Steve Lacy

lacy_convert_20170109214847.jpgDuets: Associates ★★★★
Label: Felmay FY7009 CD
Tag: brass_soprano


1 Haze (Masahiko Togashi) 1983
2 Free Point (Steve Potts) 1985
3 Epistrophy (Mal Waldron) 1984
4 Train Going By (Irene Aebi) 1993
5 Pannonica (Roswell Rudd) 1992
6 The Rent (Bobby Few) 1992
7 Untitled (Derek Bailey) 1985
8 The Whammies (George Lewis) 1982
9 The Crust (Ulli Gumpert) 1985
10 Clichés (Muhammad Ali) 1982

年末年始、積んどく盤を何枚か聴いたがブログに取り上げる気力が湧く盤が見つからずどうしようかと...

そんな中でこの1枚、スティーブ・レイシーのこれ、オリジナルは雑誌"MUSICA JAZZ"付録として出されたものらしい。
1982年から1994年の間に録音された未発表作品、全10曲相手10人、つまりDuetだ。
2曲目のスティーブ・ポッツを差し置いて富樫が先頭に、
録音時間も11分33秒でムハマッド・アリとの10分53秒を40秒引き離して、
取り上げた曲はレイシー(共作含む)の曲が7つ、モンクの曲が2つ、そして富樫のHAZEが1曲、
この二人は相当に相性が良かったのだろう。

富樫の他では The Rent (Bobby Few) とThe Whammies (George Lewis)が良い。

レイシーみたいな人、二度と現れないでしょう。



【今日のぶつぶつ】
明けましておめでとう。
今年も続けたいと思っています。
宜しくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_soprano

Branford Marsalis

branford_joey.jpgSong of Mirth and Melancholy ★★★★
Label: Marsalis Music MARS0015 CD
Date: January 3-5, 2010
Personnel: Branford Marsalis(ts,ss)Joey Calderazzo(p)
Music: One Way, The Bard Lachrymose, La Valse Kendall, Face on the Barroom Floor, Endymion, Die Trauernde, Hope, Precious, Bri's Dance
Tag: brass_soprano


今週は正月明けで爆買いしてしまいました。
かか様に知られるとまずいので枚数は秘密です。

最近CDがハズレっぱなし、これだけ買えば1枚は当り出るはずだと。
一枚当り、このブランフォード・マルサリスとジョーイ・カルデラッソのDUO、美しいのです。 心揺さぶる一枚に出会いました。 ギル・エバンスとスティーブ・レイシーのDUOで出会った感動の再現です。

聴いていてゾクゾク寒気が走り思わず音量を上げてしまいました。
特に3曲目の”La Valse Kendall”の物悲しい響きをブランフォードのソプラノが謳い上げ、それを追いかけてジョーイのピアノも... 皆さん、皆さん、この曲を聴くだけでも「買って損なし」の「絶対購入盤」です。

DUOはなかなか手が伸びないのですが、決まったときの素晴しさといったら! 5曲目の”Endymion”でのジョーイさん、もう止めてと叫びたくなるほどの勢いが持続している。

ジョーイが4曲、ブランフォードが3曲、ショータ1曲とブラームスで計9曲、2人の作品が7曲を占めている。 ライナーは次の言葉で始まっている。
"The most difficult thing in music is still to write a melody of several bars which can be self-sufficient. That is the secret of music. While the technique should be as perfected as possible, that is a lesser essential...Anybody can acquire a brilliant technique... Melody alone permits a work to survive."

- Darius Milhaudby (ダリウス・ミヨー)

このアルバムは高度な技術に裏打ちされた演奏に加え、素晴しいメロディを持った曲を聴けるアルバムなのです。

ブランフォードのポスト・バッパー的なジャズを期待されると肩透かしですので気を付けて下さい。 ジャズの枠を飛び抜けクラシックの要素を含んだ音楽ですので。 



【今日のぶつぶつ】
「金の成る木」を寒空に放置、気が付くとしんなりしてしまった。
我家には「金食う虫」が沢山棲みついているので、枯らしてしまったら大変なことになる。
急いて半地下倉庫に移した。
大丈夫だろうか。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_soprano

Fogy Aagre

Fogy Aagrekatalyze ★★★
Label: AIM records AIMcd 105 CD
Date: 2004
Personnel: Froy Aagre(ts,ss), Andreas Ulvo Langnes(p), Roger Williamsen(b), Freddy Augdal(dr)
Music: Lee Valley, Slow Train, Norwegian Mountains, Frøyish, Beatitude, Thanks Heaven For A Tune In Eleven, Been There, One Day
Tag: brass_soprano


フロイ・オーグレは1977年ノールウェイ生まれ、正式な音楽教育を英国で受け2001年にはニューヨークでデーブ・リーブマンに師事する。 ノールウェイでは数々の賞を受賞している注目の若手ミュージシャンだ。
これが1stアルバムで、2枚目の”Countryside”も評判上々、順調漫歩の滑り出しだ。

このCDはジャケ買い、フロイと横に置かれたテナー・サックスの対比、なかなかですな!

女性らしい繊細さを持ったソプラノ、それに対してノールウェイの冬を思わせるテナー、吶々とした語り口が魅力的だ。 本アルバムではソプラノを主に演奏しているが、テナーが面白い。 ノールウェイの巨人、ヤン・ガルバレクを思い起させる。

バックを勤めるピアノ・トリオはクラシックをしっかり学んだ様に思われる。 いい音出している。
特にピアノのAndreas Ulvo Langnesは要注目、録音当時は二十歳そこそこ、凄いぞ..



【今日のぶつぶつ】
先週末、このプログにリンクして頂いている”Sweet Rain”(今宵もジャズに囲まれて・・・)に初めてお邪魔した。
JR中野駅から5分程度の便利な場所にある。 20人ほどで満員となるこじんまりした店だ。
この日は、平山順子(as)カルテット、角脇真(p)、本川悠平(b)、棚木雄斗(dr)
平山さんは初めて聴いたが実力十分、上手い。 バッド・シャンクにリー・コニッツの味付け?
特定のミュージシャンの強い影響は見られないが西海岸の香りがした。

”Junko Hirayama Trio Live At Sweet Rain”なんてどうだろう。
ワン・ホーン・トリオだ。
レーベルは店の名前そのままで”Sweet Rain Records”、番号は、SR001だ。

皆さん、Sweet Rainへ行こう。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_soprano

Jane Ira Bloom

Jane Ira BloomMighty Lights
★★★

Label: enja 4044 LP
Date: Nov. 17-18 1982
Personel: Jane Ira Bloom(ss), Fred Hersch(p), Charlie Haden(b), Ed Blackwell(dr)
Music: 2-5-1, Lost in the Stars, I Got Rhythm But No Melody, Man With Glasses, Change Up, Mighty Lights
Tag: brass_soprano


ピアノを除くとジャズの奏者の多くは男だ。 女性サックス奏者は? と聴かれ名前が出てくるのは、アルトのキャンディ・ダルファー、ソプラノのジェーン・バネットと今回紹介するジェーン・アイラ・ブルーム、これで全てという寂しさ。 テナー、バリトンとなると皆無、肺活量の問題なのかな?

ジェーンは強力なトリオをバックにして伸び伸びと吹きまくっている。 女性を感じさえまいと男勝りの演奏を繰り広げているのだが、独創性を感じさせるものはなく一流とは云い難い。

このレコードで目に付いたのは強力なリズム・セクション。 チャーリー・ヘイデン、エド・ブラックウェルと来ればドン・チェリー、オーネット・コールマン、デューイ・レッドマン、...一世を風靡したビッグネームが頭に浮かぶ。 そしてジャズに熱中していた時代を。

チャーリー・ヘイデンは当時の白人ベーシストの中では群を抜いた重厚さと独自性を持っていたことがこのレコードからも良く分る。 

そしてエド・ブラックウェル、誰に習うとこのようなドラミングができるようになるのだ。 ユニークだ。 ”I Got Rhythm But No Melody”ではブラックウェルの手癖が色濃く出て思わず微笑んでしまう。



【今日のぶつぶつ】
来週末からゴールデン・ウィークが始まる。
久し振りに10日ほどの長期休暇、予定がある訳でもないが何故か楽しみだ。
庭農園が荒れているので手を入れる、
積み残しのレコードのブログ化、
時間が無くて乗れていない自伝車に乗る、
後は一日くらいは何処かに出掛けよう。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_soprano

Steve Lacy

steve lacyLapis ★★★★
Label: SARAVAH SH10031 LP
Date: Sep. 9&10 1971
Personel: Steve Lacy(ss)
Music: Three Pieces From Tao/Existence, The Way, Life On Its Way/, The Highway, The Cryptosphere, Lapis, The Precipitation Suite/I Feel A Draft, Cloudy, Rain/, Paris Rip-off
Tag: brass_soprano


私にとっては高い買い物(最近では2,000円を越えると高いと思ってしまう)だったが、相場感からすると相当に安く、手に取ったが最後、くっついて離れようとしない。 今日はクリスマス・イブ、一人寂しく(いや一人楽しく)レコード漁り、買う以外の選択はない。(昨日購入)

Steve Lacyのソプラノは孤高の極みに達しており、誰も真似する者はない。
どのレコードの演奏を聞いても同じパターン、普通は厭きるはずだがそれが無い。 不思議な力を持った演奏なのだ。

このレコードはスティーブのソプラノにいろいろな音が重ねられている。 普通はこのような造りは面白くない内容となり勝ちだが、これは素晴しい。

Three Pieces From Tao - 銅鑼
The Highway - ハイウェイを疾走する車のエンジン音
The Cryptosphere - バックで流れる(小さな音で)音楽はRudy Braff? *
Lapis - ソプラノの二重録音と電話のベル
The Precipitation Suite - ソプラノの二重録音だけ?
Paris Rip-off - ソプラノの二重録音と拍手

* improvisations on was it to blame by ruby braff, record 529123, by courtesy of byg - records
このコメント(意味よく理解できない)が付けられているのは、”The Precipitation Suite”だが誤りと思われる。
このBYG盤はRuby Braffの大名盤だ!

スティーブ・レイシーはリーダ・アルバムだけでも120枚余をリリースし、2004年に亡くなった。
これだけの中からベスト・アルバムを選ぶことは難しいが、私が聴いた範囲では"PARIS BLUES"(OWL 049)を挙げておこう。 リーダ・アルバム以外では、"Dance Of The Robot People"(Jay Oliver)が良い。



【今日のぶつぶつ】
今日はクリスマス、Topsのチョコレート・ケーキと自家製チーズ・ケーキを食った以外は全く普段通りの我家、静かでいい。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_soprano

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン