Charles Tyler

JZ130318-04_convert_20170918211401.jpg AT WKCR STUDIOS NY 12-8-74 ★★★
Label: Private LP
Date: Dec. 8 1974
Personnel: Charles Tyler(as), Steve Reid(dr), Ken Hudson(b), Earl Cross(tp)
Music: side1 only unknown
Tag: brass_alto


チャールス・タイラー、懐かしい名前だ。 
実は半年ほど前に購入し、積まれたまま埋もれていたのを思い出しターンテーブルへ! 
やっぱり良いね!

デビューは1965年アイラーの”Bells”、そして”Spirits Rejoice”、その翌年同じくESPレーベルに吹き込んだ”Charles Tyler Ensemble”が1stレコーディングだ。
1974年に自己のグループを結成し、自主レーベルAkbaから ”Voyage from Jericho”をリリースし、本作はその1ヶ月後に録音され未発表となっていたものだ。 70年代といえば、フリーの嵐も過ぎ去りフュージョンへ、そんな時代にハードコアなフリー・ジャズを、素晴らしいね...音60年代と変わっていないし。

このレコード「85/99」とあり99枚限定で出されたもの、購入必須!
と思っていたら、以下のレコードが33枚限定(2013年にDUで 6,480円(税込) )で出されておりその再発らしいのだ!

JZ130318-05_convert_20170918212116.jpg
何と言ってよいやら?



【今日のぶつぶつ】
高崎市山田かまち美術館を訪れた。 一度は訪れる価値のある美術館だ。
山田かまちは僅か17年の短い生涯であったが、残された詩、絵画から天才であったと断言できる。
展示されている詩には心揺さぶられ、希望に溢れ未来への期待がひしひしと感じられるものがあった。 絵画のデッサン力に驚嘆、一本一本の線の繊細さと力強さはピカソに感じたものと同じものがあった。
大げさではない。

もし、倍の人生があったら彼は何を残してくれただろうかと思うと、本当に残念だ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

The Quartet

poljazz_convert_20170827203220.jpgThe Quartet ★★★★
Label: Poljazz Z-SX 0688 LP
Date: 8, 9 i 10.X.1978
Personnel: Slawomir Kulpowicz(p), Pawel Jarzebski(b), Janusz Stefanski(dr), Tomasz Szukalski(ss,ts)
Music: The Promise, Arlekin Dance, Namashkar Blues, Macondo
Tag: brass_tenor


社会主義国だったポーランドでのジャズ人気の程は分からないが、このPoljazzは頑張っていましたね。 ジャケットはふにゃふにゃで安っぽいのですが、内容はハードなものが多い。 1972年から1991年の20年間活動した国有ジャズ協会が所有していたレーベルで、自国以外にもポーランドを訪れたミュージシャンのアルバムを何枚かリリースしています。
tam.ra所有のPoljazzだけでもKenny Drew、Gil Evans、Stan Getz、Billy Harper、Buddy Rich、内容も録音も素晴らしく、流石国有レーベルです。

本作はポーランド人のジャズを記録したもので、「コルトレーン・カルテットじゃん」、といったらそれで終わりかもしれないが、力強くなかなかの物、サックスのトマスはヤン・ガルバレクに近いコルトレーン、ピアノはマッコイ、ドラムは当然エルビン、ところがベースは1978年のベースで面白い。
独自性が少ない分マイナス・ポイントはあるが、それもの★4.0で良いでしょう。 盤紹介は以上。




【今日のぶつぶつ】
先生の前では自宅の練習で出来たことができない。 そんな日は落ち込んでの帰宅となる。 先週がそうだった。
最近は悔しい気持ちが出て来て、この土日それぞれ約5時間の特訓、指が痛くなった。
相当に自信が付いたことは確かだが、少しでも不安な個所があるとボロが出る。
今週は如何に...

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

Jean-Luc Barbier

0000000127292_convert_20170812223556.jpgTOKONOMA ★★★★
Label: ReEntry RE-007 LP
Date: Jan. 23 1983
Personnel: Jean-Luc Barbier(as)
Music: Dans La Ville Blanche, Silence, Tranquility, Deep Blue Lake, Tokonoma, Aldebaran
Tag: brass_alto


謎のサックス奏者ジャン・リュック・バルビエが、1983年に西ドイツで吹き込んだソロ作品。
タイトルは何処で知ったか「床の間」、静寂さを感じさせイメージを良く捉えている。
Dimitri Moliakov-Visotzkyによるライナーの曲紹介は次の通り。
"Tokonoma", like a haiku, is about the essentials in the special room in Japanese homes reserved for precious objects. The Tea Ceremony take place there. Decorations are changed for each event. He materializes these precious objects by the spiral forms that condence in the one essential point.
ちょっと外しているかな!

ジャン・リュック・バルビエについてはほとんど紹介されていないが、スイスを中心に以下のようなアルバムをリリースしている。
1975: C.M.4 "Live in Montreux" Evasion EB-100819 (Suisse)
1977: C.M.4 "1977" Evasion EB-100821 (Suisse)
1981: Disque du Festival de San Sebastien. IZ records 153-D (Espagne)
1982: "DONOSTIA" IZ records 150-D (Espagne)
1983: "TOKONOMA" RE ENTRY 007 (New York)
1983: "DANS LA VILLE BLANCHE" BRIDGE RECORDS 1001 (Suisse)
1984: "TALISMAN" BRIDGE RECORDS 1002 (Suisse)

本作はJohn Fisherが主催するReEntryからのリリース、A面最後の”Deep Blue Lake”がジョンの作曲なので、二人は何らかの接点があったのだろう。

他のアルバムも欲しくなった。



【今日のぶつぶつ】
平和ボケしているためか、緊張感がない。
ミサイル4発、引くに引けない発言を続けている大統領の反応は...

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Akio Katsuyama

akio_convert_20170709195527.pngJazz Unsupervised ★★★
Label: MK Records LP
Date: Nov. 7 1983
Personnel: Akio Katsuyama(p), Al Mehaffey(b), Rags Martinson(dr)
Music: Speak Low, When I Fall in Love, Wave, Jordu, Lush Life, I Hear A Rhapsody, 'Round Midnight
Tag: kb_piano


カリフォルニアにあるSaddlebackカレッジのスタジオで録音されたアルバム。日本、カナダ、ノルウェイから集まった3人、謎に包まれた3人による謎のアルバムだ。 出だしこそ不安を感じさせるが、進むにつれてリラックス、スタンダードを集め聴き易いアルバムに仕上がっている。

勝山昭雄?昭夫?、章夫?...ベーシストのAlもドラマーのRagsも全くの無名の人、こんな3人が集まり、よくもこんなに立派なアルバムを残せたものだ! 謎!!! 

レコード掘りは止められない



【今日のぶつぶつ】
ネットを調べていて、最高に気に入った記事を発見したので紹介します。
今年あなたはどれだけ失敗できましたか?」
ベンチャーの心得だが、生き方そのもの、これからでも遅くない!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Shorty Rogers

shorty_convert_20170603220104.jpgPortrait Of Shorty
★★★

Label: RCA Victor ‎– LPM-1561 LP
Date: 1958
Personnel:
Saxophone – Bill Holman, Jack Montrose, Richie Kamuca, Herb Geller, Pepper Adams
Trombone – Bob Enevoldsen, Frank Rosolino, George Roberts, Harry Betts
Trumpet – Al Porcino, Conrad Gozzo, Conte Candoli, Don Fagerquist, Pete Candoli
Piano – Lou Levy, Bass – Monty Budwig, Drums – Stan Levey
Music: Saturnian Sleigh Ride, Martians' Lullaby, The Line Backer, Grand Slam, Play! Boy, A Geophysical Ear, Red Dog Play, Bluezies
Tag: brass_trumpet


ショーティ・ロジャーズ、今となっては「知る人ぞ知る」といったミュージシャンではなかろうか。
tam.raは、勝手ながら評価しております。

トランペッターとしてより、アレンジャー、バンドリーダとして才能を発揮した人だ。
このアルバムは西海岸の一流を集めたビックバンド。
サキソフォーン5本、トロンボーン4本、トランペット6本、それにリズムセクションの3人、錚々たるメンバーが集められている。
ショーティが尊敬と信頼を集めていたことが伺われる。

素晴らしいしアレンジに重なる音の響きが美しい。 ダレたところがなく引き込まれる。

残念なのはジャケット、ショーティのアルバムにはターザンに抱えられたやつとか、相当に酷いジャケが多くあって損をしている。

皆さん、ショーティを聴こう、見直そう。



【今日のぶつぶつ】
「ムカデ」に足を噛まれた。
寝ている部屋は一階、庭から這い上がってきたに違いない。
チクリとした後は痺れと痛みが続く。
何が起こったかまったく分からない。

痛さを我慢して寝ようとすると頭の辺りでゴソッと物音が。
電気を付け見回すが...
布団をひっくり返すと、10センチ程のムカデ発見。
棒で引っ叩くも効果なし、格闘に末にコップに捕獲して外に。

43℃以上での温熱シップを20分ほど、虫刺され軟膏を塗って事なきを得た。
人生60数年で初めて、良い経験をしたものだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trumpet

Johnny Dankworth


dankworth_convert_20170522214129.jpgBundle from Britain ★★★★
Label: Top Rank RM 314 LP
Date: July 1959
Personnel: Baritone Saxophone, Clarinet, Flute – Alex Leslie Bass – Eric Dawson Drums – Kenny Clare Leader, Alto Saxophone, Clarinet – John Dankworth Liner Notes – Nat Hentoff Piano – David Lee Tenor Saxophone, Clarinet, Bass Clarinet – Danny Moss
Trombone – Danny Elwood, Gary Brown, Laurie Monk, Tony Russell Trumpet – Rob Carson, Derrick Abbott, Kenneth Wheeler, Stan Palmer Trumpet [Tenor Horn] – Dickie Hawdon Tuba – Ronnie Snyder
Music: Firth Of Fourths, Caribe, Royal Ascot, Don't Get Around Much Anymore, Doggin' Around, Jones, Take The "A" Train
Tag: other_orchestra


久々にちょっとだけ珍しいレコードを入手した。
珍しいだけなら山ほどあるが、誰も認めていない、内容が良く、しかも珍しい盤は本当に少ない。
今日紹介する盤は、誰も認めていない、内容はまあまあ良く、まあまあ珍しい、と2.5拍子揃った盤と言えよう。

1959年のNewport Jazz FestivalでのJohnny Dankworth率いる英国のビックバンドだ。 メンバーは超一流とはいかないが、ケニー・ホイーラーの1stレコーディングだそうだ。 同時に入手したJohnny Dankworthの”What The Dickens!”に比べるとソロは敵わないがアンサンブルは上!

1年前のフェスティバルは、映画「真夏の夜のジャズ」でドキュメント化された。 1958年はDuke Ellington、Count Basie、Stan Kentonといったビックバンド、コンボではDizzy Gillespie、Herbie Mann、Horace Silver、Jimmy Smith、MJQ、 Oscar Peterson、Jazz Messengers、Thelonious Monkといった面々が参加、これではカットされちゃうかな!

このレコードのレーベルは「Top Rank Record」、同じマークを使った日本盤もあったが、あれは日本支社か?



【今日のぶつぶつ】
アメリカ大領著の明かな嘘を本当だと言い張っていることと、日本の官邸があるものをないと言い張っていることは同種に思える。 アメリカはブレーキが機能しそうだが、日本ではアクセルとブレーキを踏み間違える事故が多発している。 危険だ!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_orchestra

Charlie Rouse

rouse_convert_20170515222046.jpgPlayin' In The yard ★★★
Label: STEAM SJ 116 LP
Date: 16 Oct 1987
Personnel: Charlie Rouse(ts), Art Themen(ts,ss), Roy Babbington(b), Clark Terry(dr), Stan Tracey(p), Dave Green(b)
Music: Playin' In The Yard, In A Sentimental Mood, I've Found A New Baby, Li'l Of Pottsville, Li'l Sherrie, Wee
Tag: brass_tenor


チャーリー・ラウズに似合う言葉は「中堅」、中堅とは、軍勢においてその中心となる大将に直属する守備の堅い精鋭部隊をいう。(Wikipediaより) 亡くなって30年も経ち、どれだけの人に知られているのだろうか。 Monkのグループへの在籍で少しは認知されているかもしれないが。 渋い名盤を沢山残しているが、この人の凄さは、YEAH!(Epic)を聴けば誰もが納得せざると得ないはずだ。

ところで本盤はというと、チャーリーのテナーに耳を集中すれば、名盤となる。

最後にWikipediaに載っていた素敵な話を。
『小惑星10426番は、発見者であるアメリカ合衆国の科学者・天文学者ジョー・モンターニによって、チャーリーラウズ(Charlierouse)と命名された。モンクとラウズの愛好家であったモンターニは、ちなみに以前にも小惑星11091番にセロニアスと名付けている。』



【今日のぶつぶつ】
ルーチンワークのような毎日、ぶつぶつ言う話題がない。
今日は、本盤を含め4枚購入、帰宅途中70歳近いジジ・ババの口喧嘩を目撃、
それだけだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

Donald Smith

dsmith_convert_20170501215356.jpg Luv ★★★★
Label: Whynot PA 7154 LP
Date: 21 Aug. 1976
Personnel: Donald Smith(p), Cecil McBee(b), Jack DeJohnette(dr)
Music: Mystic Man, Stillness, Nameless, Call Of Liberation, The Magnetic "A", To Yaisa And Wanda With Luv
Tag: kb_piano


記憶の隅に僅かに引っ掛かっていた本盤、最近はほとんど見掛けることのなかった盤に出会い即購入を決めた。
ドナルド・スミス、誰だっけ? Lonnie Liston Smithの弟、インターネット上の情報はこれだけと言ってよいほどない。
そこでライナーからの情報を要約すると以下の通り。

兄の率いたコズミック・エコーズでフルート兼ボーカルを担当し有名となったが、ピアニストとしての評価は皆無だったそうだ。悠正彦氏がアンドリュー・シリルのグループで聴いたドナルドのピアノに感動し、この録音に繋がったとのこと。セシル・マクビーに相談して、このトリオによる録音をまとめたそうだ。

一番の影響にセシル・テイラーを上げている通り、セシル似のところはあるが、よりメロディックな感じのピアノだ。1曲ソロが入っているが、これはロマンチックで美しい、かといって軟な演奏ではない。
これだけの実力者でありながらリーダ作は本盤だけ、聴く耳を持たないのか儲からないためか残念だ。

話は変わるが、悠正彦氏プロデュースの「WhyNot」レーベル、これからの若者や日の目を見ない実力者に焦点を当てた素晴らしいレーベルだ。



【今日のぶつぶつ】
9連休だあ。
毎日練習、親指の腹を捻挫した。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Billy Taylor

introducing Ira Sullivan ★★★★
Label: ABC-Paramount ABC-162 LP
Date: Nov. 1956
Personnel: Billy Taylor (p), Ira Sullivan (tp,ts,as), Earl May (b), Ed Thigpen (dr)
Music: So in Love, Imagination, Strolling, They Can't Take That Away From Me, Leslie's Gauge, In a Mellow Tone, You Don't Know What Love Is
Tag: kb_piano


ビリー・テイラーのリーダ・アルバムだが、アイラ・サリバンに焦点を当てよう。
トランペット奏者として紹介されているが、A面、B面それぞれ1曲づつサックスを披露している。
個人的にはトランペットが最高かな、すごくブリリアントだし、影もある。
いずれの楽器とも甲乙付け難いほど見事、でもそこに落とし穴が! 器用過ぎることが玉に傷!
聴く側の焦点がボケて損をしている。 ペット一本でやっていれば大成したに違いない。

正確なディスコグラフィが見つからなかったので誤っている可能性もあるが、裏面のライナー(アイラが書いている)は次のように書いている。
『1955年6月のレッド・ロドニーのアルバム(Fantasy LP 3208”Red Rodny Quintet"ペットとテナーで参加)が最初で、次に1956年6月のジャズ・メッセンジャーズへの参加(1982年になってColumbia FC 38036”Originally”というタイトルでリリ-ス、テナーで2曲に参加)』
このアルバムはIntroducingとなっているが初ではないらしい。

ビリー・テイラーは控えめですが、まとまりのある良いアルバムです。
ABCは人気が無いようで、安かった。



【今日のぶつぶつ】
カチッカツカチ、カチカチッ、カチ...毎秒3回ほどのテンポの金属音が、
人込みの中から次第に近付く、

何とバアさんが、金属製の杖をプラットフォームに刺し刺し歩いて来る、危うく刺されるとことでした。

あれは、武器だ

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Carol Sloane

carol_convert_20170319225659.jpgSUBWAY TOKENS ★★★★
Label: Moonbeam LP
Date: 1973-1975
Personnel: Carol Sloane(vo), Paul Montgomery(p), Rick Eckberg(b), Peter Ingram(dr)
Music: If They Asked Me I Could Write a Book, I Guess I'm Just a Lucky So and So, What a Little Moonlight Can Do, A Cottage for Sale Twisted, I Cried For You, When My Suger Walks Down the Street, I Didn't Know About You, Thou Swell, I've Got You Under My Skin
Tag: female_vocal


キャロル・スローン、HPからBioを調べた。
------------------------------------------------------
1937年生まれ、10代から唄い始め1960年にピッツバーグのジャズ・フェスティバルで唄うチャンス得て、そこでLambert, Hendricks and Rossに出会ったことが彼女の人生を決めた。Jon HendricksからAnnie Rossのバックアップを依頼される。1961年のある夜のこと、ビレッジ・バンガードでLH&Rのステージに参加、ここで伝説のオーナーMax Gordonの目に留まり翌月予定のオスカー・ピーターソンの露払いを依頼される。同年、JonがNewport Jazz Festivalの "New Stars" プログラムへの参加をアレンジ、この時のステージがColumbia Recordの耳に入り2枚のレコーディングにつながる。
------------------------------------------------------
1962年にアニー・ロスが脱退しバヴァンが加わっているので、Lambert, Hendricks and Sloaneになっていた可能性もあったということか! ビックリ情報です。 でもCarolはマッチしないように思える!

彼女の初期の録音は次の通りだ。
・ Out Of The Blue(Columbia) 1961
・ Live At 30th Street (Columbia) 1962
・ Carol and Ben(Honeydew) 1964   (1977) カッコ内はレコード・リリース年
・ Subway Tokens(Moonbeam) 1973-1975   (1975)  
1977年~1984年は日本のレーベルから数枚リリース

Columbiaの2枚以降は忘れ去られ、日本のファンが掘り起こしたように思える。

このアルバムは1973年から1975年の間に、ノース・カロライナ州のRaleighという町にあったFrog And NightgownとCafe Deja Vuで採り溜められた録音を自主アルバムとしてリリースした作品、リラックスしてバックのピアノ・トリオとの相性もバッチリ。

どうでもよい話題:
1.タイトルの”SUBWAY TOKENS”は、ライブを行った会場がCamron Village Subwayにあったためで、ニューヨークの地下鉄とは無関係とのことです。
2.日本盤からの買い直し、DUで¥1,000、需要と供給の関係で値段が決まるのは理解するが、それにしてもこの値段は妥当でない。



【今日のぶつぶつ】
100万円当てる確率は、100万分の1とか!
東京ドームは収容人数5万人ほど
20回通うと当たった~~~と叫ぶ奴が一人

地道に働くほうが賢そうだ

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン