積まれたままのCD

買うペースに聴くペースが間に合わない。
正月明けまでに全て聴けるか?

実はこれが全てではない。
そうだ、LPもある!

どうしよう!、こうしよう、そうしよう?、困った&%$#=~+‘*
>>>聴いたやつからコメント加えます<<<

Lost Tribe(Windham Hill)
リーダは立っていないようだ
Adam RogersとかDavid Binnyとか
内容不明

xx19.pngMysteric Fuga Orchestra Zohar(TZADIK)
ジョン・ゾーンのレーベル、早く聴きたいな、これ

xx18.jpgTrombone Shorty
BackTown(Verve)
ユニクロのコマーシャルでカッコいいトロンボーンを聴いて買った

xx17.jpgArt Pepper
Live at the Showcase 1977
メンバーが? 
Willie Pickens(p)、Steve Rodby(b)、Wilbur Campbell(dr)、
演奏が興味深い

xx15.jpgArchie Shepp
Deja Vu(Venus)
レーベルの方針(ジャケの作り)が気に入らず買わずに来た一枚、
さて内容は?

xx14.jpgAnn Burton
1980On the Sentimantal Side(Fab)
fabレーベルが出し9手くれた2枚が揃った、
アン・バートンに駄作はない

xx12.jpgPeter Hertmans&Jeroen Van Herzeele
Duo for Joe(IGLOO)
ジョーヘン4曲とマッコイ3曲、ジョー・ヘンダーソンに捧げれてたアルバムのようだ
ジャケットも素晴しいし期待が持てる

xx10.jpgMerc Ducret
tower vol.1(ayler records)
言わずと知れたマーク・デュクレ
ティム・バーンと一緒の2010年リリース・アルバム


xx9.jpgMerc Ducret
tower vol.2(ayler records)
こっちはトランペットとトロンボーンをフロントに据えたアルバム
このシリーズ、Vol.4まである

xx1.jpgSebastien Jarrousse&Oliver Boge
tribulation(Aphrodite)
内容不明

xx2.pngRalph Rosen
No Secret(TWorks)
ドラマーのリーダ作
オルガン、サックス、トランペットが参加する変則カルテット

xx3.jpgVictor Lewis
Three Way Conversations(RED)
かなり好きなドラマーであるビクター・ルイス
Seamus Blake(ts)、 Steve Wilson(as, ss)、 Terell Stafford(tp,flh)、 Ed Howard(b)と強力メンバー
ビクターのリーダ・シップが期待される.


xx4.jpgOctober Meeting 87 1(Bimhuis Records)
この”2”を確か今年買ったはずだが...
何処行った

xx5.pngElvin Jones
LIVE AT PIT INN(Polydor)
1985年のライブ
場所は新宿ピット・イン
ピアニストに辛島文雄が参加している


xx6.jpgJames Emery
Turbulence(Knittyng Factory)
レーベルそしてMarty Ehrlichで購入決定
リーダのギタリストJames Emery → Emily Remler、連想ゲーム
Emily Remler


xx7.jpgJD Allen
VICTORY!(Sunnyside)
期待のJDだが、なかなか吹っ切れたアルバムに出会えない
この盤は如何に


xx8.jpgCameron Brown
Here and How!(Omni Tone)
一時期 George Adams & Don Pullenとやっていたベーシスト、Sheppのグループにもいた
このアルバムでは、Sheila Jordan(vo)、Dave Ballou(tp)、Leon Parker(dr)、そしてゲストにDewey Redman(as)が加わったメンバー構成
レーベルOmni Toneは全てGoooooDです


xx8.pngcameron brown
BOSCO(eFmic Records)
Song Of The Forest Boogaraboo とペアーの1枚が手に入った
シェップに加えて、アーサー・ブライスの参加が注目される



買うペースは来年も落ちそうにない
頑張って聴くペースを上げよう、来年は!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

ダブリ盤

先日、”3 In Jazz”(RCA)を購入した。
この盤はダブり承知での購入、ジャケよれよれ盤の買換えだ。
承知買いは許される。

承知せずに買うことも最近時々ある。 パターンには2つかある。

パターン1;
まったく同じジャケットの盤を忘れ買ってしまう場合だ。
「コレクション枚数が多く仕方ないよね!」とか自分に慰めの言葉をかける。 が、知ったときにはガックリするものだ。

最近これに近い失敗をしてしまった。
以下の2枚のジャケ写真を見て欲しい。 同じだ。
lennybreau4_convert_20150711205251.jpglennybreau1_convert_20150711210204.jpg

左(既に持っていた盤): Lenny Breau Direct-Disk Labs – D D-112
右(今回買ってしまった盤): Lenny Breau Trio ADELPHI Records AD 5018

Direct-Disk盤は頭にあったのだが、ADELPHIは持っていないとの確信が...


パターン2;
一番多いのはジャケ違い買い、オリジナルと同じデザインでリリースする場合がほとんどだが、昔の盤を新デザインで再発売することも時々ある。 これを知らずに買ってしまうのだ。
ジャケ違いで再発盤の方が人気ある盤を紹介しておこう。 これはオリジナルと再発の両方を持っている価値がある。 いずれも左側がオリジナル盤だ。

Billy Taylor - My Fair Lady Loves Jazz(ABC/Impulse)
2ndの方がマイ・フェア・レディを良く表していると思う。
BillyTaylor_20150711223900a93.jpgBilly_Taylor_convert_20150711223745.jpg

Chris Woods / Georges Arvanitas Trio - Chris meets Paris(Futura/Musica)
歩いて向かうクリスより、パリの遠景の方がイメージし易い。
criswoods2_convert_20150711223258.jpgcriswoods_convert_20150711223607.jpg

George Russell - The Jazz Workshop(RCA)
これ、2ndが良いと誰も言ってないと思うが、顔上半分のデザインは秀逸だと思うのだが...
georgerussell_convert_20150711223024.jpgGeorge-Russell_convert_20150711222940.jpg

どうでもいい話題でした。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Selmer Reference マイサックス

K先生の楽器店が主催する楽器フェスタに行ってきました。
目的は、
1.先生が出演するサックスアンサンブルを聴くこと
2.楽器が沢山揃えられているので吹き比べること
だ。

サックスアンサンブルはソプラノ3、アルト4、テナー4、バリトン1の12人編成による演奏、迫力満点。 
私のK先生は1stテナー、ソロスペースは少なかったがトップレベル、嬉しい。

1時間ほどの演奏会もあっという間に終わり早速サックス吹き比べ。

K先生:「tam.raさんが言っていたYamaha 82Zをまず試してみますか」
tam.ra:「同じYamahaでも今持っているYAS-480に比べると吹きやすいです、気に入りました」

K先生:「これ私のお勧めです、予算オーバーしてますけど」
tam.ra:「ガガガガッ&$#@*}=、これナンなん何ですか?」
K先生:「Selmer Referenceです」

tam.ra:「これがSelmerですか、品格というか威厳というか、圧倒されます」
tam.ra:「Selmerの他のモデルも試させて下さい」
K先生:「シリーズⅡ、シリーズⅢです」
tam.ra:「シリーズⅢは気に入りましたけど、シリーズⅡはちょっと...」
K先生:「tam.raさんにはReferenceかシリーズⅢが合っていると思いますよ」

K先生:「折角の機会なので一番高い126万円、Selmer Mark6ビンテージです」
tam.ra:「キーが柔らかい以外Referenceとどっこいどっこいかな!」

tam.ra:「Yanagisawaも試させてもらえますか」
K先生:「はい」
tam.ra:「ちょっと音が硬い感じがします」

tam.raの勝ってな評価(単なる好みで参考にはならないです)
1.Selmer Reference 5.0
2.Selmer Mark6 Vintage 4.5
3.Yamaha YAS-82Z 4.0
4.Selmer SeriesⅢ 4.0
5.Selmer SeriesⅡ 3.5
6.Yanagisawa A-WO20 3.0

Selmer Referenceに衝撃を受けたtam.ra、予算遥かにオーバーするもカカ様の許しを得て「購入」決定。
カカ様...有難と~う、嬉しいーーー

この楽器の印象、まず音が色っぽい、艶があるのだ。
そして吹奏感は息の通りがスムーズで、低音から高音まで安定して出せる。 上手くなったような気分だ。
Selmerは使い込むと育つと聞く、今でも十分に育っていると思うのだが、これ以上育ったらと思うと末恐ろしい。
演奏者も負けず育たなければ!

以下、My Selmerです。








DSC_0010.jpg

へべれけ日記の平さん曰く、
『選んだのが良い楽器であればあるほど自分を追い込む・追い立てる作用があるように感じます。あるいはこれが一番大切な要素かもしれません。』

これを機にいっそう練習に励もうと思います。

そうだ、最後にこれまでの練習を支えてくれた「Yamaha YAS-480」に感謝、ありがとう!

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

中袋 その3

その2からの続きです。

左:Liverty 同時代のBule Noteの中袋はこれ
右:MGM Metro-Goldwyn-Mayer Inc、ライオンが吼えるオープニングロゴの映画会社
Liverty.jpgMGM.jpg

左:RCA Columbiaと並ぶ巨大企業、子犬のロゴが可愛い
右:RCA ポール・アンカ、ペリー・コモ、ハリー・ベラフォンテ、RCAだ
RCA.jpgRCA2.jpg

左:RCA レコードの扱いについてのワン・ポイント・アドバイス
右:Rourett ポピュラー・アルバムが沢山
RCA3.jpgRourette.jpg

左:Unitad Artist 大ヒットしたWest Side Storyが
右:Vanguard これは初期のVanguradではなく70年代Larry Coryellのアルバムから
UA.jpgVANGUARD.jpg

左:Verve アメリカのジャズはここにあり、アメリカの英知はここにあり
右:Warner 広大な敷地、流石に大映画会社
Verve.jpgWarner.jpg

これで終わり。
RiversideやPrestigeは中袋なし、
中袋文化は米国盤だけかな?

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

中袋 その2

その1からの続きです。

左:Columbia  レコードの扱い方、カートリッジ針の説明、コロンビアらしい
右:Columbia RCAと並ぶ巨大企業、こんな中袋も
Columbia.jpgColumbia3.jpg

左:Contemporary ロリンズ、コールマン、ペッパー、ジャズの巨人が続々と
右:DOT パット・ブーンやジミー・ロジャーズの顔が
Contemporary.jpgDOT.jpg

左:ELEKTRA 雑多なアルバムの中にジャズの名盤が数枚
右:EmArcy 名盤が揃ってますね
ELEKTRA.jpgEmArcy.jpg

左:EmArcy 初期の太鼓ロゴ時代の中袋
右:GNP Gene Norman Presentsの頭文字、渋いアルバムが揃う
EmArcy3.jpgGNP.jpg

左:Vee Jay ジャズ・アルバムがないぞ!
右:Jubilee これは中袋の珍盤大賞、プロモ盤の中袋があるとは!
JeeJay.jpgJubille.jpg

その3に続く。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

中袋 その1


オークションを見ていると、「中袋はオリジナルですか?」という質問が時々見られる。
何でそこまで拘るのと思うのだが、マニアの拘りは想像を絶する。
ということでレコードの中袋を紹介します。
興味の無い方にはまったく無意味の記事ですが!

クリックすると拡大されます。

左:ABC Paramount ジャッキー&ロイ、クインシー・ジョーンズ、CANDIDOのアルバムが...
右:Impulse ABCのジャズ専門レーベル、The New Wave of Jazz On Impulseが眩しい
Impulse_20141103163757abd.jpg

左:Impulse 後期にさしかかったキース・ジャレットのアルバムから
右:Impulse 更に後の時代のImpulse、中袋としては面白くない
ABC3.jpgABC4.jpg

左:Atrantic ジャズも多いが色々混在、R&B,ソウルらしきアルバムも
右:Blue Note 押しも押されぬ大ジャズ・レーベル、名盤がズラリ
Atlantic.jpgBlueNote.jpg

左:CAMEO チャック・ベリーが一押しの紹介、日本でも流行ったツイスト
右:Capitol といえばフランク・シナトラ、そしてナット・キングコール
CAMEO.jpgCapitol.jpg

左:Capitol 本社がこのようなタワーだったらしい
右:Capitol LPの中袋で7インチを紹介
Capitol4.jpgCapitol5.jpg

その2に続きます。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

My Record Library

壁紙の張替えでレコードを棚から出して移動した様子。
名前が’A’から’G’のミュージシャンのレコードは、保管場所が別でここには含まれていない。
(アルファベット順に並べているので)

DSC_0001.jpg

これだけの量がほぼ頭に入っている、不思議だ。

テーマ : その他
ジャンル : その他

Maria Schneider

MARIA SCHNEIDER ORCHESTRA
Maria00s.jpg


spacer1.gifマリア・シュナイダー・オーケストラ
spacer1.gifBlue Note Tokyo
spacer1.gif2013 12.17 tue.



12月17日、初日の1stセット、去年に続きマリア・シュナイダー・オーケストラ、行ってきました。
今年のメンバーは次の人達。

Maria Schneider (composer,conductor)
Dave Pietro(sax)
Charles Pillow(sax)
Rich Perry(sax)
Donny McCaslin(sax)
Scott Robinson(sax)
Steve Wilson(sax)
Augie Haas(tp)
Greg Gisbert(tp)
Mike Rodrigues(tp)
Garrett Schmidt(tp)
Keith O'Quinn(tb)
Ryan Keberle(tb)
Marshall Gilkes(tb)
George Flynn(tb)
Gary Versace(accordion)
Lage Lund(g)
Frank Kimbrough(p)
Jay Anderson(b)
Clarence Penn(ds)

18時過ぎに到着、通された席は最前列の左端、6人テーブルには一人男が既に5人着席、花のない席に周りをキョロキョロ、「1ランク上の席であれば」との提案に黙って着席、演奏が始まれば関係ないと自らに言い聞かせて。

開演までの1時間ほどスマホで暇を潰す。

去年は反対側でScott Robinson(sax)の真横でMaria Schneiderの顔が良く見える席だったが、今年はGary Versace(Acco)、Lage Lund(gu)の真ん前1メートルほどの所、去年は席が遠く聴けなかったあまりにも美しい音を聴くことができた。 Gil Enavs OrchestraではPete Levinのシンセサイザーがオーケストラを特徴付けていたが、マリアのオーケストラではこの二人だ。

今年の新顔としてSteve Wilson(sax)が入っていた。
2曲目はアレンジが複雑だったようで、皆がマリアの指揮を注視、新人のスティーブ君の眼も真剣そのもの、曲が終わった時に首を傾げ苦笑いしていた。 何か納得いかないものがあったのだろう。

去年はDonny McCaslin(sax)、今年はGreg Gisbert(tp)のソロ、素晴しかったです。
マリアの曲作りは当然として。


Maria Schneider Orchestra、絶対のお勧め、皆様の街の近くに行ったら、見逃していけません。

来年また来日したら、また行きます。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_orchestra

My Alto Sax

待ちわびていたアルト・サックスが、
ヤマハのスタンダード・モデル、

My AltoSAx

これまでは楽器が手元に無いからと言い訳が出来たが、
それは通用しなくなった。

早速音だし、出ない、
1時間ほど練習、
疲れた。

頑張るぞ~~~

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

カット盤特集

レコード制作会社が小売店から戻されたレコード・ジャケットの一部をカットし、値段を安くして再販したという。 欧州盤や日本盤では見られないので米国だけで取られていた手法のようだ。 日本でも昔カット盤だけを大量に輸入して安売りしていた。

今日はカット盤の研究成果を発表します。

コーナー・カット盤:ジャケットの角一箇所が切り落とされている。

cut3 これはタイプ1型、直線ではなくカーブしている。 この中にも2種類あり、掲載盤は小刀のようなもので切られたと推定される。 もう一つは丸ノミのようなもので切られたもので切断部分は少ない。

cut2 こちらがタイプ2型、コーナ・カットが直線だ。 掲載盤は錆びたハサミで切られたようだ。 このタイプではカット人により大きく切られているケースと、新人の外科医のように申し訳なさそうに僅かに切られているケースがある。


ソー・カット盤:ジャケットの一辺にノコギリによる切れ込みが入っている。

cut4 このタイプも切れ込みの深さはまちまちだ。掲載盤は1センチほどの深さだが、ものによっては1ミリ程度のものもある。


ドリル・ホール盤:ジャケットに穴が開いている。

cut6 これは1型。 パンチマシン、昔あった電車の切符切りみたいなものでパチンと穴が開けられているタイプだ。 穴開き盤の中では最も穴が大きい。 Verveがこのタイプを採用していた。

cut1 これが2型。 ドリルによるものだ。 掲載盤は径の小さなものだ。 このタイプで最悪なのは、ジャケットの中心あたり、つまりレコード・レーベルに穴が開いているやつだ。

cut5 これが3型。 アイス・ピックのようなものが使用されている。 このタイプが最もダメージは少ない。 Atlanticで採用された。


カット以外の手法として、会社名にシールを貼って隠すタイプがある。
CBSはジャケットの背表紙に黒いテープ状のシールを貼っていた。
そしてRCAは徹底してレーベルの犬の部分がシールで完全に隠されていた。

おおよそ以上で全てのタイプがカバーされていると思います。
他にあったらご連絡を!

最後に、掲載された6つのジャケットから、タイトルを全て当てられますか?
分かったらご連絡を!

どうでもいい話でした。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン