Charlie Byrd

cb21_convert_20180603184250.jpgCharlie Byrd Trio ★★★★
Label: Offbeat OJ-3006 LP
Date: September, 1960
Personnel: Charlie Byrd, Guitar-Keter Betts, Bass-Bertell Knox,
Music: Blues For Felix/Gypsy In My Soul/In A Mellotone/Prelude To A Kiss/Travelin’ On/Play Fiddle Play. Side 2: Funky Flamenco/My One And Only/Mama I’ll Be Home Some Day/How Long Has This Been Going On?/Who Cares/Lay The Lily Low.
Tag: string_guitar


Riversideのアルバムに名を遺すチャーリー・バードの素晴らしさは説明の必要ないでしょう。
Offbeatがオリジナルの6枚を整理してみました。
そしてジャケット・デザインを勝手に評価してみました。

"Jazz At The Showboat" Offbeat OJ-3001 /"Byrd's Word"Riverside RLP 448
Bobby Felder(vtb), Kenneth Pasmanick(bassoon), Buck Hill(ts), T. Carson(p), Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b), Bertell Knox(dr) /Charlie Byrd(gu), Ginny Byrd(vo) /Charlie Schneer(p), Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b,cello), Eddie Phyfe(dr)
Washington, DC, 1958
Byrd's Word, Bobby In Bassoonville, Tri-X, What's New, Buck's Hill, Blue Turning, Grey Over You, Don't Explain, Satin Doll, Conversation Piece, Top's Tune, Stompin' At The Savoy
cb16_convert_20180603191035.jpg→→→x1_Byrd_s_Word!_convert_20180603201245.jpg Offbeatの勝ち!

"Byrd In The Wind": Jazz At The Showboat Vol. II ‎Offbeat OJ-3005 /"Byrd In The Wind" Riverside RLP 449
Wallace Mann(fl), Richard White(oboe), Kenneth Pasmanick(bassoon), Buck Hill(ts), Charlie Schneer(p), Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b), Bertell Knox(dr), Ginny Byrd(vo)
Washington, DC, 1959
Swing '59, You'd Be So Nice To Come Home To, Showboat Shuffle, Love Letters, Cross Your Heart, Keter's Dirty Blues, You're A Sweetheart Stars, Fell On Alabama, A Long Way From St. Louis, Wait Till You See Her, Georgia Copacabana
cb17_convert_20180603191218.jpg→→→x2_Byrd_in_the_Wind_convert_20180603201309.jpg Riversideの勝ち

"Jazz At The Showboat Volume 3" Offbeat OJ-3006 /"Mr. Guitar" Riverside RLP 450
Charlie Schneer(p), Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b), Bertell Knox(dr)
Washington, DC, September, 1960
Blues For Felix, Gypsy In My Soul, In A Mellotone, Prelude To A Kiss, Travelin' On, Play Fiddle, Play, Funky Flamenco, My One And Only Love, Mama, I'll Be Home Some Day, How Long Has This Been Going On, Who Cares, Lay The Lily Low
cb21_convert_20180603184250.jpg→→→x3_Mr_Guitar_(album)_convert_20180603201330.jpg Riversideの勝ち

"Charlie's Choice": Jazz At The Showboat, Volume IV Offbeat OJ-3007 /"The Guitar Artistry of Charlie Byrd" Riverside RLP 451
Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b), Buddy Deppenschmidt(dr)
Washington, DC, 1960
Taking A Chance On Love, Moonlight In Vermont, Speak Low, Nuages, Everything I've Got Belongs To You, Makin' Whoopee, Django, Nice Work If You Can Get It, The House Of The Rising Sun, Ring Them Harmonics, Taboo, To Ginny
cb13_convert_20180603191627.jpg→→→x4_The_Guitar_Artistry_of_Charlie_Byrd_convert_20180603201350.jpg Offbeatの圧勝

"At The Village Vanguard" Offbeat OLP 3008 /"at the Village Vanguard" Riverside RLP 452
Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b), Buddy Deppenschmidt(dr)
"Village Vanguard", NYC, January 15, 1961
Just Squeeze Me, Why Was I Born, You Stepped Out Of A Dream, Fantasia On Which Side Are You On
cb1_convert_20180603191113.jpg→→→x5_Charlie_Byrd_at_the_Village_Vanguard_convert_20180603201409.jpgOffbeatの勝ち

"Blues Sonata" Offbeat OLP 3009 /"Blues Sonata" Riverside RLP 453
Barry Harris(p), Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b), Buddy Deppenschmidt(dr)
NYC, October 23, 1961
Alexander's Ragtime Band, Jordu, That Old Devil Called Love, Zing! Went The Strings Of My Heart
Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b), Buddy Deppenschmidt(dr)
NYC, October 24, 1961
The Blues Sonata: Polonaise Pour Pietro, The Blues Sonata: Ballad In B Minor, The Blues Sonata: Scherzo For An Old Shoe
cb37_convert_20180603191706.jpg→→→x6_Blues_Sonata_convert_20180603201434.jpg Offbeatの勝ち(Riversideは手抜きだ)




【今日のぶつぶつ】
西野ジャパンのメンバー発表に対して多くに批判の声があがっている。
tam.raも賛成の声はあげられない。
故障者(あがり)、スタメン外れの選手を沢山選んでいる点、ベテラン・若手の選択がすべてベテランに倒れている点、まったく賛成いない。前監督がなぜ解任されたかを巡って裁判を起こしているが、この選択も説明不能。 
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_guitar

Marian Montgomery

mar_convert_20180527220337.jpgSwings for Winners and Losers ★★★★
Label: Capitol Records ‎– T 1884 LP
Date: Feb. 16-19 1963
Personnel: Marian Montgomery (vl), Dick Hyman (org, p), Sam Taylor (ts), Joe Newman (tp), Kenny Burrell or Chuck Wayne (g), George Duvivier (b), Osie Johnson (ds)
Music: Breezin' Along With The Breeze, Confessin' The Blues, When Sunny Gets Blue, Can't Help It, Wee Baby Blues, My Buddy, Roll 'Em Pete, The Exciting Mister Fitch, 'Deed I Do, Good Morning, Heartache, All By Myself, When Your Lover Has Gone
Tag: vocal_female


ジャケのセンスの無さ!
ミュージシャンの折角の頑張りが打ち消され、これでは買う気が起こらない。
でもtam.raは買った。
オルガンにディック・ハイマン、そしてテナーにサム・テイラーの参加を見付けてしまったから。
結論から言うと正解。

オルガンはジミー・スミスだと言えば誰も疑いを持つ者はいないほどの切れと乗り。
半分ほど弾いているピアノも素晴らしい、こちらはレッド・ガーランド。
そして“ムード・テナー・サックスの帝王”として昭和歌謡の名曲の数々を残したサムもここにはいない。歌伴ではあるが、サム・テイラーのベストとして紹介して間違いない。
サム・テイラーはこちらでも取り上げていますので、興味がありましたら覘いてみて下さい。

最後になりましたがマリアン・モンゴメリーは初買い、小型エラといったところ、もう少し評価されても良い歌手ですね。



【今日のぶつぶつ】
和旅館ベスト5です。

No1:柳生の庄 https://www.yagyu-no-sho.com/
   すべてがパーフェクトだったような、10年ほど前でうる覚えですが。
No.2:時の宿 すみれ https://www.tokinoyado.com/about/
   米沢牛の夕食が最高、周りになにもないのでレンタカーがよいです
No3:鬼怒川 金谷ホテル https://www.kinugawaonsenhotel.com/
   ホテルですが旅館っぽい、もてなしが一流、他の金谷ホテルとは別経営
No4:石苔亭 いしだ http://www.sekitaitei.com/
   南信州、お能が観れるかも、星空ツアーもある
No.5:別邸 仙寿庵 http://www.senjyuan.jp/
   部屋が良かった記憶が!

以上です。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

Pat Bowie

pat_bowie_convert_20180504092156.jpgOut Of Sight! ★★★★
Label: Prestige PR 7385 LP
Date: October 23, 1964
Personnel: Pat Bowie(vo), Seldon Powell(ts,fl), Ray Bryant(p), Kenny Burrell(gu), Milt Hinton(b), Osie Johnson(ds)
Music: Get Out Of Town, Lilac Wine, Don' Cha Go 'Way Mad, Will I Find My Love Today, Joey, Joey, Joey, Moon And Sand, The Music That Makes Me Dance, What Is This Thing Called Love, I'm Afraid The Masquerade Is Over, The Sounds Of The Night, I've Got Your Number
Tag: vocal_female


盤の存在は昔から知っていたが、引いて眺めるだけだった。

パット・マルチーノとか、パット・メセニーとか、ジョン・パットンとか...パットって男?
ジャケに紅葉と写った写真は...日系の女性?

何気なく手に取りメンバーを確認、一気に買いに転じた。
セダン・パウェルが入っているではないか。 それにレイ・ブライアントとケニー・バレルまで加わっている。
これだけのメンバーを揃えたパット・ボーイって何者だ。

彼女の経歴はまったく情報が見つからなかったが、ライナーに書かれた僅かな情報によると、「イリノイ州エバンストンで育ち、ニューヨークに出て高級百貨店サックス・フィフス・アベニューのベビー服部門で働きながら、声楽、ピアノのレッスンを受け、その後Algiersというナイトクラブで歌っているところをPrestigeが見付けた」とあった。

バックは良いに決まっているが、パットの歌に感激!
上手いのだ。 まったく力みがなく自然体、そして重鎮をバックにこの落ち着き、新人とは思えない。

残された録音は本作と"Feelin' Good"(Prestige 7437)があるのみ、事情は分からないがこれだけの実力を考えると歌の世界を止めたとしか考えられない。家族を持って幸せな生活を送っているのかな!




【今日のぶつぶつ】
最近、思考回路がネガティブに振れている。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

Prince Lasha/Sonny Simmons

pl_convert_20180430230256.jpgIt Is Revealed ★★★
Label: Doxy ‎– ACV2038 LP
Date: May 1963
Personnel: Prince Lasha(fl), Sonny Simmons(as), Clifford Jordan(ts), Don Cherry(tp), Fred Lyman(flh), Bill Wood(b), Orville Harrison(b), Charles Moffett(ds)
Music: Lost Generation, The Trane, Prelude To Bird
Tag: woods_flute


「リリース直後何らなの理由で回収され出回ったのは数枚と言われている幻盤の再発、500枚限定」、とあるが、どうも1,000枚限定というもの出ている様子!

オリジナルはUS盤Zounds L71863、といってもブートレグ(海賊盤)のようなものらしく、ジャケなしで市場に流れたようだ。

(Prince Lasha+Sonny Simmons)&(Clifford Jordan+Don Cherry)。
正規の演奏が終わり店を閉じた後に、偶々居合わせた二組のメンバーがジャムったところを録音した???

このような背景で録音された音源が貴重なものと有難がられるのはジャズだけなのかな? 
tam.raもDon Cherryの名前を見付けて買った。
Cherryの代表作でもないが、Cherryらしい音が聴けた。
それで良いのだ!



【今日のぶつぶつ】
正月と5月の連休、今回は9連休。
夏、秋にも1週間休みにすると、日本はもっと活性化すると思うのですが、どうでしょう。
tam.raは混みあうので出掛けませんが!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : woods_flute

Herb Pilhofer

JAZZ ★★★★
Label: ARGO 657 LP
Date: Sep. 8, 9 1959
Personnel: Herb Pilhofer(p), Stuart Anderson(b), Dale Olinger(gu)
Music: Valse Hot, Sweets, More Than You Know, The Duke, My SHip, Trio, Ship Without a Sail, Isn't It Romantic, It Might As Well Be Spring, Godchild
Tag: kb_piano


Argoのレーベル・カラーは黒に近いが、本作はドイツ出身のピアニストHerb Pilhoferのトリオ・アルバムだ。 トリオはトリオでもピアノにベースにギターの変則。 Herb Pilhoferもほとんど知られていないミュージシャンだがギターのDale Olingerはもっと知られていない。 この人に注目。

まったく無名のギタリストだが、これだけ弾けて「何でや」と叫びたくなるほどの名手だ。 その証拠に、インターネットを検索すると、”Forgotten Genius”、そして”RAREGUITAR”というページで紹介されている(人物紹介はない)。

このアルバムのライナーにある5行を紹介しよう。
『ミネアポリス出身の38歳、最初はトランペッターで1940年代後半にはクロード・ソーンヒルのバンド、その後地元に戻りLou Levyを含むローカル・バンドで活動、このトリオでは2年ほど。ギターとピアノを教えている。』 以上

Dale Olingerを聴けるアルバムは唯一これだけのようだ。
どんな演奏かというと、タル・ファーロウのようなしっかりした太い音のギターでよくスウィングする。
勿体なかった!



【今日のぶつぶつ】
今日は7時に起床、朝飯前に1時間ほど草むしり。
昼は少し奮発して、焼き肉、相当に美味かった。

午後は2時間ほどサックスの練習、
才能がなく遅々として進まないが、最近やっとリズムをとれるようになった気がする。
実に、4年近くを要した。
根性で続ける!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

佐藤允彦

sm_convert_20180408174611.jpgパラジウム ★★★★
Label: 東芝 Express EP-80004 LP
Date: 1969
Personnel: 佐藤允彦(p), 荒川康男(b), 富樫雅彦(ds)
Music: オープニング, ミッシェル, ザルツブルグの夜, パラジウム, スクローリン, クロージング
Tag: kb_piano


ほぼ同時代で聴いた 佐藤允彦の初リーダ・アルバム。
鮮烈なイメージが今も耳に残る。

ピアノ、鈴、アルコのベースが一音二音、あっれ...と思わせる2分ほどのオープニング。
2曲目は切れのある無調っぽいピアノから始まり「ミッシェル」のメロディーが、そしてB1の「パラジウム」はスウィング調となる。 最大の聴き所はB2の、強烈にスウィングするアップテンポな「スクローリン」か。
そして、約2分のクロージングで終わる。

50年近く経っての購入、50年、半世紀だ
今改めて聴いて感じること、まったく古くなっていないことに驚く。
これがジャズなんだろうなって、

マイナス・ポイントは2点、「ミッシェル」は不要、すべて佐藤のオリジナルで通して欲しかった。 そして、オープニングとクロージングは余計、初リーダ作で考え過ぎた末のことだろう。

佐藤の参加アルバムでは、Albert Mangelsdorffのリーダ作”Spontaneous”(enja)が好きかな!




【今日のぶつぶつ】
3週間ほど前に蒔いた人参と大根がまったく発芽しなかった。
今日再度挑戦、今回は同じ場所にホウレン草とチンゲン菜を蒔いた。

これだダメなら、

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Moe Koffman

mc_convert_20180325203947.jpgTales of Koffman ★★★★
Label:United Artists 14029 LP
Date: 1962
Personnel: Moe Koffman(as/fl), Norm Amadio(p), Ed Bicker(gu), Bill Britto(b), Ron Rully(dr)
Music: Growing Up, Jeannine, Mein Shtetel Belz, Monks Monastery, Exodus, Jazz Merengue, Georgia On My Mind, House Of Green Lights, Sahara, Tangerine (Bossa Nova)
Tag: brass_alto


モー・コフマンをネット検索すると意外に多く引っ掛かる。
ジャズ・マスターズ・コレクション1200というシリーズの1枚「The "Shepherd" Swings Again」が目を引いた。 Jubileeから1958年にリリースされたアルバム、内容は良いのにプアーなジャケのためか人気はまったく無い。 それにしてもこのようなアルバムがCDで再発されるとは、日本以外では成し得ない快挙といえるでしょう。

Moe Koffman(1928-2001)はカナダトロント生まれのサックス&フルート奏者、日本ではファンクっぽいアレンジのヴィヴァルディ『四季』が一番有名かもしれない。 元々バップを源流とする人でローランド・カークに影響を受けたとか。 お手本のような感じの演奏、目立つことはやっていないが相当に上手い。

ところで本アルバムでは、フルート、アルトをほぼ半々で吹いているが個人的にはアルトが好きだ。 中でも自作曲”Sahara”が一押し、何で人気が出なかったのか不思議なほど素晴らしい。 そしてバックのカルテットの力演が見逃せない。 ギターのEd Bickerは当時から一流だったことが良く分かる。



【今日のぶつぶつ】
上野広小路に出掛けた。
帰りにJR御徒町を利用したが、アメヤ横丁が中国人だらけだったのにはビックリした。
もっとビックリしたのが二木の菓子、初代林家三平師匠『ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、二木の菓子!』を思い出した。
まだ健在だったとは、、、

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Jack Elton

JE_convert_20180318214113.jpgAn Evening at DINO'S Lodge ★★★★
Label: Ultimate Records URM-61 LP
Date: 1961
Personnel: Jack Elton(p), Steve La Fever(b)
Music: Tonight, You're My Girl, I'm Beggining To See The Light, One Finger Melody, Stella By Starlight, Lullaby Of The Leaves, Chaser
Tag: kb_piano


ジャック・エルトン、初耳のピアニストですが悪くない、いや良いです。

一歩間違えると「あんた何言いたいの」っていう感じになりがちなスタイルだが、この人はジャズを聴かせている。
”Tonight”での幕開け、選曲からしてちょっと心配だったが数小節聴いてその心配は払拭された。
黒人っぽいジャズとは異質なアメリカを感じさせる上質なピアノだ。ジャズは時代やスタイルで様々なジャンル分けして語られているが、この人を括るジャンルはない。 雰囲気は全く異なるが、キング・フレミング、エリス・ラーキンなどを括って、「ラウンジ・ジャズ」と名付けたらどうでしょう。(この名のジャンル、すでにある?) 

ジャックとスティーブの二人は、ディーン・マーチンに認められ50年代から10年ほど「Dino's Lodge」の専属ミュージシャンとして出演していたようだ。 
この店についてちょっと調べてみました。

無題
1958年の夏、ディーン・マーティンと彼のビジネス・パートナー、モーリー・サミューズが旧レストランを購入し、すぐにDino's Lodgeと改名した。 そしてディーン・マーティンの面長な顔を特徴とする巨大なネオンサインを配置し、ハリウッドの最も奇妙なスポットになった。LAで流されていた人気番組”77 Sunset Strip”(TV Series (1958–1964)) のオープニングがこのDino's Lodgeの前で撮影されたことで有名となった。


60年代のアメリカ、タイムスリップして聴きたいな...



【今日のぶつぶつ】
「財務省による森友学園決裁文書改ざん」は大問題だが、「文部省による前川氏の中学校講演録請求」は怖さを覚える。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Johnny Smith

johnny-smith_convert_20180310205954.jpgPlays Jimmy Van Heusen ★★★★
Label: Roost lp2201 LP
Date: Sep. 25 1955
Personnel: Johnny Smith(gu), Bob Pancoast(p), George Roumanis(b), Jerry Segal(dr)
Music: But Beautiful, Swingin On A Star, I Could Have Told You, It Could Happen To You, Oh You Crazy Moon, I Thought About You, Deep In A Dream, So Help Me, Nancy, Polka Dots And Moon Beams, Darn That Dream, Imagination
Tag: string_guitar


この人ほど端正で優美なジャズ・ギタリストはいない。
ベスト・アルバムは何と言ってもゲッツが参加した「バーモントの月」でしょう。
美しさで比較すれば数多あるジャズ・アルバムの中でも随一です。
そうだ、リーダ作でなければ”Sings for Johnny Smith”Beverley Kennyですかね。 Roost繋がりでビバリーをバックアップした彼女の1stアルバム、「自分のために歌ってくれた」タイトルは嬉しくて泣けますね。 永遠に輝く作品です。
本作は、このビバリーのアルバムと同じ1955年に録音されたもので、それなりのハイレベルの作品として仕上がっています。

Roostにこんなに多くの作品を残しています。
無題 1
http://www.johnnysmith.org/roostalbums.html より

Verveに移ってからの、”Johnny Smith”、” Kaleidoscope”の2枚もお勧めです。



【今日のぶつぶつ】
確定申告3月15日、諦めた!
源泉徴収票が.....................ないないないないのです

医療控除も一覧表を作らないダメになった。

あまりの面倒くささに カカ様と久し振りに口喧嘩した。

口きいていない、明日は朝からサックス練習漬けにしよう。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_guitar

Horace Tapscott

horace-tapscott_convert_20180224230326.jpgAutumn Colors ★★★★
Label: Bopland ‎– K26P 6311 LP
Date: March 3, 1980
Personnel: Horace Tapscott(p), David Bryant(b), Arnette Brown Jr(dr)
Music: Blues For Dee Dee II, Dee Bee´s Dance, Autumn Colors, J.O.B
Tag: kb_piano


ホレス・タプスコット、ジャズを聴く人でも10年以上の蓄積がなければ耳に留まらないミュージシャンだ。まさに「二流ジャズの愉しみ」で取り上げなければならない幻のバップ・ピアニストと言ってよいでしょう。
※注:二流の定義は本ブログの趣旨を参照下さい。

タプスコットは70年代に活躍したアーサー・ブライスやエイゾー・ロレンスの指導者的立場にあったようだが、リーダ・アルバムは”Giant Is Awakened”(Flying Dutchman)だけだったという寡黙なピアニスト。 

1980年になり発掘(この言葉がピッタリ)したのは妙中さん、前年に主催レーベルInterplay recordsから”In New York”というアルバムをリリースしているので発掘後2枚目となる。

このレコード、タプスコットは相当に力の入った演奏を見せており、このような録音を残せたことは本人満足だろうし、プロデュースした妙中さんも目的達成と思ったに違いない。

ところで本アルバム、何枚売れたのだろう?想像するに全世界で300枚?
それにしても良く手に入ったものだ!



【今日のぶつぶつ】
今日、男爵ジャガイモ植えた。
種芋300円x2、それに高級肥料1,500円、
これに1時間の労働で東京都最低賃金の958円

これだけのコストに見合う収穫が望めるだろうか。
6月愉しみ。

3月3日はサックスの発表会、
ピアノ・トリオの方とのリハーサルも終わった。
”Star Eyes”、楽しみ!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン