Terry Doc Handy

Terry Doc HandyClue Paradise ★★★★
Label: Doc Handy Enterprises CD
Date: 2009
Personnel: Terry Doc Handy(per), John Lumpkin Jr.(dr), Jon Irabagon(sax), Alex Nguyen(tp), Jack Glottman(p), Marco Panascia(b), Lisa McClendon(vo), Mica Bethea(comp)
Music: Proverbs, The Missions Statement of Promise, All That I am , Bottom Blues, Dub Dubose, Joy Secrets, Nation's Prayer, Clue Paradise, Birth Rite, Hands of Handy, Irene & Julie, Naima
Tag: perc_other


出ました~絶対購入盤。
このCDはヤバイ。

久し振りに興奮の一枚、メンバー全員が凄い、この疾走感、ラテンジャズかと思いきや、これぞ最高級のストレート・アヘッド・ジャズ、本物だ~っ。

Jon Irabagonがこんなところに参加、しかもこれまで裏切り続けられていたが一気に挽回、やっと目を付けていたイラバゴンが爆発・噴射・飛び出しました。
4曲目”Bottom Blues”では、ドラムとのデュオ、本領発揮、これがイラバゴンだ!
11曲目”Irene & Julie”でのイラバゴンも凄い!

ベース、マルコ・パナシア、イタリア男とか、これも凄いぞっ!
安定感と音の太さはレイ・ブラウン勝り、皆知ってるのかな?

ところで、このコンガおじさんは何者?
あまり出しゃばっていないが、10曲目”Hands Of Handy”、ハンディーの手が素晴しい、ドラムとのデュオ、凄いね!
このおじさんは何者?

最後の曲に心クスグル”Naima”を持ってくるなんて、憎いね!

トランペット、ピアノは紹介しませんが、凄く出来る奴らだ。

凄い凄いとばっかり言ってしまいましたが凄い。

最後にあなただけへのとっておきの情報、渋谷DUで何と未開封105円、もう一枚在りました。
まだ残っているかも、急げ!



【今日のぶつぶつ】
電車の床に置いたスポーツバッグに足を絡ませたオバサン、
危うく転びそうになったオバサン、
「やだー」、
高校生に足蹴りを一発、
隣にいた関係ない高校生にも左手のパンチ、
空を切った。

オバサンが怖い。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : perc_other

Badal Roy

Badal RoyAshirbad ★★★
Label: Trio PA-7116 LP
Date: Oct. 1&2 1975
Personel: Badal Roy(tablas), Richard Beirach(p,perc), Frank Tusa(b), Jeff Williams(perc), David Liebman(a-fl,ss)
Music: Introduction To Ashirbad, The Tonal And The Nagual, Fork Song Of Bangladesh, Rock In Cal, Sun King, Bangalore, Shanti, Ashirbad
tag: perc_other

1970年代の日本のジャズ・レーベルは今思うとレベルの高い貴重な録音を多数残した。 Nadja、Whynot、Denon、Union、TBM、East Wind...Trio Recordsもアート・ペッパー、セシル・テイラー、チャールス・トリバー、田村翼、辛島文夫、ロレツ・アレキサンドリアなどの力作を残した。 だが、こんな盤まで作っていたとは誰も知らないのではないだろうか。

リーダの名前はバーダル・ロイ、エレクトリック・マイルスを聴かない私のスコープ外のミュージシャンだった。 インドのベンガル地方、現在のバングラディシュ生まれのタブラ(大小2個の太鼓、インド楽器で鼓(つづみ)のような音がする)奏者で歴史的にも重要なアルバムに加わっている。
* Miles Davis (On the Corner、Big Fun、Get Up)
* Dave Liebman (Lookout Farm)
* John McLaughlin (My Goal's Beyond)
* Ornette Coleman (Tone Dialing)

ライナー(悠雅彦氏)によると、デイブ・リーブマンのリーダ・アルバムとして計画されたが、デイブがHorizon傘下に入ったためにバーダルのリーダ・アルバムに変更され、1995年のLookout Farmの来日公演時に録音されたそうだ。

”Lookout Farm”はグループ名であるが、ECMに同一名のアルバム(ECM1039ST 1973)を残しており、このアルバムはその裏盤といっても良いだろう。 だが、これはバーダルのリーダ・アルバムであり、タブラが全曲前面に出ておりインド調が強いものとなっている。 ちょっとキツイ内容だが、DUOを基本とし、”The Tonal And The Nagual”リッチー・バイラーク、”Fork Song Of Bangladesh”デイブ・リーブマン、”SHANTI”フランク・トゥサとのDUOは聴き応えがあり面白い。

でも、ほとんど売れなかったと思うがどうだろう?
持ってる人、挙手願います。



【今日のぶつぶつ】
地震保険の継続を検討した。
通常の火災保険の3倍もの掛け金、勿体ないが仕方ない。
Wikiには次のような記述がある。
.......................................................................................................
西暦1600年以降、マグニチュード8級の地震は1703年12月31日の元禄大地震と1923年9月1日の関東大震災が発生しており、このクラスの地震は200~300年間隔で発生するとされる。またその間、1855年11月11日安政江戸地震と1894年6月20日の明治東京地震が発生しているように、マグニチュード7級の地震が数回発生するとされており、いつ発生してもおかしくない状態である。
2005年に発表された中央防災会議の報告によると、最も大きい場合、死者約13,000人、負傷者約170,000人、帰宅困難者約6,500,000人、全壊の建物約850,000棟、避難者総数約700万人、経済への被害約112兆円という甚大な被害が出ると想定されている。
.......................................................................................................
保険を止めた途端に大地震が来る。
そうなったら、誰が止めたんだと非難轟々間違いなし。
家が保険で直っても、このレコード・コレクションの取り返しは不可能だ。
お金があっても難しい。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : perc_other

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン