャズ史に名が残る一人と言えるでしょう。



【今日のぶつぶつ】
毎週のようにレコードが増えているのですが、この1年ほどはアルファベット順に並んだ棚に収めることなく積んだままとなっている。 20枚ほど棚に収めてびっくり!!!
2枚、要するに10%の重複買いを発見、危ない!!!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Joshua Breakstone

joshua_convert_20180204201006.jpg4/4 = 1 ★★★
Label: Sonora SA322 LP
Date: Dec. 21 1984
Personnel: Joshua Breakstone(gu), Kenny Barron(p), Earl Sauls(b), Victor Jones(dr)
Music: You Say You Care, The Moment I Knew (I Loved You), Lynne and Out, When the Red, Red Robin Comes Bob, Bob Bobbin' Along, Somebody Loves Me, Theme for Ernie, I Could Write a Book
Tag: string_guitar


あまり見向かれないレコードを入手できると嬉しい。

ジョシュア・ブレイクストーン、最初サル・サルバドールに師事した後バークリー音楽院に学んだ。
サルからの影響を感じられないのは、バークリー音楽院での教育か???
近年ジャズが均一化され詰らなくしているのは教育にあると思えて仕方ない。

1979年にGlen Hallのグループで初録音、1983年に初リーダアルバム”Wonderful!”(Sonora SA222)を録音、そして本アルバムと続いている。1986年に初来日し日野皓正、モンキー小林などと共演し、その後も度々来日し日本通でもある。今では20枚を超えるリーダ・アルバムをリリースし、ベテランと言える存在となっている。

このアルバム(その後のアルバムも同じ)でのジョシュアの演奏は、上手いのだが個性が弱い。
人気ギタリストの仲間に入れないのは、この辺りに理由がありそうだ。

Kenny Barronの参加が、このアルバムを魅力的なものとしている。この時期のBarronは、名グループ”Sphere”(Barronの他に、Buster Williams(b),Ben Riley(dr),Charlie Rouse(ts)のカルテット)で活躍していた時代、”Sphere”を知らない方は是非聴いて欲しい。

そんな訳で、興味ない人が多いかも知れませんが、ディープなLPコレクター、ギターコレクターは探しましょう!



【今日のぶつぶつ】
最近、仮想通貨のニュースや取引所のkomaコマーシャルを良く目にする。
それも投機の対象としてだ。
仮想通貨はとっても便利なツールで、世界中の個人から個人に少ない手数料で直接振り込む手段を提供する。
本来の目的で使われるようになって欲しいものだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_guitar

Trombones Incorporated

TrombonesInc_convert_20180129213753.jpg No Tricks, No Gimmicks ★★★
Label: Beam International T1881 LP
Date: Dec. 12 1987
Personnel: Fred Joiner (tb), John Gordon (tb), Benny Powell (tb), Kenny Barron (p), Leon Dorsey (b), Jimmy Ford (dr), Sam Turner (perc)
Music: Pow-Wee, ABBA, No Tricks, No Gimmicks, Stable Mates, No More Dues, Ceah the Wizard, Yak and back, One by One
Tag: brass_trombone


ごついおじさん二人が並ぶジャケ、内容の方は”Gooooood”です。
これだけの演奏を聴かせる二人、是非紹介したいと思い経歴を調べた。

Fred Joiner(写真左)
まったく分からず。

John Gordon(写真右)
EROTICA SUITE(Strata East)という名盤が有るらしいが、経歴はドイツ語のものしかなかったのでGoogle翻訳を通した。
***そのまま***
ゴードンは学校でトロンボーンの演奏を学び、後にプライベートレッスンを受けました。 彼はLionel HamptonとLloyd Priceと一緒に遊ぶ前に、リズム&ブルースのバンドで始めた。 1960年代から1970年代にかけては、ブロードウェイ・オーケストラで働いていたが、クラーク・テリー、カウント・ベイシー、フランク・フォスター、チャールズ・トーリーバー、ハワード・マッキーにも出演した。 1987年、アル・グレイ、ベニー・パウエル、フレッド・ジョイナー、リズム・セクションでトロンボーンズ・インコーポレイテッドと共演。 その後、グレイ、ルー・ブラックバーン、スライド・ハンプトンとトロンボーンズ・アンリミテッドのグループを結成し、インターナショナル・ツアーに参加しました。 その後、トロンボーン・サミットになった。 彼はThilo Bergと共演し、Lionel Hamptonと彼のバンド(1982)のAxel Zwingenbergerの録音でも聞くことができます。
***通じる***
進歩したものです。

Wikipediaにこんなページを発見”List of jazz trombonists”、凄い数のジャズ・トロンボーン奏者がリストされているのに、この二人は残念ながら載っていない。

取り上げられることが少ない二人、普段の「うっ憤を晴らし」の、伸び伸びとした演奏が聴けて気持ち良い。 見つけたら買いですよ!見つからないと思いますが!



【今日のぶつぶつ】
3月3日は発表会、今回の曲は”Star Eyes”、パーカーの名演で知られるジャズにスタンダードだ。
あと1ヶ月、パーカーにどこまで迫れるか! 
「バカ言ってんじゃない」、と言われそうですが、頑張ります!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trombone

Julie London

julie_convert_20180120222528.jpgLondon by Night ★★★★★
Label: Liberty LRP-3105 LP
Date: 1958
Personnel: Julie London(vo) with Pete King and his Orchestra
Music: Well Sir, That's For Me, Mad About The Boy, In The Middle Of A Kiss, Just the Way I Am, My Man's Gone Now, Something I Dreamed Last Night, Pousse Caf, Nobody's Heart, Exciting Life, That Old Feeling, Cloudy Morning
Tag: vocal_female


美ジャケ、いいねぇ~
ジュリーを集め始めたのはこの10年、いや20年ほど前のこと。 ジャズを聴き始めた1970年代、ジャズ喫茶では絶対にターンテーブルに乗らなかった。 こんな柔なレコードを聴かせようものなら、...という時代でした。
ので彼女の存在すら知らなかった。

エラ、サラも大好きなのだが、ジュリーの声はオヤジの心をつかんで離さない。 歌は当然なのだがジャケットがどれもオヤジの目を掴んで離さない。 これがアメリカ女性といったスタイル、8頭身女優だ。

22710[1]
[ジュリー・ロンドン オリジナル紙ジャケット・コレクションより拝借]

何となく知ってはいましたが、このように一覧すると益々欲しくなりますね。



【今日のぶつぶつ】
正月早々学生時代の友人が亡くなった。
そしてまた、今度は近所に住むお世話になった方、寂しい。
魚の行商もやっていて会社からの帰宅途中、何度も滅茶苦茶
美味いマグロの刺身を頂いたことが思い出される。

おっちゃん、ありがとう。
ご寧福をお祈りします。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

Jack McDuff


Walk_On_By_(album)_convert_20180108202954.jpgWalk on By ★★★
Label: Prestige 7476 LP
Date: late 1965 or early 1966
Personnel: Red Holloway (ts), Brother Jack McDuff (org), Pat Martino (gu), Joe Dukes (dr), unidentified orchestra, Benny Golson (arr)
Music: Walk On By, Around The Corner*, Haitian Lady*, Talking 'Bout My Woman, Jersey Bounce, For Those Who Choose*, Too Many Fish In The Sea, There Is No Greater Love*, Song Of The Soul*
Tag: kb_organ


2018年、初買いの1枚です。
Prestigeは7400番台ともなると、ソウルフルなジャズが主力となっている。 オルガン奏者を並べるとBrother Jack McDuffを筆頭に、Johnny "Hammond" Smith、Don Patterson、Shirley Scott、Richard "Groove" Holmes、Freddie Roach、Trudy Pitts、Charles Kynard、Sonny Phillips、Leon Spencer、Charles Earland等々続々とレコーディングされ、コテコテジャズと呼ばれる1ジャンルと築き上げたのです。

このレコード、カルテットとビッグバンドが半々、そしてそれらが1曲ごと交互に並んでいる。
カルテットの5曲(*印)は、”late 1965 or early 1966”と”February 1966”のセッションからの選曲なのだが、この二日で録音された曲は、 Hallelujah Time!(PR 7492)、I Got A Woman(PR 7642)、The Midnight Sun(PR 7529)、Soul Circle(PR 7567)、Steppin' Out(PR 7666)に分散収録されている。
PrestigeではColtraneのアルバムもこのような造りとなっている。 良くないね!
カルテットだけで造られていれば、星4つだったのに、勿体ないな!



【今日のぶつぶつ】
正月のテレビを観て、資本主義の崩壊を確信した。

資本主義社会には、「資本家」と「労働者」がいるわけだが、今まさに起こっている第4次産業革命では、ほとんどの労働者が排除され、「資本家」と「自立した機械」で生産活動が成り立ってしまう。 これまでは機械の世話役が必要だったが、AIの進歩で機械が機械の面倒をみるようになる。 

要するに無視される人が溢れる社会、
どうしたものか!


テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_organ

Lee Konitz

lee_convert_20171223212244.jpgDuets ★★★★
Label: Milestone Records MSP 9013 LP
Date: September 25, 1967
Personnel: Lee Konitz (as,ts,bs), Joe Henderson (ts), Richie Kamuca (ts), Marshall Brown (tb), Dick Katz (p), Karl Berger (vib), Jim Hall (gu), Eddie Gómez (b), Elvin Jones (dr), Ray Nance (vl)
Music: Struttin' With Some Barbecue, You Don't Know What Love Is, Variations on Alone Together, Checkerboard, Erb, Tickletoe,,Duplexity, Alphanumeric
Tag: brass_alto


この盤、ずーっと昔に売り払った記憶がある。 その当時は理解できなかったのだろう。 リー・コニッツは難しいが今は分かる。

ところで本アルバム、様々なスタイルのミュージシャンとのDUO、コニッツにしても挑戦の気持ちがあったのだろう。 「企画から編集まで1年に渡る作業の結果を聴いて本当に嬉しい」と語っている。 本心だろう。 

面白いのはテナー奏者ジョーヘン、そしてリッチー・カムカとの共演、ジョーヘンはBlue Noteを中心にレコーディングを重ねていたハードバップの中心人物の一人、そしてカムカはビックバンド中心での活動ではあったが技術は超一品、よくDUOったものだ。

もう一点はジム・ホール、ディック・カッツ、レイ・ナンス、この3人の演奏が普段と違う。 クールだし、フリーっぽさが充満。

そして最後の「英数字」という妙なタイトルの曲”Alphanumeric”、バイオリンのナンスを除く全員参加のフル・アンサンブルに触れない訳にいかない。 話題に上ることも少ないが、これが超一品、素晴らしい出来なのだ。 全員での演奏がこの1曲だけで終わっているのは誠に勿体ない。 しかもフェーズ・アウトで終わっている。 ”Duets”とは別にアルバム1枚作っていたら、超名盤となっていたに違いない。 本盤持っている方は聴きなおして欲しい。



【今日のぶつぶつ】
先ほど年賀状を書き終えた。
毎年悩むことだが、ほとんど交流もなく年賀状だけのやり取りが続いている方が何人かいる。
止めるに止められない。 どうしたものか!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Clark Terry

ct_convert_20171216213033.jpgLive 1964 ★★★★
Label: Emerald Records ‎EMR-1002 LP
Date: May 8 1964
Personnel: Clark Terry(tp,fl-h), Michael Abene(p), Jimmy Gannon(b), John Forte(dr)
Music: Straight No Chaser, Stardust, Perdido, Misty, Haig & Haig, In A Mellow Tone
Tag: brass_trumpet


ピアノ・トリオはいずれも無名、欧州盤のようだが米国盤、1964年のライブだが1987年のリリース、そしてリーダがクラーク・テリー、これだけの条件が揃えば買わない。 何故買ったのか説明不能だが、良かった。

クラーク・テリー(1920年~2015年)は名の通ったトランペッターではあるが、この1枚と言われて頭に浮かぶ盤がない。ジャズ喫茶で聴いた記憶もなく、tam.raのストックも3枚しかない。
70年を超えるキャリア、8人の大統領に前で演奏、50を超えるフェスティバルでフィーチャーされと、凄い経歴が記されているのに日本での人気の無さには目を覆う。
原因はビッグ・バンド、Duke Ellington Orchestra、Count Basie Orchestra、Dutch Metropole Orchestra、Chicago Jazz Orchestra、Woody Herman Orchestra、Herbie Mann Orchestra、Donald Byrd Orchestra 、しばしばあるパターンだ。

そんな中で本アルバム、特にA面、この眩しいほどの輝きときたら...
”Stardust”、ソロでスタートするその演奏は実際に晴れ渡った夜空の星を眺めているような気持にさせる。続く”Perdido”のスウィンギーなこと、一転して皆が弾んでいる。

この2曲のために『買って損なし』盤となった。

思い出した。
tam.raの棚に”What Makes Sammy Run? Swing!”(20th Century Fox) という名盤が埋もれていた。
これも1964年の録音だ。



年を重ねるに従って世の中との係わりが薄まっている
ちょっと寂しい

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trumpet

Charles Mingus

cm_convert_20171209215500.jpgMe Myself an Eye ★★★
Label: Atlantic SD 8803 LP
Date: Jan. 23 1978
Personnel: Mike Davis(tp), Randy Brecker(tp), Jack Walrath(tp), Jimmy Knepper(tb), Keith O'Quinn(tb), Lee Konitz(as), Yoshiaki Malta(as), Akira Ohmori(as), Ken Hitchcock(as,ss), Daniel Block(ts), Ricky Ford(ts), John Tank(ts), Michael Brecker(ts), Pepper Adams(bs), Ronnie Cuber(bs), Craig Purpura(bs), Bob Neloms(p), Larry Coryell(gu), Ted Dunbar(gu), Jack Wilkins(gu), Danny Toan(gu), Eddie Gomez(b), Joe Chambers(dr), Dannie Richmond(dr), Charles Mingus (comp,arr), Paul Jeffrey(arr, cond)
Tag: string_base


このアルバム、結果的にミンガスのラストアルバムとなってしまったわけだが、馴染みのミュージシャンが25人も集まったのはミンガスの人徳でしょう。

そんな中に日本人、大森明とMALTA(丸田 良昭)、二人の名前があるではないか。 
裏ジャケの集合写真に写っているのが大森明か! しかもド真ん中に堂々と!
※大森明さんのプロフィールに参加に至った経緯が詳しく書かれている(面白いです)。
なぜか文字化けする。
  ページの最後にある「ƒgƒbƒv‚Ö–ß‚é」をクリックするとTOPにジャンプして文字化けが直るのでそこから辿って下さい。

ミンガスの体調は相当に悪く、演奏には加わっていなかったとか(集合写真では車椅子、首にサポータを巻いて写っている)。ミンガスはコニッツにベント(しゃくり上げる奏法)を要求したがコニッツは無視。コニッツがクール派の御大であることを知らなかったのか? ミンガスは。笑ってしまう。

録音は少々のミスなど何のその、細かなことは気にしないといった具合で録音が進んだ様子が聴いていて伝わってくる。 Paul Jeffreyという人が指揮を執ったためか、ミンガスっぽさは感じられない。

ソロで聴くアルバムだ。
ブレッカー・ブラザーズ、ラリー・コリエル、ジャック・ウォラス、ジョージ・コールマン、リー・コニッツなどなど

この時のセッションはもう一枚、”Something Like a Bird” (Atlantic ‎SD 8805)に分割収録されている。



【今日のぶつぶつ】
「流れを組む→流れを汲む」
ご指摘ありがとうございました。
漢字、日本語、いや言語一般、いや頭全般弱いtam.ra、このブログ時々自分でも見直すが、誤字脱字をよく発見する。
皆さま、発見したらご指摘を! お礼はなしですが!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_base

Phineas Newborn Jr.

JZC20121_convert_20171203101226.jpgHere Is Phineas ★★★★
Label: Atlantic 1235 LP
Date: May 3 1956
Personnel: Phineas Newborn Jr.(p), Calvin Newborn(gu), Oscar Pettiford(b), Kenny Clarke(dr)
Music: Barbados, All The Things You Are, The More I See You, Celia, Dahoud, Newport Blues, I'm Beginning To See The Light, Afternoon In Paris
Tag: kb_piano


ライナーノートGeorge Wein、レコーディングRudy Van Gelder、ジャケットBurt Goldblatt、錚々たる名前が並ぶ。そして「フィニアスここにあり」というタイトルから伝わる関係者の意気込み。なのにAtlanticレーベルがこの1枚で終わらせてしまったのは何故か、不思議。

本作はフィニアスの実質的なデビュー・アルバム、この後RCA、Contemporaryから素晴らしいアルバムを連発したが、60年代初めから健康上の理由で活動が断続的となり、70年代に復活したときにはそれまでの輝きを失っていた(日本公演は残念なコンサートであった)。

アート・テイタム→バッド・パウエルの流れではなく、テイタム→オスカー・ピーターソンの流れを汲む人であろう。同じ流れを組む上原ひろみと速弾き対決したら、どちらが勝者となっただろう。そしてコロコロした音の組み立ては、レッド・ガーランドに通じるところもある。

A面3曲目”The More I See You”、4曲目”Celia”を聴き比べると、23歳という若さでスローな曲からアップテンポな曲までその演奏は一流の証となっている。このアルバム、弟のカルビン(ギター)が参加しているが、装置のせいか耳のせいか、まったく聴こえてこない。

最後に、
これ日本盤からの買換え、ステレオ・オリジナル盤、安過ぎ、人気ないのか? なんでや!



【今日のぶつぶつ】
コンピュータの世界はこれまで何回か飛躍的な変化が起こっている。
この数年の進歩はすご過ぎる。
大きくAIと量子コンピュータの2つ。
今後の更なる発展とこの2つの結び付きにより、10年後どうなっているだろう。
人の頭脳を明らかに超える、たぶん創造も含めて。

ロボット技術もここに深く関係してくるのだけれども、...

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Charlie Haden

Charlie_Haden_convert_20171126201911.jpgLand Of The Sun ★★★
Label: Verve 0602498208250 CD
Date: Dec. 19-22, 2003
Personnel: Charlie Haden(b), Gonzalo Rubalcaba(p, arr), Ignacio Berroa(dr), Michael Rodriguez(tp), Miguel Zenon(as), Joe Lovano(ts), Oriente Lopez(fl), Lionel Loueke(gu), Larry Koonse(gu), Juan De La Cruz(bongo)
Music: Fuiste Tu (It Was You), Sueno Solo Con Tu Amor (I Only Dream Of Your Love), Cancion De Cuna A Patricia (Lullaby For Patricia), Solamente Una Vez (You Belong To My Heart), Nostalgia, De Siempre (Forever), Anoranza (Longing), Cuando Te Podre Olvidar (When Will I Forget You), Esta Tarde Vi Llover (Yesterday I Heard The Rain), Cancion A Paola (Paola's Song)
Tag: string_base


粉子: これ、ジャズでっか?
ジャズ仙人:Charlie Haden、Gonzalo Rubalcaba、Miguel Zenon、Joe Lovanoがやってるからジャズだ。
粉子: スウィングしてない!
ジャズ仙人:そんなの関係ない! ジャズだって言ったらジャズなんだ。

糊子: 第47回グラミー賞 「ベストラテンアルバム賞」 受賞作品、これラテン?
ジャズ仙人:Gonzalo Rubalcaba、Miguel Zenon、その他ラテン系のミュージシャンがやってるからラテンだ。
糊子: で、...でも!
ジャズ仙人:でもが何だ! ラテンだって言ったらラテンなんだ。

ひたすら静の世界、ジャズを聴かない人にこれがジャズだとは言い難い。
良い音楽であることには間違いはない。

このアルバム、ゼノンの名前で買ったが出番が少ない。 
目立ったのはやはりベースのチャーリー、それにトランペットのミカエルが良かった。



【今日のぶつぶつ】
今日、久しぶりにLP3枚購入。
それにしても安い。
次回発表します。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_base

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン