Horace Silver

hs_convert_20180617175239.jpgLive 1964 ★★★
Label: emerald EMR-1001 LP
Date: June 6, 1964
Personnel: Horace Silver (p), Carmell Jones (tp), Joe Henderson (ts), Teddy Smith (b), Roger Hamphries (ds)
Music: Filthy McNasty, The Tokyo Blues, Senor Blues, Skinny Minnie
Tag: kb_piano


先週の購入はこの1枚だけ。
tam.raの中では後期Blue Noteでのシルバーが好みだ。
Horace Silverといえば、Art Blakeyと組んだ Messengersが有名だ。

ので、Horace Silver and the Jazz MessengersからArt Blakey and the Jazz Messengersに移り変わった当たりの歴史がWikiにあったので簡単に紹介しておこう。

1947年にブレイキーが"Art Blakey's Messengers"の名前でグループを率いBlue Noteに録音 (BLP 5010)を残しているのが最初だ。ブレイキーは 1947年から1949年の間、"Seventeen Messengers"というビックバンドを率いて活動していて、Messengersという名前は休眠状態となっていた。
1950年に入り、シルバーとブレイキーが組んで活動を開始し、1953年の Blakey, Silver, Kenny Dorham, Lou Donaldson およびGene Rameyを含むグループを Jazz Messengersとして紹介した人もいる。また、1954年にArt Blakey Quintetと命名されたグループでA Night at Birdlandというライブ・レコーディングが制作され、これらのレコードは大成功を収め、その辺りをJazz Messengersの始まりと言う人もいる。このクインテットにはHorace Silver、Clifford Brown、Lou Donaldson、Curly Russellが含まれている。

Jazz Messengersの名前が正式に使われたのは、1955年の at the Café Bohemiaで最初Horace Silver Quintetの名前でBlue Note 10"でリリースされ、後にHorace Silver and the Jazz Messengersの名前で12"盤が再発された。
1956年にグループがばらばらになったのを機に、ブレイキーがJazz Messengersを何となく引き継いだ。

以上、レコードのレビューにはまったくなっていませんでした。



【今日のぶつぶつ】
新幹線の中で女性に斧を振るう男の前に立ち塞がり制止し亡くなる、という悲しい事件があった。
もし自分がその場に居合わせたら...
何ができた。 一目散に...
ん~後で後悔にさいなまれる日々が続くだろう。
立ち向かって殺されたら、これまた...

どちらにしろ、その場の状況に任せるしかないのかな?

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Bob Prince

bob_convert_20180511213708.jpgCharleston 1970 ★★★
Label: Warner Bros. WS 1276 LP
Date: December 18 & 23, 1958 and January 1, 5, 12, 1959
Personnel: Bob Prince (ldr), Phil Woods (as), Al Cohn (ts), Sol Schlinger (bar), Donald Byrd (tp), Billy Byers (tb), Don Butterfield (tu), Barry Galbraith (gu, bj), Hank Jones (p), Milt Hinton (b), Don Lamond (dr)
Music: Charleston, Ain't She Sweet, Five Foot Two, Eyes Of Blue, Sack Dress, Beat Charleston, Varsity Drag, Yes Sir, That's My Baby, My Charleston, Chapeau Cloche, Original Charleston Strut, Struttin' With Some Barbecue, Heebie Jeebies, Black Bottom
Tag: other_other


チャールストンは、ダンスの一種で、1920年代のアメリカで一世を風靡した。サウスカロライナ州チャールストン市が発祥。リズムに合わせて両膝をつけたまま、足を交互に跳ね上げるのが特徴。ジェームス・P・ジョンソン作曲の「Charleston, South Carolina」に合わせて踊ったのが最初とされる。(Wikipediaより)
James Price Johnson (1894 – 1955) was an American pianist and composer. A pioneer of the stride style of jazz piano, he was one of the most important pianists who bridged the ragtime and jazz eras.(Wikipedia)

Charleston → James P. Johnson → Ragtime → Jazz
この盤がジャズセクションに置かれていたことは、的外れではないようだ。

初見盤の購入は裏面のチェックが欠かせない。 曲、ミュージシャンが判断基準となる。
Phil Woods、Donald Byrd、そしてAl Cohn、Barry Galbraith、Hank Jones、Milt Hintonなどの名前が並ぶ。(Phil、DonaldのDiscographyには載っていない)
Barry Galbraithのバンジョーは気になったが購入。

A面1曲目は酷い出来、アレンジを強要されているような内容で全員やる気なし。
だが、これだけのメンバー、アドリブスペースを与えられた曲では本領発揮、1970年代のWoodsも良かったが50年代末のWoodsは最高、滅茶苦茶に上手い、Parkerの再来、いやそれ以上かもしれない。

わざわざこの盤を持つ必要はないが、この時代のWoodsは最高でした。



【今日のぶつぶつ】
シイタケ ほだ木、2本買ってきた。
1本800円、高いのか安いのか、
成功すれば収穫は来年の秋、
楽しみだが憶えているか心配だ!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_other

Fats Sadi

sadi5_convert_20180415190104.jpgMore Vibes ★★★
Label: Jazz Club JC6008 LP
Date: 1967
Personnel: Sadi(vib), Roland Ronchand(p), Freddy Rottier(dr), Jean Warland(dr), Roger Vanaverbeek(b), Al Jones(dr),Jean Fanis(p)
Music: Petite Suite, Blue Sunrise, Porka Dope and More Beer, L'amant, Hegor, Paris Je T'aime D'amour, La Maitresse, I'll Remember April, Odl Lady, Good-Bye
Tag: other_vib


ジャンゴ・ラインハルト(Django Reinhardt)
フランシー・ボラン (Francy Boland)
ボビー・ジャスパー(Bobby Jaspar)
トゥーツ・シールマンス("Toots" Thielemans)
共通点は何でしょう???

ベルギー出身のジャズ・ミュージシャン、ボランとかシールマンスはてっきりフランス人かと思ってました。

サディ、馴染みは薄いがベルギー出身の一人。

パリを主戦場に活躍していたビブラフォン奏者で、”ENSAINADO”(SABA)以外はほとんど知られていないと思う。
本盤も知る人ぞ知る、そんな1枚。 良く手に入ったものだ!

サディのバイブは極々普通といったところ。
録り溜めてあったトリオ、カルテットによる3セッションをまとめて1967年にリリースしたもの。
雰囲気的にはMJQを薄めたような感じ、ストリングが加わった曲もある。

ジャズを20年以上聴いたオタクだけが持っていればよいと思う盤、ということでジャケの話をしましょう。

saddi_convert_20180415191824.jpgこれ、普通のジャケットとは異なる。
紙を折り畳んだような形状をしており、上下は塞がっていない。
よく分からない盤だったので調べた。

入手したものと違った左のようなジャケもあった。
左がBelgium Original、そして入手盤はAlternateとある。
再発ではないようだが、ジャケの記載は英語のみ、ベルギー産とは考え難い。
レーベルはオリジナルと同じ、どういった出自なんでしょう?
結局、詳細不明。


レコードにはCDにないジャケットの愉しみがある。
どこで造られ、誰の手に渡り、どのような国々を渡って今自分の手元にあるのだろう。
ロマンを感じませんか?



【今日のぶつぶつ】
最近、歳を感じる。
どういうことかと言うと、
覚えが悪くなった、忘れっぽい、疲れる等々あるが、一番は
感動する感性の衰え、
どうにかしたい!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_vib

Charles Mingus

cm_convert_20171209215500.jpgMe Myself an Eye ★★★
Label: Atlantic SD 8803 LP
Date: Jan. 23 1978
Personnel: Mike Davis(tp), Randy Brecker(tp), Jack Walrath(tp), Jimmy Knepper(tb), Keith O'Quinn(tb), Lee Konitz(as), Yoshiaki Malta(as), Akira Ohmori(as), Ken Hitchcock(as,ss), Daniel Block(ts), Ricky Ford(ts), John Tank(ts), Michael Brecker(ts), Pepper Adams(bs), Ronnie Cuber(bs), Craig Purpura(bs), Bob Neloms(p), Larry Coryell(gu), Ted Dunbar(gu), Jack Wilkins(gu), Danny Toan(gu), Eddie Gomez(b), Joe Chambers(dr), Dannie Richmond(dr), Charles Mingus (comp,arr), Paul Jeffrey(arr, cond)
Tag: string_base


このアルバム、結果的にミンガスのラストアルバムとなってしまったわけだが、馴染みのミュージシャンが25人も集まったのはミンガスの人徳でしょう。

そんな中に日本人、大森明とMALTA(丸田 良昭)、二人の名前があるではないか。 
裏ジャケの集合写真に写っているのが大森明か! しかもド真ん中に堂々と!
※大森明さんのプロフィールに参加に至った経緯が詳しく書かれている(面白いです)。
なぜか文字化けする。
  ページの最後にある「ƒgƒbƒv‚Ö–ß‚é」をクリックするとTOPにジャンプして文字化けが直るのでそこから辿って下さい。

ミンガスの体調は相当に悪く、演奏には加わっていなかったとか(集合写真では車椅子、首にサポータを巻いて写っている)。ミンガスはコニッツにベント(しゃくり上げる奏法)を要求したがコニッツは無視。コニッツがクール派の御大であることを知らなかったのか? ミンガスは。笑ってしまう。

録音は少々のミスなど何のその、細かなことは気にしないといった具合で録音が進んだ様子が聴いていて伝わってくる。 Paul Jeffreyという人が指揮を執ったためか、ミンガスっぽさは感じられない。

ソロで聴くアルバムだ。
ブレッカー・ブラザーズ、ラリー・コリエル、ジャック・ウォラス、ジョージ・コールマン、リー・コニッツなどなど

この時のセッションはもう一枚、”Something Like a Bird” (Atlantic ‎SD 8805)に分割収録されている。



【今日のぶつぶつ】
「流れを組む→流れを汲む」
ご指摘ありがとうございました。
漢字、日本語、いや言語一般、いや頭全般弱いtam.ra、このブログ時々自分でも見直すが、誤字脱字をよく発見する。
皆さま、発見したらご指摘を! お礼はなしですが!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_base

Charlie Haden

Charlie_Haden_convert_20171126201911.jpgLand Of The Sun ★★★
Label: Verve 0602498208250 CD
Date: Dec. 19-22, 2003
Personnel: Charlie Haden(b), Gonzalo Rubalcaba(p, arr), Ignacio Berroa(dr), Michael Rodriguez(tp), Miguel Zenon(as), Joe Lovano(ts), Oriente Lopez(fl), Lionel Loueke(gu), Larry Koonse(gu), Juan De La Cruz(bongo)
Music: Fuiste Tu (It Was You), Sueno Solo Con Tu Amor (I Only Dream Of Your Love), Cancion De Cuna A Patricia (Lullaby For Patricia), Solamente Una Vez (You Belong To My Heart), Nostalgia, De Siempre (Forever), Anoranza (Longing), Cuando Te Podre Olvidar (When Will I Forget You), Esta Tarde Vi Llover (Yesterday I Heard The Rain), Cancion A Paola (Paola's Song)
Tag: string_base


粉子: これ、ジャズでっか?
ジャズ仙人:Charlie Haden、Gonzalo Rubalcaba、Miguel Zenon、Joe Lovanoがやってるからジャズだ。
粉子: スウィングしてない!
ジャズ仙人:そんなの関係ない! ジャズだって言ったらジャズなんだ。

糊子: 第47回グラミー賞 「ベストラテンアルバム賞」 受賞作品、これラテン?
ジャズ仙人:Gonzalo Rubalcaba、Miguel Zenon、その他ラテン系のミュージシャンがやってるからラテンだ。
糊子: で、...でも!
ジャズ仙人:でもが何だ! ラテンだって言ったらラテンなんだ。

ひたすら静の世界、ジャズを聴かない人にこれがジャズだとは言い難い。
良い音楽であることには間違いはない。

このアルバム、ゼノンの名前で買ったが出番が少ない。 
目立ったのはやはりベースのチャーリー、それにトランペットのミカエルが良かった。



【今日のぶつぶつ】
今日、久しぶりにLP3枚購入。
それにしても安い。
次回発表します。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_base

穐吉敏子

Toshiko_convert_20170902222908.jpgToshiko Mariano Quartet ★★★
Label: TAKT JAZZ-12 LP
Date: March 30 1963
Personnel: Charlie Mariano (as), Toshiko Mariano (p), Eugine Cherico (b), Albert Heath (dr)
Music: Tonight, Something's Coming, America, Maria, Cool, Plaisir D'Amour, Malaguena, Oleo
Tag: kb_piano


ちょっとだけ珍しい盤が手に入った。 ジャケットは少々痛みがあるものの盤は相当に綺麗だ。 安かった。 どこで買ったかって? 言えない、秘密... 相変わらずの中古レコード店巡り、店の数も減り目ぼしいレコードにぶち当たる頻度も減少、それでも止められない、健康に良いし。

前置きはこれくらいにして本題。
タクト電機株式会社から出されていたtakt jazz seriesの12枚目”TOSHIKO MARIANO QUARTET”(JAZZ-12)、中々見ることはない盤だが、これ実は再発で、ニッポン・レコードという謎のレーベルから出されたものがオリジナル。
最初の4曲はウエスト・サイド物語から、ここまでははっきり言ってつまらない、聴き所は残りの3曲、前半★2つ、後半★4.5といったことろ。 この時代のチャーリー・マリアーノは切れきれで凄みまで感じるので、この3曲を聴くだけでも価値ありと言って良いでしょう。

TAKTのジャケットの作りはLimelightに匹敵する素晴らしさ、これだけで持っている価値ありかも。



【今日のぶつぶつ】
tam.raが好きなスポーツはサッカーとボクシングの2つ。
先の木曜日は会社から大急ぎで帰宅、飯を掻き込んでテレビの前へ

残りの人生を4で割って、あと何回ワールド・カップを楽しめるかっていう話があるが、日本が出場しなければその楽しみも半減する。 2:0あるいは3:0で日本の勝利を予感していたが、その通りの結果となった。

ロシア大会、行きたいな~

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Dewey Redman

redman_convert_20170715221046.jpgMusics ★★★
Label: Galaxy GXY 5118 LP
Date: Oct 17–19 1978
Personnel: Dewey Redman(ts, harp,vo), Fred Simmons(p), Mark Helias(b), Eddie Moore(dr)
Music: Need to Be, (The) Virgin Strike (March), Alone Again (Naturally), Unknown Tongue, One Beautiful Day, Daystar Nightlight
Tag: string_guitar


ジョシュアの親爺、デューイ・レッドマンのリーダ・アルバム。
オーネット・コールマンのカルテットや、キース・ジャレットのアメリカン・カルテットでの活躍で知られるサックス奏者だ。
リーダ・アルバムはと問われても頭になかなか浮かばないが、1つ”Living On The Edge”(Black Saint)はGeri Allenの助けもあってお勧めアルバムだ。 この人、オーネット、キース、ヘイデンといった人達に選ばれただけあってサックス奏者としては一流だと思う。
実力からいえば、もっと多くのリーダ・アルバムを残しても不思議はないのだが。

ところで本アルバム、半分の"Need to Be"と"Virgin Strike"と"One Beautiful Day"に問題あり、サックスでバグパイプをやりましたみたいな曲、何を思ったかハープを持ち出した曲、理屈っぽい性格が出てしまっているのかな?
その他の曲は落ち着いた演奏で納得できる仕上がりだけに勿体ない。
ストレートにやればと思うのだが、考え過ぎるきらいが邪魔をしている。

3曲目が★4つ、3曲が★2つ、平均して★3つ、ちょっと残念!



【今日のぶつぶつ】
8月5日はサックス発表会、曲は
1."I Remember Clifford"、トランペットの曲として取り上げられることが多い。
2."Sepember"、E&WFの曲、アンサンブルで2ndAlt。
緊張しなければクリアできそうだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

渡辺 貞夫

sadao_convert_20170611204322.jpgSADAO PLAYS BACHARACH&BEATLES
★★★

Label: tact XMS-10010-CT LP
Date: Nov. 8 1968
Personnel: 渡辺貞夫 (as,ss) , 伏見哲夫 (tp) , 日野皓正 (tp) , 増尾好秋 (gu), 渡辺文男 (ds) ,池田芳雄 (b) , 鈴木弘 (tb) , 今井尚 (tb) , 市原靖 (btb) , 鈴木良雄 (org) , 今村祐司 (perc) , 橋爪智明 (tb) , 江藤勲 (el-b) , 八城一夫 (org)
Music: ルック・オブ・ラブ, マジカル・ミステリー・ツアー, 汽車と船と飛行機と, 涙の乗車券, ウォーク・オン・バイ, アイ・アム・ザ・ウォルラス, ヒア・ゼア・アンド・エヴリウェア, ブルー・ジェイ・ウェイ, リーチ・アウト・フォー・ミー
Tag: brass_alto


サンケイ・ホールでのライブ録音、慶應義塾大学軽音楽鑑賞会主催コンサートとある。
1968年といえば学生運動が盛り上がり、ジャズ界ではフリーが席捲、ジャズ喫茶は紫煙で先が見えない時代だった。 その時代によくもこのようなコンサートを主催したものだと。

「貞夫、バカラックとビートルスを吹く...」、 ポップスっぽいジャズは嫌いで見向きもしなかった青春時代、それから数十年経った今はこんなジャズも受け入れ可能となった。
 
中村とうようさんはライナーに、「渡辺貞夫がボサノバ、ビートルズ、バカラックといったポピュラー音楽を取り上げるのは、この分野に魅力的な素材があるからであって、決して金儲けや人気を煽ろうとか、そんな不純な動機でないことは、このレコードの演奏を聴いてもらえば分かって頂けるに違いない」と書いている。
B面のカルテットを聴くと賛成できますね。
ロリンズのグループで聴いたギターの増尾好秋がギンギン、見直しました。
渡辺貞夫もアルト、ソプラノでつっぱた演奏をしています。見直しました。



【今日のぶつぶつ】
寺社巡り、一泊二日で日光へ。
宿泊は「鬼怒川金谷ホテル」、良かったです。
泊まった旅館・ホテルでベスト3に入るかな!
お勧めです。

注意:日光金谷ホテルなど、他の金谷ホテルとは系列が違います。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

JD Allen


jdallen_convert_20161224203559.jpg Victory! ★★★
Label: Sunnyside SSC1280 CD
Date: August 27, 2010
Personnel: JD Allen(ts), Gregg August(b), Rudy Royston(dr)
Music: Victory!, The Pilot's Compass, The Thirsty Ear, Sura Hinda, The Learned Tongue, Philippe Petit, Motif, Fatima, Mr. Sleepy, Stairway to the Stars, The Hungry Eyes, Recapitulation (The Pilot's Compass)
Tag: brass_tenor


LP購入のペースは相変わらずだが、CDは減っている。 何を買ってよいのか分からないのだ。
雑誌を読まなくなって10年以上は経つし、目蔵めっぽう買いまくる財力も気力もないし...
気に入ったものだけを救い上げる網があったら高価でも手に入れたいところだがドラえもんは現れない。

来年も買い続けるに違いないが、ジャンルを絞ってみようか、それともLPだけにするか? 悩みどころだ。たぶんダラダラ購入が続くに違いない。

このJDのCD、積んだまま放置されていた1枚。

2曲目なんかOrnette On Tenorじゃん、3曲目はColtraneじゃん、と思える。
昔を知らないファンには新鮮に映るだろう、凄いテナーが現れたなんで。
サックス・トリオは歓迎だが。12曲も入ってる、1曲が短く物足りなさを感じる。

批判っぽいコメントとなってしまったが、そんなに悪いアルバムではありません。



【今日のぶつぶつ】
今日は鉄柵のペンキ塗り、木柵と違って錆取り作業が欠かせない。
これ相当に大変、約2時間かけて2メートルほど、体力の限界を感じ今日はここまで。
年内に終わるかな、

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

Gus Mancuso

fantasy3233_convert_20161120204922.jpgIntroducing: Gus Mancuso ★★★
Label: Fantasy 3-233 LP
Date: 1956
Personnel: Gus Mancuso(b-harn), Vince Guaraldi(p), Richie Kamuca(ts), Cal Tjader(dr), Eugene Wright(b), Gerry Wiggins(p), Eddie Duran(gu), Bill Douglass(dr)
Music: I'm Glad There Is You, Brother Aintz, Every Time, The Ruble and the Yen, By the Way, And Baby Makes Three, Goody Goody, How Do You Like Your Eggs In the Morning?, Hat Full of Dandruff, Every Time We Say Good
Tag: brass_other


1956年、古い古~いレコードを買った。 コーティングの赤盤Fantasyレーベル。 60年も前のレコードは威厳に満ちており作り手の気合が伝わってくる。 リーダは若干23歳のガス・マンクーソ、聴こえが余り良くない名前だが、ちゃんと発音すると、マンキューソ、マンクーゾ、マンカッソ、...良く分からないがイタリア系の人なのかな。

Cal TjaderがLAで公演していたとき、ある晩はピアノ、次の晩はベース、その次の晩はバリトン・ホーンを演奏する男に遭遇、それがガスとの出会いだったそうだ。 この人、他にもトランペット、トロンボーン、バイブ、更にボーカルもこなしたとか。

このアルバムでは競合が多い楽器を避けたのかバリトン・ホーンという聞きなれない楽器で頑張っている。 3つのセッションの寄せ集めだが次のセッションが一番聴き応えあり。
Gus Mancuso, Vince Guaraldi, Richie Kamuca, Cal Tjader, Gene Wrightというクインテットによる"Brother Aintz"、"And Baby Makes Three"、"Hat Full of Dandruff"の3曲が素晴らしい出来だ。 Richie Kamucaが良いのは当然ですが、Vincent Guaraldiのピアノが固い感じがしますが中々良いのです。 このセッションで丸々1枚創っていれば名盤と呼ばれていたに違いありません。

ここでジャズ・トリビア:
Art Pepperの初来日で表の顔となりPepperに人気が集中しムッとしたかどうか分からないが、「表の顔」ってだれでしょう?
簡単ですね。 バイブのCal Tjedarさんです。

このCalさんがバイブを弾いていないアルバムがありますが、そのアルバムは?
これはレベル5、超難問かも。 このアルバムなのです。 ドラムに専念しているのです。
これ知ってたらジャズ仙人近しです。
 
「バリトン・ホーン」 Wikipediaより:
かつてのアメリカでは、初期のサクソルンに代わり、現在のユーフォニアムよりも若干管径が細い楽器が開発され、バルブが3本であれば「バリトン・ホーン」(baritone horn)、4本以上であれば「ユーフォニアム」(euphonium)と呼ばれた。 (中略) 現在のアメリカの吹奏楽では、イギリスや日本で使われるようなユーフォニアムが一般的に用いられるが、ジャズ・コンボや、ドイツの小編成バンドでは、今もバリトン・ホーンが好んで使われている。



【今日のぶつぶつ】
2月の発表会は”Stardust”に決めた。
簡単かと思ったがスローバラードは難しい。
アップテンポであれば誤魔化すことも出来るが、スローだとそうは行かないし、何より雰囲気を出すことが大変。
3年ほど経過し才能の無さが明らかに...
でも止めない、諦めない、 楽しいから

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_other

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン