Horace Silver

hs_convert_20180617175239.jpgLive 1964 ★★★
Label: emerald EMR-1001 LP
Date: June 6, 1964
Personnel: Horace Silver (p), Carmell Jones (tp), Joe Henderson (ts), Teddy Smith (b), Roger Hamphries (ds)
Music: Filthy McNasty, The Tokyo Blues, Senor Blues, Skinny Minnie
Tag: kb_piano


先週の購入はこの1枚だけ。
tam.raの中では後期Blue Noteでのシルバーが好みだ。
Horace Silverといえば、Art Blakeyと組んだ Messengersが有名だ。

ので、Horace Silver and the Jazz MessengersからArt Blakey and the Jazz Messengersに移り変わった当たりの歴史がWikiにあったので簡単に紹介しておこう。

1947年にブレイキーが"Art Blakey's Messengers"の名前でグループを率いBlue Noteに録音 (BLP 5010)を残しているのが最初だ。ブレイキーは 1947年から1949年の間、"Seventeen Messengers"というビックバンドを率いて活動していて、Messengersという名前は休眠状態となっていた。
1950年に入り、シルバーとブレイキーが組んで活動を開始し、1953年の Blakey, Silver, Kenny Dorham, Lou Donaldson およびGene Rameyを含むグループを Jazz Messengersとして紹介した人もいる。また、1954年にArt Blakey Quintetと命名されたグループでA Night at Birdlandというライブ・レコーディングが制作され、これらのレコードは大成功を収め、その辺りをJazz Messengersの始まりと言う人もいる。このクインテットにはHorace Silver、Clifford Brown、Lou Donaldson、Curly Russellが含まれている。

Jazz Messengersの名前が正式に使われたのは、1955年の at the Café Bohemiaで最初Horace Silver Quintetの名前でBlue Note 10"でリリースされ、後にHorace Silver and the Jazz Messengersの名前で12"盤が再発された。
1956年にグループがばらばらになったのを機に、ブレイキーがJazz Messengersを何となく引き継いだ。

以上、レコードのレビューにはまったくなっていませんでした。



【今日のぶつぶつ】
新幹線の中で女性に斧を振るう男の前に立ち塞がり制止し亡くなる、という悲しい事件があった。
もし自分がその場に居合わせたら...
何ができた。 一目散に...
ん~後で後悔にさいなまれる日々が続くだろう。
立ち向かって殺されたら、これまた...

どちらにしろ、その場の状況に任せるしかないのかな?

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

George Gruntz

gg_convert_20180610145726.jpgJazz Goes Baroque 2 The Music of Italy ★★
Label: Philips:843 727PY LP
Date: Mar 17 1965
Personnel: George Gruntz(Cembalo), Sahib Shihab, Leo Wright, Raymond Gulot, Stefan von Dobrzynskii(fl), Peter Trunk(b), Daniel Humaiar(ds)
Music: Danza, danza, fanciulla gentile, Allegro (from "Il pastor fido"), Lamento d'Arianna, Aria detta la Frescobalda, Allegro from Sonata in F major Op.1, Allegro from the Concerto San Marco, Aria de Polidoro (from "Flaminio"), Sarabanda, Aria, Allegro from the Suite for Harpsichord No. 10
Tag: kb_other


ジャケットにある「Cembalo」、センバロって何だ?

ピアノ越しに写るジョルジュ・グランツ、ドイツPhillipsのペラジャケ、
Daniel Humaiar、そこにSahib Shihab、Leo Wrightとくれば買いでしょう。

喜び勇んで帰宅、ターンテーブルに載せて期待はバッサリ、
バロック・ジャズというジャンルがあったか定かではないが、そんなジャンルの音楽。
オイゲン・キケロとかクリス・ヒンゼなどが思い浮かぶ。

グランツが弾くセンバロの乗りがメタメタ、メンバーもどう従ったものかヨレヨレ、
少なくともジャズというジャンルに括ることはできない。
最後まで聴き通せず終わった。

ジャズにならない楽器はいくつかある。
1.チェンバロ:本作を聴けば分かる
2.パイプオルガン:アルバム名は忘れた、Verveだったか酷かった
3.バグパイプ:ルーファス・ハーレイが有名だが...
他には、ウクレレやホルンも難しい。



【今日のぶつぶつ】
50年ほど昔のこと、サッカーに明け暮れる毎日を送っていた。
それ以来、ワールドカップには注目してきた。

もうすぐロシア大会が始まる。
期待ゼロ、協会のポリシーが見えない。
ハリルに御免なさい!だ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_other

万引き家族

今日、初日観た。

万引き家族

大きな賞を獲得した価値ある映画。

是枝監督の繊細な表現の見事さ、素晴らしいの一言。

信代役の安藤サクラの存在感の大きさ。
美人じゃあないが可愛い。

そしてそして、映像に付けられた音楽がこれまた凄い。細野晴臣、出だしは1950年代末のシネ・ジャズの雰囲気を醸しだしゾクっと。
邪魔をしない控えめの音作りも見事。


途中から溢れ出た涙が止まらい。



★5.0 観ないとダメです!

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

Charlie Byrd

cb21_convert_20180603184250.jpgCharlie Byrd Trio ★★★★
Label: Offbeat OJ-3006 LP
Date: September, 1960
Personnel: Charlie Byrd, Guitar-Keter Betts, Bass-Bertell Knox,
Music: Blues For Felix/Gypsy In My Soul/In A Mellotone/Prelude To A Kiss/Travelin’ On/Play Fiddle Play. Side 2: Funky Flamenco/My One And Only/Mama I’ll Be Home Some Day/How Long Has This Been Going On?/Who Cares/Lay The Lily Low.
Tag: string_guitar


Riversideのアルバムに名を遺すチャーリー・バードの素晴らしさは説明の必要ないでしょう。
Offbeatがオリジナルの6枚を整理してみました。
そしてジャケット・デザインを勝手に評価してみました。

"Jazz At The Showboat" Offbeat OJ-3001 /"Byrd's Word"Riverside RLP 448
Bobby Felder(vtb), Kenneth Pasmanick(bassoon), Buck Hill(ts), T. Carson(p), Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b), Bertell Knox(dr) /Charlie Byrd(gu), Ginny Byrd(vo) /Charlie Schneer(p), Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b,cello), Eddie Phyfe(dr)
Washington, DC, 1958
Byrd's Word, Bobby In Bassoonville, Tri-X, What's New, Buck's Hill, Blue Turning, Grey Over You, Don't Explain, Satin Doll, Conversation Piece, Top's Tune, Stompin' At The Savoy
cb16_convert_20180603191035.jpg→→→x1_Byrd_s_Word!_convert_20180603201245.jpg Offbeatの勝ち!

"Byrd In The Wind": Jazz At The Showboat Vol. II ‎Offbeat OJ-3005 /"Byrd In The Wind" Riverside RLP 449
Wallace Mann(fl), Richard White(oboe), Kenneth Pasmanick(bassoon), Buck Hill(ts), Charlie Schneer(p), Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b), Bertell Knox(dr), Ginny Byrd(vo)
Washington, DC, 1959
Swing '59, You'd Be So Nice To Come Home To, Showboat Shuffle, Love Letters, Cross Your Heart, Keter's Dirty Blues, You're A Sweetheart Stars, Fell On Alabama, A Long Way From St. Louis, Wait Till You See Her, Georgia Copacabana
cb17_convert_20180603191218.jpg→→→x2_Byrd_in_the_Wind_convert_20180603201309.jpg Riversideの勝ち

"Jazz At The Showboat Volume 3" Offbeat OJ-3006 /"Mr. Guitar" Riverside RLP 450
Charlie Schneer(p), Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b), Bertell Knox(dr)
Washington, DC, September, 1960
Blues For Felix, Gypsy In My Soul, In A Mellotone, Prelude To A Kiss, Travelin' On, Play Fiddle, Play, Funky Flamenco, My One And Only Love, Mama, I'll Be Home Some Day, How Long Has This Been Going On, Who Cares, Lay The Lily Low
cb21_convert_20180603184250.jpg→→→x3_Mr_Guitar_(album)_convert_20180603201330.jpg Riversideの勝ち

"Charlie's Choice": Jazz At The Showboat, Volume IV Offbeat OJ-3007 /"The Guitar Artistry of Charlie Byrd" Riverside RLP 451
Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b), Buddy Deppenschmidt(dr)
Washington, DC, 1960
Taking A Chance On Love, Moonlight In Vermont, Speak Low, Nuages, Everything I've Got Belongs To You, Makin' Whoopee, Django, Nice Work If You Can Get It, The House Of The Rising Sun, Ring Them Harmonics, Taboo, To Ginny
cb13_convert_20180603191627.jpg→→→x4_The_Guitar_Artistry_of_Charlie_Byrd_convert_20180603201350.jpg Offbeatの圧勝

"At The Village Vanguard" Offbeat OLP 3008 /"at the Village Vanguard" Riverside RLP 452
Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b), Buddy Deppenschmidt(dr)
"Village Vanguard", NYC, January 15, 1961
Just Squeeze Me, Why Was I Born, You Stepped Out Of A Dream, Fantasia On Which Side Are You On
cb1_convert_20180603191113.jpg→→→x5_Charlie_Byrd_at_the_Village_Vanguard_convert_20180603201409.jpgOffbeatの勝ち

"Blues Sonata" Offbeat OLP 3009 /"Blues Sonata" Riverside RLP 453
Barry Harris(p), Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b), Buddy Deppenschmidt(dr)
NYC, October 23, 1961
Alexander's Ragtime Band, Jordu, That Old Devil Called Love, Zing! Went The Strings Of My Heart
Charlie Byrd(gu), Keter Betts(b), Buddy Deppenschmidt(dr)
NYC, October 24, 1961
The Blues Sonata: Polonaise Pour Pietro, The Blues Sonata: Ballad In B Minor, The Blues Sonata: Scherzo For An Old Shoe
cb37_convert_20180603191706.jpg→→→x6_Blues_Sonata_convert_20180603201434.jpg Offbeatの勝ち(Riversideは手抜きだ)




【今日のぶつぶつ】
西野ジャパンのメンバー発表に対して多くに批判の声があがっている。
tam.raも賛成の声はあげられない。
故障者(あがり)、スタメン外れの選手を沢山選んでいる点、ベテラン・若手の選択がすべてベテランに倒れている点、まったく賛成いない。前監督がなぜ解任されたかを巡って裁判を起こしているが、この選択も説明不能。 

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_guitar

Marian Montgomery

mar_convert_20180527220337.jpgSwings for Winners and Losers ★★★★
Label: Capitol Records ‎– T 1884 LP
Date: Feb. 16-19 1963
Personnel: Marian Montgomery (vl), Dick Hyman (org, p), Sam Taylor (ts), Joe Newman (tp), Kenny Burrell or Chuck Wayne (g), George Duvivier (b), Osie Johnson (ds)
Music: Breezin' Along With The Breeze, Confessin' The Blues, When Sunny Gets Blue, Can't Help It, Wee Baby Blues, My Buddy, Roll 'Em Pete, The Exciting Mister Fitch, 'Deed I Do, Good Morning, Heartache, All By Myself, When Your Lover Has Gone
Tag: vocal_female


ジャケのセンスの無さ!
ミュージシャンの折角の頑張りが打ち消され、これでは買う気が起こらない。
でもtam.raは買った。
オルガンにディック・ハイマン、そしてテナーにサム・テイラーの参加を見付けてしまったから。
結論から言うと正解。

オルガンはジミー・スミスだと言えば誰も疑いを持つ者はいないほどの切れと乗り。
半分ほど弾いているピアノも素晴らしい、こちらはレッド・ガーランド。
そして“ムード・テナー・サックスの帝王”として昭和歌謡の名曲の数々を残したサムもここにはいない。歌伴ではあるが、サム・テイラーのベストとして紹介して間違いない。
サム・テイラーはこちらでも取り上げていますので、興味がありましたら覘いてみて下さい。

最後になりましたがマリアン・モンゴメリーは初買い、小型エラといったところ、もう少し評価されても良い歌手ですね。



【今日のぶつぶつ】
和旅館ベスト5です。

No1:柳生の庄 https://www.yagyu-no-sho.com/
   すべてがパーフェクトだったような、10年ほど前でうる覚えですが。
No.2:時の宿 すみれ https://www.tokinoyado.com/about/
   米沢牛の夕食が最高、周りになにもないのでレンタカーがよいです
No3:鬼怒川 金谷ホテル https://www.kinugawaonsenhotel.com/
   ホテルですが旅館っぽい、もてなしが一流、他の金谷ホテルとは別経営
No4:石苔亭 いしだ http://www.sekitaitei.com/
   南信州、お能が観れるかも、星空ツアーもある
No.5:別邸 仙寿庵 http://www.senjyuan.jp/
   部屋が良かった記憶が!

以上です。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

Satoko Fujii/Myra Melford

Fujii__Melford_convert_20180519213503.jpgUnder The Water ★★★★
Label: Libra 202-024 CD
Date: Sep 14, 2007
Personnel: Satoko Fujii(p), Myra Melford(p)
Music: .Yadokari, Trace A River, The Migration Of Fish, Be Melting Snow, Utsubo
Tag: kb_piano


現代フリー・ジャズ・ピアノの2大巨匠といって問題ない二人、藤井響子とマイラ・メルフォードの共演だ。DUOが3曲、そしてそれぞれのSOLOが1曲ずつという構成なのだが、連続して聴いているとすべて一人の作品のように聞こえるから不思議だ。

ノートによると藤井は板橋文夫、ポール・ブレイ、そしてマイラはドン・プーレン、リロイ・ジェンキンス、ヘンリー・スレッギル等に学んだとあるが、二人とも師匠の影響圏を脱し遥か上層圏をいっている。 そしてお互いに影響しあって似たような存在となっているような気もする。 藤井の方がよりフリーキーではあるが。

ところで、「ジャズ・ピアニスト誰知ってる?」と質問して返ってくる答えは、70%が「誰も知らない」、そして30%が「上原ひろみ」と答えるだろう。 藤井は0.1%あるかないか。

tam.raは期待する、藤井と上原の共演を。
想像するに、二人の相性はピッタリのはず。
実現性は低いかも知れないが、気長に待とう。



【今日のぶつぶつ】
日大アメフト部の問題が大きな話題となっている。
Uヘッドコーチは日大の人事を握っていて、周りはまったく口を出せないという。

これ、現在の政治状況とまったく同じ構図。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

Bob Prince

bob_convert_20180511213708.jpgCharleston 1970 ★★★
Label: Warner Bros. WS 1276 LP
Date: December 18 & 23, 1958 and January 1, 5, 12, 1959
Personnel: Bob Prince (ldr), Phil Woods (as), Al Cohn (ts), Sol Schlinger (bar), Donald Byrd (tp), Billy Byers (tb), Don Butterfield (tu), Barry Galbraith (gu, bj), Hank Jones (p), Milt Hinton (b), Don Lamond (dr)
Music: Charleston, Ain't She Sweet, Five Foot Two, Eyes Of Blue, Sack Dress, Beat Charleston, Varsity Drag, Yes Sir, That's My Baby, My Charleston, Chapeau Cloche, Original Charleston Strut, Struttin' With Some Barbecue, Heebie Jeebies, Black Bottom
Tag: other_other


チャールストンは、ダンスの一種で、1920年代のアメリカで一世を風靡した。サウスカロライナ州チャールストン市が発祥。リズムに合わせて両膝をつけたまま、足を交互に跳ね上げるのが特徴。ジェームス・P・ジョンソン作曲の「Charleston, South Carolina」に合わせて踊ったのが最初とされる。(Wikipediaより)
James Price Johnson (1894 – 1955) was an American pianist and composer. A pioneer of the stride style of jazz piano, he was one of the most important pianists who bridged the ragtime and jazz eras.(Wikipedia)

Charleston → James P. Johnson → Ragtime → Jazz
この盤がジャズセクションに置かれていたことは、的外れではないようだ。

初見盤の購入は裏面のチェックが欠かせない。 曲、ミュージシャンが判断基準となる。
Phil Woods、Donald Byrd、そしてAl Cohn、Barry Galbraith、Hank Jones、Milt Hintonなどの名前が並ぶ。(Phil、DonaldのDiscographyには載っていない)
Barry Galbraithのバンジョーは気になったが購入。

A面1曲目は酷い出来、アレンジを強要されているような内容で全員やる気なし。
だが、これだけのメンバー、アドリブスペースを与えられた曲では本領発揮、1970年代のWoodsも良かったが50年代末のWoodsは最高、滅茶苦茶に上手い、Parkerの再来、いやそれ以上かもしれない。

わざわざこの盤を持つ必要はないが、この時代のWoodsは最高でした。



【今日のぶつぶつ】
シイタケ ほだ木、2本買ってきた。
1本800円、高いのか安いのか、
成功すれば収穫は来年の秋、
楽しみだが憶えているか心配だ!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_other

Pat Bowie

pat_bowie_convert_20180504092156.jpgOut Of Sight! ★★★★
Label: Prestige PR 7385 LP
Date: October 23, 1964
Personnel: Pat Bowie(vo), Seldon Powell(ts,fl), Ray Bryant(p), Kenny Burrell(gu), Milt Hinton(b), Osie Johnson(ds)
Music: Get Out Of Town, Lilac Wine, Don' Cha Go 'Way Mad, Will I Find My Love Today, Joey, Joey, Joey, Moon And Sand, The Music That Makes Me Dance, What Is This Thing Called Love, I'm Afraid The Masquerade Is Over, The Sounds Of The Night, I've Got Your Number
Tag: vocal_female


盤の存在は昔から知っていたが、引いて眺めるだけだった。

パット・マルチーノとか、パット・メセニーとか、ジョン・パットンとか...パットって男?
ジャケに紅葉と写った写真は...日系の女性?

何気なく手に取りメンバーを確認、一気に買いに転じた。
セダン・パウェルが入っているではないか。 それにレイ・ブライアントとケニー・バレルまで加わっている。
これだけのメンバーを揃えたパット・ボーイって何者だ。

彼女の経歴はまったく情報が見つからなかったが、ライナーに書かれた僅かな情報によると、「イリノイ州エバンストンで育ち、ニューヨークに出て高級百貨店サックス・フィフス・アベニューのベビー服部門で働きながら、声楽、ピアノのレッスンを受け、その後Algiersというナイトクラブで歌っているところをPrestigeが見付けた」とあった。

バックは良いに決まっているが、パットの歌に感激!
上手いのだ。 まったく力みがなく自然体、そして重鎮をバックにこの落ち着き、新人とは思えない。

残された録音は本作と"Feelin' Good"(Prestige 7437)があるのみ、事情は分からないがこれだけの実力を考えると歌の世界を止めたとしか考えられない。家族を持って幸せな生活を送っているのかな!




【今日のぶつぶつ】
最近、思考回路がネガティブに振れている。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

Prince Lasha/Sonny Simmons

pl_convert_20180430230256.jpgIt Is Revealed ★★★
Label: Doxy ‎– ACV2038 LP
Date: May 1963
Personnel: Prince Lasha(fl), Sonny Simmons(as), Clifford Jordan(ts), Don Cherry(tp), Fred Lyman(flh), Bill Wood(b), Orville Harrison(b), Charles Moffett(ds)
Music: Lost Generation, The Trane, Prelude To Bird
Tag: woods_flute


「リリース直後何らなの理由で回収され出回ったのは数枚と言われている幻盤の再発、500枚限定」、とあるが、どうも1,000枚限定というもの出ている様子!

オリジナルはUS盤Zounds L71863、といってもブートレグ(海賊盤)のようなものらしく、ジャケなしで市場に流れたようだ。

(Prince Lasha+Sonny Simmons)&(Clifford Jordan+Don Cherry)。
正規の演奏が終わり店を閉じた後に、偶々居合わせた二組のメンバーがジャムったところを録音した???

このような背景で録音された音源が貴重なものと有難がられるのはジャズだけなのかな? 
tam.raもDon Cherryの名前を見付けて買った。
Cherryの代表作でもないが、Cherryらしい音が聴けた。
それで良いのだ!



【今日のぶつぶつ】
正月と5月の連休、今回は9連休。
夏、秋にも1週間休みにすると、日本はもっと活性化すると思うのですが、どうでしょう。
tam.raは混みあうので出掛けませんが!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : woods_flute

Herb Pilhofer

JAZZ ★★★★
Label: ARGO 657 LP
Date: Sep. 8, 9 1959
Personnel: Herb Pilhofer(p), Stuart Anderson(b), Dale Olinger(gu)
Music: Valse Hot, Sweets, More Than You Know, The Duke, My SHip, Trio, Ship Without a Sail, Isn't It Romantic, It Might As Well Be Spring, Godchild
Tag: kb_piano


Argoのレーベル・カラーは黒に近いが、本作はドイツ出身のピアニストHerb Pilhoferのトリオ・アルバムだ。 トリオはトリオでもピアノにベースにギターの変則。 Herb Pilhoferもほとんど知られていないミュージシャンだがギターのDale Olingerはもっと知られていない。 この人に注目。

まったく無名のギタリストだが、これだけ弾けて「何でや」と叫びたくなるほどの名手だ。 その証拠に、インターネットを検索すると、”Forgotten Genius”、そして”RAREGUITAR”というページで紹介されている(人物紹介はない)。

このアルバムのライナーにある5行を紹介しよう。
『ミネアポリス出身の38歳、最初はトランペッターで1940年代後半にはクロード・ソーンヒルのバンド、その後地元に戻りLou Levyを含むローカル・バンドで活動、このトリオでは2年ほど。ギターとピアノを教えている。』 以上

Dale Olingerを聴けるアルバムは唯一これだけのようだ。
どんな演奏かというと、タル・ファーロウのようなしっかりした太い音のギターでよくスウィングする。
勿体なかった!



【今日のぶつぶつ】
今日は7時に起床、朝飯前に1時間ほど草むしり。
昼は少し奮発して、焼き肉、相当に美味かった。

午後は2時間ほどサックスの練習、
才能がなく遅々として進まないが、最近やっとリズムをとれるようになった気がする。
実に、4年近くを要した。
根性で続ける!

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン