Billy Taylor

introducing Ira Sullivan ★★★★
Label: ABC-Paramount ABC-162 LP
Date: Nov. 1956
Personnel: Billy Taylor (p), Ira Sullivan (tp,ts,as), Earl May (b), Ed Thigpen (dr)
Music: So in Love, Imagination, Strolling, They Can't Take That Away From Me, Leslie's Gauge, In a Mellow Tone, You Don't Know What Love Is
Tag: kb_piano


ビリー・テイラーのリーダ・アルバムだが、アイラ・サリバンに焦点を当てよう。
トランペット奏者として紹介されているが、A面、B面それぞれ1曲づつサックスを披露している。
個人的にはトランペットが最高かな、すごくブリリアントだし、影もある。
いずれの楽器とも甲乙付け難いほど見事、でもそこに落とし穴が! 器用過ぎることが玉に傷!
聴く側の焦点がボケて損をしている。 ペット一本でやっていれば大成したに違いない。

正確なディスコグラフィが見つからなかったので誤っている可能性もあるが、裏面のライナー(アイラが書いている)は次のように書いている。
『1955年6月のレッド・ロドニーのアルバム(Fantasy LP 3208”Red Rodny Quintet"ペットとテナーで参加)が最初で、次に1956年6月のジャズ・メッセンジャーズへの参加(1982年になってColumbia FC 38036”Originally”というタイトルでリリ-ス、テナーで2曲に参加)』
このアルバムはIntroducingとなっているが初ではないらしい。

ビリー・テイラーは控えめですが、まとまりのある良いアルバムです。
ABCは人気が無いようで、安かった。



【今日のぶつぶつ】
カチッカツカチ、カチカチッ、カチ...毎秒3回ほどのテンポの金属音が、
人込みの中から次第に近付く、

何とバアさんが、金属製の杖をプラットフォームに刺し刺し歩いて来る、危うく刺されるとことでした。

あれは、武器だ
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Carol Sloane

carol_convert_20170319225659.jpgSUBWAY TOKENS ★★★★
Label: Moonbeam LP
Date: 1973-1975
Personnel: Carol Sloane(vo), Paul Montgomery(p), Rick Eckberg(b), Peter Ingram(dr)
Music: If They Asked Me I Could Write a Book, I Guess I'm Just a Lucky So and So, What a Little Moonlight Can Do, A Cottage for Sale Twisted, I Cried For You, When My Suger Walks Down the Street, I Didn't Know About You, Thou Swell, I've Got You Under My Skin
Tag: female_vocal


キャロル・スローン、HPからBioを調べた。
------------------------------------------------------
1937年生まれ、10代から唄い始め1960年にピッツバーグのジャズ・フェスティバルで唄うチャンス得て、そこでLambert, Hendricks and Rossに出会ったことが彼女の人生を決めた。Jon HendricksからAnnie Rossのバックアップを依頼される。1961年のある夜のこと、ビレッジ・バンガードでLH&Rのステージに参加、ここで伝説のオーナーMax Gordonの目に留まり翌月予定のオスカー・ピーターソンの露払いを依頼される。同年、JonがNewport Jazz Festivalの "New Stars" プログラムへの参加をアレンジ、この時のステージがColumbia Recordの耳に入り2枚のレコーディングにつながる。
------------------------------------------------------
1962年にアニー・ロスが脱退しバヴァンが加わっているので、Lambert, Hendricks and Sloaneになっていた可能性もあったということか! ビックリ情報です。 でもCarolはマッチしないように思える!

彼女の初期の録音は次の通りだ。
・ Out Of The Blue(Columbia) 1961
・ Live At 30th Street (Columbia) 1962
・ Carol and Ben(Honeydew) 1964   (1977) カッコ内はレコード・リリース年
・ Subway Tokens(Moonbeam) 1973-1975   (1975)  
1977年~1984年は日本のレーベルから数枚リリース

Columbiaの2枚以降は忘れ去られ、日本のファンが掘り起こしたように思える。

このアルバムは1973年から1975年の間に、ノース・カロライナ州のRaleighという町にあったFrog And NightgownとCafe Deja Vuで採り溜められた録音を自主アルバムとしてリリースした作品、リラックスしてバックのピアノ・トリオとの相性もバッチリ。

どうでもよい話題:
1.タイトルの”SUBWAY TOKENS”は、ライブを行った会場がCamron Village Subwayにあったためで、ニューヨークの地下鉄とは無関係とのことです。
2.日本盤からの買い直し、DUで¥1,000、需要と供給の関係で値段が決まるのは理解するが、それにしてもこの値段は妥当でない。



【今日のぶつぶつ】
100万円当てる確率は、100万分の1とか!
東京ドームは収容人数5万人ほど
20回通うと当たった~~~と叫ぶ奴が一人

地道に働くほうが賢そうだ

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

Diahann Carroll

caroll_convert_20170312210755.jpgDiahann Carroll the Andre Previn Trio
★★★★

Label: United Artists UAL 3069 LP
Date: 1960
Personnel: Diahann Carroll(vo), Andre Previn(p), Red Mitchell(b), Frank Capp(dr)
Music: The Party's Over, Spring Is Here, But Not For Me, Glad To Be Unhappy, Change Of Heart, It's Alright With Me, I Should Care, Nobody's Heart, Why Can't You Behave, Where Are You, In Love In Vain, Gingerbread Joy
Tag: vocal_female


ボーカルは久ぶりだ。

バービー人形に例えられたこともあるダイアン・キャロル、このことからも単なる美人でなく理想の女性像がそこにはあったのでしょう。 でもジャズ・ファンにとってこれが災いの元となっていて、長い芸歴にも関わらずリーダ・アルバムは10枚程度に止まっているのだ。女優業に軸足が置かれ、シンガーとしての活動は徐々に減ってしまったようだ。

ダイアン・キャロルは初購入、どこかで聴いていいな~ってずっと頭の片隅にあった。記憶は正しかった。 音程の確かさ、派手さはなく初々しさを感じる清純派、実力は折り紙付きの本格派といってよい。

本作も期待通り、アンドレ・プレビンにContemporary盤とは一味違った優しさが、これもダイアンの魅力に引きずられたためか。 上々の1枚でした。



【今日のぶつぶつ】
エアープラントを飾る箱 ¥100
音楽教材の本を置くエンド \100
合わせて税込み216円、これは脅威の値段だ。

あと、デンマーク産のほうれん草の種を蒔く。
連休前に収穫予定。

あと、目が出たジャガイモ10個ほどを定植。
こちらは5月収穫予定。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

John Coltrane

coltrane_convert_20170219214430.jpgBahia ★★★
Label: Prestige PR 7353 LP
Date, Personnel, and Music: see below
Tag: brass_tenor


「二流ジャズ」で取り上げてはならないミュージシャンの登場です。
何故取り上げたかって? ブログに書く気になる物に出会わない昨今、そしてコルトレーンを久しぶりに聴きたくなったから。最近では年に1度聴くか聴かないか、そんな感じ。

Prestige時代をまだ二流だとおっしゃる方もいるが、一番ジャズっぽいしコルトレーンは気に入っている。 この時代のレコーディングについては、プレスティッジのジョン・コルトレーンを整理するに纏められているので参考になります。

Prestigeからのまともなリリースは以下の3枚のみ、
PRLP 7105 Coltrane
PRLP 7123  With The Red Garland Trio
PRLP 7142  Soultrane

以降のアルバムはコルトレーンが契約を満了してからリリースされた寄せ集め盤
この1枚も、2つのセッションの合作
PR 7353   John Coltrane - Bahia

1958年12月26日
Bahia, Goldsboro Express, Something I Dreamed Last Night
John Coltrane (ts), Freddie Hubbard (tp), Red Garland (p), Paul Chambers (b), Art Taylor (dr)

1958年7月11日
My Ideal, I'm a Dreamer (Aren't We All)
John Coltrane (ts), Wilber Harden (tp, fl-h), Red Garland (p), Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (dr)

バラードのコルトレーンはこの時代から聴ける。
そして、ポール・チェンバースのソロが2度。
聴き所はそんな所か。



【今日のぶつぶつ】
今日は楽しかった!
最近そんな日がいつあった...

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

Interface

This Time ★★★★
Label: ReEntry RE002 LP
Date: Jul. 1978
Personnel: Mark Whitecage (as,cl) John Fischer (p) Rick Kilburn (b) Phillip Wilson (dr)
Music: Free Blues #2, State of the A, 110th Street, Stops and Starts #1, 476, Foggy, Patates Frites
Tag: kb_piano


ジャズに親近感を持ち聴いている人は少ない。 その少ない人の中でLP媒体に録音されたジャズを聴く人は更に少ない。 そんな中でフリー・ジャズを聴く人はほんの一握り... ジョン・フィッシャーはフリー・ジャズの中でもマイナーな存在だから日本で数人かしか知らない存在。 ここで紹介しなければ埋もれてしまう。(INTERface ここでも紹介していますが)

John Fischerは本当に素晴らしいフリー・ジャズ・ピアニスト、1930年ベルギーで生まれ、惜しくも去年8月に86歳で亡くなった。自ら主宰するReEntry RecordにArthur Blythe、Lester Bowie、Marion Brown等の共演録音を残している。コンピュータを使った芸術の開拓者として知られているようだ。

少ない録音の中から、フィッシャーがリードしたグループ”INTERface”のDiscographyを以下に紹介する。John Fischer、Perry Robinson、Mark Whitecageの3人がコア・メンバーで発足し、ロビンソンが抜けた後、Charles TylerやMarion Brown がゲストで加わっている。

* Poum! : John Fischer/Interface. (Composers Collective CC721) 1974
Perry Robinson (cl), Mark Whitecage (fl,as,ts,vo), John Fischer (p,vo), Mario Pavone (b), Laurence Cook (dr)

* Interface. (Composers Collective CC722) 1975
Perry Robinson (cl), Mark Whitecage (as), John Fischer (p,vo), Rick Kilburn, John Shea (b), Armen Halburian, Laurence Cook (perc), Jay Clayton (vc)

* Interface Live At Environ. (ReEntry RE001) 1977
Perry Robinson (cl), Mark Whitecage (as), Charles Tyler (bs), John Fischer (p), Rick Kilburn (b), Phillip Wilson (dr)

* This Time.(ReEntry RE002) 1978
Mark Whitecage (as,cl), John Fischer (p), Rick Kilburn (b), Phillip Wilson (dr)

* Glimpses.(ReEntry RE003) 1978-79
Mark Whitecage, Marion Brown (as), John Fischer (p-vc), Rick Kilburn (b), Bobby Meyer, Tom Whaley, Phillip Wilson (dr)

* Another Interface.(ReEntry CD 017) 1996
Arthur Blythe (sa), John Fischer (p), Wilbur Morris (b)




【今日のぶつぶつ】
先週土曜日には母がインフルエンザで入院、日曜日はSaxの発表会、そして水曜日には我がインフルエンザに罹患し発熱、今日になりやっと元気を取り戻した。

ドタドタの一週間でした。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Johnny Griffin

JOHNNY-GRIFFIN_convert_20170128211843.jpgRevisited ★★★
Label: Phillips RJ-7405 LP
Date: Apr. 23 1976
Personnel: Johnny Griffin(ts), Horace Parlan(p), Mads Vinding(b), Art Taylor(dr)
Music: The Man I Love, Soft & Furry
Tag: bass_tenor


40年前のこの日、tam.raは芝:郵便貯金ホールにいた。 まだピカピカの好青年だった!なか
 
ジョニー・グリフィン + ホレス・パーラン トリオ

この時が初来日だったようだが、満員にはなっていなかった気がする。

PA装置による可能性もあるが、グリフィンのテナーの音は小さく楽しめなかった記憶がある。
右手が不自由だったパーランのソロは今でも頭に残っている。
アート・テイラーは上手いドラマーだとは思うが...

でもこうしてレコードで聴いてみると力演、中々良いじゃん
BN東京サイズの会場で聴いていたら、40年前は1,000人以上入る会場が常だった。

このレコードは、”Live In Toyko”の続きで、その1年後に出された長尺の2曲のみの残り盤だが今となっては珍しい1枚。



【今日のぶつぶつ】
昨日は発表会のリハーサル、楽器店の先生方のトリオをバックに約10分、疲れた、喉カラカラ。
今回はそれほどの緊張もなく最後まで何とか辿り着いた。

本番のも無事通せるよう、おいのり、神頼みだ!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

VSOP

VSOP_convert_20170122210531.jpgVSOP ★★★★
Label: Columbia 34688 LP
Date: June 29, 1976
Tag: kb_piano


こんなアルバム買っちゃいました。

アルバムタイトルに”VSOP”と名付けられているが、ニューポート・ジャズ・フェスティバルで”Retrospective of The Music of Herbie Hancock”と題されたハンコックの3つのユニットのライブを収録したものだ。

順を追って紹介しよう。
SIDE-A&B V.S.O.P.
Music: Piano Introduction, Maiden Voyage, Nefertiti, Introduction Of Players/Eye Of The Hurricane
Personnel: Freddie Hubbard (tp), Wayne Shorter (ss,ts), Herbie Hancock (p), Ron Carter (b), Tony Williams (dr)
VSOPは”Very Special One time Performance”の頭文字で1回だけのはずが、既に取り壊され伝説となった「田園コロシアム」で1977年7月23日に観た。(チケット掲載) この時の録音は”テンペスト・イン・ザ・コロシアム”(CBS)として残されている。
A面は何かマンネリ化したような演奏で面白くないが、B面はアナウンサーによる一人ひとりの紹介で演奏が始まり、これは相当いい。 

SIDE-C Mwandishi
Music: Toys, Imtroductions, You'll Know When You Get There
Personnel: Eddie Henderson (tp,flh), Bennie Maupin (as fl), Julian Priester (tb), Herbie Hancock (p,ep), Buster Williams (b), Billy Hart (dr)
VSOPよりメンバーの知名度は落ちるが、それでもリーダを張っているような人達を集めたグループ、この時代のハンコックの音楽とは少し違っていて中途半端な感じを免れない。

SIDE-D Headhunters
Music: Hang Up Your Hang Ups, Spider
Personnel: Bennie Maupin (ss,ts), Herbie Hancock (p,ep,syn), Wah Wah Watson (g,vo bag), Ray Parker, Jr. (gu), Paul Jackson (e-b), James Levi (dr), Kenneth Nash (per)
完全にフュージョン突入、これが中々良いではないか!
散々拒否反応を示していたtam.ra、この心の変わり様は何と説明したらよいのだろうか。40年も経って...バカと言われても仕方ないが、本当にそう思う。
フュージョンアルバムは全く所有していない。
買うか・買わないか、困った!



【今日のぶつぶつ】
冷蔵庫の残り物だけでチャーハンらせれば天下一品。
誰にも負けないとは断言できないが相当に自身はある。
作り方は、その時次第で適当、だから味はマチマチ、でも美味い。

野菜作りも適当、年によって収穫量は大きく違う。

しっかり学ぶことが嫌いでやって来なかった。

この歳になって変えられるか?
感覚だけでは音楽は上達しない。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Flip Phillips

plip_convert_20170115203833.jpgA Melody From The Sky ★★★
Label: Bob Thiele Music ‎– BBM1-1032 LP
Date: 1944-1945
Personnel: Flip Phillips(ts), Sam Marowitz(as), Sam Rubinwitch(bs), Chubby Jackson(b), Aaron Sachs(cl), Bill Shine(cl), Dave Tough(dr), Shelly Manne(dr), Billy Bauer(gu), Ralph Burns(p), Tony Aless(p), Mickey Folus(ts), Pete Mondello(ts), Bill Harris (tb), Neal Hefti (tp), Marjorie Hyams(vib)
Music: A Melody From The Sky, Stompin' At The Savoy, Sweet And Lovely, Swingin' For Popsie, Bob's Belief, Why Shouldn't I?, Lover Come Back To Me, Papilloma, Skyscraper, 1-2-3-4 Jump, More Than You Know, Without Woody
Tag: brass_tenor


久しぶりに新宿DUジャズ館へ行った。
余りにも久しぶりだったので、入り口を見失ったが無事入館。
会社帰りのオヤジ、いやジジイばかり、同族にも関わらす違和感を抱いたのは何故か?

お宝盤がざくざく、見向きもせずUS直輸入のカス箱を漁る。流石に安い。
でもtam.raにはお宝、本盤を含め3枚をゲット。

フリップ・フィリップス(1915-2001)、1940年代の録音をFlying Dutchmanのボブ・シールがBob Thiele Musicから1975年にリリースしたものだ。 オリジナル78回転、パチパチも少なく見事な録音に聴き惚れる。

凄く昔の人なのですが、MY名盤”Live at the Beowulf”(crendel)でtam.raの圏内に入ってきた人だ。
ゆったりとした河の流れのようなテナーは今風ではない。
ゆとりある音がザラついた心のバリをそぎ落としてくれそう。

こういう音楽、聴く人は少ないかもしれないが、劣化することなくいつまでの聴き継がれるのでしょうね。



【今日のぶつぶつ】
ロボット、AI、生命科学、この10年ほどの進歩は劇的なものがあるように感じる。
止めようがない。

危険だ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Buddy Rich

buddrich_convert_20161204201425.jpg”THE BULL” ★★★★
Label: CHIAROSCURO CR2024 LP
Date: 1980
Personnel: Buddy Rich(dr)、Kenny Barron(key)、Jack Wilkins(gu)、Anthony Jackson(b)、Sal Nistico(ts)、Sonny Fortune(as,fl)
Music: Sierra Lonely, Bill's Bounce, Chameleon, Howie's Tune, The Bull, Second Avenue Blue
Tag: perc_drums


2009年11月16日(月)に購入し、旧HPで取り上げていた。
すっかり忘れて再購入、一覧リストからも消えているので売り払ってしまったのだろうか。

その時の記事がこれだ。
-------------------------------------------------------------
星2.5
メンバーの面白さで購入した。 Buddy Rich(dr)、Kenny Barron(key)、Jack Wilkins(gu)、Anthony Jackson(b)、Sal Nistico(ts)、Sonny Fortune(as,fl)というちょっと変な組合せだ。 聴いた結果やっぱり変だった。 バディ・リッチに電気は似合わない。 アンソニー・ジャクソンのエレキベースがダメだ。 Herbie Hancockの一曲だけ取り出せば、それはそれで良いのだが、全体を通すと折角の豪華メンバーが残念な結果に終わっている。 1980年という時代がそうさせたのだ。 
-------------------------------------------------------------
今回の評価、星3.5
Jack Wilkinsのギターがいつになくスウィングしているし、Sonny Fortuneも。
上原ひろみのベースを務めていたAnthony Jacksonがブンブン飛ばしているし、Kenny Barronはマイルスバンドのような乗り。
最後は9分50秒という長尺のブルース曲、Sal Nistico、出番ですね!
Buddy Richと聞くと出しゃばったドラミングを想像するが、ここでは調和を追求しその心配はありません。
-------------------------------------------------------------

この1ポイントの差はどこらら来るのだろうか?
7年という歳月による好みの変化か、その日の調子や気分の問題か?

人の、いやtam.raの評価なんて当てにならないものなのです!



【今日のぶつぶつ】
大きく違っていると比較の対象からも外れる。
少しだけ違うとその差が気になり、こっちの方が良いとか悪いとか比較・批判の対象となる。
差は差であって、上下でも優劣でもないものが多くある。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : perc_drums

椿田薫

tsubakida_convert_20161127194550.gifMake It So ★★★
Label: Newburry Street NSM-J-1006 CD
Date: Mar. 9-10 2004
Personnel: 椿田薫(as), 宮本やすし(tp), 後藤浩二(p), 日景修(b), 佃政彦(dr)
Music: Shooting Stars, Make It So, Cradle-Song, Leaping Over The Ditch, In The Wee Small Hours Of The Morning, The Sunshine Of May, Eleanor Mayhe
Tag: brass_alto


椿田薫氏のHPより
1964年生まれ、鳥取県岩美町出身。
高校時代、ブラスバンドでサックスを始める。
日本福祉大学ジャズ研究会にて小濱安浩氏や原朋直氏らと出会う。
森田利久氏にジャズ理論とアンサンブルを学び、20歳の時、森田利久5でデビュー。太田邦夫6、をはじめ数々のバンドで活動する一方、辛島文雄氏、池田芳夫氏、俵山昌之氏、大坂昌彦氏、山田譲氏らと共演し多大な影響をうける。
大森明氏、雲井雅人氏に師事。
1992年渡米。池田篤氏や井上陽介氏らと数々のジャムセッションに参加し本格派ジャズメンのスピリットを学ぶ。 2001年、C.U.G.ジャズオーケストラの一員としてシアトル、イヤーショットジャズフェスティバルに出演し喝采を浴びる。

名古屋を中心に活躍しているローカル・ミュージシャンだ。
椿田さんのサックスは、リリカル、日本語で抒情的、感情を内に秘め美しさを追求したスタイル、有名なジャズ・ミュージシャンに例えると、...思い当りません。 サブトーンなどジャズ特有の奏法も使っていますが本質はクラッシクに近いのかもしれません。

本アルバム、アルトとトランペットの双頭コンボっぽい感じで控えめの椿田さんの性格を表している。 8曲中5曲が本人の作品、リラックスを求めて聴く音楽として最適ではないでしょうか。

余談ですが、tam.raの先生は音楽大学で師事していたクラッシクの先生に「あんたの音は汚い」と言われショックを受けたそうです。 今はジャズも教えており、この先生クラッシク教えられるのかなと思うような音を出します。 クラッシックをしっかり習った人にジャズを教えるのは大変だとも言っていました。 楽譜通りでなくても怒られません!



【今日のぶつぶつ】
一時減っていた嫌がらせメールが増加、日に20通ほどに上っている。
当然完全無視、暇になったら傾向分析してみようと思っている。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン