Miles Davis

ジャズの巨匠シリーズ第2回、マイルスです。生マイルスは見ていません。残念
ペッパーは前期・後期に分けて語られていますが、マイルスはエレクトリックで切るのが妥当でしょう。 理由は簡単、エレクトリック・マイルスに着いて行けない人が多いからです。tam.raもその一人。

沢山ある名盤の中から年代順に好みで紹介しましょう。

miles7_convert_20170423201625.jpgCockin' (Prestige)
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(dr)
Octover 26, 1956

まずはINGシリーズから1枚。
1956年の5月11日と10月26日のセッションをCookin'、Relaxin'、Workin'、Steamin'の4枚に分けてリリースしたもの。マイルスの第一期黄金時代、超入門のシリーズらしいので一応聴いておきましょう。 INGシリーズではなくマラソン・セッションって呼ばれているらしい。これも知っておこう。


miles9_convert_20170423213739.jpgMiles in Amsterdam (Jazz O.P.)
Miles Davis (tp), Barney Wilen (ts), Rene Urtreger (p), Pierre Michelot (b)/ Kenny Clarke (dr)
December 8, 1957

1984年になって、イタリアからリリースされた一枚。
バックは欧州の精鋭、USAではなくEuropeの音がある。 録音も良いしマイルスのピカ一名盤です。
昔は良く見掛けたけど、最近はどうなのかな?




miles4_convert_20170423220121.jpgSketches Of Spain(Columbia)
Gil Evans Orchestra
November 20, 1959; March 10, 1960

ジャズを聴かない人にもお勧めの超入門盤
マイルスの良さを引き出したギルの采配に喝采!
美しいです。



miles1_convert_20170423195934.pngMy Funny Valentine  (Columbia)
Miles Davis(tp), George Coleman(ts), Herbie Hancock(p), Ron Carter(b), Tony Williams(dr)
1964年2月

コレトレーンがImpulseからバラード集を出したが、マイルスはColumbiaからSomeday My Prince Will ComeとかRound About Midnightなど、売れ筋盤を出した。
バックのピアノトリオはマイルスのお目に叶った若者が!



miles8_convert_20170423201646.pngJack Johnson(Columbia)
Miles Davis(tp), Steve Grossman(ss), Herbie Hancock(kb), John McLaughlin(gu), Bennie Maupin(b-cl), Sonny Sharrock(gu), Michael Henderson(b), Dave Holland(b), Billy Cobham(dr), Jack Dejohnette(dr)
February 18 and April 7, 1970

黒人のボクサー、ジャック・ジョンソンに捧げた1枚。
ジャズよりロックっぽい。 そしてエレクトリックに旋回!



miles3_convert_20170423200001.jpgMiles Davis At Filmore  (Columbia)
Miles Davis(tp), Steve Grossman(ts,ss), Chick Corea(el-p), Keith Jarrett(e-org), Dave Holland(b), Jack DeJohnette(dr), Airto Moreira(perc)
June 17–20, 1970

エレクトリック・マイルスの始まり、なかなか良いですが、tam.raのマイルスはここで終わった。



このシリーズ、次は誰にしようかな!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Billy Taylor

introducing Ira Sullivan ★★★★
Label: ABC-Paramount ABC-162 LP
Date: Nov. 1956
Personnel: Billy Taylor (p), Ira Sullivan (tp,ts,as), Earl May (b), Ed Thigpen (dr)
Music: So in Love, Imagination, Strolling, They Can't Take That Away From Me, Leslie's Gauge, In a Mellow Tone, You Don't Know What Love Is
Tag: kb_piano


ビリー・テイラーのリーダ・アルバムだが、アイラ・サリバンに焦点を当てよう。
トランペット奏者として紹介されているが、A面、B面それぞれ1曲づつサックスを披露している。
個人的にはトランペットが最高かな、すごくブリリアントだし、影もある。
いずれの楽器とも甲乙付け難いほど見事、でもそこに落とし穴が! 器用過ぎることが玉に傷!
聴く側の焦点がボケて損をしている。 ペット一本でやっていれば大成したに違いない。

正確なディスコグラフィが見つからなかったので誤っている可能性もあるが、裏面のライナー(アイラが書いている)は次のように書いている。
『1955年6月のレッド・ロドニーのアルバム(Fantasy LP 3208”Red Rodny Quintet"ペットとテナーで参加)が最初で、次に1956年6月のジャズ・メッセンジャーズへの参加(1982年になってColumbia FC 38036”Originally”というタイトルでリリ-ス、テナーで2曲に参加)』
このアルバムはIntroducingとなっているが初ではないらしい。

ビリー・テイラーは控えめですが、まとまりのある良いアルバムです。
ABCは人気が無いようで、安かった。



【今日のぶつぶつ】
カチッカツカチ、カチカチッ、カチ...毎秒3回ほどのテンポの金属音が、
人込みの中から次第に近付く、

何とバアさんが、金属製の杖をプラットフォームに刺し刺し歩いて来る、危うく刺されるとことでした。

あれは、武器だ

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Tim Berne

Intollerant ★★★★
Label: AUAND AU9024 CD
Date: July 25-26 2010
Personnel: Tim Berne(as), Beppe Scardino(bs,bcl), Gabrio Baldacci(bg,b,loops,efx), Daniele Paoletti(dr)
Music: Ort Milos, Kepas J, Hurricane, Intollercaos, Book B, Mr. Rencore, Bren Corner
Tag: brass_alto


豚の半身を吊るした悪趣味なジャケ、強烈なド・フリーを予感させる。
バーンのアルトの横から切込むノイズたぷたぷのギターが脳骨を揺さぶる。
Mr. Rencoreの3人にTim Berneが加わったカルテットという編成。
2006年に結成されたイタリアのバンドMr. Rencoreは、バリトンギターGabrio Baldacci、ドラムDaniele Paoletti、バリサクBeppe Scardinoという変則トリオ。

フリージャズは1960年代を中心に大きく盛り上がった。
米国 : オーネット・コールマン、ファラオ・サンダース、アーチー・シェップ、アルバート・アイラー、ジョン・コルトレーン...
欧州 : アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ、ペーター・ブロッツマン、ミシャ・メンゲルベルク、ハン・ベニンク、デレク・ベイリー、エヴァン・パーカー...
日本 : 阿部薫、高柳昌行、高木元輝、山下洋輔、坂田明、吉沢元治、豊住芳三郎、土取利行、近藤 等則、沖至...

あの時の盛り上がりはないが、1970年代以降も脈々と引き継がれて来ている。内容的には変化して現代的にもなっている。
tam,raは支持する。
是非良質の現代フリージャズを聴いて欲しい。最初はたぶん煩いだけの雑音としか感じないだろう。そこを乗り越え聴き続けるのです。心に沁み込むまで、ずっと



【今日のぶつぶつ】
北朝鮮問題が緊迫度を増している。
中東で起こっていることは、左から右に過ぎていくが隣国の問題はそうはいかない。
世間一般はどう感じているのだろうか。鈍いように思えるが、

5月は怖い!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Art Pepper

<<ファイル、破壊、復旧中>>

ジャズの巨匠シリーズ第1回、ア^ト・ペッパーです。なにせ、3回も来日公演へ行ったtam.raなのです。
ペッパーは前期・後期に分けて語られていますが、まあ妥当でしょう。 

沢山ある名盤の中から好みで紹介しましょう。

art8_convert_20170401231758.jpgSurf Ride  (Savoy)
Art Pepper (alto sax) Hampton Hawes (piano) Joe Mondragon (bass) Larry Bunker (drums)
Los Angeles, CA, March 4, 1952




art5_convert_20170401200457.jpgThe Marty Paich Quartet Featuring Art Pepper  (Tampa)
Art Pepper (alto sax) Marty Paich (piano) Buddy Clark (bass) Frank Capp (drums)
Los Angeles, CA, August, 1956
ジャズを聴かない人にもお勧めの入門盤




art1_convert_20170401200257.jpgThe Art Of Pepper (テイチク)
Art Pepper (alto sax) Carl Perkins (piano) Ben Tucker (bass) Chuck Flores (drums)
Hollywood, CA, April 1, 1957
アルトが魅力的な一枚。



ここから後期に入ります。
art4_convert_20170401200431.jpgAmong Friends  (Interplay)
Art Pepper (alto sax) Russ Freeman (piano) Bob Mugnusson (bass) Frank Butler (drums)
Los Angeles, CA, September 2, 1978
これ後期ではあるが、もっとも前期の煌めきを残している1枚。



art7_convert_20170401200551.jpgArt Pepper - Straight Life  (Galaxy GXY-5127)
Art Pepper (alto sax) Tommy Flanagan (piano) Red Mitchell (bass) Billy Higgins (drums) Kenneth Nash (percussion -5)
Berkeley, CA, September 21, 1979
いつの日かこんな演奏をお披露目することを夢見て、見つけるぞ~



art6_convert_20170401200525.jpgUnreleased Art, Vol. 1: The Complete Abashiri Concert(ビクター)
Art Pepper(as) Geoge Cables(p) David Williams(b) Carl Burnett(ds)
網走市民会館 - November 22, 1981
日本録音では、本作と山形のライブが双璧を成す。




このシリーズ、次は誰にしようかな!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Carol Sloane

carol_convert_20170319225659.jpgSUBWAY TOKENS ★★★★
Label: Moonbeam LP
Date: 1973-1975
Personnel: Carol Sloane(vo), Paul Montgomery(p), Rick Eckberg(b), Peter Ingram(dr)
Music: If They Asked Me I Could Write a Book, I Guess I'm Just a Lucky So and So, What a Little Moonlight Can Do, A Cottage for Sale Twisted, I Cried For You, When My Suger Walks Down the Street, I Didn't Know About You, Thou Swell, I've Got You Under My Skin
Tag: female_vocal


キャロル・スローン、HPからBioを調べた。
------------------------------------------------------
1937年生まれ、10代から唄い始め1960年にピッツバーグのジャズ・フェスティバルで唄うチャンス得て、そこでLambert, Hendricks and Rossに出会ったことが彼女の人生を決めた。Jon HendricksからAnnie Rossのバックアップを依頼される。1961年のある夜のこと、ビレッジ・バンガードでLH&Rのステージに参加、ここで伝説のオーナーMax Gordonの目に留まり翌月予定のオスカー・ピーターソンの露払いを依頼される。同年、JonがNewport Jazz Festivalの "New Stars" プログラムへの参加をアレンジ、この時のステージがColumbia Recordの耳に入り2枚のレコーディングにつながる。
------------------------------------------------------
1962年にアニー・ロスが脱退しバヴァンが加わっているので、Lambert, Hendricks and Sloaneになっていた可能性もあったということか! ビックリ情報です。 でもCarolはマッチしないように思える!

彼女の初期の録音は次の通りだ。
・ Out Of The Blue(Columbia) 1961
・ Live At 30th Street (Columbia) 1962
・ Carol and Ben(Honeydew) 1964   (1977) カッコ内はレコード・リリース年
・ Subway Tokens(Moonbeam) 1973-1975   (1975)  
1977年~1984年は日本のレーベルから数枚リリース

Columbiaの2枚以降は忘れ去られ、日本のファンが掘り起こしたように思える。

このアルバムは1973年から1975年の間に、ノース・カロライナ州のRaleighという町にあったFrog And NightgownとCafe Deja Vuで採り溜められた録音を自主アルバムとしてリリースした作品、リラックスしてバックのピアノ・トリオとの相性もバッチリ。

どうでもよい話題:
1.タイトルの”SUBWAY TOKENS”は、ライブを行った会場がCamron Village Subwayにあったためで、ニューヨークの地下鉄とは無関係とのことです。
2.日本盤からの買い直し、DUで¥1,000、需要と供給の関係で値段が決まるのは理解するが、それにしてもこの値段は妥当でない。



【今日のぶつぶつ】
100万円当てる確率は、100万分の1とか!
東京ドームは収容人数5万人ほど
20回通うと当たった~~~と叫ぶ奴が一人

地道に働くほうが賢そうだ

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

Diahann Carroll

caroll_convert_20170312210755.jpgDiahann Carroll the Andre Previn Trio
★★★★

Label: United Artists UAL 3069 LP
Date: 1960
Personnel: Diahann Carroll(vo), Andre Previn(p), Red Mitchell(b), Frank Capp(dr)
Music: The Party's Over, Spring Is Here, But Not For Me, Glad To Be Unhappy, Change Of Heart, It's Alright With Me, I Should Care, Nobody's Heart, Why Can't You Behave, Where Are You, In Love In Vain, Gingerbread Joy
Tag: vocal_female


ボーカルは久ぶりだ。

バービー人形に例えられたこともあるダイアン・キャロル、このことからも単なる美人でなく理想の女性像がそこにはあったのでしょう。 でもジャズ・ファンにとってこれが災いの元となっていて、長い芸歴にも関わらずリーダ・アルバムは10枚程度に止まっているのだ。女優業に軸足が置かれ、シンガーとしての活動は徐々に減ってしまったようだ。

ダイアン・キャロルは初購入、どこかで聴いていいな~ってずっと頭の片隅にあった。記憶は正しかった。 音程の確かさ、派手さはなく初々しさを感じる清純派、実力は折り紙付きの本格派といってよい。

本作も期待通り、アンドレ・プレビンにContemporary盤とは一味違った優しさが、これもダイアンの魅力に引きずられたためか。 上々の1枚でした。



【今日のぶつぶつ】
エアープラントを飾る箱 ¥100
音楽教材の本を置くエンド \100
合わせて税込み216円、これは脅威の値段だ。

あと、デンマーク産のほうれん草の種を蒔く。
連休前に収穫予定。

あと、目が出たジャガイモ10個ほどを定植。
こちらは5月収穫予定。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

Harold Battiste

harold_convert_20170305203714.jpgthe sounds of harold batiste ★★★
Label: AFO 2010 CD
Date: 2003
Personnel:
Piano: Ellis Marsalis, David Torkinowski, Glen Patscha, Jane McNealy, John Barnes, Henry Butler
Bass: Bill Huntington, Eric Reevus, Chuck Badie, Darell Claiborne
Drums: Brian Blade, Martin Butler, John Boudreaux, Roy McCurdey, Darell Claiborne
Trumpet: Mel Lastie
Vocals: Tami Lynn, Judy Karp
Saxophone: Alvin "Red" Tyler: s: Keyboard
Music: Nevermore, How High the Moon, Body And Soul, What A Friend, Love For Sale, One Naughty Flat, Mr. Batt, This Is How We Do It In New Orleans, Why Can't I Have It Too, Nightingale, What Is Today Without You, One Day At a Time, I Never See That Rainbow Anymore
Tag: brass_alto


死亡ニュースの多さは認知度の高さと比例しているようだ。ハロルド・バティステは2015年に83歳で亡くなっており、多くのニュースが流れていた。 アルト・サックスのジャズ・ミュージシャンとしてはほぼ無名なのだが。

1950年中頃にAmerican Jazz Quintet というグループを結成してデビュー、何とこのグループにはピアノにEllis Marsalis、ドラムにEd Blackwellが入っていた。同名のグループで1991年に”From Bad To Badder”(Black Saint)というアルバムをリリースしていることには驚いた。

ジャズ・ミュージシャンより、ニューオリンズ初、黒人初のレコード・レーベル設立者として名が知られ、AFO RecordsというレーベルでSonny and Cher、Sam Cooke、Dr. Johnといった人達をプロデュースしたそうだ。

このCDは、自らを振り返り本人が採り溜めていた録音を2010年にリリースしたものだ。 タイトル違いのVol.2もある。
Ellis Marsalisがニューオリンズ大学でJazz Programを始めた時に招かれ、DOUによる”Nevermore”という演奏をトップに配している。 その他は無名の人達との演奏だが悪くはない。
音的には、柔らかくゆったりした感じの音で聴き易いが目立ったところがなく、プロとしては厳しかったのでしょう。



【今日のぶつぶつ】
日本人男性の平均寿命が80.79歳、残り十数年、長いのか短いのか。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

Stan Getz

getz_convert_20170226200908.jpgMy Foolish Heart "Live" at the Left Bank ★★★★
Label: HYENA TMF9321 CD
Date: May 20 1975
Personnel: Stan Getz (ts); Richie Beirach (p); Dave Holland (b); Jack DeJohnette (ds)
Music: Invitation, Untitled, Spring Is Here, Litha, Lucifer's Fall, My Foolish Heart, Fiesta
Tag: brass_tenor


スタン・ゲッツが聴きたくなり棚から1枚、何でも良かった。
ボッサやっても崩れなかったゲッツに当たり外れはないからだ。
このアルバム、バックはバイラーク、ホランド、デジョネットの3人、ちょっとゲッツとは立ち位置が違うかなと、でも心配無用、ゲッツ色に染めてしまうゲッツには痺れる。

Jazz Discography Projectによると1975年のアルバムは以下の4枚のみ。
Getz&Gilberto - The Best Of Two Worlds Featuring Joao Gilberto(Columbia) 再会セッション
Kimiko Kasai - This Is My Love (CBS) 笠井紀美子、知ってますか?自由ケ丘「5Spot」で観た
Stan Getz - The Master (Columbia) 何故か82年になってリリース
Stan Getz - Presents Jimmie Rowles The Peacocks (Columbia) これ隠れ名作

本作が載っていない Why?

やっぱり凄いゲッツ、
自分で楽器を始めて聴き方が違ってきた。どうやって音出してるんだ?
楽しめてはいるが、奏法が気になって気になって、何故かドキドキする。
ゲッツからサックスを取り上げたらタダのGetz、tam.raからサックスを取り上げてもタダのtam.ra、気楽に行こう。



【今日のぶつぶつ】
暖かさを感じる。
ミミズや芋虫はどんなかな?
来週あたり土作りを始めよう!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

John Coltrane

coltrane_convert_20170219214430.jpgBahia ★★★
Label: Prestige PR 7353 LP
Date, Personnel, and Music: see below
Tag: brass_tenor


「二流ジャズ」で取り上げてはならないミュージシャンの登場です。
何故取り上げたかって? ブログに書く気になる物に出会わない昨今、そしてコルトレーンを久しぶりに聴きたくなったから。最近では年に1度聴くか聴かないか、そんな感じ。

Prestige時代をまだ二流だとおっしゃる方もいるが、一番ジャズっぽいしコルトレーンは気に入っている。 この時代のレコーディングについては、プレスティッジのジョン・コルトレーンを整理するに纏められているので参考になります。

Prestigeからのまともなリリースは以下の3枚のみ、
PRLP 7105 Coltrane
PRLP 7123  With The Red Garland Trio
PRLP 7142  Soultrane

以降のアルバムはコルトレーンが契約を満了してからリリースされた寄せ集め盤
この1枚も、2つのセッションの合作
PR 7353   John Coltrane - Bahia

1958年12月26日
Bahia, Goldsboro Express, Something I Dreamed Last Night
John Coltrane (ts), Freddie Hubbard (tp), Red Garland (p), Paul Chambers (b), Art Taylor (dr)

1958年7月11日
My Ideal, I'm a Dreamer (Aren't We All)
John Coltrane (ts), Wilber Harden (tp, fl-h), Red Garland (p), Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (dr)

バラードのコルトレーンはこの時代から聴ける。
そして、ポール・チェンバースのソロが2度。
聴き所はそんな所か。



【今日のぶつぶつ】
今日は楽しかった!
最近そんな日がいつあった...

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

Interface

This Time ★★★★
Label: ReEntry RE002 LP
Date: Jul. 1978
Personnel: Mark Whitecage (as,cl) John Fischer (p) Rick Kilburn (b) Phillip Wilson (dr)
Music: Free Blues #2, State of the A, 110th Street, Stops and Starts #1, 476, Foggy, Patates Frites
Tag: kb_piano


ジャズに親近感を持ち聴いている人は少ない。 その少ない人の中でLP媒体に録音されたジャズを聴く人は更に少ない。 そんな中でフリー・ジャズを聴く人はほんの一握り... ジョン・フィッシャーはフリー・ジャズの中でもマイナーな存在だから日本で数人かしか知らない存在。 ここで紹介しなければ埋もれてしまう。(INTERface ここでも紹介していますが)

John Fischerは本当に素晴らしいフリー・ジャズ・ピアニスト、1930年ベルギーで生まれ、惜しくも去年8月に86歳で亡くなった。自ら主宰するReEntry RecordにArthur Blythe、Lester Bowie、Marion Brown等の共演録音を残している。コンピュータを使った芸術の開拓者として知られているようだ。

少ない録音の中から、フィッシャーがリードしたグループ”INTERface”のDiscographyを以下に紹介する。John Fischer、Perry Robinson、Mark Whitecageの3人がコア・メンバーで発足し、ロビンソンが抜けた後、Charles TylerやMarion Brown がゲストで加わっている。

* Poum! : John Fischer/Interface. (Composers Collective CC721) 1974
Perry Robinson (cl), Mark Whitecage (fl,as,ts,vo), John Fischer (p,vo), Mario Pavone (b), Laurence Cook (dr)

* Interface. (Composers Collective CC722) 1975
Perry Robinson (cl), Mark Whitecage (as), John Fischer (p,vo), Rick Kilburn, John Shea (b), Armen Halburian, Laurence Cook (perc), Jay Clayton (vc)

* Interface Live At Environ. (ReEntry RE001) 1977
Perry Robinson (cl), Mark Whitecage (as), Charles Tyler (bs), John Fischer (p), Rick Kilburn (b), Phillip Wilson (dr)

* This Time.(ReEntry RE002) 1978
Mark Whitecage (as,cl), John Fischer (p), Rick Kilburn (b), Phillip Wilson (dr)

* Glimpses.(ReEntry RE003) 1978-79
Mark Whitecage, Marion Brown (as), John Fischer (p-vc), Rick Kilburn (b), Bobby Meyer, Tom Whaley, Phillip Wilson (dr)

* Another Interface.(ReEntry CD 017) 1996
Arthur Blythe (sa), John Fischer (p), Wilbur Morris (b)




【今日のぶつぶつ】
先週土曜日には母がインフルエンザで入院、日曜日はSaxの発表会、そして水曜日には我がインフルエンザに罹患し発熱、今日になりやっと元気を取り戻した。

ドタドタの一週間でした。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン