Tubby Hayes

tubby_convert_20171112173642.jpgIn Scandinavia ★★★★
Label: Storyville STCD 8251 CD
Date: Feb. 18 1972
Personnel: Tubby Hayes (ts), Staffan Abeleen (p), Niels-Henning Ørsted Pedersen (b), Alex Riel (dr)
Music: Off the Wagon, Without a Song, Vierd Blues, I Thought About You, C Minor Bird, Rhythm-A-Ning
Tag: brass_tenor


CD購入は減っていおり、しかも購入するのはほぼ旧作ないしは古めの人に限られている。
因みに本作以外に先週購入したCDは、
Don Menza :Live at Capozzoli's (Woofy Productions)
これ既に購入済の可能性大だが、CDは次々に棚に詰め込むので存在有無不明。
Rolf Kuhn :STEREO(MPS)
2015年録音の新作、ロルフはジャズ・クラのぶっちぎりの第一人者、良いに決まっている1枚。

今日紹介するのは英国テナー3本指に入るTubby Hayes、1972年のライヴ音源。
まずは、バックのトリオが凄い。
ピアノ Staffan Abeleen ---スウェーデン
ベース Niels-Henning Orsted Pedersen ---デンマーク
ドラム Alex Riel ---デンマーク

耳の半分は、このトリオに行ってしまう。名前に引きずられている訳はなく、やはり一音一音に自己主張があるからだ。
”Vierd Blues”頭のベースソロ、やはり欧州を代表するベーシストは別格だ。 そして、”I Thought About You” でのピアノは深く美しい。

タビー・ヘイズも他の多くのミュージシャン同様、アルコールと麻薬の問題がキャリアに及ぼした影響は大きかった。1968年にはヘロインに手を出して逮捕され、その影響か1971年には開胸手術、復活後の北欧ツアーでのライブ録音が本作となる。快調そのものだが、このLIVEの1年4ヶ月には38歳という若さで心臓手術で亡くなってしまった。

最後に、英国ジャズ紹介では群を抜いて素晴らしいサイトを紹介しておきましょう。
BFJ ホームページ
http://www7b.biglobe.ne.jp/~bfj/index.html#real.top



【今日のぶつぶつ】
人生って何だろう!
この歳となり分からない、
でも、これで良いのかも
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

Pascale Lavoie

pascal_convert_20171015222152.jpg You And The Night And The Music ★★★★
Label: Private PML20022 CD
Date: Nov. Dec 2001
Personnel: Pascale Lavoie (vo) , Joe Sullivan (flh), Maxime-Samuel Seguin (p), Kenny Bibace (gu), Dave Watts (b), Dave Laing (dr), Michel Berthiaume (dr), Rene Lazaro (per), Bruno Lamarche (sax), Craig Hodgson (sax)
Music: You and the Night and the Music, I've Got You Under My Skin, I Get a Kick out of You, La Fille D'Ipanema, Just Squeeze Me, The way You look Tonight, I Guess I'll Have to Change My Plan, Black Orpheus, Makin whoopee, Fly Me to the Moon, Nobody But Me, Pretend it's not a Lie
Tag: vocal_female


CDを買うのも久しぶりだし女性ボーカルは何年ぶりだろうか。パスカル・ラボイエ、名前だけは微かに耳に入っていたが「絶対購入」の予感があった。そして、”You And The Night And The Music”が入っていること、この曲は大昔から大好き、購入に至った第一理由かも知れない。

それでは初聴きの感想。お酒に例えるとブランデー、芳醇な香りがして若者には理解できない声の持ち主だ。出しゃばることもなく、伴奏に合わせて淡々と歌っており安定感抜群、そして感情を表に出すわけでもなにのみダイレクトに伝わってくる歌唱力の素晴らしさ、深い ...

このCD、バックの落ち着いた演奏も一役買っている。ギターのKenny Bibaceの好演が光っている。
敢えて残念な点をあげると、1曲が短めなことか。

最後に、カナダは女性ボーカルの宝庫、ザクザクだ。



【今日のぶつぶつ】
若者が保守化していると聞き、ちょっと不安を感じていた。
が、今日のテレビ番組で分かったことは単に変化を望んでいないということらしい。
これはこれで困ったことだと個人的には感じているが、右傾化しているのではないらしい。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

Kahil El'Zabar

kahil_convert_20170806203731.jpgLove Outside Of Dreams ★★★★
Label: Delmark DG-541 CD
Date: May 10-12 1997
Personnel: Kahil El'Zabar(dr), David Murray(ts), Fred Hopkins(b)
Music: Love Outside Of Dreams, Song For A New South Africa, Song Of Myself; Nia, Meditation For The Celestial Warriors, The Ebullient Duke, Fred; One World Family
Tag: perc_drums


カヒル・エル・ザバール、1953年シカゴ生まれのジャズ・ドラマー、18歳でAACMに加入し、1975年にはチェアマンとなった重鎮。
Delmarkにリーダ作品を10枚ほど、ほとんどにDavid Murrayが共演している。

Archie Shepp、Billy Bang、Hamiet Bluiett、Pharoah Sanders、Lester Bowieといった先輩方々を従えたリーダ・アルバムを作っており、人望が厚いミュージシャンであることが分かる。 ドラマーとしては、アフリカ意識が強くジャズ・ドラマーの中心からは外れたところに位置しているように感じられ、tam.raのターゲットからが外れていたが、本作なかなか良いです。

当初先輩ドラマーのSteve McCallに捧げた曲として、”Meditation For The Celestial Warriors”(天界の戦士のための瞑想)を演奏しているが、Fred Hopkinsのラスト・レコーディングとなってしまったためFred HopkinsとSteve McCall二人に捧げたとライナーに記されている。 マレーのテナーが悲しく響く。



【今日のぶつぶつ】
昨日今日と蒸し暑い日となっている。
エアコンの普及率は90%程度、避難所のような場所を用意する必要があるような気候になってきている。
スーパーマーケットやコンビニは積極的な提供を申し出てもよいのではないでしょうか。
地域貢献にも宣伝にもなる。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : perc_drums

Rosario Giuliani

s-l225_convert_20170730162201.jpgFlashing Lights ★★★★
Label: Philology W128.2CD
Date: July 10 1998
Personnel: Rosario Giuliani(as,ss), Pietro Lussu(p), Joseph Lepore(b), Lorenzo Tucci(dr)
Music: To John, Dicembre, Sphere's, Hindsight, Puzzle, Love for My Mother, Flashing Lights, My Flower, Dark Beauty, Other Times, Coffee Shop
Tag: brass_alto


最近はほとんどCDを聴いていなかった。 このCDもいつ買ったのか未聴のままで積まれた中(20枚ほどあった)から何気なく選びターンテーブルに(CDもターンテーブルっていうか知らないが!)...沁みる音だ、結構感動している。
アルトサックスってこんなに美しい音がするとは、自分が発する音とは明らかに異なった何か、嫌になってしまう。
「人気・実力共にイタリアを代表するNO.1サックスプレイヤー」、比較すること自体意味を成さないのだが...

ムムムムム...寝てしまった。

途中聴いていないがお勧めの1枚だ。
聴いていて眠れる音楽は良い音楽だ。
全くアルバムの紹介記事とはなっていませんが、評価★4つは信頼して下さい。



【今日のぶつぶつ】
AI技術は人類の在り方そのものに大きなインパクトを与えるに違いない。
量子コンピュータと組み合わされると、本当に恐ろしいものとなる。
人類は何処へ向かっているのだろう。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Nelly Pouget & Mrailyn Crispell

51Ex5_convert_20170701214456.jpgLE VOIR ★★★★
Label: minnit s records CD
Date: October 25 1997
Personnel: Nelly Pouget(sax), Mrailyn Crispell(p)
Music: Lumière, Hara, Le Voir, Alysée Musicora, Ange Exorcisé, Sculpture, Paix
Tag: brass_tenor


Nelly PougetとMrailyn Crispellのデュエット、これは聴き逃す訳にはいかない、と思う人は何人いる? 両人ともフリー・ジャズという枠で見れば知られた存在、だが枠を広げてジャズ一般の内ではたぶん知られてはいないミュージシャンだろう。

ネリーは1955年生まれのフランス人女性サックス奏者、作曲家。 フランスの音楽院でJean-Marie Londeix(クラッシック・サキソフォン奏者の草分け的人物)と席を並べてサクソフォンを学んだそうだ。 それもあって、技術的には完璧、クラッシク臭さは微塵も感じさせず、コルトレーンやアイラーの影響が伺われる。

一方のマリリンは、1947年生まれのアメリカ人ピアニスト、作曲家。 彼女もニューイングランドの音楽院でクラシックを学んでいる。 その後コルトレーンやセシル・テイラーに影響を受けジャズの道に入っている。

歩んできた道が重なるためか、二人の音楽に対する感性はピッタリ!
ジャズとしての聴き応え十分ではあるが、それ以上にジャンルを超えたサックス・ピアノの音楽を聴いていると感じさせる。



【今日のぶつぶつ】
都議会選挙、オセロのように表裏が一挙にひっくり返った。
心許ないが、都民ファーストが受け皿となった。

国政レベルでの受け皿となる目ぼしい政党がないことは不安だが、
国政においてもオセロ返しの再来が望まれる。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

Keiko Higuchi & Morishige Yasumune

awai_convert_20170507202518.jpgAWAI ★★★
Label: Improvising Beings ib19 CD
Date: 2011 to 2012
Personnel: Keiko Higuchi (voice) Morishige Yasumune (cello)
Music: nearby, inside, glimpse, void, sigh, calls, rhizome, moan
Tag: vocal_female


ジャケを見れば内容は語るまでもないでしょう。
ボーカルとチェロによるフリーインプロビゼーション、これをジャズというジャンルに括り付けることには無理があるかも知れない。
8曲からなる構成となっているが、曲の説明は無理なので二人の略歴を紹介しよう。

ヒグチケイコ
ボイス・パフォーマー、声と身体を媒体に表現活動をしている。音楽家・パフォーマー以外にも、写真、ダンス、執筆(cleo k.として)、発声講師など、活動範囲は多岐に渡る。現在は様々な音楽家やダンサーたちと演奏活動を多数行っている。
Read more on  ヒグチケイコ

森重靖宗1963年大阪生まれ、音楽家。チェロによる即興演奏を主に、国内外の数多くの音楽家や舞踏家等と共演する。アコースティック楽器の可能性を広げて奏でられるその様々な音響は、繊細かつ豊かで独特の雰囲気を醸し出す。
時に、ピアノによる演奏や、自作曲の弾き語りも行う。
灰野敬二率いるバンド「不失者」ではエレキベースを演奏。
音楽活動以外にも、写真作品集を発表。
Read more on  森重靖宗

このような音楽、tam.raは受け入れ可能だが大多数の人は拒否反応を引き起こすでしょう。その差はどこにあるのだろうか。

ピカソの絵を見て感動する人もいれば、子供の絵と同じにしか見えない人がいる。 芸術って何だ?



【今日のぶつぶつ】
今日で9連休も終わり、唯一の成果は課題曲”Shufflin' In F”に合格し、”Bossa At Night”に入れたこと。ボサノバのリズムは思った以上に難しい。
明日からは仕事に合わせ、8月の発表会に向けて努力。
このところ、すっとSAXにどっぷり。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

Tim Berne

Intollerant ★★★★
Label: AUAND AU9024 CD
Date: July 25-26 2010
Personnel: Tim Berne(as), Beppe Scardino(bs,bcl), Gabrio Baldacci(bg,b,loops,efx), Daniele Paoletti(dr)
Music: Ort Milos, Kepas J, Hurricane, Intollercaos, Book B, Mr. Rencore, Bren Corner
Tag: brass_alto


豚の半身を吊るした悪趣味なジャケ、強烈なド・フリーを予感させる。
バーンのアルトの横から切込むノイズたぷたぷのギターが脳骨を揺さぶる。
Mr. Rencoreの3人にTim Berneが加わったカルテットという編成。
2006年に結成されたイタリアのバンドMr. Rencoreは、バリトンギターGabrio Baldacci、ドラムDaniele Paoletti、バリサクBeppe Scardinoという変則トリオ。

フリージャズは1960年代を中心に大きく盛り上がった。
米国 : オーネット・コールマン、ファラオ・サンダース、アーチー・シェップ、アルバート・アイラー、ジョン・コルトレーン...
欧州 : アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ、ペーター・ブロッツマン、ミシャ・メンゲルベルク、ハン・ベニンク、デレク・ベイリー、エヴァン・パーカー...
日本 : 阿部薫、高柳昌行、高木元輝、山下洋輔、坂田明、吉沢元治、豊住芳三郎、土取利行、近藤 等則、沖至...

あの時の盛り上がりはないが、1970年代以降も脈々と引き継がれて来ている。内容的には変化して現代的にもなっている。
tam,raは支持する。
是非良質の現代フリージャズを聴いて欲しい。最初はたぶん煩いだけの雑音としか感じないだろう。そこを乗り越え聴き続けるのです。心に沁み込むまで、ずっと



【今日のぶつぶつ】
北朝鮮問題が緊迫度を増している。
中東で起こっていることは、左から右に過ぎていくが隣国の問題はそうはいかない。
世間一般はどう感じているのだろうか。鈍いように思えるが、

5月は怖い!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Harold Battiste

harold_convert_20170305203714.jpgthe sounds of harold batiste ★★★
Label: AFO 2010 CD
Date: 2003
Personnel:
Piano: Ellis Marsalis, David Torkinowski, Glen Patscha, Jane McNealy, John Barnes, Henry Butler
Bass: Bill Huntington, Eric Reevus, Chuck Badie, Darell Claiborne
Drums: Brian Blade, Martin Butler, John Boudreaux, Roy McCurdey, Darell Claiborne
Trumpet: Mel Lastie
Vocals: Tami Lynn, Judy Karp
Saxophone: Alvin "Red" Tyler: s: Keyboard
Music: Nevermore, How High the Moon, Body And Soul, What A Friend, Love For Sale, One Naughty Flat, Mr. Batt, This Is How We Do It In New Orleans, Why Can't I Have It Too, Nightingale, What Is Today Without You, One Day At a Time, I Never See That Rainbow Anymore
Tag: brass_alto


死亡ニュースの多さは認知度の高さと比例しているようだ。ハロルド・バティステは2015年に83歳で亡くなっており、多くのニュースが流れていた。 アルト・サックスのジャズ・ミュージシャンとしてはほぼ無名なのだが。

1950年中頃にAmerican Jazz Quintet というグループを結成してデビュー、何とこのグループにはピアノにEllis Marsalis、ドラムにEd Blackwellが入っていた。同名のグループで1991年に”From Bad To Badder”(Black Saint)というアルバムをリリースしていることには驚いた。

ジャズ・ミュージシャンより、ニューオリンズ初、黒人初のレコード・レーベル設立者として名が知られ、AFO RecordsというレーベルでSonny and Cher、Sam Cooke、Dr. Johnといった人達をプロデュースしたそうだ。

このCDは、自らを振り返り本人が採り溜めていた録音を2010年にリリースしたものだ。 タイトル違いのVol.2もある。
Ellis Marsalisがニューオリンズ大学でJazz Programを始めた時に招かれ、DOUによる”Nevermore”という演奏をトップに配している。 その他は無名の人達との演奏だが悪くはない。
音的には、柔らかくゆったりした感じの音で聴き易いが目立ったところがなく、プロとしては厳しかったのでしょう。



【今日のぶつぶつ】
日本人男性の平均寿命が80.79歳、残り十数年、長いのか短いのか。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Steve Lacy

lacy_convert_20170109214847.jpgDuets: Associates ★★★★
Label: Felmay FY7009 CD
Tag: brass_soprano


1 Haze (Masahiko Togashi) 1983
2 Free Point (Steve Potts) 1985
3 Epistrophy (Mal Waldron) 1984
4 Train Going By (Irene Aebi) 1993
5 Pannonica (Roswell Rudd) 1992
6 The Rent (Bobby Few) 1992
7 Untitled (Derek Bailey) 1985
8 The Whammies (George Lewis) 1982
9 The Crust (Ulli Gumpert) 1985
10 Clichés (Muhammad Ali) 1982

年末年始、積んどく盤を何枚か聴いたがブログに取り上げる気力が湧く盤が見つからずどうしようかと...

そんな中でこの1枚、スティーブ・レイシーのこれ、オリジナルは雑誌"MUSICA JAZZ"付録として出されたものらしい。
1982年から1994年の間に録音された未発表作品、全10曲相手10人、つまりDuetだ。
2曲目のスティーブ・ポッツを差し置いて富樫が先頭に、
録音時間も11分33秒でムハマッド・アリとの10分53秒を40秒引き離して、
取り上げた曲はレイシー(共作含む)の曲が7つ、モンクの曲が2つ、そして富樫のHAZEが1曲、
この二人は相当に相性が良かったのだろう。

富樫の他では The Rent (Bobby Few) とThe Whammies (George Lewis)が良い。

レイシーみたいな人、二度と現れないでしょう。



【今日のぶつぶつ】
明けましておめでとう。
今年も続けたいと思っています。
宜しくお願いします。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_soprano

Charlie Haden

haden_convert_20161105223534.jpgThe Montreal Tapes ★★★★
Label: Verve 314 537 483-2 CD
Date: July 1 1989
Personnel: Charlie Haden(b), Geri Allen(p), Paul Motian(dr)
Music: Blues in Motian, Fiasco, First Song, Dolphy's Dance, For John Malachi, In the Year of the Dragon
Tag: string_base


偉大なジャズ・ベーシストの一人、チャリー・ヘイデン(Charles Edward "Charlie" Haden、1937年 - 2014年)、温かみがあってシンプルだが深い、彼にしか出せない音がそこにはあった。 
略歴はこんな感じ。
1959年:オーネット・コールマン・カルテットに参加
1967年:キース・ジャレット・アメリカン・カルテットに参加
1969年:The Liberation Music Orchestraを結成
1986年:Charlie Haden Quartet Westを結成

これでは面白くないので、1959年以前を紹介しておこう。
1937年Haden Familyと呼ばれた音楽一家に生まれる。 一家は1930年から40年代にかけ中西部では名が知れた存在でラジオ番組も持っていた。 2歳でデビューしたチャーリーは、ヨチヨチ歩きでヨーデルを唄い”カウボーイ・チャーリー”と呼ばれていた。
ベースを手にした後も最初はカントリー・ミュージックをやっていて、“Ozark Jubilee,” のハウス・ベーシストとしてテレビのバラエティ放送で流されていた。 15歳となったときにポリオに罹り顔・喉に麻痺を呈し唄うのを止めた。
1951年のある夜、Charlie ParkerをフィーチャーしたJATPを見て一気にパーカーがヒーローとなった。 1957年にはLAに移り住み、Hampton Hawes、Paul Bley、Art Pepperといったミュージシャンと親交を得た。

ところでこのアルバムの魅力はジェリ・アレンの存在、セロニアス・モンクやセシル・テーラーの影が見え隠れしているが、よりモダンなアプローチで大先輩の二人を従え堂々の演奏を披露している。 結婚を機に一線を引いてしまったことは残念の一言に尽きる。

このThe Montreal Tapesシリーズは、89年のモントリオール・ジャズ・フェスティバルを8日間にわたり録音したものであり、チャーリーが連日様々なミュージシャンがコラボしています。

June 30, 1989 Joe Henderson & Al Foster (Verve/2005)
July 1, 1989 Geri Allen & Paul Motion (Verve/1998)
July 2, 1989 Don Cherry & Ed Blackwell (Verve/1994)
July 3, 1989 Gonzalo Rubalcaba & Paul Motion (Verve/1998)
July 4, 1989 休み
July 5, 1989 Charlie Haden with Pat Metheny, Jack DeJohnet (未発売)
July 6, 1989 Egberto Gismonti (ECM/2001)
July 7, 1989 Paul Bley & Paul Motion (Verve/1995)
July 8, 1989 Liberation Music Orchestra (Verve/1999)



【今日のぶつぶつ】
アメリカの大統領選のドタバタ、大国のトップを選ぶ議論がされているようには思えず心配さえ感じる。
でも日本の政治無関心社会はもっと心配。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_base

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン