Charles Tyler

JZ130318-04_convert_20170918211401.jpg AT WKCR STUDIOS NY 12-8-74 ★★★
Label: Private LP
Date: Dec. 8 1974
Personnel: Charles Tyler(as), Steve Reid(dr), Ken Hudson(b), Earl Cross(tp)
Music: side1 only unknown
Tag: brass_alto


チャールス・タイラー、懐かしい名前だ。 
実は半年ほど前に購入し、積まれたまま埋もれていたのを思い出しターンテーブルへ! 
やっぱり良いね!

デビューは1965年アイラーの”Bells”、そして”Spirits Rejoice”、その翌年同じくESPレーベルに吹き込んだ”Charles Tyler Ensemble”が1stレコーディングだ。
1974年に自己のグループを結成し、自主レーベルAkbaから ”Voyage from Jericho”をリリースし、本作はその1ヶ月後に録音され未発表となっていたものだ。 70年代といえば、フリーの嵐も過ぎ去りフュージョンへ、そんな時代にハードコアなフリー・ジャズを、素晴らしいね...音60年代と変わっていないし。

このレコード「85/99」とあり99枚限定で出されたもの、購入必須!
と思っていたら、以下のレコードが33枚限定(2013年にDUで 6,480円(税込) )で出されておりその再発らしいのだ!

JZ130318-05_convert_20170918212116.jpg
何と言ってよいやら?



【今日のぶつぶつ】
高崎市山田かまち美術館を訪れた。 一度は訪れる価値のある美術館だ。
山田かまちは僅か17年の短い生涯であったが、残された詩、絵画から天才であったと断言できる。
展示されている詩には心揺さぶられ、希望に溢れ未来への期待がひしひしと感じられるものがあった。 絵画のデッサン力に驚嘆、一本一本の線の繊細さと力強さはピカソに感じたものと同じものがあった。
大げさではない。

もし、倍の人生があったら彼は何を残してくれただろうかと思うと、本当に残念だ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Jean-Luc Barbier

0000000127292_convert_20170812223556.jpgTOKONOMA ★★★★
Label: ReEntry RE-007 LP
Date: Jan. 23 1983
Personnel: Jean-Luc Barbier(as)
Music: Dans La Ville Blanche, Silence, Tranquility, Deep Blue Lake, Tokonoma, Aldebaran
Tag: brass_alto


謎のサックス奏者ジャン・リュック・バルビエが、1983年に西ドイツで吹き込んだソロ作品。
タイトルは何処で知ったか「床の間」、静寂さを感じさせイメージを良く捉えている。
Dimitri Moliakov-Visotzkyによるライナーの曲紹介は次の通り。
"Tokonoma", like a haiku, is about the essentials in the special room in Japanese homes reserved for precious objects. The Tea Ceremony take place there. Decorations are changed for each event. He materializes these precious objects by the spiral forms that condence in the one essential point.
ちょっと外しているかな!

ジャン・リュック・バルビエについてはほとんど紹介されていないが、スイスを中心に以下のようなアルバムをリリースしている。
1975: C.M.4 "Live in Montreux" Evasion EB-100819 (Suisse)
1977: C.M.4 "1977" Evasion EB-100821 (Suisse)
1981: Disque du Festival de San Sebastien. IZ records 153-D (Espagne)
1982: "DONOSTIA" IZ records 150-D (Espagne)
1983: "TOKONOMA" RE ENTRY 007 (New York)
1983: "DANS LA VILLE BLANCHE" BRIDGE RECORDS 1001 (Suisse)
1984: "TALISMAN" BRIDGE RECORDS 1002 (Suisse)

本作はJohn Fisherが主催するReEntryからのリリース、A面最後の”Deep Blue Lake”がジョンの作曲なので、二人は何らかの接点があったのだろう。

他のアルバムも欲しくなった。



【今日のぶつぶつ】
平和ボケしているためか、緊張感がない。
ミサイル4発、引くに引けない発言を続けている大統領の反応は...

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Rosario Giuliani

s-l225_convert_20170730162201.jpgFlashing Lights ★★★★
Label: Philology W128.2CD
Date: July 10 1998
Personnel: Rosario Giuliani(as,ss), Pietro Lussu(p), Joseph Lepore(b), Lorenzo Tucci(dr)
Music: To John, Dicembre, Sphere's, Hindsight, Puzzle, Love for My Mother, Flashing Lights, My Flower, Dark Beauty, Other Times, Coffee Shop
Tag: brass_alto


最近はほとんどCDを聴いていなかった。 このCDもいつ買ったのか未聴のままで積まれた中(20枚ほどあった)から何気なく選びターンテーブルに(CDもターンテーブルっていうか知らないが!)...沁みる音だ、結構感動している。
アルトサックスってこんなに美しい音がするとは、自分が発する音とは明らかに異なった何か、嫌になってしまう。
「人気・実力共にイタリアを代表するNO.1サックスプレイヤー」、比較すること自体意味を成さないのだが...

ムムムムム...寝てしまった。

途中聴いていないがお勧めの1枚だ。
聴いていて眠れる音楽は良い音楽だ。
全くアルバムの紹介記事とはなっていませんが、評価★4つは信頼して下さい。



【今日のぶつぶつ】
AI技術は人類の在り方そのものに大きなインパクトを与えるに違いない。
量子コンピュータと組み合わされると、本当に恐ろしいものとなる。
人類は何処へ向かっているのだろう。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

渡辺 貞夫

sadao_convert_20170611204322.jpgSADAO PLAYS BACHARACH&BEATLES
★★★

Label: tact XMS-10010-CT LP
Date: Nov. 8 1968
Personnel: 渡辺貞夫 (as,ss) , 伏見哲夫 (tp) , 日野皓正 (tp) , 増尾好秋 (gu), 渡辺文男 (ds) ,池田芳雄 (b) , 鈴木弘 (tb) , 今井尚 (tb) , 市原靖 (btb) , 鈴木良雄 (org) , 今村祐司 (perc) , 橋爪智明 (tb) , 江藤勲 (el-b) , 八城一夫 (org)
Music: ルック・オブ・ラブ, マジカル・ミステリー・ツアー, 汽車と船と飛行機と, 涙の乗車券, ウォーク・オン・バイ, アイ・アム・ザ・ウォルラス, ヒア・ゼア・アンド・エヴリウェア, ブルー・ジェイ・ウェイ, リーチ・アウト・フォー・ミー
Tag: brass_alto


サンケイ・ホールでのライブ録音、慶應義塾大学軽音楽鑑賞会主催コンサートとある。
1968年といえば学生運動が盛り上がり、ジャズ界ではフリーが席捲、ジャズ喫茶は紫煙で先が見えない時代だった。 その時代によくもこのようなコンサートを主催したものだと。

「貞夫、バカラックとビートルスを吹く...」、 ポップスっぽいジャズは嫌いで見向きもしなかった青春時代、それから数十年経った今はこんなジャズも受け入れ可能となった。
 
中村とうようさんはライナーに、「渡辺貞夫がボサノバ、ビートルズ、バカラックといったポピュラー音楽を取り上げるのは、この分野に魅力的な素材があるからであって、決して金儲けや人気を煽ろうとか、そんな不純な動機でないことは、このレコードの演奏を聴いてもらえば分かって頂けるに違いない」と書いている。
B面のカルテットを聴くと賛成できますね。
ロリンズのグループで聴いたギターの増尾好秋がギンギン、見直しました。
渡辺貞夫もアルト、ソプラノでつっぱた演奏をしています。見直しました。



【今日のぶつぶつ】
寺社巡り、一泊二日で日光へ。
宿泊は「鬼怒川金谷ホテル」、良かったです。
泊まった旅館・ホテルでベスト3に入るかな!
お勧めです。

注意:日光金谷ホテルなど、他の金谷ホテルとは系列が違います。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Tim Berne

Intollerant ★★★★
Label: AUAND AU9024 CD
Date: July 25-26 2010
Personnel: Tim Berne(as), Beppe Scardino(bs,bcl), Gabrio Baldacci(bg,b,loops,efx), Daniele Paoletti(dr)
Music: Ort Milos, Kepas J, Hurricane, Intollercaos, Book B, Mr. Rencore, Bren Corner
Tag: brass_alto


豚の半身を吊るした悪趣味なジャケ、強烈なド・フリーを予感させる。
バーンのアルトの横から切込むノイズたぷたぷのギターが脳骨を揺さぶる。
Mr. Rencoreの3人にTim Berneが加わったカルテットという編成。
2006年に結成されたイタリアのバンドMr. Rencoreは、バリトンギターGabrio Baldacci、ドラムDaniele Paoletti、バリサクBeppe Scardinoという変則トリオ。

フリージャズは1960年代を中心に大きく盛り上がった。
米国 : オーネット・コールマン、ファラオ・サンダース、アーチー・シェップ、アルバート・アイラー、ジョン・コルトレーン...
欧州 : アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ、ペーター・ブロッツマン、ミシャ・メンゲルベルク、ハン・ベニンク、デレク・ベイリー、エヴァン・パーカー...
日本 : 阿部薫、高柳昌行、高木元輝、山下洋輔、坂田明、吉沢元治、豊住芳三郎、土取利行、近藤 等則、沖至...

あの時の盛り上がりはないが、1970年代以降も脈々と引き継がれて来ている。内容的には変化して現代的にもなっている。
tam,raは支持する。
是非良質の現代フリージャズを聴いて欲しい。最初はたぶん煩いだけの雑音としか感じないだろう。そこを乗り越え聴き続けるのです。心に沁み込むまで、ずっと



【今日のぶつぶつ】
北朝鮮問題が緊迫度を増している。
中東で起こっていることは、左から右に過ぎていくが隣国の問題はそうはいかない。
世間一般はどう感じているのだろうか。鈍いように思えるが、

5月は怖い!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン