Sam Most

sam_convert_20171029215002.jpgMostly Flute ★★★★
Label: Xanadu 133 LP
Date: May 27 1976
Personnel: Sam Most(fl), Tal Farlow(gu), Duke Jprdan(p), Sam Jones(b), Billy Higgins(dr)
Music: Rio Romance, Street Of Dreams, Bus Ride, Body And Soul, The More I See You, Solitude, Poor Butterfly
Tag: woods_flute


飽きることなく毎週数枚のLPが増殖中、先週も3枚ほど購入。

何をアップしようかと熟考を重ねた上、ちょっと大げさか、サム・モストにしました。 フルート奏者では、tam.ra一番のお勧め奏者なのですが、今まで取り上げていなかったからです。

Bethlehemというマイナーなレーベルに1954年、1955年と素晴らしいアルバムを吹き込んだ(1枚はクラですが)のに、評価されない!怒り%$(’&”
この後、1976年、1977年のXanadu盤まで良い録音に恵まれず、何故だ!怒り”&%#’#=~

それにしてもLPレコードの価格破壊は激しい、新宿DUで800円程度で入手、新品同様、放置するには忍びない、いや許せない、怒り!$%”#)(’&%$=~}{|*+?><)(’&%$=)(

まあ良いっか!
Bethlehemの2枚、Xanadoの”Flute Flight” は入手済みだったが、本盤には縁がなかった。
この盤も素晴らしいの一言、メンバーが今となっては夢のような人々、二人取り上げよう。
まずは、Tal Farlow。 タルの凄さに気付かされたのはXanadu盤だったが、この盤に入っているタルも本来の実力発揮、B面の”Body and Soul”におけるサムとのDOUの美しさは何と表現したらよいのか。
そしてベースのSam Jones、淡々とリズムを刻む姿はベーシストの手本といって過言でないと思う。 この盤、録音も良く、全体を纏め上げドライブ感を与えているベースが聴ける。

当然ですが、Sam Mostも快調そのもの、XanaduにおけるDon Schlittenの功績は大きく評価されるべきでしょう。 ちょっと偉そうかな!




【今日のぶつぶつ】
すでに止んでいるのに風雨が続いているように警報が出される台風情報、
これリスク回避?
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : woods_flute

Dave Mackay &Lori Bell

DaveMackay_convert_20150517193934.jpgTake Me To Brazil ★★★
Label: Discovery DS-952 LP
Date: May 4,5 1988
Personnel: Dave Mackay (p, vol), LoriI Bell (fl), Bob Magnusson (b), John Pisano (gu), Duncan Moore (dr), Thomas Anthony Eros (per), Melissa Mackay (vo)
Music: Zara, Gentle Rain, Take Me To Brazil, The Goose Is Loose, Cacade Of The Seven Waterfalls, Children's Samba, How Insensitive, Now
Tag: kb_piano


ベーシストのBob Magnussonはいつも素晴しい演奏を聴かせてくれるので買い。
新生Discoveryレーベルは見向かれることがないので買い。

このアルバムは2つの条件が満足され絶対買いの1枚、皆にお勧めするわけではありませんが。

DaveとLoriには申し訳ないが、まずはBob Magnusson紹介の場とさせて頂きます。
主な演奏活動はこんな感じだ。
1968 Buddy Rich Orchestra
1971-1972,1975-1976 Sarah Vaughan
1977-1980 Art Pepper
1977-1982 Benny Golson
1978 John Klemmer
1978-1980 Joe Farrell
1983-1985 Linda Ronstadt
1979-1982 Road Work Ahead(グループ)

錚々たるミュージシャンの約150ものアルバムに参加しているが、一番注目を集めたのはアート・ペッパーのグループでの活動だったと思うが一般の評価はどうだろう。 個人的にはビル・エバンスとの相性がピッタリだと思うのだが、エバンスに誘われたことは無かったのだろうか、ボブに聞いてみたい。

リーダ・アルバムは次の4枚のみ、メジャーで取り上げられていないことは残念だ。
Two Generations Of Music(Trend Records)
Road Work Ahead(Discovery)
Song For Janet Lee(Discovery)
REVELATION(Discovery)

このアルバムについて書こう。
Lori BellのグループにDaveが招かれた? 全体的にはブラジリアン・ジャズとなっており、Loriが目指す音楽か? 弾むような”Take Me To Brazil”でのローリーのフルートは、John Pisanoのギターと相俟って自然に体が揺れる、ブラジルへ行けそうなワクワク感が良く現れている。

この方向で統一されていればGoodなアルバムとなっていたはずだが、ゲストに気を使ったかDaveのボーカルが一曲、DaveとMerissaのオシドリ・ボーカルが一曲フィーチャーされており、浮いてしまっている。 Dave Mackayは白人ボーカルに良くあるちょっと甘いあれ。

Bob Magnussonはこのアルバムでも好演、決して出しゃばることはないが、さり気無く自己主張しているベースは自然と耳に入る。



【今日のぶつぶつ】
7月に発表会とやらがある。
子供の一生懸命な姿を必死になってビデオに残す親親親、あれだ。
最近では団塊の世代に乗っ取られている気配もあるのだが。

参加は自由、出るか出ないか熟考中。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : woods_flute

Herbie Mann

Herbie MannLive In Brazil ★★★★
Label: LP
Date: Jul. 16 1961
Personnel: Zoot Sims(ts), Al Cohn(ts), Ronnie Ball(p), Ben Tucker(b), Dave Bailey(dr), Ahmed Abdul-Malik(oud) Side B-3 add Kenny Dortham(tp), Curtis Fuller(tb), Herbie Mann(fl), Ray Mantilla(per)
Music: Red Door, Lover Man, Ismaaa
It's All Right With Me, Autumn Leaves, Wee Dot
Tag: woods_flute


ハービーマンがビックバンドを率いてブラジルに? 曲名以外には何の記載もない。

聴こえて来るのはテナーとアルトのクインテット、妙に気持ち良い...ズートか?
盤違い?
二曲目はアルト・フルートのバラッド、ハービー・マン登場か?
カルテット演奏でビックバンドではない。
そして三曲目は妙な東洋風の弦楽器の演奏に始まり、そこにフルート、トロンボーンが並奏する。
この演奏だけはストレートアヘッドなジャズではないが、山本邦山を加えたくなるようなインターナショナル・ジャズだ。(弦楽器はウードで、アーマッド・アブドゥル・マリクの演奏と後で分った)

やっと分りました。
次の盤がオリジナルでした。

in_brazilJAZZ COMMITTEE FOR LATIN AMERICAN AFFAIRS
(Fred Miles FM-403)
このレコードは東海岸のジャズ・ミュージシャン達がブラジルで行なったコンサートのライヴ盤です。 ビックネームがこれだけ並ぶと壮観ですね。


B面に移りカーティス・フラー、ケニー・ドーハムがそれぞれ1曲づつ演奏、最後は全員のジャム・セッション。
参加者全員の熱演ぶりは立派だ。

SURREYは再発専門レーベルとか、それにしてもこの適当さは目に余る。
ジャケットには何故かクラリネットが。

やっぱオリジナルが欲しい、探すぞ~



【今日のぶつぶつ】
去年スーパーで買った北海道産のカボチャの種を蒔き、こんなのが4個収穫できました。
あまり美味くはありませんでした。
収穫時期が早過ぎたようだ。
カボチャ

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : woods_flute

Ali Ryerson

Ali RyersonIn Her Own Sweet Way ★★★
Label: Concord CCD-4687 CD
Date: Sep 18,19 1995
Personel: Ali Ryerson(fl,alto-fl), Harold Danko(p), Jeff Fuller(b), Terry Clarke(dr)
Music: Preface, To Start Again, Everything Changed, Paisagem Cosmica, Martina, In Your Own Sweet Way, Sail Away, Blue In Green, Sometime Ago, Chega De Saudade, So Remember Me
Tag: woods_flute


病院の待ち時間に雑誌を読んでいると次のような文章が目に入った。
『侘びは体感でしかない。 その体感を好ましいと思うところに多くの人の感覚が偏在しているだけで、普遍的な物ではない。』 良い表現だ。 ジャズも同じだ。 体感でしかなく、良いと思う人もいるし、そう思わない人もいる。

UNIYONさんではこのアルバムを高値で売っていたので期待していたが外れた。 ジャズは体感でしかないのだと納得、怒ってはいけない。 安く買ったのだし。

正統派ではサム・モスト、少しひねってエリック・ドルフィー、大きくひねってローランド・カーク、そんな名前が浮かんで来る。 フルート一本やりではハービー・マン(昔はテナーもやっていた)やジェレミー・スタイグなんていう人もいた。 他にも持ち替えで多くの人がこの楽器を吹くが本業ではない。 その他楽器に分類されるジャズ・フルート、層が薄いのだ。

このアリ・リャーソンさんのフルートは極々普通といった感じで、少し拍子抜けです。 クラシックも同時にやっているようで、ジャズっぽさが足りない、物足りなさが残りました。 



【今日のぶつぶつ】
今日2本目の記事だが、1つの記事に1時間から2時間を要する。 写真を撮って、ライナーを読んで、ウェブを調べ、自分が聴いた感想を綴る。 平日帰宅後に書くことは難しく、バックログが相当に溜まってしまった。 頑張って書くぞ!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : woods_flute

James Newton

james newtonflute music ★★★
Label: Flute Music Production 001 LP
Date: 1977
Personel: James Newton(fl), Clovis Bordeaux(harpsichord,p,perc), Les Coulter(gu), Ed Brookshire(b), Jylon Barea(dr,perc), Art Valdez(dr), Glen Ferris(tb)
Music: Arkansas Suite, Skye, Darlene's Bossa, Sophisticated Lady, Poor Theron
Tag: woods_flute


東京ほどレコード・コレクションに最適な都市はないのではと思う。 こんな超マイナーなレコードを発見できる場所なのだ! 欲しいと思う人は少ないかもしれないが。

買っても買っても(2~3枚だが)駄盤ばかり、ず~っと昔に見限ったジェームス・ニュートン、本当は出来る奴だったのだ。 このブログを書くためにジェームス・ニュートンのHPを訪れ何曲か聴き、数枚聴いただけで見限ってしまった自分に猛反省、ゴメンゴメンゴメン、凄いフルーティストだぁ~

1953年LA生まれ、クラシックをしっかり勉強していたそうだがドルフィーやカークに大きな影響受けジャズの道に入り、1973年にデビッド・マレーのバンドでデビューした。 ここから先は、India Navigation盤などでご存知の方も多いと思います。

1977年にリリースされた1stアルバムがこれだ。
日本、インド、アフリカ、南米などの民族音楽に興味を持っていたそうで、その影響が大きい。 バンブー・フルートなど吹いており、特に日本の影響が大きく、日本人は溶け込み易い内容だ。 と言ってもフリー寄りだが。
メンバーは全員無名の人達だが皆上手い、特にA面のギターLes Coulterは硬質でしっかりしたテクニック、B面のピアノClovis Bordeauxは軽めのセシル・テーラーで懐かしささえ覚える。 残念ながら彼らはその後世に出ることは無かった。

エリントンの”Sophisticated Lady”、フルート・ソロ、ほとんど崩さず吹ききっている。



【今日のぶつぶつ】
1日の夜から2日の朝、2日の夜から3日の朝、どちらも初夢だそうだ。
今朝夢を見た。

『いつも同じペースで同じ道を』、ちょっと変えてみないか、という夢だった。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : woods_flute

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン