山本 邦山

Hozan Yamamotoagain and again ★★★
Label: Victor SGS-38 LP
Date: Mar. 15,16 1985
Personnel: 山本邦山(尺八), Karl Berger(vib,p), 池田芳夫(b), 渡辺毅(ds)
Music: We Are, Again(邂逅), Home(家灯り), Fragments(花舞い), Lines And Spaces(踏み石の庭), Smile(木漏れ日), Jump For Joy, Passing Rain(通り雨), Lullaby(お伽話)
Tag: woods_other


山本とカールの出会いはこのレコーディングの1年前のこと、そこで意気投合した2人の再演ということになる。 1年前の1984年の出会いについては、...このブログかHPで紹介しているはずだと思ったが発見出来ず...ドイツ、バーデン・バーデンでの音楽祭、ここで大傑作が録音されたのです。
world music meeting
World Music Meeting
Eigelstein (Germany) 1985
ES 2024 (LP+7")

African Drums, Conga, Percussion ; Ponda O'Bryan
Alto Sax, Soprano Sax ; Charlie Mariano
Bandoneon ; Juan José Mosalini
Bass ; Peter Kowald
Drums ; Barry Altshul
Shakuhachi ; Hozan Yamamoto
Soprano Sax, Tenor Sax, Bass Clarinet, Trumpet ; Alfred Harth
Steel Drums [Pan], Conga, Percussion ; Ken Johnson
Tabla, Drums, Percussion ; Trilok Gurtu
Vibraphone, Piano, Marimba ; Karl Berger
Violin ; Krzesimir Debski

日本、アメリカ2、アルゼンチン、ポーランド、西ドイツ3、トリニダード、スリナム、インドといった国々からの参加、しかも音楽ジャンルは様々、更にほぼ初対面でこんな演奏が出来るのは個々の力の成せる業なのだろう。

山本邦山は全曲でソロを執っているし、”KAZE”、”EUJAPICA”の2曲を提供、仕切っている様子に流石人間国宝と納得してしまう。
凄い演奏が聴けるので、万一発見したら絶対購入ですよ。

今回紹介の”again and again”、緊張感というより安らぎを感じる演奏、DUOの3曲が良い出来なので、この二人だけのアルバムとして欲しかった。




【今日のぶつぶつ】
ザック・ジャパンはボロボロだった。
長友、本多の復帰は必須、そして右サイドは酒井を入れよう。
そして田中 マルクス闘莉王も選んでおこう。

たけしが選んだジャズのベスト盤が出たそうだ。
入門者に最適かもです。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : woods_other

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン