Charles Tyler

JZ130318-04_convert_20170918211401.jpg AT WKCR STUDIOS NY 12-8-74 ★★★
Label: Private LP
Date: Dec. 8 1974
Personnel: Charles Tyler(as), Steve Reid(dr), Ken Hudson(b), Earl Cross(tp)
Music: side1 only unknown
Tag: brass_alto


チャールス・タイラー、懐かしい名前だ。 
実は半年ほど前に購入し、積まれたまま埋もれていたのを思い出しターンテーブルへ! 
やっぱり良いね!

デビューは1965年アイラーの”Bells”、そして”Spirits Rejoice”、その翌年同じくESPレーベルに吹き込んだ”Charles Tyler Ensemble”が1stレコーディングだ。
1974年に自己のグループを結成し、自主レーベルAkbaから ”Voyage from Jericho”をリリースし、本作はその1ヶ月後に録音され未発表となっていたものだ。 70年代といえば、フリーの嵐も過ぎ去りフュージョンへ、そんな時代にハードコアなフリー・ジャズを、素晴らしいね...音60年代と変わっていないし。

このレコード「85/99」とあり99枚限定で出されたもの、購入必須!
と思っていたら、以下のレコードが33枚限定(2013年にDUで 6,480円(税込) )で出されておりその再発らしいのだ!

JZ130318-05_convert_20170918212116.jpg
何と言ってよいやら?



【今日のぶつぶつ】
高崎市山田かまち美術館を訪れた。 一度は訪れる価値のある美術館だ。
山田かまちは僅か17年の短い生涯であったが、残された詩、絵画から天才であったと断言できる。
展示されている詩には心揺さぶられ、希望に溢れ未来への期待がひしひしと感じられるものがあった。 絵画のデッサン力に驚嘆、一本一本の線の繊細さと力強さはピカソに感じたものと同じものがあった。
大げさではない。

もし、倍の人生があったら彼は何を残してくれただろうかと思うと、本当に残念だ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

穐吉敏子

Toshiko_convert_20170902222908.jpgToshiko Mariano Quartet ★★★
Label: TAKT JAZZ-12 LP
Date: March 30 1963
Personnel: Charlie Mariano (as), Toshiko Mariano (p), Eugine Cherico (b), Albert Heath (dr)
Music: Tonight, Something's Coming, America, Maria, Cool, Plaisir D'Amour, Malaguena, Oleo
Tag: kb_piano


ちょっとだけ珍しい盤が手に入った。 ジャケットは少々痛みがあるものの盤は相当に綺麗だ。 安かった。 どこで買ったかって? 言えない、秘密... 相変わらずの中古レコード店巡り、店の数も減り目ぼしいレコードにぶち当たる頻度も減少、それでも止められない、健康に良いし。

前置きはこれくらいにして本題。
タクト電機株式会社から出されていたtakt jazz seriesの12枚目”TOSHIKO MARIANO QUARTET”(JAZZ-12)、中々見ることはない盤だが、これ実は再発で、ニッポン・レコードという謎のレーベルから出されたものがオリジナル。
最初の4曲はウエスト・サイド物語から、ここまでははっきり言ってつまらない、聴き所は残りの3曲、前半★2つ、後半★4.5といったことろ。 この時代のチャーリー・マリアーノは切れきれで凄みまで感じるので、この3曲を聴くだけでも価値ありと言って良いでしょう。

TAKTのジャケットの作りはLimelightに匹敵する素晴らしさ、これだけで持っている価値ありかも。



【今日のぶつぶつ】
tam.raが好きなスポーツはサッカーとボクシングの2つ。
先の木曜日は会社から大急ぎで帰宅、飯を掻き込んでテレビの前へ

残りの人生を4で割って、あと何回ワールド・カップを楽しめるかっていう話があるが、日本が出場しなければその楽しみも半減する。 2:0あるいは3:0で日本の勝利を予感していたが、その通りの結果となった。

ロシア大会、行きたいな~

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

The Quartet

poljazz_convert_20170827203220.jpgThe Quartet ★★★★
Label: Poljazz Z-SX 0688 LP
Date: 8, 9 i 10.X.1978
Personnel: Slawomir Kulpowicz(p), Pawel Jarzebski(b), Janusz Stefanski(dr), Tomasz Szukalski(ss,ts)
Music: The Promise, Arlekin Dance, Namashkar Blues, Macondo
Tag: brass_tenor


社会主義国だったポーランドでのジャズ人気の程は分からないが、このPoljazzは頑張っていましたね。 ジャケットはふにゃふにゃで安っぽいのですが、内容はハードなものが多い。 1972年から1991年の20年間活動した国有ジャズ協会が所有していたレーベルで、自国以外にもポーランドを訪れたミュージシャンのアルバムを何枚かリリースしています。
tam.ra所有のPoljazzだけでもKenny Drew、Gil Evans、Stan Getz、Billy Harper、Buddy Rich、内容も録音も素晴らしく、流石国有レーベルです。

本作はポーランド人のジャズを記録したもので、「コルトレーン・カルテットじゃん」、といったらそれで終わりかもしれないが、力強くなかなかの物、サックスのトマスはヤン・ガルバレクに近いコルトレーン、ピアノはマッコイ、ドラムは当然エルビン、ところがベースは1978年のベースで面白い。
独自性が少ない分マイナス・ポイントはあるが、それもの★4.0で良いでしょう。 盤紹介は以上。




【今日のぶつぶつ】
先生の前では自宅の練習で出来たことができない。 そんな日は落ち込んでの帰宅となる。 先週がそうだった。
最近は悔しい気持ちが出て来て、この土日それぞれ約5時間の特訓、指が痛くなった。
相当に自信が付いたことは確かだが、少しでも不安な個所があるとボロが出る。
今週は如何に...

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

John Coltrane

John_Coltrane_Infinity_convert_20170822210546.jpgInfinity ★★
Label: Impulse AS-9225 LP
Date: Jun. 16 1965 Sep. 22 1965 Feb. 2 1966
Personnel: John Coltrane(ts), McCoy Tyner(p), Jimmy Garrison(b), Elvin Jones(ds), Alice Coltrane(p, org, harp, vib, tamboura, tympani), Charlie Haden(b) & strings
Music: Peace on Earth, Living Space, Joy, Leo
Tag: brass_tenor


ジョン・コルトレーン、本ブログ登場3枚目となります。
収集歴40年超となれば持っていて当然の盤か? いやいや....
今回の”Infinity”、コルトレーン亡き後妻でありハープ奏者でもあったアリス・コルトレーンが、何を思ったかストリングを被せてリリースした盤であり、市場では酷評をかっていた物。 アリスのハープもオーバダブされ、かなりフィーチャーされている。
因みにオリジナルのメンバーは以下の通り。
John Coltrane (ss,ts) McCoy Tyner (p) Jimmy Garrison (b) Elvin Jones (dr)
Pharoah Sanders (ts, picc) John Coltrane (ts, b-cl) Alice Coltrane (p) Jimmy Garrison (b) Rashied Ali (dr) Ray Appleton (perc)
ここに以下のメンバーでオーバーダブ、切り貼りした。
Alice Coltrane (p,harp,org, vib, prc), Charlie Haden (b), Joan Chapman (tamboura), Oran Coltrane (bells) & strings
Charlie Haden の参加が目を引くが、どのような経緯で参加したのか興味を引く。 ベルで参加のOran Coltrane は三男坊。

ん~、これはコルトレーンが意図していた音楽とは別物といっても良さそうだ。
コルトレーンに聴かせたら、「何ていうことをしてくれたんだ!」と激怒したはず。

オリジナル部分が★4.5、アリスが追加した部分は★0.5、平均して★2.5としたが、敢えて購入の必要なし!



【今日のぶつぶつ】
パソコンが半分壊れ、更新が今日になった。

来週には全壊か、保証書が見つからない、困った。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

Jean-Luc Barbier

0000000127292_convert_20170812223556.jpgTOKONOMA ★★★★
Label: ReEntry RE-007 LP
Date: Jan. 23 1983
Personnel: Jean-Luc Barbier(as)
Music: Dans La Ville Blanche, Silence, Tranquility, Deep Blue Lake, Tokonoma, Aldebaran
Tag: brass_alto


謎のサックス奏者ジャン・リュック・バルビエが、1983年に西ドイツで吹き込んだソロ作品。
タイトルは何処で知ったか「床の間」、静寂さを感じさせイメージを良く捉えている。
Dimitri Moliakov-Visotzkyによるライナーの曲紹介は次の通り。
"Tokonoma", like a haiku, is about the essentials in the special room in Japanese homes reserved for precious objects. The Tea Ceremony take place there. Decorations are changed for each event. He materializes these precious objects by the spiral forms that condence in the one essential point.
ちょっと外しているかな!

ジャン・リュック・バルビエについてはほとんど紹介されていないが、スイスを中心に以下のようなアルバムをリリースしている。
1975: C.M.4 "Live in Montreux" Evasion EB-100819 (Suisse)
1977: C.M.4 "1977" Evasion EB-100821 (Suisse)
1981: Disque du Festival de San Sebastien. IZ records 153-D (Espagne)
1982: "DONOSTIA" IZ records 150-D (Espagne)
1983: "TOKONOMA" RE ENTRY 007 (New York)
1983: "DANS LA VILLE BLANCHE" BRIDGE RECORDS 1001 (Suisse)
1984: "TALISMAN" BRIDGE RECORDS 1002 (Suisse)

本作はJohn Fisherが主催するReEntryからのリリース、A面最後の”Deep Blue Lake”がジョンの作曲なので、二人は何らかの接点があったのだろう。

他のアルバムも欲しくなった。



【今日のぶつぶつ】
平和ボケしているためか、緊張感がない。
ミサイル4発、引くに引けない発言を続けている大統領の反応は...

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Dewey Redman

redman_convert_20170715221046.jpgMusics ★★★
Label: Galaxy GXY 5118 LP
Date: Oct 17–19 1978
Personnel: Dewey Redman(ts, harp,vo), Fred Simmons(p), Mark Helias(b), Eddie Moore(dr)
Music: Need to Be, (The) Virgin Strike (March), Alone Again (Naturally), Unknown Tongue, One Beautiful Day, Daystar Nightlight
Tag: string_guitar


ジョシュアの親爺、デューイ・レッドマンのリーダ・アルバム。
オーネット・コールマンのカルテットや、キース・ジャレットのアメリカン・カルテットでの活躍で知られるサックス奏者だ。
リーダ・アルバムはと問われても頭になかなか浮かばないが、1つ”Living On The Edge”(Black Saint)はGeri Allenの助けもあってお勧めアルバムだ。 この人、オーネット、キース、ヘイデンといった人達に選ばれただけあってサックス奏者としては一流だと思う。
実力からいえば、もっと多くのリーダ・アルバムを残しても不思議はないのだが。

ところで本アルバム、半分の"Need to Be"と"Virgin Strike"と"One Beautiful Day"に問題あり、サックスでバグパイプをやりましたみたいな曲、何を思ったかハープを持ち出した曲、理屈っぽい性格が出てしまっているのかな?
その他の曲は落ち着いた演奏で納得できる仕上がりだけに勿体ない。
ストレートにやればと思うのだが、考え過ぎるきらいが邪魔をしている。

3曲目が★4つ、3曲が★2つ、平均して★3つ、ちょっと残念!



【今日のぶつぶつ】
8月5日はサックス発表会、曲は
1."I Remember Clifford"、トランペットの曲として取り上げられることが多い。
2."Sepember"、E&WFの曲、アンサンブルで2ndAlt。
緊張しなければクリアできそうだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

Akio Katsuyama

akio_convert_20170709195527.pngJazz Unsupervised ★★★
Label: MK Records LP
Date: Nov. 7 1983
Personnel: Akio Katsuyama(p), Al Mehaffey(b), Rags Martinson(dr)
Music: Speak Low, When I Fall in Love, Wave, Jordu, Lush Life, I Hear A Rhapsody, 'Round Midnight
Tag: kb_piano


カリフォルニアにあるSaddlebackカレッジのスタジオで録音されたアルバム。日本、カナダ、ノルウェイから集まった3人、謎に包まれた3人による謎のアルバムだ。 出だしこそ不安を感じさせるが、進むにつれてリラックス、スタンダードを集め聴き易いアルバムに仕上がっている。

勝山昭雄?昭夫?、章夫?...ベーシストのAlもドラマーのRagsも全くの無名の人、こんな3人が集まり、よくもこんなに立派なアルバムを残せたものだ! 謎!!! 

レコード掘りは止められない



【今日のぶつぶつ】
ネットを調べていて、最高に気に入った記事を発見したので紹介します。
今年あなたはどれだけ失敗できましたか?」
ベンチャーの心得だが、生き方そのもの、これからでも遅くない!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

渡辺 貞夫

sadao_convert_20170611204322.jpgSADAO PLAYS BACHARACH&BEATLES
★★★

Label: tact XMS-10010-CT LP
Date: Nov. 8 1968
Personnel: 渡辺貞夫 (as,ss) , 伏見哲夫 (tp) , 日野皓正 (tp) , 増尾好秋 (gu), 渡辺文男 (ds) ,池田芳雄 (b) , 鈴木弘 (tb) , 今井尚 (tb) , 市原靖 (btb) , 鈴木良雄 (org) , 今村祐司 (perc) , 橋爪智明 (tb) , 江藤勲 (el-b) , 八城一夫 (org)
Music: ルック・オブ・ラブ, マジカル・ミステリー・ツアー, 汽車と船と飛行機と, 涙の乗車券, ウォーク・オン・バイ, アイ・アム・ザ・ウォルラス, ヒア・ゼア・アンド・エヴリウェア, ブルー・ジェイ・ウェイ, リーチ・アウト・フォー・ミー
Tag: brass_alto


サンケイ・ホールでのライブ録音、慶應義塾大学軽音楽鑑賞会主催コンサートとある。
1968年といえば学生運動が盛り上がり、ジャズ界ではフリーが席捲、ジャズ喫茶は紫煙で先が見えない時代だった。 その時代によくもこのようなコンサートを主催したものだと。

「貞夫、バカラックとビートルスを吹く...」、 ポップスっぽいジャズは嫌いで見向きもしなかった青春時代、それから数十年経った今はこんなジャズも受け入れ可能となった。
 
中村とうようさんはライナーに、「渡辺貞夫がボサノバ、ビートルズ、バカラックといったポピュラー音楽を取り上げるのは、この分野に魅力的な素材があるからであって、決して金儲けや人気を煽ろうとか、そんな不純な動機でないことは、このレコードの演奏を聴いてもらえば分かって頂けるに違いない」と書いている。
B面のカルテットを聴くと賛成できますね。
ロリンズのグループで聴いたギターの増尾好秋がギンギン、見直しました。
渡辺貞夫もアルト、ソプラノでつっぱた演奏をしています。見直しました。



【今日のぶつぶつ】
寺社巡り、一泊二日で日光へ。
宿泊は「鬼怒川金谷ホテル」、良かったです。
泊まった旅館・ホテルでベスト3に入るかな!
お勧めです。

注意:日光金谷ホテルなど、他の金谷ホテルとは系列が違います。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Shorty Rogers

shorty_convert_20170603220104.jpgPortrait Of Shorty
★★★

Label: RCA Victor ‎– LPM-1561 LP
Date: 1958
Personnel:
Saxophone – Bill Holman, Jack Montrose, Richie Kamuca, Herb Geller, Pepper Adams
Trombone – Bob Enevoldsen, Frank Rosolino, George Roberts, Harry Betts
Trumpet – Al Porcino, Conrad Gozzo, Conte Candoli, Don Fagerquist, Pete Candoli
Piano – Lou Levy, Bass – Monty Budwig, Drums – Stan Levey
Music: Saturnian Sleigh Ride, Martians' Lullaby, The Line Backer, Grand Slam, Play! Boy, A Geophysical Ear, Red Dog Play, Bluezies
Tag: brass_trumpet


ショーティ・ロジャーズ、今となっては「知る人ぞ知る」といったミュージシャンではなかろうか。
tam.raは、勝手ながら評価しております。

トランペッターとしてより、アレンジャー、バンドリーダとして才能を発揮した人だ。
このアルバムは西海岸の一流を集めたビックバンド。
サキソフォーン5本、トロンボーン4本、トランペット6本、それにリズムセクションの3人、錚々たるメンバーが集められている。
ショーティが尊敬と信頼を集めていたことが伺われる。

素晴らしいしアレンジに重なる音の響きが美しい。 ダレたところがなく引き込まれる。

残念なのはジャケット、ショーティのアルバムにはターザンに抱えられたやつとか、相当に酷いジャケが多くあって損をしている。

皆さん、ショーティを聴こう、見直そう。



【今日のぶつぶつ】
「ムカデ」に足を噛まれた。
寝ている部屋は一階、庭から這い上がってきたに違いない。
チクリとした後は痺れと痛みが続く。
何が起こったかまったく分からない。

痛さを我慢して寝ようとすると頭の辺りでゴソッと物音が。
電気を付け見回すが...
布団をひっくり返すと、10センチ程のムカデ発見。
棒で引っ叩くも効果なし、格闘に末にコップに捕獲して外に。

43℃以上での温熱シップを20分ほど、虫刺され軟膏を塗って事なきを得た。
人生60数年で初めて、良い経験をしたものだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trumpet

Johnny Dankworth


dankworth_convert_20170522214129.jpgBundle from Britain ★★★★
Label: Top Rank RM 314 LP
Date: July 1959
Personnel: Baritone Saxophone, Clarinet, Flute – Alex Leslie Bass – Eric Dawson Drums – Kenny Clare Leader, Alto Saxophone, Clarinet – John Dankworth Liner Notes – Nat Hentoff Piano – David Lee Tenor Saxophone, Clarinet, Bass Clarinet – Danny Moss
Trombone – Danny Elwood, Gary Brown, Laurie Monk, Tony Russell Trumpet – Rob Carson, Derrick Abbott, Kenneth Wheeler, Stan Palmer Trumpet [Tenor Horn] – Dickie Hawdon Tuba – Ronnie Snyder
Music: Firth Of Fourths, Caribe, Royal Ascot, Don't Get Around Much Anymore, Doggin' Around, Jones, Take The "A" Train
Tag: other_orchestra


久々にちょっとだけ珍しいレコードを入手した。
珍しいだけなら山ほどあるが、誰も認めていない、内容が良く、しかも珍しい盤は本当に少ない。
今日紹介する盤は、誰も認めていない、内容はまあまあ良く、まあまあ珍しい、と2.5拍子揃った盤と言えよう。

1959年のNewport Jazz FestivalでのJohnny Dankworth率いる英国のビックバンドだ。 メンバーは超一流とはいかないが、ケニー・ホイーラーの1stレコーディングだそうだ。 同時に入手したJohnny Dankworthの”What The Dickens!”に比べるとソロは敵わないがアンサンブルは上!

1年前のフェスティバルは、映画「真夏の夜のジャズ」でドキュメント化された。 1958年はDuke Ellington、Count Basie、Stan Kentonといったビックバンド、コンボではDizzy Gillespie、Herbie Mann、Horace Silver、Jimmy Smith、MJQ、 Oscar Peterson、Jazz Messengers、Thelonious Monkといった面々が参加、これではカットされちゃうかな!

このレコードのレーベルは「Top Rank Record」、同じマークを使った日本盤もあったが、あれは日本支社か?



【今日のぶつぶつ】
アメリカ大領著の明かな嘘を本当だと言い張っていることと、日本の官邸があるものをないと言い張っていることは同種に思える。 アメリカはブレーキが機能しそうだが、日本ではアクセルとブレーキを踏み間違える事故が多発している。 危険だ!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_orchestra

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン